フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



自分を大切にする=成長 by バシャール

ありました、ありました、嫌な目にあっても、それに気づけなかったり、気づいたのはいいけれど三日も後で、ひどい事を言った相手と同じかそれ以上にそれに気づけなかった自分に腹が立ったものです。今じゃ、瞬間湯沸かし器?じゃないですが、嫌なら嫌と即座にわかります。実際体験してきたことだから、不思議じゃないはずですが、自分の気持ちもわからなかったなんて、やっぱり今のtomokoの感覚からすれば不思議だったりします。。。そんな風に無意識レベルからして自分を抑えてばかりいたから、鬱になっちゃんたんですね。あ、これはとってもわかりやすい。。。

で、おススメは、勿論バシャールの言う通りで、自分の気持ちをよく意識できるようにして、内側の問題が巨大になっていないいないバ〜!!になんて化けて日常に出ないうちに、先手を打つことです。これは実際、とても効果がありますよ。Mirus Club推奨です。これが日常生活に組み込まれてしまえば、こっちのもの、もうあれこれひどいトラブルなんか起きません。

そして不快さを感じたら、その不快な状況にやせ我慢したりしてると、鈍感に戻っちゃいますから、自分を大切にする選択肢を探して、勇気を出して実行です。

the PLANET from NEBULAより全文転載します。

最も楽だと感じる方法(path least resistance)

体に起こる”痛み”は、貴方に問題がありますよ、と教えてくれてる体のシグナルです。それと同じように、貴方の感情の動きは、貴方の波動状態を教えてくれる大切なシグナルなのだと、バシャールは話しています。物質的体の痛みを無視する事は難しいのですが、精神的な痛みの場合、長年の”痛み慣れ”のせいで、慢性的に鈍感になってしまっていると、バシャールは話します。

しかし、慢性的に鈍感になっていても、そんな事は心配無用と、バシャールは話します。何故かというと、精神的痛みを無視すればする程、そのうち大きな塊として、無視出来ない現実として貴方の目の前に現れるからなのです。無視出来ない現実とは、言わば”人生の転機”を経験する、詰まりは、貴方が変わらなくてはいけない状況へと導かれる、という事を意味しています。

そのままほっておいて、大きな塊になるまで待つのも貴方の選択ですが、精神的に余裕が無くなって顔を背ける事が出来なくなるまで待つのでは無く、柔らかく加工出来易い今に対処しておくと良いでしょうと、バシャールは話しています。

辛い事や不快な事に出会ったら、一番心が落ち着くまたは、心が心地よいと感じる、”最も楽だと感じる方法”を選んで進んで下さいと、バシャールは話します。例えば、職場の上司の悪口を聞くよりも、外の空気を吸う方が”最も楽だと感じる方法”だとしたら、そちらを選ぶとか、天気が良くて気持ちが良いので、散歩がてらに1駅歩いてみるとか、普段と違う”インスピレーション”を大切にし、”最も楽だと感じる方法”を進んで下さい。そうする事で、慢性的に鈍感になっていた貴方の感覚は研磨され、成長してゆくようになるのだと、バシャールは話しています。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

8月度
26日(土) 13時〜16時

9月度
23日(祝・土)13時〜16時

10月度
28日(土) 13時〜16時

11月度
18日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -