フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



垂直に生きる

昨日は宇宙タイミングで白井剛史(プリミ恥部)さんのライブに行ってきました。
色々面白いシンクロや出会いもあり、楽しめました。

プリミさん、そして初対面なのに、すご〜く楽しく一緒に盛り上がってくださった方達、有り難うございました☆

波動がずり落ちそうになると、彼の動画を見たりしているうちに、あのサイケなパジャマを着たくなり、もしかして売っているかと思ったんですが、無かったですね(^^;)

その代わり、在庫無しでアマゾンなどでは買えない彼のCD(コピーのようですが)はちゃんとあって、今聴いています。ライブや動画とは違った良さがあります。ゲットできてよかったあ…。

彼は『愛を味方にする生き方』(青林堂刊)で、20歳頃にイマージネーションじゃなくて、インスピレーションで生きることに決めたと書いていますが、これは「いまここに生きる」というのと本質的には同じだと思います。

私には「垂直に生きる」という言葉がぴったりするんですが、普通に世界の中で、水平というか横に意識が広がっていると、社会の中での条件付けや、自分の今までの人生で作りたくなくても作ってしまった誰それ、というパーソナリティやバックグラウンドにがんじがらめになるような気がします。

垂直になってしまえば、天地とつながっているだけで、そうした本質的でない一時的なものは全て脱落します。私も誰でもなくなる。。。この私というのは、一種の重荷に違いないです。時系列とも無縁だから「その時」があるだけで、そういう瞬間に、その私は存在できないようです。

本質=愛とシンクロして、形骸的な自分が無いか薄まっている時、全てと共振するか、ゆるく心地よくつながっていて、何もストレスがありません。

ひどく苦しんでいる時に、「過去の痛みからくる幻想なんかでいっぱいになっている、その頭から出ろってばっ!!」って、怒鳴ってるのも、当の気の毒なマインドだったりして、マインドがマインドから出たいなんて、堂々巡りの悲劇…だな…。

でも、正気というか、調和から見ると、この悲劇は喜劇であり、良い経験だとしか思えない…。

どっちがクレイジーだか…

あのサイケなパジャマと、周囲の目を峙てないための好きでもない無難な格好と…

多分、どっちもクレイジーで、クレイジーじゃない。
あはははは(^^)

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


オーラ・リーディング

24日(土)のリーディング・クラスでは、オーラを読みます。

オーラの見え方は多分色々で、これが正解というのは無いと思いますが、私の場合は色々な色が肉体の周りに見えます。

昔、リーディングの勉強をしていた頃、レバナ・シェル・ブドラの本に紹介されているような層をなしたオーラを読んでいたこともあるので、そのような形で情報を取ろうとすれば、そのように見えるのだと思います。

今はざっと見て色が見えれば、充分情報が取れるので、もっぱらそうして読んでいます(ずっと簡単なんだも〜ん)。

それぞれの色については、教科書っぽい本を見れば解説がありますし、基本的な象徴としての意味もだいたい決まっています。

ただし、それを鵜呑みにはできません。色といっても波動で、実際によく吟味しないと間違うこともあります。

特にトリッキーなのが白。

白は波動の高い色と思いがちですが、その白をよく観察してみると、汚れた白だったり、ものすごく輝いているようでいて、硬くて冷たい白だったりします。

汚れていればまだしも、硬く輝く白だったりすると望ましい波動と取り違えますが、これが自己防衛の殻だったりするので、白が見えた時には、私は手で触れて見ます。勿論、肉体の手ではなくて、エネルギーの手でね☆

高い波動の純粋な白を頭の周囲に見ることがありますが、これは高次の存在そのものや、その存在からの情報だったりします。

普段から意識的に自分の内側を観察する習慣があると、オーラに出ている情報は、自分自身でキャッチできている事が多いです。

逆に自分のオーラを読んでみて、「わっ!」とびっくりするようだと、外界にフォーカスが偏りがちで、自分自身についての理解が不足しているでしょう。

これがチャクラ・リーディングになると、自分自身の内面に相当敏感な人でも、「えっ!!」みたいなもっと深い情報になります。チャクラ・リーディングは7月度を予定しておりますので、こちらもお楽しみに。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


地球VISAの有効期限内に…

今アップしたバシャール情報は、昨日のものです。

昨日アップしたマイケルのメッセージと重なっていますが、実は、昨日の朝の瞑想時にハイハート経由で来た情報とシンクロしていて、驚きました。

こういうことは時々ありますが、私にとっては、重要なだけじゃなくて「タイミング」の情報だったのだと思います。

今も意識的でないとすぐにずり落ちますが、無限の愛と共振している時には、分離の苦痛を感じません。

以前白い蝶の詩を書きました(「もう随分前に白い蝶の夢をみました…」)が、自分自身のかけがえのないマトリックス=魂と切れていることの絶望感に打ちのめされていた時のことで、あれはマジで辛かったです。

勿論魂とだって、宇宙とだって、切れちゃうことなんか無いんですが、そんなことを頭で理解していたって、何の足しにもなりません。

のたうちまわって求めても、感じられない時は感じられない。。。絶望的です。

もっと具体的な事なら理解されやすいかもしれませんが、本当はみんなが、具体的なあれこれじゃなくて、この必須で最も本質的な繋がりを求めて苦しんでいる、というのが私のこれまでの理解です。

でも、白井さんやマイケルが言う無限の愛に自分が溶けている時、魂との分離感も綺麗さっぱり拭いさられます。魂どころじゃなくて、宇宙全体に溶けているような具合でもあり、それでもちゃんと普通に生きて活動できるのに、普段の自分は相当薄まっているという不思議な状態です。

うう…すご〜い解放感。。。

この感覚を失うまいと執着すると、そのエネルギーの重さでずり落ちると、以前散々読みましたから、多分しなくて済んでいると思います。

問題は、今生で、あまりに分離の幻想で生きていた密度と時間が長いために、そっちの方に慣れすぎていて、すぐに戻っちゃう、ということかもしれません。

まあ、いいや、まだ寿命あるみたいだし、地球VISAが切れるまで、ゆっくりやろう…。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


愛がすべて、そして帝国、じゃなくて、エゴの逆襲

白井さんの本などがきっかけだったかもしれませんが、自分が自然に愛そのもので、それ以外のあり方が可能だなどということを思いもよらなかった、恐らくは転生前の感覚が戻ってきています。

色々な文献の通りで、その状態は常に私たちのうちに存在していて、ただそれが感じられないだけだというのも、体感として納得できます。

じゃあ、どうしてその本来の在り方=愛を感じられない?

エゴがブロックするから。。。

最近、何となく思うんですが、エゴって過去の記憶に過ぎないんじゃないか…。

ひどく辛い事を経験して、それが苦痛や諸々の辛い感情や恐れと共に記憶を形成します。

あまりに辛かったり、長年にわたって繰り返されると、それは強固な信念になってしまい、自分はそういう経験をするものだと、思い込んでしまう。

それが無意識に潜った場合は、一層毒とパワーを持って、人生に、装いに違いはあっても、本質的には同じ経験を作り出します。

でもね、それって、元はただの記憶じゃないの…

なんて思って、原初の愛、完全に脱力するほど安らかでリラックスしているのに、軸はしっかり立っていて揺らがない、そんな状態が本当の自分だった事を思い出すと…

消される!とパニックになったエゴの逆襲が始まったりします。

消されるなんて誤解で、その無限の愛が優しく包みこむ中で、永遠に溶けてゆくだけなのに、それがわからないのでしょう。

ともあれ、必死にエゴが抵抗してくる、その過程で、エゴは心底苦しみたいというか、苦しむことがその本質なのだということにも気づきました。

普段はまず興味の網に引っかかりが無いような、苦痛に満ちた映画なんかにものすごく惹かれる。

この惹かれ方が妙で、自然じゃないから、エゴが動いているのがわかります。

何か不自然なドライブがかかる感じって、わかりません?

この不自然な力みというかドライブがある時、それは私の場合、必ずお腹の左側から来ているようなんですが、エゴが動いています。
その辺りが、私のエゴの座なのかもしれません。

あ、もちろん、エゴの言いなりになって、見に行ったりは致しません。大勢の人と一緒に、長時間、映画と一緒になってそんなにひどい苦痛に塗れたら、救護室で寝せてもらえないと帰宅できないかもしれないし、復旧に何日もかかりますから〜。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


新しい風

先の白井さんの本ですが、昨日たまたま(じゃない)普段行かない大型書店に寄ったところが、この本があり、最初になんて悪趣味なカバーだろうと思い、しかもタイトルがまたどんくさいというか、フツーすぎるというか、ところが「人生があがっていく宇宙マッサージ」という副題があまりにも意味不明で、中を開いて即決でした。

とても感じの良い文章で、おそらくはご本人も感じの良い捌けた方に違いありませんが…正真正銘の変人、いえ、まごうかたなき奇人です(^o^)

私なんか、彼からすればフツーすぎてつまらない人間でしょう。嬉しいですね…

こういうとてつもない人に本ででも、出会えたのは本当に幸せです。バシャールが地球服着てるようなもので、彼にはなれなくても、彼の言うことはよくわかります。

先ほどアップしたスマホについての引用ですが、読んだ途端、記憶が蘇りました。

私がパソコンやスマホには名前を聞いて、それぞれ名前を呼んでコミュニケーションしているとお話ししたら、相手の方もその気になり、愛用のiPhoneに尋ねられたところが、「愛」と名乗ったそうで、まさに愛Phoneだ!と感動されていました。

勿論、その時は白井さんの言ってることなんか、知るよしもありませんでしたから、その方のiPhoneは愛ちゃんなんだ…と思っただけでしたが、ズバリだったんですね〜おもしろ!

こういう人が出てきて、しかも大勢の人に受け入れられる…本当に世界のエネルギーが変わったのでしょう。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

8月度
26日(土) 13時〜16時

9月度
23日(祝・土)13時〜16時

10月度
28日(土) 13時〜16時

11月度
18日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -