フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



のどぐろの干物、そして市場で生のでっぷりした岩牡蠣…

はい、すみません、美味しい物を戴いております@金沢。。。

いつも通り、間際に「あ、行くんだ…」みたいなことで、今回は弾丸バンコクかと思ったのですが、そんな気力は到底無くて、金沢になりました。

バンコクと金沢って何かつながりがある?

ありません。。。あ、今日歩いてて、偶然(は、勿論、偶然はないです)見つけたちっちゃな喫茶店で、手作り感満載のメニュー表のカバーを見てたら、ん?なんかタイ語っぽいアルファベット…と思ってよく見たら、なぜかタイのカレンダーのリメークでした。おお!やっぱりここに来る事になっていたんだ…って、ほんとかどうか知りませんが。。。

旅に出ると、日常を出たそのことで、色々面白い気づきやあれこれがあります。

昨日のお夕食は、疲れていたのでガイドブックにあったおでん屋さんに行きましたが、見事にはずれ。。。へしこという、以前から一度食べてみたかった名物は美味しかったんですが、おでんは、ウチのもののほうが…。入る前に、う〜ん、ここ、ほんとにいいかな?ってちょっと感じたんです。冴えてましたね〜直感。。。

で、今日はもう何も外側のものは当てにせず、テキトーに好きに歩いて、行き当たりばったり作戦に変更。。。大当たりの数々でした。行き当たりばったりというか、自分のエネルギーに任せてたら、エネルギーと調和するところに自然に行き着きますから、はずれないでしょう。よほどエネルギーが落ちてたら、知りませんが。。。

あ、観光旅行に来たわけじゃありません。そんな気力も体力も無いですよお…このエネルギー乱気流のご時世ですから…。

夏至の特別なひとときを、鈴木大拙館の素晴らしい思索空間で過ごすためでした。平日でも海外からのお客さんも増えたせいか、武家屋敷跡なんかはそこそこ混んでいましたが、鈴木大拙館はやはりマニアックなのか、ぱらぱらと来館者がいるものの、いくらでも独りを楽しむことができました。堪能しました。

一切の飾りを省いた、しかし自然の美しさを見事に取り入れた禅の空間で、目を開いたまま内側に集中していた時に来たというよりも、内側で何かがまとまった感じがして、それは、無心になるということは、無に集中しすぎて現実を蔑ろにした貧血状態ではなくて、現実と端正な距離を取りながら、穏やかにすべてを受け入れ堪能することだ、ということです。諸々の有り難くない感情も距離があれば、「あ〜悲しいんだ。。。」「あ〜腹がたっているんだ。。。」「あ〜辛いんだ。。。」で、涙が流れる事があっても、無駄に苦しんだりしなくて済むでしょう。マインドが鎮まって、苦痛も含めてありのままを受け入れることを嫌がらなくなり、そうして宇宙が自分の表現をするのを妨げなくなる…ものごとが起こるままに、感情もありのままに、そのまま受け入れて、その起こりようを丁寧に経験してゆく。。。

深い深い幸せは、歓喜ではなくて、それは悲哀やあれこれの感情と一緒の表層にあるものなので、もっと深いところにある幸せは、すべてを自分は受け入れ呑み込んでも大丈夫なのだというその安心感なのかもしれません。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

10月度  ご予約受付中!
28日(土) 13時〜16時

11月度
26日(日) 13時〜16時
18日(土)から変更しました。

12月度
16日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30