フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



妥協を許さないもずくオタク!!だそうです。。。

いいですね〜。とことん自分の仕事を愛して、作物も愛して、人も愛して、地域も愛して…美味しいものができるわけです。

原発事故後に軽いノイローゼになり、安全な野菜や食品の宅配の会員になりました。でも、お蔭さまでそれまでは全然知らなかった野菜や、美味しい食品をあれこれ試せるので、本当によかったと思っています。

今日ご紹介するのは、先日の宅配の箱に入ってきた「VOiCE」というパンフレットにあった、西川仁さんという生もずく酢を生産販売している方の談話です。

もともともずくの品質管理には大変熱心だった沖縄の知念漁協もびっくりのこだわりようとか…。VOiCE#67(Oisix)より部分転載します。

創業百年のお酢屋がこだわった生もずく酢

 西川さんは山梨県で創業百年を超える老舗のお酢屋を営んでいる。酢へのこだわりは当然ながら凄まじい。
「基本的になければ全部作ればいいと思っています。このもずくにはこういうのがいいなど、自分で食べてみた感覚を大事にして、その商品に合うレシピをつくる。知念のもずくはものがよくて栄養価もたかいから、味付けも自然なものがいい。だからまずは醤油は無添加のものを仕入れ、鰹節は追い鰹をしたものを使用。昆布も日高産にこだわり、酢は純米米酢の長期熟成したもの。最後に全部の液を山梨の南アルプスの天然水に入れて作り上げる。他はもう趣味というかこだわりです。」


売りたいんじゃない、食べてもらいたいんだ

「おいしいねって言葉だけじゃ嫌なんです。食べて止まって『ええっ何これ?』って、その声が聞きたい。あの笑顔。あの笑顔がでるようなものを出さないと自分は気が済まない。自分が求めているものを食べてもらえれば、ものすごくびっくりするし感動してもらえると思うから、できるだけ多くの人に食べてもらいたい。だから売りたいんじゃないんだよね、食べてもらいたいんだよ。知念ってところでできたもずく、こんなにおいしいんだよって。参事さんや漁師さんの想い。そういうものを感じてもらいたい」

「VOiCE」に登場する農家さんや生産者の方達は、みんなこんな風です。仕事を本当に愛していて、食べる人がハッピーになる作物を作ることにのめりこんでいます。食べる人の事を考える時、農薬ざぶざぶとか、化学調味料や薬品で味をごまかしたり、長く店頭に置けるようにしたりしてコストを下げるなんてことはありえません。

お金が何よりも大切で、その奴隷になるのが普通だった3Dは終わっています。自分も他の人も健康で幸せ、豊かな5Dの恩恵は、既にそこここにあります。
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

10月度  ご予約受付中!
28日(土) 13時〜16時

11月度
26日(日) 13時〜16時
18日(土)から変更しました。

12月度
16日(土) 13時〜16時

1月度
20日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -