フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



困難を求めての地球転生 by バシャール

この困難なコントラストを体験したくて…という感じ、軽やかというか、イプシロン派的というか、脳天気というか、浮ついているというか…これ、実は微かな記憶としてあります…(^^;)

それでも以前なら、じょーだんっ!!誰がこんなに辛い目に遭いたいわけっ!!って、思ったでしょうが、煉獄期間中からでしょうか、あまりにそのコントラストから得るものが多いので、嫌は嫌でもやっぱり素晴らしい…と納得するようになりました。

これだけ獲物があったら、泣いたりボコボコでも文句無いです…みたいな。

そして、さらに今、この陰陽をひっくるめての地上ならではの、生の歓びを感じるようです。

それは成長の歓びでもあり、なにか特別に深い手応えのある、しみじみとした何か魂レベルでの特別な感情のような気もします。

the PLANET from NEBULAより、全文転載です。

天界には物質界のような”コントラスト”が存在していません。よってこの”コントラスト”を体験したく、わざわざ私達は波動の低い物質界に降り立っているのです。*”コントラスト(困難)”とは、貴方の”歩みを止める”、対立波動を表しています。しかし魂の存在となった貴方から”コントラスト”がそっくりそのまま消滅してしまうわけではなく、それらを感じる”センサー”は正常に動いています。ただ、”コントラスト”がメインで動く物質界と違って波動の高い天界では、これらの低い波動は”背景”に溶け込んでしまっています。よって、アクセスするにはある程度の集中力が必要となるわけなのです。また、たとえこれらの低い波動にアクセスできたとしても、物質界に住む私達と違って、パッと手放す事ができるので、直ぐに元の自分に戻る事ができるのです。
 
では魂の存在にとって、一般的にどういった事を物質界で”懐かしいな”と感じ、天界に戻った魂は、どういった瞬間に”やっぱり戻ってよかったな”と感じるのでしょうか。
 
物質界のどんなところが懐かしいと感じるのか(魂の存在にとって)
*五感の感覚、特に直接”触れる”ことで感じる触感や味覚
*食事:お腹がペコペコで食事を待つ時のワクワク感や、美味な食事をした時の幸福感や満腹感
*コントラスト:困難の波動を体験すること。魂の存在にとって”コントラスト”は宝物。なぜかと言うと、”コントラスト”から誕生する要求がとてつもなく魂の存在にとっては貴重な体験となるから。←天界では得ることができないから
*プロセスの体験:例えば食事ができるまでの時間をワクワクして待つだとか、歌の上達をヒシヒシと感じ、嬉しく思うだとか、何かになりつつある自分を体験する事
 
天界に戻って、”良かった”と感じること(魂の存在にとって)
*100%の至福と完璧さを常に感じれること
*雑念が一切ない、100%の自分と触れ合うことができる。→物質界では”自分探し”をしにやってくるわけなので、本当の自分を100%感じれる世界観に驚きと嬉しさを感じる
*テレパシーでのコミュニケーション:どんなコミュニケーション方法をひっくるめても、テレパシーほど確実な伝達方法はありません
*テレポーテーション:意識を集中するだけで、地球以外にも瞬時に出かけられる事
 
たとえ物質界で非常に困難な人生を送ったとしても、間違いなく物質界に戻って”コントラスト”を体験したくなります。それは丁度、長蛇の列ができている遊園地の絶叫マシーンに”喜んで”並ぶような、そんな”ワクワク感”が物質界にはてんこ盛りに存在しているからなのです。もちろん多くの場合、物質界に降り立った途端に嫌気がさしてしまうかもしれません。しかし貴方は間違いなくワクワクで物質界に降り立って、ワクワクで”コントラスト”を体験したいと考えやってきているのです。
 
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -