フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



相手の自由を尊重する by マイケル・ローズ

昨日のメッセージの続きになります。キャロリンがご長男を亡くされた、その辛い出来事について。。。

一昨年のセミナーで初めてお二人にお会いしましたが、その時はキャロリンがマイケルをサポートしている感じを強く受けました。おそらく、普段はキャロリンが陰になり日なたになり彼をサポートしているに違いないと、その後もずっと思っていました。

ウチの鳥を息子だとは思っていますし、同じ屋根の下で暮らしている唯一の家族ですが、オカメインコなので、あっちが先に帰ることは承知しているし、覚悟もできています。それでも、あれが帰っちゃうかも…と一瞬でも思った時は、パニックでした。まだ数日前のことなので、本当に生々しい…人間同士の場合、親が子供を先に亡くす事態は避けられるのが普通だと皆思っていますから、キャロリンの嘆きはいかばかりでしょう。。。そして、彼女が自分の悲しみと痛みに浸り、プロセスする過程をあたたかい目で見守りながらも、その自由を尊重しているマイケル。。。

カップルがお互いを本当に思いやりながら愛し合っていることですら、そんなに当たり前でないこの世界で、このような無条件の愛を捧げられる関係というのは、希有に違いありません。

そして無条件の愛は、捧げられた方よりも捧げた側への恩恵の方が深いかもしれません。直接感じることになるからです。その分癒しも深くなるでしょう。

マイケル、心を打つシェアを有り難う☆

「今日のマイケルのメッセージ(1月11日)」(マイケルローズJAPAN)より転載します。

(アルコール中毒に苦しんでいたキャロリンの長男が、キャロリンのもとに来て一ケ月ほど療養をしていましたが、先月29日に亡くなりました。)
 
キャロリンの深い悲しみを見ながら、ありのままを受け入れる・・・を意識しています。
毎日、彼女の痛みを見るのは、易しいことではありません。
     
深いところで、私の一部は、彼女を幸せにしたい、微笑ませたい、悲しみを追い払いたいと思っています。
 
しかし、その思いは、私のエゴであると分かっています。
彼女がいつものように明るく幸せなら、私がもっと居心地よくなるからです。
       
ですから、いま、あるがままの彼女を、ありのままの彼女を受け入れ、手放すことを意識して実践しています。
  
そうするには、彼女が悲しんでいるからと、私も悲しまない、また
彼女の変わりやすい気分に、過度の反応にも、深い思いやりを持つことです。
     
彼女は、彼女自身のプロセスを経験しているのです。
私は、彼女との一体感が好きであり、望んでいますが、今は、手放す必要があります。
         
10年前、私は深い悲しみの中にありました。悲しみほど、個人的であり、孤立感あるものはないことを知っています。
      
ですから、彼女にとって有意義な方法で、彼女の悲しみを経験できるようにしてあげることに最善を尽くします。
     
「手放し」、それは、意識的な愛の選択です!
日本語訳 大亀安美
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

8月度
26日(土) 13時〜16時

9月度
23日(祝・土)13時〜16時

10月度
28日(土) 13時〜16時

11月度
18日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -