フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



そのうちカラオケボックスじゃなくて、瞑想ボックスなんかがフツーにあったりして…

すご〜く楽しくて面白くて集中して読んじゃいました…ダン・ハリスというABCテレビの花形キャスターが書いた瞑想入門、というか、瞑想なんて胸が悪くなるほど嫌いで、精神世界なんかまっぴらご免だったお方が、見事に?転向しちゃうお話で、前半は俗世間的な興味で面白く、後半は本業的な興味で面白かったです。カバーに載ってる写真を見たら、そう言えば、どっかで見た顔です。。。

『10% HAPPIER 人気ニュースキャスターが「頭の中のおしゃべり」を黙らせる方法を求めて精神世界を探求する物語』(桜田直美訳 大和書房)

あたしはもう完全にこっち側?向こう側?の人間なんで、常識的な人たちがこちら側をどんな風に見たり感じたりしているのかを、もう一度確認するような事になりましたが、可笑しいやら、もどかしいやら、どこかもぞもぞと居心地の悪さも感じながら、やっぱりとても面白かったです。

エックハールト・トールに触発されながらも、全く理解できず、いかさま師か頭のおかしい人じゃないかと疑っていたダンも、ジョセフ・ゴールドスタインの沈黙リトリートに参加して七転八倒の5日目、「これはたとえるなら、何日もかかってラジオのダイヤルを回し続けた結果、ついに電波をとらえたような感覚だ。ただ「今、ここ」をありのままに認識している。自分の意識のフィールドにあるいちばん大きなものに集中している」ことが、突然起こる。

首が痛い。
膝が痛い。
上空を飛行機が飛んでいる。
鳥のさえずり。
木の葉が風に揺れる音。
そよ風が腕をなでる。
カシューナッツとレーズンが入った朝食のオートミールが大好きだ。
首。膝。首。首。膝、膝、膝。
空腹。首。膝。手がしびれる。鳥。膝。鳥、鳥、鳥。

やっとわかってくる。これはつまり、前に先生たちが言っていた「選択しない認識」なのだろう。本格的に滝の裏側に入ることだ。集中力を十分に高めると、「呼吸に集中しなければ」という執着を捨て、ただ目の前にあるものを自然に認識できるようになる。それが今、私の身に起こっている。意識の中に何かが浮かんでくるたびに、ただそれに集中する。
 ムリをしている感覚は一切なく、はっきりとそれだけを意識する。私は何もしていない。ただ自然に任せているだけだ。あまりにも簡単なので、なんだか自分がズルをしているようだ。
pp212-213
ダンは、集中力が短時間しかもたないと自分を批判しているんですが、彼の意志の強さは素晴らしくて、この忙しい人が一旦瞑想を始めたら毎日続け、一年後にはこの集中リトリートに参加しています。彼の体験は、短期集中の深さがビビッドに輝いてる!誰でもこうした経験をするとは限らないけれど、瞑想を続けていれば、必ず、10%とは言わず、人生が幸福度を増すことは、自分の経験からも保証できます。

tomokoが瞑想を始めたのは2005年の1月で、もう十年を越えました。で、今日この本を読んでびっくりしたのは、知らないうちにけっこう遠くまで来ていたな、ということです。ダンが大騒ぎしていることが何でも無い日常だったりして、普段はそれがフツーなので忘れてましたけれど、確かに瞑想を始めた頃とは全く別の、心底おラクな人生を別のノーテンキな人が生きているようです。

そう言えば、いつからか、渇望=どうしてもこれが欲しい、これがしたい、という欲求が無くなっていました。いつからなのか、全く思い出せません。そういう執着はあるだけでストレスになるはずで、これとおさらばできただけ、あたしの人生は楽になっています。勿論最初からじゃなくて、過去にはこの執着でひどく苦しんだし、ひどい目にもあってきましたから、絶対前は持ってたんです。でも、いつからか無くなっちゃった…だけじゃなくて、今は、正直なところ、そういう執着をすること自体がよくわからなくなっていて、ほんとに自分がした経験だったかリアルに思い出す事も難しいという…ヘンテコな事態になっています。

勿論、悟りを開いたなんて目出たいことにはほど遠くて、さっきもエプロンをかけるのを忘れて料理をしていて、白いTシャツにトマトが飛び散ったのですごくイライラしました。でもそういう感情をそのまま受け入れて、感情にも自分にも判断をくださないので、何かあってもストレス度はたぶん低いです。

この本、表紙にニューヨーク・タイムズ紙ベストセラー第一位ノンフィクションとかってあって、よく読まれているようです。既にアメリカでは大企業で、瞑想を積極的に活用するところも増えていて、職員用の瞑想室なんかも設けられているようです。瞑想なんて、コーヒーブレークと一緒で、ほんとはとても日常的なものだから、いよいよまともな流れになってきているに違いありません。そのうち街中でも、気軽に入れる瞑想ボックスとかが流行るといいですね☆
  1. ご本
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

そっかぁ😃

  1. 2015/07/16(木) 14:05:31 |
  2. URL |
  3. 邦夫
  4. [ edit ]
そっかぁ😃そうなんだ…ダン氏のありのままの日常に意識がぴったりダイヤルが合って気付いた瞬間。とても不思議なでも当たり前だった同調に、なんだか僕も微笑ましく気付かされました🙋

実は最近、僕なりの渇望も…断捨離しかけているというか、そんな状態にいる自分を認識出来ました。選択した結果の今なのは分かっていますが、がつがつした焦燥感に駆られるあの感覚が意識外にすごい速度で遠のいて行く感じが清々しいのです。

Re: そっかぁ😃

  1. 2015/07/16(木) 15:53:51 |
  2. URL |
  3. tomoko
  4. [ edit ]
みなさん、ガンガン進んでいらっしゃいますね。

ほんのちょっと前の当たり前が、もう全然当たり前じゃなくなってきています。不思議だけど、魂の深いところから促しがあって、それで自然に変わってゆくんじゃないでしょうか? きっと今なら、以前できない…って諦めたことなんかでも、できる気がします。チャンス!?


> そっかぁ😃そうなんだ…ダン氏のありのままの日常に意識がぴったりダイヤルが合って気付いた瞬間。とても不思議なでも当たり前だった同調に、なんだか僕も微笑ましく気付かされました🙋
>
> 実は最近、僕なりの渇望も…断捨離しかけているというか、そんな状態にいる自分を認識出来ました。選択した結果の今なのは分かっていますが、がつがつした焦燥感に駆られるあの感覚が意識外にすごい速度で遠のいて行く感じが清々しいのです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

10月度  ご予約受付中!
28日(土) 13時〜16時

11月度
26日(日) 13時〜16時
18日(土)から変更しました。

12月度
16日(土) 13時〜16時

1月度
20日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -