フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



純真さを取り戻す by 大天使ガブリエル

輝かしい未来のその輝かしさの片鱗が、既にあちらこちらできらめいている事が顕著に感じられるこの頃です。以前はとても手が届かないように見えたことも、今なら手が届く、そんな感じでしょうか。。。

冒頭を省いて、Lightworkermike.com(https://lighworkerjapan.wordpress.com/2015/02/05/the-return-to-innocence/)より転載します。

この数年間、非常に激しい変化を経験し、自分を浄化してきたことは自分でも知っていると思います。そして、これからは、めまぐるしく問題を追いかけまわさない限り、今までよりももっと楽に進んで行きます。

皆さんは、昔の制約をかなり手放しました。古い考え方を止め、過去の傷を手放して、ここ数年の重いものを真剣に休むことなく手放して来ました。で、今、自分の中心に落ち着こうとしています。いやはや驚きですが、そこに皆さん自身の純真な自分がいるのです。それは、甘いキャンディのようなものです。それが皆さんの純粋なエッセンスです。その純真な所が、自分の白紙で神聖なところ、本物のあなたのエネルギーなのです。

この純真さについて説明しましょう。生まれたばかりの赤ん坊を抱いていると考えてください。この世界に新しい人間として生まれた赤ん坊を抱いてその目を見ると、赤ん坊のエネルギーを感じます。すると、赤ん坊が全くの白紙の状態であることに驚きます。本当に純粋なのです。でも、一方でその目を見ると、深い叡智を湛え、古い魂であり、深く知っていることを知り、しばしばそれに涙が出てきますね。純粋なもの、自分の知恵や神聖さ、源との繋がりを持ってやって来るのです。そして、生まれてから周りの人たちの考え方に染まり始めます。だから、家族や社会、環境によって自分の考え方を培われ、それまでの家族のあり方に条件付けられます。そしてそれが土台になって自分の経験を形作っていきます。

スピリチュアルな旅というのは、幾層ものレイヤー(膜・層)を潜り抜けて自分の真実に至る旅であることは聞いていると思います。皆さんのしていることは、この純真な状態に帰っていくことなのです。その旅は、明るく楽しく、生き生きとこの旅を歩んでいくことです。

いつも自分の中にあったこの純真さに繋がれると、傷は永遠に残り続けるという考え方が誤りであることが分かります。だから、自分は純真になれないという考え方は大きな間違いのひとつで、自分を完全に癒すことが出来なくなります。皆さん、あなたから何かを奪えるものは誰もいません! あなたの純真さ、純粋で大らかに信じようとするエッセンス、本当に繋がった状態は、あなたが戻れるよう常にあなたの中にあります。

永遠に傷ついた状態でいることは出来ないことが理解できると、その時から許そうとし始めます。修復できないほど傷ついたという考えが幻想だったことが分かるのです。ただ、それは、傷ついても大目に見たり軽く考えていいということではありません。また同じような状態に陥ってもいいということではありません。全く違います。そうではなく、その経験から学んで傷のない状態に向かおうとすることなのです。

ある意味、純真な状態になるというのは、コンピューターシステムを復元すること、元通りの完全なシステムに戻して、大事なファイル(経験)を保存しながらそれ以外は消去するということと同じです。

一端癒しが起こると、人生が次々と深く癒されていきます。感情面で癒しが起こり、体も、あらゆるところが癒されていきます。

純真さに繋がると、神聖な輝きを発します。純真な子供を考えてください。子供は大切にされるだろうと思い、疑念を持ちません。当然必要なものは満たされると思っています。自分が好きで、直感的に必要な所にいて必要なものは何でも要求します。お腹がすけば食べ、疲れれば寝ます。考え過ぎたりしません。遊びながらいろいろなことを経験し、いろいろなことをやろうとします。

子供は心配しません。間違うのではないかという不安や恐れを感じて自分の成長を止めたり経験しないようにしたりしません。子供は壮大な実現者です。疑うことをしません。自分の純粋な所を受け留めると、ある意味、自分をマスターし始め、その時から今までにないほどしたいことが楽々と出来るようになります。改めて自分を慈しみ、勇気づけ、自分を好きになります。それでいながらそれまでの経験で得た知恵をしっかり手にしているのです。

自分の純粋さが表れると、あなたにぴったりのパートナーや関係を引き寄せます。あなたの本当の純粋なエネルギーに反応するのです。それだけでなく、それ以上に、純真になると想像力が高まり、したいことや発見や気づき、新たな経験に繋がり、楽しく、喜びが溢れ、笑いが多くなり、今にいることが楽しくなります。そして、驚きをもって周りのことを見るようになります。純真さを取り戻すと物事に魔法が起きているように感じ始め、今にいることが出来ます。

純粋な自分のエネルギーが放たれるので、ありのままでいることが出来それで安心します。純粋な波動を放つと、それが自分に返ってきます。不安や恐れは、親があなたを安全にしておくため、言うことを聞かせようとして、その際に身につけたものです。重たい層の下にある、すべての経緯や思い違い、傷や恐れ、疑いだと思っているものは、すべて、認めて欲しい、分かって欲しいという、小さなインナーチャイルドの怯(おび)えだったのです。

だから、蓋をしたところ、傷ついたところ、怖気づいている所、見ないようにしているところを探して、あなた自身がその親になって愛してあげてください。すると、そういうところを取り戻して安全にして置くことができます。自分に条件をつけずに愛することでそう出来ます。すると、自分の子供や大切な人を受け入れまいとする時には、そういう自分を受け入れることが出来なくなります。

これからは、今までにないほど、自分自身に対して優しく寛容になっていきます。それが、求めてきた自己愛です! その癒す力はとても深いのです。ユニティ・コンシャスネスに進む際に必要な統合というプロセスです。

多くの皆さんが何とかしてエゴをなくそうとして来ましたが、エゴそのものは単にあなたのインナーチャイルドが注意を引き付けようとして不機嫌になっているのです。非常に傷ついた人の多くが感情を露にしますが、そのことに気がついていましたか? それがインナーチャイルドで、安心したい、大事にされたい、愛されたい、認めてもらいたいという必死の振る舞いなのです。前に進むには、エゴも取り込むことが大切ですが、分かりますか?

皆さん、自分に受け入れられないところがあって、尚も否定的な言葉で自分をいじめたり無視したりして、一体どうやってユニティ・コンシャスネスに進めるのですか? 先ずは、自分を無条件に愛し自分のすべてとひとつになることが必要です。ありのままの自分を好きになり尊重しようとする時に、欠点がなくなり、今にいてワクワクするような、願っていた生き方が出来るようになります。他に道はありません。それがあなたの持つ力であり、金輪際幻想を超えていく最終段階です。

本当に素晴らしい時代です! 皆さんがこの過程にいることに敬意を表します。皆さんのすること一つ一つ、発見したこと、やり遂げたことに、私たちは大喜びです。本当に素晴らしい仕事をしています! 完全に、十分に自分を愛し好きになってください。自分の輝かしい真実、神聖なところを受け入れてください。その時の自分の変わりように驚くでしょう。自分を愛し認めると、否が応でも他の人も同じように愛し受け入れて繋がって行かざるを得ません。以上が、今日お話したかったことです。とても楽しいひと時でした。

Archangel Gabriel thru Shelley Young
日本語訳 Lightworker Mike
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

10月度  ご予約受付中!
28日(土) 13時〜16時

11月度
26日(日) 13時〜16時
18日(土)から変更しました。

12月度
16日(土) 13時〜16時

1月度
20日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -