フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



孤独と独りでいること

OSHOの本は、随分前に何冊か読みましたが、イマイチぴったり側に寄りたくなるようなマスターではありませんでした。

それでも彼の言うことはクリアーで的を射ていて、いいね!をつけたくなるんですが、何かが私にはぴったり来ない人です。

最近、何かを検索していて、彼の文章を引用しているサイト(inner force)がヒットしました。

愛しているときは、孤独ではない。それは正しい。たが、愛しているとき、あなたは独りになるほかはないーーそれは、さらに真実だ。
Osho, The Fish in the Sea is Not Thirsty, #2より抜粋

長いメッセージを要約すると…

孤独は否定的な辛い傷のようなものであり、孤独を埋める為に人は関係を求め、食物、薬物、アルコール、娯楽を追い求める。たとえ配偶者や恋人がいても、そこに本当のコミュニケーションは無く、痛ましいそれぞれの孤独があるだけだ。互いに飢えていて搾取し合うような関係は、友愛ですらなく、ある種の敵意だ。孤独とは対照的に単独であることは、肯定的で、自分のスペースを確保して自分自身でいる喜びであり、至福であり、愛が独りでいる勇気と状況を与えてくれる。こうして愛の深い満足の中にいる時、誰も必要としない。そうして愛にあふれた時、それを誰とでも愛している人と分かち合うことができる。

実は、前回のMirus Clubでもこのことについて触れました。

一人だと寂しくてやってられない…と感じる人は普通に多いのかもしれませんが、それは自分の内なる孤独感や飢餓感を、誰かが雑音の代わりになってくれないので、ありありと感じてしまうに過ぎません。

tomokoは年単位でこれを理解して解消しました。そして、寂しいのは、自分自身を愛していないからだ、ということを本当に腹の底から理解して、今に至っています。寂しい人は、誰といたって本当は寂しいし、一人になったら、その寂しさに直面しなければならないので辛いのです。

寂しさを感じなくても、人からの理解がすごく欲しかったりするのは、ヴァリエーションの一種です。tomokoも、理解してもらいたくて仕方の無い人でしたが、いつの間にか、そうした欲求がカラになっていて自分で驚いたことがあります。自分で自分を大切にして、自分自身を受け入れている時、誰かに受け入れてもらう必要性は、ほんとに感じられないんです。

でも、ただ一人でいても辛いだけです。「愛」に満たされていなければ、苦しいです。「愛」に満たされていれば、一人でいるのは何でもありません。そして人も愛せます。

自分自身のハートの奥にある愛にアクセスするには、一人になって静かに内側に入って行くしかありません。

これをするか、しないか、ここが分かれ道です。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

6月度
24日(土) 9時〜12時

7月度
22日(土) 13時〜16時

8月度
26日(土) 13時〜16時

9月度
23日(祝・土)13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -