フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



ゆるす または無条件の愛

昨日の「魂との接続」でも述べた深い苦痛を癒す過程で、無条件の愛がその苦痛を全面的に受け入れ、この上なく喜ばしいものとして愛したのは、強烈な体験でした。

愛は、マインドが受け入れに抵抗するようなものでも、意に介さず、やすやすと受け入れ愛します。神なる愛は、本当に無条件で無際限です。

地上的な感覚とは相容れなくても、これが本当の愛だとは散々聞くことですが…。

全身全霊で痛みに誠実に対面する時、この愛が自然とどこからともなく現れ、奇跡を起こします。この奇跡の甘さを一度でも体感すれば、痛みがこの世界特有のギフトだということを納得せざるを得ません。そして、痛みに抵抗したり、拒絶するのが無駄な以上に、勿体ないことだと思えます。

今回不思議だったのは、その愛が傷を受け入れる時に思い浮かぶ言葉が決まって「ゆるす」だったことです。この「ゆるす」は、一旦相手を断罪してから許すのとは全く違うパラダイムから発せられる言葉です。断罪も非難も批判もありません。

ただ、その苦痛が、傷が、そこに存在することを受け入れ、そのままでいい、とゆるすのです。しかも喜びにあふれて。。。

言葉は生き物なので、時代とともに、人々の心性の変化につれて用法が変わります。私たちは今、大規模なパラダイムの変化を体験しつつあり、あとどのくらいかかるかわかりませんが、いずれは「許す」という言葉が、喜んで許可を与える、受け入れる、愛する、という意味でしか使われなくなる日が来るでしょう。

国語学者が学会で、「この言葉は、かつて相手を断罪した後にその断罪を解くという用法でも使われていました。。。全てが初めから許されているという理解が無く、また、外側の世界が自分自身の内側の投影に過ぎないことを意識しなかったことから生じる……」などと発表していて…博士課程の学生が難しい顔をして聞きながら、心の中で「それって、いくら説明されても理解できね〜よ。。。」とかつぶやいていたりして…言葉で説明されても理解不能なほど、断罪という思考や行為が脱落している世界って……。

楽しい想像です。。。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -