フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



ゆるし/癒しの儀式

じゃあ、どうすればいいわけ…?

だいぶ前に夢中になったジェラルド・ジャンポルスキーの著書のひとつで、『許すということ』(大内博訳 サンマーク出版刊)の中に、アフリカの一部族のゆるしの儀式が紹介されています。

一読しただけで二度と忘れられないほど印象的な儀式でしたが、実はその意味についてはよくわかっていませんでした。自尊心の問題が理解できなければ、わかるはずがありません。

今は、はっきりとこれが、当事者だけでなく、共同体全体の本質的なヒーリングであることがわかります。癒しの叡智、とでも言えるでしょうか…そして、たとえ周囲やこの世界が協力的でなくとも、自尊心を見失った人自身が、自分に対するこのヒーリングを通して、自尊心、そして健康な自己愛を回復することは、充分可能であると思います。

自己本来の善良さ、純粋性、無罪性が失われていなかったことを思い出す、その聖なる恢復を経験するために…自尊心を粉々にした最初の蹉跌は、そのためだけに置かれたプログラムだったのかもしれません。

pp121-122
「過去のよいおこない」を語る儀式

 ゆるしについてのエピソードをもう一つ、ご紹介しましょう。これもアフリカの話です。南アフリカのバベンバ族では、部族の誰かが不正をはたらいたり無責任な行動をとったとき、村の真ん中に一人で座らなければなりません。もちろん、逃げられないような手だてが講じられます。
 村人はみんな仕事をやめ、集まって輪になり、その人を囲みます。それから、子どもも含めた全員が一人ひとり、その人が過去にしたよいことについて話し始めます。
 その人について思い出せることすべてが、詳しく語られます。その人の長所、善行、親切な行為などのすべてを、輪になった一人ひとりが、詳しく語るのです。
 村人たちは、これ以上ない誠実さと愛を込めて話します。誇張もでっち上げもゆるされません。不誠実な態度や、皮肉な態度をとる人もいません。
 その人を共同体のメンバーとしていかに尊敬しているか村人全員が話し終えるまで、この儀式は続きます。それは数日間に及ぶこともあります。最後に輪が崩されると、その人を部族に再び迎え入れるお祝いが始まります。
 この儀式が美しく伝えているように、愛を中心に考えれば、ただ一体感を取り戻すことと、ゆるしがあるだけです。輪の真ん中にいる人も、輪になっている人々も、ゆるすことによって、過去や怖れに満ちた未来を手放せるのだと、思い出すのです。輪の中心にいる人は、悪人というレッテルを貼られて部族から追放されたりはしません。その代わり、一人ひとりが自分のなかにある愛を思い出し、周りのすべての人と一体になるのです。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -