フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



古い世界と新しい世界の狭間で…

分離は幻想だと言われながら、一方で古い世界と新しい世界が分離しつつあるのも事実のようです。tomokoの中でも、毎日のように、あ、もうこれは古い習慣だから、要らないんだっけ…なんて、手放すことが結構あります。価値観などもほんの数ヶ月前とは随分違って来ています。今ここモードが鉄則なので、そこからはずれるものって、以前は執着があったものでも、ほんとに視界(心)からどんどん消えてます。

でも、そういう今までとはうんと違い、しかも尚どんどこ変化し続ける世界というのが全てじゃないのも確かで、古い、たぶん何千年経っても変わらないんじゃないの?みたいな世界に触れると、たいそう居心地が悪いので、さっさと逃げ出します。

先日、友人から同じような話を聞きました。同じような思いをしている人が多いんじゃないでしょうか。。。たとえば…

新しい世界では、愛が全てのベースです。そこからお互いを信頼し尊重するので、それぞれがそれぞれ自由に好きにすることに全く問題はありません。自分が自分で満足している時に、他人が他人で自由にしたいようにしていることをとやかく言う必要は全くありません。みんな好きにしてるのが、自然でおラクでいいよね〜〜〜の世界です。

これに対して古い世界では、恐怖がベースです。自分自身の中にちゃんと意識していない曖昧な恐怖や不安がいっぱいなので、人が違うことをしていると、脅かされます。自分も人と同じでないと不安だし、誰かが自分を尊重して好きにしていたりすると、自分たちと違い過ぎ、すご〜く不安が掻き立てられるので、何とか自分たちと同じように振る舞うよう強制します。しかも、自分がどうしてそんな風に駆り立てられるのかも気づけないままです。本当は、自分が怖いから、という自己中なコントロールに過ぎないのですが、あたかもそれが集団としての正統な在り方だから違反しちゃいけない、みたいな…それが古い世界では当然でしたからね。かくして、新しい自由な世界を選択すると、古い世界はガラガラと音を立てて崩れて行き、自然な融合のエネルギーによって、古い世界の統制「集団」とは全く違う、自由に自発的にお互いを助け合うような緩くて楽しい「つながり」が生まれるのです。

新しい世界と古い世界が共存している時に、こういうちょっとばかし難しい状況に出会うことは多いにあり得ることです。

あらあ、これはあたしの世界じゃないわあ、古い世界にいるのは自由だけど、あたしは趣味が全然合わないので失礼させていただこ〜っと、で済む場合は全然問題ないですよね。

問題は済まない場合…自分がいったいどっちの世界に軸を置きたいのかをはっきりさせる意味もあるでしょうし、新しい世界!って思っていても、軸がグラグラしちゃってるのを鍛えて、もっとはっきり新しい世界を意識して選択するワークをしてる、と考えることもできます。一方で、そういった古い世界を選ぶ人たちを理解して、彼らが知らないでしていることを批判せずに受け入れる慈愛を学んでいるのかもしれません。いずれにしろ、この時期に新しい世界へ移行しようとしている私たちに、それぞれ必要なレッスンではないでしょうか?
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

8月度
26日(土) 13時〜16時

9月度
23日(祝・土)13時〜16時

10月度
28日(土) 13時〜16時

11月度
18日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -