フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



死んだ後、正確には肉体を脱いだ後のこと

一昨日、ふらっと本屋に寄ったところが、大ヒット〜!!

最近、心底面白いと思える本がなかなか無くて、それもあって本を手に取る気にならない…というのもあったかもしれません。でも、途中で読むのを止めることができないほど素的な本に出会えました。

アニー・ケイガン『アフターライフ』(島津公美訳 ダイヤモンド社)

事故死した兄ビリーが、妹のアニーに送った深遠なメッセージの数々です。ただ、ビリーは普通の常識的な人生を生きた人ではありませんでした。麻薬中毒で売人としての罪で長期にわたる収監を経験し、リハビリ施設で暮らしたこともありました。最後は古いベンツに寝泊まりするホームレスだったのですが、それも全て彼の魂が心底経験したくて計画してきたことでした。

地上の汚辱にまみれた人生の聖性が鮮やかに語られていて心を打つし、その底にある私たちが見失いがちな真実をクリアーに示してくれている本です。

ビリーは、車にはねられて肉体を脱ぐと、この世と同じ幻想であるところの様々な天国に立ち寄ることなく、一気に本当の故郷に帰還しました。宇宙とひとつになるレベルです。

一部だけコピペします。

pp156-157
 僕が生前、どうしてあんな生き方を選んだかは、人間の理解を超えている。
 どうして僕みたいな生き方を選ぶ人がいるんだろう、だって?
 それはね、薬物依存症の人生が僕にとっては最も興味深い生き方のひとつだったからさ。あれは僕が経験すべき大事な苦しみだったんだ。そして、人生に負ける経験こそ、僕にとっての勝利に等しかった。
 僕だってそんなことは生きている時にはまったくわからなかったけれど、地上での悲惨な出来事があってこそ、今いる場所へと向かう準備が整うことになった。
 (中略)
 僕は生活が立ちゆかなくなるほど薬に溺れた。でも、それが宇宙とひとつになるための準備だったなんて誰に思えただろう? だから、君も含めて、誰も他人の人生を評価なんかできない。時に君に困難が訪れたり、一人ぼっちになったりすることがあるかもしれないけど、それは宇宙とひとつになる準備なんだよ。
 僕は、人に僕と同じ道をたどったほうがいいなんて言うつもりは、さらさらない。でも、君は他の誰の目でもなく、自分の目で物事をちゃんと見つめるべきだと思う。チャンスをつかんで、そして夢に向かって突き進んでほしい。

  1. ご本
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

6月度
24日(土) 9時〜12時

7月度
22日(土) 13時〜16時

8月度
26日(土) 13時〜16時

9月度
23日(祝・土)13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -