フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



無限の力を使って創造する by バシャール

同じテーマなので、続けて二つバシャール情報です。

the PLANET from NEBULAより転載します。

無限なる力

“大いなる全て”は何事も成し遂げる事が出来る”全能の神”であると、バシャールは話します。”全能の神”に全てを委ねることで、”全能の神”の持つ無限の”パワー”を得ることが出来るのだと、バシャールは話しています。しかし何故だか私達は、”望み”がやってくる方法や手段に制限をかけてしまって無限に広がる扉を自ら狭めてしまっています。一体なぜ“欲しい”事柄がやってくる扉をわざわざ狭めてしまうのでしょうか。何故私達は、この無限なる力に全てを託す事が出来ないのでしょうか。

バシャール曰く、それは長年育ってきた環境から学び取られてきた概念にあると話します。詰まり、貴方の”望み”を叶えるには、ある特定の方法を取らなくてはいけないという事、限定的であって制限があるという事、こういった外付けの”概念”を知らずに身につけてゆき、自分の信念として取り込んでいった事にあるのです。という事は、このコンセプト(信念)はもともと貴方のものでは無いという事が理解出来るでしょうと、バシャールは話しています。

貴方の”望み”のコアの部分に焦点を合わせてみて下さいと、バシャールは話します。望みが既に手に入っているその時の”感覚”をミミックし、その波動になるべく浸って下さいと、バシャールは話します。この”感覚”が一番最初の”引寄せ”です。そしてこの最初の”引寄せ”の積み重ね=物質化として貴方の世界へと反映されてゆくというわけなのです。“大いなる全て”に身を任せ、無限なる力を手に入れてゆきましょう!


同じベクトル方向

“大いなる全て”は貴方の望みを叶える万能神であると、バシャールは話しています。その証拠に、貴方の深層に眠るネガティブ/ポジティブ信念を“そのまま”間違える事なく完璧に反映して物質化し、貴方の世界へと引寄せてくれています。

何度もバシャールが言うように、“大いなる全て”は決して間違いを犯す事はありません。貴方の世界に引寄せられる“全て”の源は、貴方の心の中からだという事を今一度理解する必要があるでしょうと、バシャールは話しています。これを”知識”だけに留まらずにきちんと理解する事が出来るようになると、いかに思考の行方が大切であるかという事が理解出来るようになります。

“大いなる全て”は貴方の発する言葉ではなく、その時の思考の行方(感情)のみに焦点を当てています。ですから如何なる時にも”ポジティブに”という意味は、その時、その時に当てる”焦点”のベクトル方向が”ポジティブ”であれば、それと同じベクトル方向の”現実”が引寄せられて来る事を意味しています。

また、”今ここ”のこの瞬間は常に一瞬前よりも”拡張”された世界であると、バシャールは話します。ですから、”今ここ”に全てを結集し、ポジティブなベクトル方向へ焦点を合わせさえいれば、貴方は自然に”拡張”されたポジティブな世界を体験する事が出来るというわけなのです。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

8月度
26日(土) 13時〜16時

9月度
23日(祝・土)13時〜16時

10月度
28日(土) 13時〜16時

11月度
18日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -