フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



真の現実生に目覚める by イエス(ジョン・スモールマン経由)

次元上昇のデザートは、アイスクリームよりもっとすごいものが出るようです。。。

ええ、それは充分信じるに値します。まだ過程も過程、たぶん始まったばっかりなのに、新鮮なイチゴがこぼれそうにのった上品なリコッタチーズケーキみたいなものを、既にいただいておりますから…(^^)うう、よだれ…。

とても長いメッセージの一部を、きらきら星へようこそ…☆より転載します。

皆さんの認識力、皆さんの神の意識が皆さんを真の現実性に目覚めさせることを許す

個人の固有性は、根源、愛、存在するすべてである無限の潜在力からの意義深く創造的な発想をそこから提供しようとする、有益な状態です。一体性と個別性は、共存します。そしてそれは人間にとって、理解に苦しむひとつの矛盾のように見えます。それを理解しようとせずに、ただそれを受け入れてください。

そしてその状態で、皆さんの精神が理解しようとする時に経験するその混乱とは対照的に、今後皆さんが歓びと安らぎに気付くことを、許してください。人間の精神は、故意に意図的に、激しく制限されていることを、忘れないでください。

皆さんの直観を、人間の限定された状態をとても簡単に迂回することができる皆さん自身の側面を、信頼してください。そして、その直観が皆さんを導くことを、許してください。

基本的にそれは、非物質的な数々の領域、真の現実生との皆さんの結び付きです。それは皆さんの‘さらに高い’自己、本当の皆さん、聖霊、神であり、皆さんの現在の限定的な意識状態の中で皆さんにとって納得できる正当な言葉または表現で、皆さんに話しかけています。

わたし達が皆さんに頻繁に伝えるように、そしてその時さらにもう一度皆さんに気付かせるように、皆さんは決してひとりではありません!ひとりの状態になることは、不可能です!ひとりになろうとすることは、離ればなれに、ただ一体性だけがあるために存在することができない“非存在性”の状態に、なろうとすることです。その夢から目覚めようとすることが、皆さんの目的です。

皆さんは、実在しないひとつの環境の中、演じるために皆さんが考案したひとつの場所の中で、分離を経験することを選択しました。そして皆さんは、すぐに道に迷い、それは実在しないことを忘れました。それは、小さな子供達が架空の遊び友達または怪物たちを考案して、その非現実的な劇的状況の中でその存在達と遊ぶことにかなり夢中になっているため、子供達がその人間の環境との接触を失う状態と、少し似ています。

大人達は、しばしば子供達に白日夢を止めて、昼食を食べるように伝えます!その時子供たちが目を覚ます理由は、デザートとしてアイスクリームが出るからです!人類が目覚める時、そのデザートは、アイスクリームよりも遥かに驚くべきものになるでしょう!

皆さんは目覚めの過程の中にいて、そしてその過程を終了させることも中止することもできません。既に人類は、目覚めることを集団的に選択しています。そしてこの時代は、その中でこれから目覚めが明らかになる時代です。
日本語訳 森のくま
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

7月度
22日(土) 13時〜16時

8月度
26日(土) 13時〜16時

9月度
23日(祝・土)13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -