フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



音楽の活用 by バシャール

音楽は大好きです…というより、tomokoにとっては食事や瞑想と同様に、人生の必需品です。

自分の波動にぴったり合った音楽に包まれていると、ちょっと自分の軸がずれてても、割と簡単に本来の波動に調整ができます。よっぽどずれちゃってると、時間かかりますけどね。

最近はtomoko的に天国モードなAnders HolteのStellar Lullabyeばっかり浴びるほど聞いていましたが、丁度今、ネイタルの太陽にトランシットの金星と火星が重なっている影響だと思いますが、ハレルヤが異様にぴったり来るようになってしまいました(^^;)でもこのトランシットの影響はすぐに消えますので、きっとまたスローで神秘的なAnders Holteに戻るんだと思います。

本来の自分自身な波動をサポートしてくれる音楽を使わない手はありません。ぴったりな音楽で自分自身を包むことは、手軽だし、とても健康的だと思います。

トーン
the PLANET from NEBULAより全文転載です)

貴方は”トーン/音”であり、波動そのものであると、バシャールは話します。貴方の”トーン”は一定ではなく、常に揺れ動いています。それはまるで、神秘的なオーロラが揺れ動いているように、常に変化しているのです。そして音もまた、エネルギーであり、”生きた”波動を持っていると、バシャールは話します。

音楽はもともと、神と交信する為のツールであったと、バシャールは話します。音楽は、音の”波”を作って大きな波動の流れを作ります。詰まり、体が自然に発する”トーン”と、音楽の音の”波”が貴方の波動を包み込んで(シンクロ)貴方の意識ごと、上へと連れて行ってくれるというわけなのです。

しかし、音楽にも色々あって、作り手の波動や、聞き手の波動によって、貴方の受け取り方も変わってくると、話します。勿論、貴方の波動を下げてしまう音も存在していますし、貴方には何ともない音でも、他の人にはとても意味のある音も存在しています。

貴方の波動がどの辺りに漂っているのかを、音楽を使って的確に推測する事が出来ると、バシャールは話します。貴方の”今”の気持ちが、どんな種類の音楽を聞きたいのか、どんな風な気持ちになりたいのかで、聞きたい、浸りたい音楽が変わってくるように、貴方の心がシンクロする”音”は、貴方の心の状態に比例するのだと、バシャールは話します。

ですから、心が寂しい時は、気持ちが上がる音楽を聞いてみましょうと、バシャールは話します。音楽を聞く前よりも、聞き終えた貴方の波動は、見違える程違ってくるのが分かるでしょうと、バシャールは話します。貴方がハイヤーマインドと繋がっている時、ふっとした時に蘇る”音楽”や、”歌詞”を注意して観察してみると良いでしょうと、バシャールは話します。その中には、沢山のメッセージが乗せられ、貴方の”トーン”を調節してくれる”音”を、教えてくれています。これらの波動は全て、貴方が受信して貴方自身に送る、大切なメッセージなのです。大いに利用してゆきましょうと、バシャールは話しています。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

8月度
26日(土) 13時〜16時

9月度
23日(祝・土)13時〜16時

10月度
28日(土) 13時〜16時

11月度
18日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -