フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



ちょいワルな二人

昨日は、心も重い、体も重い、天気もひどい…という三重苦を押して、以前からのお約束だったので出掛けました。

しかも都心…でも、お相手の強いオーラに守られるのか、いつ会っても彼女と一緒だと、都心のエネルギーの重さがこたえないのが不思議です。

駅で電車を待っていると強風のため電車を止めて安全確認しているとアナウンスがあり、遅れる可能性の連絡を入れようとしたところが、メッセージが行かない…ひどく落ち着いた気分だったので(鬱だっただけ?)、あ、これは間に合うに違いないと思ってそのままにしたところが、やっぱり問題なく間に合いました。

一種の悪友?で、彼女と会う時はいつも飲んじゃいますが、昼飲みという言葉も普通になっているくらいですから、ははは…酔っぱらいは止めておきましたが、今回はランチでも軽く楽しみました。まあ、飛行機の中でこっちは赤ワインたっぷり、あちらはすんごく強いジントニック飲んでて知り合ってますから、もう最初っからアルコール絡みです(^^;)

二人揃って大変な時期でも、そんな話は事実確認程度、後はうどんすきをつつきながら、海外旅行先のストレス塗れだったり、超面白かったりした体験なんかで盛り上がりました。

へえええ!?みたいなシンクロもありました。

同じ頃、彼女はイタリアで、私はスイスでカメラを無くして、どちらも奇跡的に手元に戻りました。面白いでしょ?

私のは単なる置き忘れでしたが、さすがスイス…登山電車の中に置いて来てしまったのに、ちゃんと駅事務所に届いてました。さらに帰国して現像してみたら(現像だって…うわあ、大昔の話!)、撮った覚えの無い事務所内の写真が2枚。。。ええ、スイスの鉄道事務所(^^)

彼女のはもっとスリリング…一旦すられた物を、最初はいかがわしいと思っていた現地イタリア人の親切な「おやじ」と一緒に、泥棒を必死で追いかけた末に取り戻したそうで。。。二人とも親切な現地の人に助けられていた、というわけ…。

物心ついた時には既に絵に描いたようないい子の優等生、それを押し付けられたままそうでなければ生きられないと思い込んでしまい、自分が持っている素的に不良な部分を忘れていました。

人生を全部ちゃらにして、バンコクでふらふらしている時に、そうした自分の地の部分と出会い、とても魅力的だと思いましたが、なかなか身につけてしまった殻が破れず、これまでそうした面をあまり楽しめなかったかもしれません。

それが彼女と一緒にいると、極めて自然に出てきちゃいます。。。かなり真面目な人たちなんですが、もしかして、あたしたち、根が不良?

ランチの後にお茶をしたお店は、入店時、既にかなり混んでいましたが、開放的で気持ちよく、内緒話も気にせずにできるテーブルが丁度空いていました。

お会計を済ませて出ると、入店待ちの長蛇の列…「ラッキーだったわね…」と彼女が微笑みました。「時々ひどく辛い思いをする人生でも、基本的にはこんなんで、私たち恵まれてるかもね〜」と言ったら、「本当ね(^^)」という答が返って来ました。

傍目には例外的に恵まれているように見えながら、その実、心がちぎれてしまうような苦労がいっぱい、みたいな人生のフレームが似ている二人です。

昨日だって、ちょっぴり不良で派手なおばさん二人が、優雅に楽しんでいるようにしか見えなかったでしょう。

何かに反抗したりすねている若さじゃなくて、あれこれ辛い事をいっぱい経験して、もう自分自身でいっか…と自由になった大人の不良です。

これも、人生の味わいでしょうか?

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


偶然、ある晴れた日に…

先日お気に入りのカフェにお邪魔した時のことです。

2階の指定席でゆったりしていると、ハアハアと息を切らせながら年配のご婦人が階段を上がってこられ、向いの席に腰を下ろしました。

ご主人がお水を持ってオーダーを取りに来られると、ご婦人は「つかぬことを伺いますが…」と話を切り出され…

それからがすごかった。。。

最近近くに越してこられて、お年賀状で住所を見たお友達に、このカフェを紹介されたそうです。ええ、そういうことはあるでしょう。。。

まだ土地勘が無く、えらく迷われて、何回目かのその日、初めて辿り着けたとか。ええ、確かにとてもわかりづらい場所にある、ちっちゃなカフェです。。。

お友達とは東北のとある大都市で、転勤族同士として会われたとか…

そのお友達の名前は○○さんで…

ここでご主人がフリーズして一瞬絶句します。

「さっき、彼女が来たところで…今下にいます」とか何とか言い終わらないうちに、ご本人が慌てて階段を上がって来ました。

テーブル2席だけの2階で、その当のお二人とご主人(はお盆を持ったまま…)、私の4人で、全員が全員口をあんぐり開けて、あまりの事に驚愕です。。。驚愕の貸し切り状態?

(@@)(@@)(@@)(@@)!!!!!!!!

ご婦人とそのお友達は、なんとまあ、十年ぶりの再会だそうで、お友達はカフェのご主人と昔ママ友だったご縁で、今もときたまカフェにいらっしゃいます。気さくないい方で、私もたまにお会いした際には、おしゃべりしたりする程度には知っている方だったんですが、結構遠くにお住まいで、この日も今年初めての訪問でした。

約束してなかったのにね〜…しかも散々迷われて、たまたまその日初めてちゃんと辿り着けて…

私たちは「たまたま」って言いますけれど、本当は偶然って無いんですよね。。。きっと。。。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


自損事故…(--;)

いえ、車とかじゃなくて、精神的な自損事故でした。。。

まあ、もう、ほんとにえらい目に遭いましたが、対人的なあれこれが一切無く、自分の不注意で、しかも自分だけで済んだのは幸いでした。かなり気をつけたので、鳥もたぶん無事…今日もあいつは、ことのほかご機嫌で元気です。

自分が相当な変人なのは自覚していても、うっかりそれを忘れてしまう事があって…というのも、変人だから差別されるみたいな辛いことが皆無で、普通の振りをしていた時の方がよほど辛かったので、忘れてしまう。。。

もしかして、自覚している以上に変わりすぎてるのか…(--;) 

他の人たちにはよいものでも、私には破壊的ということもあるようで、今回はそれでした。。。

クルミのように、大多数の人たちには栄養価の高い安全なものでも、アレルギーを持つ人たちには、とても危険だったりしますから、ね…、精神的な一種のアレルゲンをうっかり取り込んじゃったようです。。。反応の激しさが尋常でなくて、ほんと驚きました。

ぼぼ全てのチャクラがダメージを受け、特に第四チャクラの損傷が激しかったです。なぜか第三チャクラだけは無傷で、エゴにつながっているのか、自動的に自己防衛しましたかね…(^0^;)でも、危険から自分を守るのが本来のエゴの役目ですから、ほんとにそうだったかも。。。

復旧に半日以上かかりましたが、その間、胸の痛みとかもひどくて、その上何を体験したのかが腑に落ちず、混乱しまくり(@@;)ました。

ようやく落ち着いてから受け取ったガイドですが、これがすっごく単純な不注意から起きたことだという…(--;)いつもなら、理由があっての痛みやら苦しみで、そこから学ぶことがあったり、波動を上げるきっかけを掴んだりするんですが、今回のは…

ただの、ちょんぼ…(爆;)

だから、さっさと手放しなさい、とか、癒しなさい…って、誰に聞いてもそればっかでした…。

でも誰も私のこと、ほんのちょっとでも責めなかった。。。

あ、私も自分を責めませんでした。やっぱり単独事故はいいですよ。。。自分だけが苦しいってね、他の人たちとの間で何かあるのは、後々までとても辛いです。

情熱的な分厳しいこともあるジーザスさえとても優しくて、慈しみが心に沁みました。みんなとっても優しかった。。。大切なシステムを、必要も無いのに、うっかりミスからひどく傷つけてしまったのに。。。

よいものだとばかり信じ込んで、全く危険性を感じなかったので、ガイドに試してよかどうかさえ尋ねませんでした。それでも、直前に例の白い光がさっと一瞬頬を撫でて、しかもいつもとは方向が逆だったので、「あれ?」とは思ったんです。今にして思えば、警告でしたね。。。(--;)

それでも、とてもよかったことがあるとすれば、こんな風に慈しみをもって見守られていることが、一段とはっきり感じられたことです。高次のメッセージでもよく目にする、その通りなんですね。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


豊かさ

お口直しに、気分のよくなる話を…。

ここ3日ほど続けて、思いがけない頂き物をしました。

以前止みそうにない雨に困っていたら、Cafe Nicoのマスターが「余分なのありますから、あげます」と折りたたみ傘を渡してくださった事は、ものすご〜く嬉しくて、ブログにも書きました。

「あげます」と言っていただいたので、気兼ねなくゆっくりキープさせていただき、先日再訪したところが、季節限定の絶品アプフェルシュトゥルーデルをいただいた後、いつものキーマンを楽しんでいると、後ろで何やらマスターがお客さんと話しています。。。で、私にも、銀紙で包まれたあったかいものを差し出しながら、「これ、いただいた芋なんですが、ついでだったんで焼きました」と笑顔でおっしゃる…。

お菓子とお茶で満腹だったので、バッグに入れて持ち帰り、温め直して銀紙を開けると、ねっとりとした金色のお芋が何もしなくてもちぎれてくるよう…普通のお芋じゃなくて、安納芋系でしたね。。。素晴らしい!

で、その翌日…今度は、お隣から相模湾から直行のお頭付きのツヤツヤした鯛が…。

で、またその翌日…常連としては外せない年始最初の営業日にヒヤシンスハウスへ出向きます。とうとう店名をばらしてしまいましたね…。時々あまりに混むので、気の毒でお店の名前を伏せてたんですが、あたしのブログくらいじゃ影響ないでしょうから、書いちゃいました。店名まで素的でしょ。

こちらではホームメイド感たっぷりの優しいプリンとすごすぎ日本産紅茶をいただいて、お会計を済ませると、「あ、ちょっと…」とご主人が奥へ引っ込み、ニコニコで戻って来て、手には新潟産の有機玄米が…。

その上、この間に、ご自宅の畑で丹精されているお野菜までお送りいただくというメールが来て…。農薬無しで、土にも酵素なんかで栄養をつけた特別なお野菜です。核家族化で差し上げる方が少なくて…と、頂ける事に。

へえ? なんでまた、こんなに続く?
どれもこれも素晴らしいお品ばかりです。
しかもちょうど3日連続で。。。
サインみたいね。。。

カフェでの頂き物は、どちらも沢山いただいたそのお裾分け…ということでした。お隣さんからのお魚だって、大漁のお裾分け、お野菜も沢山採れたということで…豊かですね…美味しいものが有り余っていて、喜びと笑顔とともに手渡していただく…素晴らしく豊かな循環に入れてもらったような…。

先日の白昼夢遊びで、とんでもない贅沢三昧を妄想に浸りきって楽しみましたが、もしかして、その豊かさのエネルギーが早速現実化しましたか? 

これ、 一人でJALのファーストに乗ってパリ往復するのよか、よほど豊かな感じがしたりして…。人や人の親切が、たくさん関わってます…どんなに積んでも、お金じゃ買えません。

あ、その前にも、サプライズのお年玉もらったりもしてますので、本当に現実化だったかどうかは、わかりませんけれど。。。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


妄想遊び、効きました。。。

今日は気分転換に、目と鼻の先にあるカフェに久しぶりにお邪魔しました。とってもおしゃれないいカフェなんですが、近過ぎるせいで運動にもならないし、家の延長のようで、逆に利用回数が少なかったりして…。

まだお昼前だったので、どんより曇って雨なんかぱらつく中、ふと気づくと、ものすご〜く穏やかで満たされている…。

ああ、久しぶりです…こういう何でもなくて天国な気分…ふう…ようやく恢復?

灰色の空を背景に、蕪雑な電線と電信柱なんかが見えるだけなのに、その景色に、幸福感や解放感を感じます。。。こうでなくちゃ、ね。。。

このお店にはラテアートの名人がいるので、いつもうんとコーヒー少なめのカフェラテをお願いします。今日のアートはどんなかな…と待っていると、彼女が運んで来たカップには、笑っている鳥が!酉年にちなんだそうですが、鳥の絵は初めてで、すっごく受けました〜☆

やっぱり妄想遊び、効きました。。。

実は、一昨日、なんとかしなくちゃ…とこれを試して、その日の夜、正気に戻った途端、最近飼い鳥の落とし物の色が一向によくならないのが気になってネットで調べたところが、胃などの上部消化器に出血がある可能性に行き当たってしまい、パニックになりました。

もう深夜も深夜、熟睡中の鳥に謝りながらそうっと起こして、体やうんPをチェックさせてもらいます。ねぼすけな鳥ですから、ご機嫌は斜めどころか、最悪で、ねぼけているので大して痛くなくても、ガブガブされながら、こちらは「ねえ、かあちゃんを置いて帰っちゃったりしないで…お願いだから…(;;)」などと涙ながらに訴えていたりして。。。鳥にもペットにも興味の無い人が見たら…たぶん笑い話ですね。。。

こんなに感情が波だってしまうと、ガイドから情報なんかとれっこありませんから、常識人のようにPCにかじりついて、ネットであれこれ調べ続け、好物のグリットの食べ過ぎで内臓から出血している可能性が濃厚になりました。

折角妄想遊びで波動上げたのに…ひどすぎる気分…。

お守り代わりにキープしているトランキライザーのお世話になり(--;)、未明に布団に入って…ああ、有り難いことに、ノンストップで昼前まで寝ました。

それでも薬を使っての熟睡は本物じゃありませんから、大して回復しないですが、ネバーギブアップの根性くらいは取り戻せて、おバカ丸出し…と思いつつも、妄想のいくつかをブログに書いたのが、昨日…そんでもって、予想はしてたんですが、やっぱり妄想に浸り始めると、波動が上がる。。。

日常圏内からはずれすぎ、おバカすぎが、正解でした。

執着や欲望の重みもくっつかないし、レッドカーペットなんか、楽しい以上に、こんな想像、バカ過ぎる…と心の中で爆笑してますから、それがどれほど助けになったでしょう。

勿論、笑いヨガのように声を挙げて笑うのが一番でしょうが、心の中で楽しく笑い転げるのだって、波動は波動で、やはり効果が期待できます。以前ガイドに、そう言われたことがありました。

書いて表現したい!と四六時中騒いでいるデーモンを一匹飼っているので、その欲求を満たせたことも良かったかもしれません。書いて気が済んだ後は、嘘のように鳥を心配する=執着する気持ちが消えていました。寒い中を連れ出すよりも、グリット無しで様子を見るのが一番という気になり、そうしたところが、24時間で改善が見られました。

当分は無理かも…と思っていたワークの続きもできちゃいました。。。過去世とは思っていなかったのですが、お風呂に浸かりながら、体の重苦しい感覚にピンポイントでフォーカスしたら、すご〜〜く重いのが二つ続けて出て来ました。

最初のは、こちらが人を利用して裏切った挙げ句に命まで奪っていました。次のは逆で、さんざん利用されて最後に使い物にならなくなった時点で毒殺されました。ペアのような転生ですね。バランスを取るためのカルマでしょうか? 今回の転生に関しては、人を信じられないというエネルギーブロックとして機能していたようです。

過去世と言ったって、もう自分のものという気もしなくて、家系にまつわるものか、それともこの身体が浄化のために引き受けたものなのか、まあ、もう、誰のだって一緒です。家系でも、グループソウルでも何でも、クリーニングスタッフとしてのお仕事を選んできたのに違いなくて、それならそれでいいです。

お風呂から上がったら、いつもよりもずっと肌が澄んで見えました。まだ出て来そうだったのを、これ以上はちょっと、と思って止めたんですが、それでも随分軽くなったようでした。ワーク成功です。。。

今回の妄想遊びには、本当に助けられました。妄想というとイメージ悪すぎるので、白昼夢遊びと呼ぶことにして、敬意?を表したいと思います。あんまり、変わんない…か。。。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

7月度
22日(土) 13時〜16時

8月度
26日(土) 13時〜16時

9月度
23日(祝・土)13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -