フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



電子書籍化追加情報です。

今、楽天ブックスをチェックしてみたら、著作が電子書籍として販売開始になっていました。大手ではすべて入手可能と思われます。

これで全3冊が、電子書籍としてもお読みになれるようになりました。リーダーを持っていて、まだお読みになっていらっしゃらない方、どうぞどれでもお好みのものにトライしてみてくださいませ☆

  1. ご本
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


フィルターを通さずに情報を受信する by バシャール

それでも、まずは分厚なフィルターでしか、世界どころか、自分自身も見たことはなかった…と気づくところからでしょうか…。

the PLANET from NEBULAより全文転載します。

完璧な世界

なるべく”フィルター”を通さない”生”の情報を受信出来るよう、自分自身の波動を調律してニュートラル化してゆきましょうとバシャールは話しています。ニュートラル化する事とは、何の色味を付ける事なく、何のデータも削る事なく、”ありのまま”のデータを受け取る事を意味しています。この状態こそが”ガンマ波状態”であり、理想の心のあり方なのだとバシャールは話しています。


ネガティブ/ポジティブ偏見は、情報の”一部分”のみが取り出された、”欠けた状態”である事を理解して下さいと、バシャールは話しています。貴方の”意思/信念”によって一部の情報が削がれていると話していますが、多くの場合、”愛”の波動が欠落しているのです。つまり、”無条件の愛”はどんなシチュエーションにも、どんな人の心にも、どんな事にも常に存在する生命の”基本型”です。この基本となる波動をわざわざ削いでいるのは、貴方自身というわけなのです。

全てに”無条件の愛”を見つける事が出来た時、本当の意味での”自由”を手に入れた事になるのだとバシャールは話しています。何処にいても誰と話していても、まるで自宅にいるように、様々な側面から”愛”を受け取る事が出来るようになります。そして何の躊躇なくして、誰にでも”愛”を与える事が出来るようになるのです。

全ては様々でユニークだからこそ、楽しく美しい、という事を知って下さいとバシャールは話しています。”無条件の愛”で創造された”完璧な世界”を”フル”な形で体験し、汚れたフィルターはどんどん捨ててしまいましょう。そして新しい”ありのまま”の貴方で、完璧な世界を体験してゆきましょう!

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


安心・安全はない

マイケルのメッセージにもう一言だけ付け加えれば、痛みを受け入れても自分は壊れたりしないという真実を知っていることで、自分自身への信頼は揺るぎないものになります。


マイケルローズJAPAN(6月30日付け)より、全文転載します。

 

【安心・安全はない】


誰もが、安全・安心(security)を好みますが、それは幻想です。

  

あなたが2極の世界に生きている限り、混乱した世界に生きることになり、そこに、私のいう『安定・不変(stability)』は、ありません。 安全・安心は、不安・不確かさと共にあります。不安なとき、あなたは安全を求め、安全・安心のとき、何かが不安に、不確実になることを恐れます。 それは、サイクルのようなものです。  安全・安心と、不安・不確かさは、手を握り合います。

安全・安心があるとき、不安があります。

安全・安心が必要なとき、あなたには不安があります。

あなたが、安全・安心を望むとき、そこにはいつも不安があります。

  

あなたが、信頼の場まで達すると・・・ここでいる信頼とは、単なる言葉ではなく、エネルギーです。

 

つまりあなたが、「私は不滅の存在であり、私は愛と光の美しい存在である」と、自分を完全に信頼すると、あなたは、安定、不安定を超えることができます。どちらも存在しなくなります。

  

本当のあなたを知り、あなたを愛し、あなたを賞賛し、あなたを信頼するとき、あなたはまったく違うレベルである『安定・不変(stability)』へと向います。2極化は、終わります。

   

立ち止まって、深呼吸をしましょう!

そして、安全・安心から、信頼への道へと焦点をうつしましょう。 

  

あなたは、不滅の魂です。それが真実です。

日本語訳 大亀安美


  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


干渉する情報 by バシャール

他の人に何か言うときに、その人の霊的な成長の邪魔にならないように、うっかり余分な情報を与えないように気を配る…これは、2006年からのセラピスト経験で随分気をつけるようになりました。高次の存在がそういった配慮をしているのもそうですが、私たちだって双方向の愛でいるからには、こうしたことを見習ってよいと思います。

自分が得た情報が正しいと直感しても、相手のためにならなければ…まだ受け入れる準備ができていなかったり、自分自身でいずれ気づく可能性が強かったりする場合、自分の胸に納めておく必要があります。黙っている事で、冷たいとか隠してるでしょ!という非難を受けることもありますが、筋が通った気がしているせいか、気にならないです。プラス、人間ですから、余分な事じゃない、と思っても余分な事を伝えている可能性もあって、そっちの方が気になります。

the PLANET from NEBULAより、全文転載します。

干渉する情報

貴方と交流を取りたいと考える”存在”は、貴方が学ぶべき人生のテーマを誤って干渉しないよう、お節介や妨害にならないよう、細心の注意を払っている事を知って下さいと、バシャールは話し始めます。手を貸しすぎたりして甘やかしてしまうと、体験から学ぶその”目的”が削がれてしまう事になります。

ですから貴方のガイドやその他の存在達は、人生のテーマの”道先”に様々な”仕掛け”を仕込み、貴方が道先でパッと掴んでゆけるようアレンジしてくれているのだと、話します。そうする事で、目的地に辿り着くまでに体験しなくてはいけない事柄や、シチュエーションを妨害する事なく、貴方に必要な情報のみを提供する事が出来るというわけなのです。

しかし、貴方の人生テーマを妨害する可能性のある”情報”には、我々はもともとアクセスする事が出来ないという事を知って下さいと、バシャールは話しています。ですからこの事で分かるように、我々ササニ文明からのメッセージの“全て”は、貴方達地球文明にとって何らかの”ベネフィット”がある事を意味しているのです。覚えておいて下さいと、バシャールは続けます。貴方にとって何の意味も無い事柄は、決して貴方の目の前に運ばれて来る事はありません。貴方の意識にのぼる全ての事柄は、貴方に”何か”を訴える波動が潜んでいるからなのです。

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


次元上昇に伴うあれこれ by アルクトゥルスグループ(マリリン・ラファエル経由)

本当にいよいよエネルギー変化が激しくなって、ちょっと前までは何でもなかったような事がえらくこたえるようなことにもなってきました。ショッピングモール、ものすごく疲れます。。。欲しい物とか必要な物、あるんですけどね…集中力もたないんですよ…昔はなかなかなお宝ハンターで、バンコクが大好きだった理由の一つも、すごおくいいデパートやら巨大モールがいくつもあった事だったんですが…。


タイのど田舎でも「これは!」みたいなブツを手に入れる(今でも持っていて、つけているとよく人に褒められるネックレス!)なんてこと、しょっちゅうでしたからね。。。堪能させてもらったので、卒業できるのかも…。何でも、今!本当に興味が湧くことには、とことん熱中して楽しんでおくのがベストなのかもしれません。。。躊躇不可!流れが早くなってますからね、経験し損ねちゃうと、後戻りが難しいかもよ〜☆


また、メッセージの後ろの方にある「次元上昇症状」もきついですね。。。確かに断続的な症状なのと、心配になって病院に行こうなどとは全く感じないので、具合が悪い時は可能な限りペースを落して体力温存するようです。普段と何の変わりもないのに、気がついたら頭を抱えたくなるような鬱とかって、時々ありますが、翌朝目が覚めるとフツーになってたりします。体が重くて動けないこともよくあって、でもこれは梅雨だるも影響してるかな…。


あれこれ出ても、自分を愛して大事にすることで、簡単に乗り越えるられる一時的な症状じゃないかと思っています。
長いメッセージの後半部分を、たきさんのホームページより転載します。


アルクトゥルスグループからのメッセージ

2016年6月26日

あなた方が行く全ての所にはエネルギーが満ちていますし、多くの人は今、人々、場所、物がより鋭く共振していると感じ取っています。あなた方自身のエネルギーがより軽くなって行くので、あなた方の感受性は高くなり、より高い周波数を利用し、同調することがより容易になります。この為に多くの人達は新たなサイキック能力を発達させ、或いはあなた方がずっと以前に使っていた古い能力を利用する様になります。

以前は普通だと感じていた場所(バー、モール、スラム、本やフィルムさえ)は、今では密度が高く重いと感じられるかも知れません。あなた方はより軽く心が爽やかになる場所(自然の中、ハートセンターの家庭、教会)を求めてゆく様になるかも知れません。

古物商の店はしばしば、過去の物の中にまだ蓄えられている古いエネルギーから来る密度の高い重さを持っています。以前はあなた方と共振していた場所、食べ物、人々、娯楽はもはやそうではなくなります。 それらを手放してください。なぜなら、あなた方が共振するものは、それらがかつてはいかに親しみ深く、楽しく、心地が良かったとしても、今ではもはやそれらとは同調しないからです。

より重いエネルギーの中で働き、或いは暮らさなければならないとしたら、それらをありのままに、抵抗の対象ではないものとして認識して下さい。なぜなら抵抗は、それらが持っていない力を与えるからです。肉体的、感情的、或いは心理的な困難を抱える人達(看護師、医師、心理療法士、監獄労働者、テラピスト)と一緒に働く人達は自分のエネルギー場を保ち、作業場所を綺麗にし、光で満たす様にする事を忘れない様にして下さい。意図と光でクライアントとの間を満たし、或いは仕事 に出る時には、あらゆるより低いエネルギーと自分を同調させない様にして下さい。

最高標準に追い付いていない人が居る事に全ての人達が時々気が付く事がありますし、今あなた方自身のエネルギー場がより敏感になっているので、自分のものとは違うと容易に感じられる様になっています。共感によって他の人のエネルギーと同調するのですから、同情ではなく、共感に基づいて交流を続けてください。仕事場、或いは日常生活の場での全ての人との交流では何時も、外見がどうあろうとも立ち止まって他者の真の高次元的性状を思い出す様にして下さい。

多くの人は変化の為には経験が必要で有る事を知的に受け入れますが、これらの経験が実際に起きると、直ぐに、”これがなぜ私におきるのだろうか?私のどこが悪かったんだろう?”と、思い返し、それから3次元的な解決策だけを求めて3次元のツールを使って、3次元の問題として状況を見ようとします。全ての真実の追求者は、自分達も世界も急速に進化していて、物事は”古き良き時代”の中で起きた様なものには二度と戻らない事を受け入れねばなりません。

今は、より高い次元のエネルギーが地球上に注がれていて、それに気が付いている人だけではなく、全ての人に影響を与えています。多くの人は種々の”次元上昇症状”・・・めまい、頭痛、吐き気、極度の疲労・・・を経験しつつあります。ある事が次元上昇に関係していて、重大な健康上の問題では無いと言う良い印は、次元上昇症状は発症したり消えたりする傾向を示す事です。ある日には、足を出す事さえ重く感じられる程ひどく疲れますが、次の日にはまったく問題が感じられません。

一日中必要な時には昼寝をし休息を取り、以前の様な意識状態で働き過ぎ無い様にして下さい。あなた方が必要な正しい位置にいられる様にプロセスを進ませ、残りのカルマの解消、解決を図り、今用意が出来ている、より高い次元の光共振エネルギーを取り込むよ様にして下さい。この時点では個人的にもグループとしても多くの者が離れてゆく選択をしつつあります。どの様なものであれ、他者の選択を尊重して下さい。何故ならあらゆる事は各ソウルの目覚めの旅の一部なのですから。

アルクトゥルスグループより。

日本語訳 Taki
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


イノセンスまたは宇宙の子供

最近続けて、朝の瞑想中に同じ絵を見ます。

 

セントラルサンを見上げて「父よ〜」と呼びかけると、大地の上に横たわり、透明な光に包まれた乳児が手足をバタバタさせ、言葉にならない声を挙げてきゃあきゃあ喜んでいる絵です。

 

それは私で、その乳児を見ているのも私ですが、見られているのも私。。。でも、この私とは違って、余分な思考や煩いが一切ありません。少し前にイノセンス(無垢)について書きましたが、まさにイノセンスそのものです。

 

純真無垢な私たちというのは、このような宇宙の歓喜にあふれて、無限のエネルギーと可能性を孕んだ存在のようです。

 

この乳児を見つめると、傷だらけで無垢とはほど遠い私もこの子に対して心底の愛しさを感じますが、それは、セントラルサンとしての父と、母なる大地に共通する思いであることがわかります。

 

この子は、それはそれは愛されている尊い存在なのです。

 

その深くて澄みきった双つの目には、宇宙が映っています。

 

その輝き、その無限の広がり、そして理由も何も一切から自由な聖なる歓び…宇宙の子供は、誰の中にも存在していて、気づいてもらうのを待っているに違いありません。


  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


著作の電子書籍化

もう既に本としてご購入いただいたり、お読みいただいた方も多いかと存じますが、『あなたが愛されない本当の理由』と『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』の二冊が、電子書籍化されました。

今月30日からという話だったような気がするんですが、今 Amazonのサイトを見たら、もうkindleで読めるようになっていました。他の電子書店でも、もうすぐ電子書籍として購入できるはずです。

気軽に読んでいただけるようになり、一層この可愛い子供達がたくさんの人の目に触れて、お役に立てば、と切に願っております。

  1. ご本
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


人生の恵みを受け取る

先日の金沢旅行で、機内でJALの機内誌「SKYWARD」を読んでいました。。。

話題の北陸新幹線に乗らなかったの?って、Mirus Clubでも聞かれましたが、目的地に飛行機が飛んでる場合、他の交通機関の選択肢はLにはありません(^^)

たまたま宿の下にあったので寄ったらすごい品揃えで驚いた石屋さんの話では、新幹線は40%かそこらがトンネルの中で、景色は全然よくないそうです。おまけに空港からのバスはしばらく海沿いを通るので、日本海も眺められたりして、飛行機狂いのLじゃなくたって、金沢行きは飛行機を使うのも結構よい選択じゃないかと思います。

ただし、すご〜く短いフライトですから、雑誌読んでるのも勿体ないんですが、SKYWARDは面白いので、いつも必ず読んじゃいます。

その中でとても印象的だったのが、ハワイ島のカラパナ地区に暮らす男性へのインタビューでした。1990年のキラウエアの噴火で、この一帯は溶岩に飲み込まれ、人的被害はありませんでしたが、多数の家屋が失われました。男性はそのうちの一軒の持ち主で、再び同じ場所に戻って来て住んでいる人です。

「溶岩が家のすぐ前に迫ってきたのは、満月の夜だったね。真っ赤な溶岩がゆっくり森を焼きながら近づき、家を焼く様子をずっと見ていたよ。とても辛かったけれど、同時にそれはすごく美しかったんだ」
「SKYWARD」2016年6月号

どんなきっかけであっても、小さな自分から自由になっている時、人は人生の深い恵みを余すところなく受け取ることが可能になるのでしょう。

自分を完全に開いて、起きることをありのままに受け入れることができれば、どんな事にでも人生の祝福と見事さを見ることができるのかもしれません。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


先日のMirus Clubで、光のワークをした際、いつものようにサポートの天使やアセンテッド・マスターを見ましたが、ものすごく美しい青い光がまあるく光ったのが見えて、それも崇高な感じのする高いエネルギーだったので、マリア様でもいらっしゃったかと思いました。

他の方も天使などご覧になってましたが、お訊ねしても、その青い光に関しては目撃証言がありませんでした。

気にはなっていたものの、リーディングせずに今朝の瞑想まで持ち越してしまい、フォーカスした途端に来た情報が「誠」でした。

その途端、涙が出るほど感動しました。

そんなに誠実さって、貴重なものでしょうか?
ええ、勿論貴重です。
でも、そんなに希少なものでしょうか?

昔、ビリー・ジョエルのHonestyという曲が流行りましたね…あれを思い出しました。

Honesty is such a lonely word
Everyone is so untrue
Honesty is hardly ever heard
But mostly what I need from you

正直ってなんて空しい言葉なんだろう
皆ひどく不誠実だ
正直なんて聞いたこと、ほとんど無い
だけど、君に一番求めるのはそれなんだ

「皆ひどく不誠実だ」という歌詞を、私なら「皆ひどく無意識だ」に入れ替えます。

悪意で嘘をつくのじゃなくて、心底善意の人たちが、人を傷つけたいなんて思わない人たちが、自分自身の内側にあまりに無意識なので不誠実であることに全く気づかずに、嘘をついているなんてことはざらです。あるいは、嘘はつきたくなくても、これ以上傷つきたくなくて自分を守るために嘘をついてしまう場合もあるでしょう。

無意識に人に嘘をつくだけじゃない、自分自身にも不誠実で正直じゃないなんて、ほんと〜に普通なことです。恐怖から正直でいたくてもいられない、これも全然珍しいことじゃありません。

でも、それは変わりつつあるし、変わらなければなりません。
ありのままを受け入れる無条件の愛が漂い始めています。

誠のエネルギーに接して涙が出るような、そんな時代は終わりつつあります。

Billy Joel Honesty


  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ハンドルは高次の自己が握っています by バシャール

これを読んで、いつかブログにも書きましたが、トーシャ・シルバーの夢を思い出しました。それをヒントに、Mirus Clubでエネルギーワークもしたことがありましたね…(^^)。

the PLANET from NEBULAより、全文転載します。

人生運営

貴方の脳は精密な量子共振器であると、バシャールは話しています。簡単に言えば、波動を受信する”アンテナ”です。また貴方の脳は精密な量子コンピュータのように、非物質界の波動を物質界で受け取れる形へと”変換”しているのです。そして説明のつかない情報や、不要な情報を振るいにかけて、貴方が一番受け取り易い”形”ヘと整えてくれているというわけなのです。

貴方の脳は、ですから大変な情報量を処理している事になります。自分にとってその時に一番必要な情報のみが、貴方の意識にのぼるようデザインされているというわけなのです。という事は、情報処理する間に様々なフィルターを通るわけですから、そのフィルターさえクリアにしておけば、貴方の意識に届く情報が限りなくピュアな形で届けられるというわけなのです。

何度も言うように、物質界に焦点を持つ貴方が人生運営の担当者では無いという事です。飽くまでもハンドルを握るのは非物質界に焦点を持つもう一人の貴方、ハイヤーマインドなのだという事をもう一度理解する必要があるでしょうと、バシャールは話しています。物質界の貴方は、ハイヤーマインドの波動を受信し、その指示に従って動く存在です。しかし、どうしても物質界に住む貴方が全ての担当であると勘違いしがちであるのはわかりますが、そうなるといずれは心身共に燃え尽きてしまう、といった”縮小”過程を体験してゆく事を意味しています。

ハイヤーマインドの波動をピュアな形で受信出来ているかどうかの判断は、貴方の情緒(ムード)で示されます。心の流れに身を任せてみましょう。そして”愛”の流れる方向を掴んで、真っ直ぐ上昇してゆきましょう!

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


アイコンタクト by マイケル・ローズ

昨秋のマイケルのインテンシブセミナーで、何回もI love youのワークをしましたが、歌いながらそのたびにお互いの目を見つめ合って、長いアイコンタクトをしました。アイコンタクトを続けるのにとても苦労していらっしゃる方も、逃げずに最後まで頑張っているのを見ると、それだけで愛に満ちました。

最後の記念撮影まですべての予定を終了した後、事務局の方にお礼など申し上げていたら、参加者のお一人が挨拶にいらしたので、お顔をまっすぐに見たら、左目の中に星のような光がきらきら光っているのが見えました。

もう異次元だか多次元だかを毎日たっぷり経験した後だったので、ひどく驚きもせず、ただ「コミックの描写とおんなじ…普段の現実じゃなくて、あっちの方が本当だったのね…」のようなことを思っただけでしたが、逆に今では忘れられない記憶です。

マイケルローズJAPAN(6月26日付け)より、全文転載します。

質問:他人と目と目をあわせたままにしていることが、どうして難しいのでしょう? 
 
答え:まず、第一にそれは自分自身との関係に理由があります。もし、本当に自分のことが好きで自分を認めている人なら、長い間目を見つめあうことに、とてもオープンです。

自分のことが嫌いな人は、相手が自分の内側を見て、そこに嫌いなものを見るかもしれないという恐れを抱いています。
 
私たちは、見つめあうことを避ける傾向があります。自分に攻撃的な侵略から身を守るために目を閉じる人たちがいます。防衛的になるのです。
 
防衛的な人は、決して長い間目を見つめ合うことはしません。
好戦的な人は、アイコンタクトを、他人を支配するための道具によく使います。
  
本当のことを話しているかどうか人にたずねるときは、目を覗き込みなさい。もし、本当なら目をしっかり見るでしょう。そうでなければ、目を合わせようとはしないでしょう。
 
二人が魂のレベルで深く愛し合っているとき、長いアイコンタクトは言葉を超えて愛を分かち合います。そのようなアイコンタクトは二人の間に偽りも、隠すこともないことを示しています。オープンで、愛が流れているだけです

目は大変パワフルな言語です。私たちが思っている以上に、目を使って表現しています。あなたに大切な人がいるなら、ぜひ意識してアイコンタクトをしてみましょう。
日本語訳 大亀安美

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


色のエネルギー

お蔭さまで昨日のMirus Clubも大層充実した会となりました。ご参会の皆様、本当に有り難うございました。

光のワークはいつも通りうまくゆきましたが、プレ瞑想で、珍妙な象徴を見た方がいらっしゃいました。その意味がこれから開示されるのを楽しみにしているところです。

エネルギーワークは、少し前にオーラ診断の本をちょっと読み返していて、順番にそれぞれの色を入れてみたらきっと違いがクリアーにわかるだろうと思いつき、赤・オレンジ・黄色・緑・ピンク・青・インディゴ・紫・白を順番に肉体とオーラに入れてみて、最後に金色のシャワーを浴びました。

初めての試みでしたが、これが実に面白かったんです〜。

オレンジは、入ったことは入ったけれど、不快感を感じた方が数名、他にも緑や紫が入らなかったり、難しかったりした方が複数名いらっしゃいました。オレンジは、自分自身を解放している度合いに従って、気持ちよく感じられるのだと思います。昨日一番ノリノリだった方は、ワクワクしたと仰っていました。一番本質的なオレンジ色の質かもしれません。

赤もお一人気持ちよく取り込めない方がいらっしゃいましたが、総じて問題なく、多くの方が元気になった感じがしたとシェアなさいました。寒かったり元気が無い時に、赤い服や下着を身につけるとよいというのは、本当なのですね。

チャクラの色ですので、それぞれのチャクラの意味と重なる感覚が現れましたが、多少人によってアスペクトが違ったりと、本当に興味深い実験でした。

Lの場合をご紹介します。
赤 けっこうヘロヘロな体調だったのですが、一気に気力体力がみなぎりました。
オレンジ 気分が昂揚したリラックス
黄色 楽しさを帯びた晴れやかな感じ
緑 平和の静けさ
ピンク 愛の喜び
青 高次の聖なる存在を見上げるような感動と崇敬
インディゴ 強力な集中
紫 急き立てられるような変容モード
白 肉体が完全に緩んで清々としたエネルギーとして存在している開放感

実は白を入れる時、どうしても虹が一緒に入って来てしまうのでそのままにしたところが、もうお一方も虹が入って来たとおっしゃっていました。

続けて違う色を入れて行くので、一つの色を入れて充分感じたら、グラウンディングコードを使って地球に色を流し、一旦ニュートラルにリセットしてから次の色、という風にしたんですが、実は私はインディゴを抜くのにとても手間がかかりました。他の色は全部問題無く流せたんですが、インディゴだけは薄まっても完全に無くならなくて、これは、丁度インディゴのエネルギーを使用中だったからなのか、普段から四六時中一番使っているエネルギーなので、もともとが私の中で一番活性化しているエネルギーだったからかもしれません。

一番意外だったのが、最後に金色の太陽のイメージを使って、その光を浴びる瞑想でまとめたところが、多くの方から、眩しかったとか、光が強すぎる感じがしたという感想をいただいたことです。金色のセントラルサンをイメージして光を浴びるのが、Lの毎朝の瞑想の定番なので…。

ただイメージするだけでえ?と思われた方、是非、実際にお試しください。お一人、金色の光をたっぷり浴びた後、肩こりが消えた〜!!と大騒ぎしていらっしゃいました。気分も大層軽やかになったとか…。

私も体重すぎ…とかってだるだるしていないで、もっと赤をイメージで補給しようと思ったことでした。普段遣いしたいワークです(^^)

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


世界に違いをもたらす by マイケル・ローズ

今日もマイケルからです。
マイケルローズJAPAN(6月25日付け)より、全文転載します。

【あなたはこの世界に違いをもたらす存在です】
 
どうすれば、私が世界に違いをもたらすことができますか?という質問に対して。
  
ある意味、これは、低い自己評価からの質問です。
なぜなら、地球に生きているだけで、あなたは違いをもたらすことができるからです。     
 
すべては、エネルギーです。
人類も、自然も、地球も・・・そして、地球上にあるものすべても、です。すべての人類のエネルギーは一つです。
 
あなたが、いつも否定的で、世界の情勢を心配したり、人はどうしてそんなひどいことができるのだろうと憂えていたりすると、一つのエネルギーである人類の意識に否定的なエネルギーを注ぐことになります。
 

ええ、あなたは違いをもたらしています。
世界について肯定的で、自然や人類に美しさを見ているなら、あなたは、世界に肯定的な、素敵な違いをもたらしています。
 
私たちが必要とする違いとは、日々の暮らしにおいて、あなた自身や、あなたとつながる人々に自由をもたらすような生き方です。
  
あなたに、喜びの感情や思考があるなら。
内なる自由の感情や思考があるなら。
人生への感謝と賞賛に溢れているなら。

あなたは、世界を、人々をパワフルに高めています・・違いをもたらしているのです。 
   
ですから、できるだけもっともパワフルな方法で違いをもたらしてください。

つまり、あなたである愛であることで。
あなたである愛を生きることで。
 
いつも、意識して愛を選択しましょう!
そうすると、あなたは、この世界に最も素晴らしい違いをもたらします!

日本語訳 大亀安美

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


愛の表現 by マイケル・ローズ

マイケルとキャロリンに直接会ったことがあると、一層納得な今日のマイケルのメッセージです。


【愛の表現】

多くの人は、愛をどう表現すれば良いのかわかりません。
私たちは、愛とは、いつも甘くやさしいエネルギーと思います。
   
たとえば、キャロリンは、人々に対してとても親切で優しい愛のエネルギーを持っています。
 
一方、私の愛の表現は、しばしば強く、率直です。
たくさん届くメールに対しても、同様に接しています。
 
後々になって、私の率直さにショックを受けたけれども、私の忠告に従い、今では感謝しているとのメールが届きます。
   
愛は、弱さをサポートするやさしい言葉ではなく
その人の内なる真実をサポートする必要があります。     
 
しかし、愛をどのように表現しようと、それがハートの愛からのものであれば、それは、いつも、完全なタイミングであり、ふさわしい表現です。     
 
カリール・ジブラン「預言者」の愛についての章を読んでみてください。
彼の素晴らしい言葉が、私の経験していることです。   
 
思うに、自分への愛を表現できる最良の方法は、自己受容であり、人々への無条件の受容を表現できる最良の方法も、自己受容です。
 
まずあなた自身を、無条件に受け入れる、です。

受け入れる。 
賞賛・感謝する。  
敬う。
信頼する。
 
すべて愛の選択です。
 
意識して愛を選択し続けてください!

日本語訳 大亀安美

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


永遠とは…大拙の言葉

うう…低気圧の重みに湿気が加わって、頭茹ってます…使い物になりません。。。

鈴木大拙館では、大拙の言葉などをコピーしたテキスト…と言っても1枚の紙なんですが、日本語のものと英訳のものがそれぞれいくつか置かれています。欲しい人はそれを取って、チケットと一緒に渡される紙挟みにはさんで持ち帰れます。面白いアイデアです。紙挟みの内側には、大拙の略歴も書かれていて気が利いています…。

水と緑に囲まれた、シンプルこの上ない思索空間で考えたことを、前のブログで書きましたが、いただいてきたテキストに、よく似た言葉がありました。

永遠とは、この知性・感覚の世界におけるわれわれの日常の経験であって、この時間の制約の外に永遠があるのではない。永遠は、生と死の真只中、時間の進行の只中においてのみ可能である。
自分が指をあげる。これは時間の中である。そしてこの指先に、永遠が躍動している。
『禅』工藤澄子訳 『鈴木大拙全集[増補新版]第14巻』p145(岩波書店刊)

テキストは思索空間を出た後で読んだと思うのですが、違ったかな…当日は、この季節なのに晴れちゃって、やっぱり頭茹だってましたから…記憶に自信なし…幸か不幸か晴れ女で、二泊三日の梅雨の真っ最中に、持参した傘を一度も雨傘として使用しませんでした(^^;)

この他にも最近よく考えることが、「妙」という大拙が晩年に熱中していた概念とすごく似ていて、驚きました。

最近、ぼおおおおおおっとしているのが以前にも増して好きになり、今日はお気に入りのカフェに行くのに本を持参しませんでした。初めてだったかもしれません。なので、大拙の著作を真剣に読もうと言う気にはならないのですが、パラパラしてみたい気持ちにはなりました。何でも読みたくて仕方なく、目力にも体力にも余力があった時に国文科なんかじゃなくて、哲学科に行っとけばよかった…あ、はまりすぎて、こちらに帰ってこれなかったかも…やっぱり国文科でよかったということにしておこう。。。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


のどぐろの干物、そして市場で生のでっぷりした岩牡蠣…

はい、すみません、美味しい物を戴いております@金沢。。。

いつも通り、間際に「あ、行くんだ…」みたいなことで、今回は弾丸バンコクかと思ったのですが、そんな気力は到底無くて、金沢になりました。

バンコクと金沢って何かつながりがある?

ありません。。。あ、今日歩いてて、偶然(は、勿論、偶然はないです)見つけたちっちゃな喫茶店で、手作り感満載のメニュー表のカバーを見てたら、ん?なんかタイ語っぽいアルファベット…と思ってよく見たら、なぜかタイのカレンダーのリメークでした。おお!やっぱりここに来る事になっていたんだ…って、ほんとかどうか知りませんが。。。

旅に出ると、日常を出たそのことで、色々面白い気づきやあれこれがあります。

昨日のお夕食は、疲れていたのでガイドブックにあったおでん屋さんに行きましたが、見事にはずれ。。。へしこという、以前から一度食べてみたかった名物は美味しかったんですが、おでんは、ウチのもののほうが…。入る前に、う〜ん、ここ、ほんとにいいかな?ってちょっと感じたんです。冴えてましたね〜直感。。。

で、今日はもう何も外側のものは当てにせず、テキトーに好きに歩いて、行き当たりばったり作戦に変更。。。大当たりの数々でした。行き当たりばったりというか、自分のエネルギーに任せてたら、エネルギーと調和するところに自然に行き着きますから、はずれないでしょう。よほどエネルギーが落ちてたら、知りませんが。。。

あ、観光旅行に来たわけじゃありません。そんな気力も体力も無いですよお…このエネルギー乱気流のご時世ですから…。

夏至の特別なひとときを、鈴木大拙館の素晴らしい思索空間で過ごすためでした。平日でも海外からのお客さんも増えたせいか、武家屋敷跡なんかはそこそこ混んでいましたが、鈴木大拙館はやはりマニアックなのか、ぱらぱらと来館者がいるものの、いくらでも独りを楽しむことができました。堪能しました。

一切の飾りを省いた、しかし自然の美しさを見事に取り入れた禅の空間で、目を開いたまま内側に集中していた時に来たというよりも、内側で何かがまとまった感じがして、それは、無心になるということは、無に集中しすぎて現実を蔑ろにした貧血状態ではなくて、現実と端正な距離を取りながら、穏やかにすべてを受け入れ堪能することだ、ということです。諸々の有り難くない感情も距離があれば、「あ〜悲しいんだ。。。」「あ〜腹がたっているんだ。。。」「あ〜辛いんだ。。。」で、涙が流れる事があっても、無駄に苦しんだりしなくて済むでしょう。マインドが鎮まって、苦痛も含めてありのままを受け入れることを嫌がらなくなり、そうして宇宙が自分の表現をするのを妨げなくなる…ものごとが起こるままに、感情もありのままに、そのまま受け入れて、その起こりようを丁寧に経験してゆく。。。

深い深い幸せは、歓喜ではなくて、それは悲哀やあれこれの感情と一緒の表層にあるものなので、もっと深いところにある幸せは、すべてを自分は受け入れ呑み込んでも大丈夫なのだというその安心感なのかもしれません。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


24日(金)瞑想プラスです!

場所も時間もいつも通り、川崎市アートセンター3階研修室にて、午後1時より4時までの開催です(途中休憩あり)。

初めてご参加になる方は、右側リンクのMirus Clubのホームページにて詳細をご確認の上、前日23日(木)までにメールにてご連絡くださいませ。

今回は、パワフルな満月と夏至のエネルギーが入っております。どうぞ皆様、しっかりグラウンディングをお願い致します。

尚、プレ瞑想も多次元モードで、前日23日の午後10時を集合ポイントとして行います。こちらのみの合流も歓迎です!

それでは皆様、よろしくお願い致します☆

  1. お知らせ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


満月と夏至のダブルパワー by 愛知ソニア

来ますね…満月、そして夏至、でもって、その上明日はまたグランドクロスが空で緊張します。

今日は低気圧の接近か、エネルギー酔いか、ぼおおおおおおおっとしていて、朝の瞑想できっちりグラウンディング入ってた筈なのに、けっこうひどい状況。。。父の日なので、色々作って御馳走を実家に運び、それは割ときちっとできて喜んで食べてもらえましたが、その後買物に行ったら、頭が全然動かない。こっちのエネルギーがこんなんなので、お店の人にも言ったことを勘違いされたりなんだりで、えらく頓珍漢でした。。。もう満月その他の影響も出てたりして…(^^;)


6月20日の満月

2016年もちょうど半ばに辿り着きました。
まあまあまあ、実にスゴイ時期を迎えています。

あと数日で夏至です。
満月と夏至のダブルパワー到来です!

この満月のエネルギーは今月を、
いえ、2016年そのものを要約しています。

この満月は、
自分自身の真実を覆っていたベールを取り除いてくれます。

他を批判することで自己防衛していたり、
優越感で自分の能力を過大評価していたり、
受け入れたくない事実は無視したり、
思い込みのセルフイメージを創っていたり…
裏を返せばそれは自信のなさがそうさせているのです。

正直に自分自身を見つめると
けっこうあるのではないでしょうか。

そういった妄想によって
ここまで進んでこれたこともたしかですが、
もう隠れ蓑(みの)はなにもない…どこにも隠れる場所はありません。

要するに英語で“cut the bullshit!”(汚い言葉ですみません)なのです。

自分が抱いている妄想を掻き消し、
ほんとうの自分を見つめることは、
たしかに居心地が悪いです。
しかしこれは次なる目覚めの段階に進むためです。
通らなければならないステップです。

ここを通過することによって、
さらに拡大した意識へと、
また、パワフルな自己確立へと導かれることになります。
この満月はそのプロセスを促してくれます。

大天使ガブリエルに援助を求めると、
手を差し伸べてくれることでしょう。
ガブリエルとは、
「神は私の強さ」という意味です。


ガブリエルは純粋さのための浄化に導いてくれる大天使です。
ガブリエルの色は、銀、白、藍色で、
白いユリとトランペットが象徴です。

スピリチュアルなエネルギーがブロックされていると感じるとき、
第三の目に意識を集中することで
ガブリエルを呼び寄せることができます。

大天使たちのメッセンジャーであるガブリエルは
あなたのこれからの方向性を示してくれることでしょう。

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


体を使ったり、イメージを使って…byバシャール

分析したり、どっさりと情報を集めといて本質を概念的に抽出するのがなぜか好きです。。。放っておくと、マインドは24時間でもこの作業を楽しんでます。昨日の記事じゃありませんが、他の人がいなくたって、Lの世界は、マインドの思考で充分うるさいです(^^;)

おまけに体を動かすのもイマイチ好きじゃなくて、息子までシンクロ…(;;)鳥のくせに、ファンファーレを歌って勢いをつけてやらないと、飛びもしない。。。彼の飛行時間は一日一回、1分かそこらです(;;)あんた、もう鳥じゃないってば…(;;)

あ、そうじゃなくて、その逆をバシャールは薦めています。

the PLANET from NEBULAより全文転載です。

左脳的な反応

物質界に住む私達にとって、体を使って表現する事はとても大切な要素の1つである事を理解して下さいと、バシャールは話しています。体を動かす事とは、体を使って波動を表現する事であり、言葉を話したり音楽や絵画で”想い”を伝達したりする事と同じである事が理解出来るでしょうと、バシャールは話しています。しかしながら体調が悪くて体を思うように動かす事が出来ない、昔のように動く事が出来なくなってしまったと話す人がいますが、その場合は1つの方法に囚われるではなく、違った方法で体を動か(表現する)方法を見つけてゆけば良いのだと、バシャールは話しています。

また脳内科学でも実際に証明されているように、頭にイメージするだけでも実際に体を動かした時と”同じ”効果が期待出来るという事です。もちろん、100%ピュアで意図的に挑めば、の話ですが。つまり、少しでも”偽り”であるという考えが頭をもたげてしまうと、効果は期待できない事を意味しています。

結果にこだわらず(期待せず)、自由に貴方のイメージで遊んでみましょうと、バシャールは話しています。貴方の頭に浮かぶイメージを分析する事なく、そのもの事態を体験して手放してゆきます。もっと簡単に言うと、心で感じる事に焦点を当てて、分析したり考え込むような、左脳的な反応を眠らしておきます。そうする事で、あらゆる情報が貴方の元へと流れる”隙間”が出来るようになり、貴方は波動を受信するアンテナとなる事が出来るようになるというわけなのです。これが所謂、ガンマ状態を表しています。

以前訪れたパワースポットで感じた感動や感覚を思い出すだけで、その場で得た情報を呼び覚ます事が出来る事を知って下さいとバシャールは話しています。貴方は体を実際に動かす事なく実体験を体験する力を持っているだけでなく、五感をフルに使って更なる体験へと前進する事が出来る存在でもあるのです。さぁ、一緒に歩んでゆきましょう!

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


孤独と独りでいること

OSHOの本は、随分前に何冊か読みましたが、イマイチぴったり側に寄りたくなるようなマスターではありませんでした。

それでも彼の言うことはクリアーで的を射ていて、いいね!をつけたくなるんですが、何かが私にはぴったり来ない人です。

最近、何かを検索していて、彼の文章を引用しているサイト(inner force)がヒットしました。

愛しているときは、孤独ではない。それは正しい。たが、愛しているとき、あなたは独りになるほかはないーーそれは、さらに真実だ。
Osho, The Fish in the Sea is Not Thirsty, #2より抜粋

長いメッセージを要約すると…

孤独は否定的な辛い傷のようなものであり、孤独を埋める為に人は関係を求め、食物、薬物、アルコール、娯楽を追い求める。たとえ配偶者や恋人がいても、そこに本当のコミュニケーションは無く、痛ましいそれぞれの孤独があるだけだ。互いに飢えていて搾取し合うような関係は、友愛ですらなく、ある種の敵意だ。孤独とは対照的に単独であることは、肯定的で、自分のスペースを確保して自分自身でいる喜びであり、至福であり、愛が独りでいる勇気と状況を与えてくれる。こうして愛の深い満足の中にいる時、誰も必要としない。そうして愛にあふれた時、それを誰とでも愛している人と分かち合うことができる。

実は、前回のMirus Clubでもこのことについて触れました。

一人だと寂しくてやってられない…と感じる人は普通に多いのかもしれませんが、それは自分の内なる孤独感や飢餓感を、誰かが雑音の代わりになってくれないので、ありありと感じてしまうに過ぎません。

tomokoは年単位でこれを理解して解消しました。そして、寂しいのは、自分自身を愛していないからだ、ということを本当に腹の底から理解して、今に至っています。寂しい人は、誰といたって本当は寂しいし、一人になったら、その寂しさに直面しなければならないので辛いのです。

寂しさを感じなくても、人からの理解がすごく欲しかったりするのは、ヴァリエーションの一種です。tomokoも、理解してもらいたくて仕方の無い人でしたが、いつの間にか、そうした欲求がカラになっていて自分で驚いたことがあります。自分で自分を大切にして、自分自身を受け入れている時、誰かに受け入れてもらう必要性は、ほんとに感じられないんです。

でも、ただ一人でいても辛いだけです。「愛」に満たされていなければ、苦しいです。「愛」に満たされていれば、一人でいるのは何でもありません。そして人も愛せます。

自分自身のハートの奥にある愛にアクセスするには、一人になって静かに内側に入って行くしかありません。

これをするか、しないか、ここが分かれ道です。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


情熱は正気を取り戻すのにも使えます。。。Lの妄想

昨夜は情熱全開で、それはそれは楽しく過ごしてよい保養になりました。

4月にスリランカに行った際、香港経由なので中距離飛行になってしまい、せっかく大好きな夜行便に乗っても、うっとりしていられる時間が充分ありませんでした。飛行機の上でうっとりしてるって、Lにとっては一種の瞑想状態なので、この時に、まあこの人ならではの素晴らしい妄想を思いつきました。

長距離瞑想フライトをするために…世界一周航空券〜買っちゃう!

あちこち行きたくて、じゃなくて、長距離便にたくさん乗りたいから…、これは一定の人口がいる筈です。飛行機大好き人間は、意外に多いです。でも寺に行くんじゃなくて、飛行機を乗り継ぎながら世界一周して瞑想してやろうって、変人度はかなり高いはず(^^;)70億のうち、一体何人が共感してくれるだろ〜?

あ、で、なんで昨日の夜楽しかったかって?

ワンワールドのサイトに行ったら、航空券買わなくても、すごくリアルなスケジュールを作れちゃうんですよ!ああ、楽しかった。。。行き先や航空会社や、フライトスケジュールやら乗り継ぎやらがぜえええんぶ、出て来て遊べます。

昨日あれこれチェックしながら、最終的に決まったルートが、体力温存型でちょっと生温いスケジュールではありますが、香港経由でロンドンに入り、キューガーデンのすぐ側のホテルに泊まって、翌日キューガーデンでたっぷりエネルギー補給をしてから、モロッコのマラケシュに行き、そこで憧れのリゾートに一泊、よく休んだら、街は見ないでとっとと飛行場に戻り、ロンドン経由でウィーンへ…シェーンブルン宮殿をふらふらして、カフェなんかを堪能したら、も一度ロンドン経由でニューヨークへ。スタバで、ニューヨーカーの皆さんを観光させてもらったら、アメリカのお姉ちゃんの暮らすロサンゼルスで、しばらく滞在です。一緒に奇跡のコースのワークなんかして元気になった頃、ご帰国で〜す。

これだけ長距離を乗り継げば、どんだけ瞑想ができるでしょう…ただね〜飛行機のご飯も飛行場のご飯も基本ジャンクですから、この修行の後は、ウチできっちりデトックスしないとヤバいかも…。

な〜んてことまで考えちゃって、ヴァーチャルでも充分堪能致しました。。。

で、気づいたら、天気の悪さなんだか、エネルギーの波乗り疲れなんだか、ひどく気分悪かったのがすっかりよくなってた…。

あ、Lにとっては情熱を燃え滾らせる、大半の方にはさして面白くないかもしれないワンワールドのサイトはこちらです。
https://ja.oneworld.com

ちょっと興味が持てた人は、値段をチェックしてみてください。ヨーロッパを往復するだけでも、航空券だけ買うとなればかなりな金額になるのに、世界一周は安いです!マイルもうんとこさ貯まるし…しかも最近は、サーチャージが廃止されていたりするので、これは夢じゃなくて、計画!ということにしておこう。。。あ、折角だから、さっきのスケジュールにストックホルムとか割り込ませようかな…妄想と情熱はendlessなのでした。。。
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


情熱はあなたの夢を実現させる by マイケル・ローズ


【情熱はあなたの夢を実現させる通行許可書です】
  
情熱は鍛冶場で燃えさかる炎のようなものです。
人生を変容させる内なる熱であり、パワーです!!
   
多くの人は、人生にあまり熱意がないようです。
「まあまあの人生」が多いように思います。
    
私は違います。
私は人生を、「とってもいい」「素晴らしい」「最高」と思っています!
 
情熱は、充実した楽しい人生への、あなたの夢を実現させる通行許可書のようなものです。
強い関心は、豊かな実りある人生への始まりの地点です。
しかし、その旅をパワフルにするのは情熱です。
  
あなた自身への、人生への、伴侶への、家族への情熱、仕事への情熱が・・・勿論、遊びへの情熱も、あなたを凡庸さから素晴らしさへと変容させます。
  
愛の選択は、情熱の燃料ともなるのです!
あなたの情熱を思い出しましょう!
日本語訳 大亀安美
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


夏至のエネルギー by プレアデス光の評議会(Méline Lafon経由)

夏至に大きな変容の波が来るようですね。

既に空模様はハデ〜な影響出まくりのきついグランドクロスやヨッドなんかが続いて、散々準備はさせられたような気がします。だから大丈夫でしょう。問題ないでしょう。飛べるでしょう。しっかりグラウンディングしときましょう。

たきさんのホームページより、途中から転載します。

プレアデスの光の評議会…2016年6月16日 2916年6月の夏至

私 たちは地球の自転を見守っていて、自転軸の傾斜の変位に注目していますが、これはある人達にとっては、自転軸の反転という恐れに結び付く警鐘になります。 私たちの観点からはテラの自転におけるこのわずかな変化は、テラの、ミルキーウエイ銀河の中心であるグレートセントラルサンとの間の配置変更という特別な 目的を持っているだけです。この配置変更は夏至サイクルの歳差の結果であって、長い間待たれていたあなた方の惑星の生まれ変わりと人々の意識変化の先駆け になるものです。


私 たちからのニュースは次の通りです。:あなた方は意識の向上を保証するエネルギーに巻き込まれますが、この時点では、人々のうちの10%または11%だけ がこの向上を受けられるだけのエネルギー的な安定性をもっています。これはこの時間の窓において予想よりも少ない割合ですが、それにもかかわらず、増加し 続けていて、2016年と2017年を通じて、量子的な飛躍が見られるでしょう。いつものように、私たちのメッセージはこの飛躍を支援するように組み立て られています。


地 球上にいるほとんどの人達を妨げている障害は、あなた方が心の葛藤にとらわれていて、これが葛藤的な生活経験につながっているという、理解と経験に関する 小さい箱の中に閉じ込められていることです。あなた方の多くは、毎日、毎週、毎年、閉じ込めの箱を開ける勇気を持たずに自分が本当には誰で本当にはここで どのような存在なのかをあえて考えようともせずに、自分が考えていることが自分の義務だとして、とぼとぼ歩んでいるのです。


解 決策はただ一つ、あなた方の変わろう、違った者になろう、情動の鎖を断ち切ろう、不毛な習慣と信念を止めよう、という意志から始まります。古い行き方を変 えるには勇気がいります。あなた方が拡張し、喜びを得ようとする時の新しい行き方について、ほかの人達がどう考えるか気にしないようにし、あなた方の世界 が私たちの世界、および大宇宙とエネルギー的な繋がりがあるという理解を得るには、勇気が必要です。あなた方のマインドを拡張し、古い生活経験のあり方と の結びつきを緩めるのはこの理解なのです。

26000 年周期のプレアデスのセントラルサンであるアルシオンを中心とする太陽系の周回では、太陽系はアルシオンに磁気的に引き付けられて愛のダンスを踊っていま す。このダンスにおいて、太陽系は13000年毎にアルシオンのトロイダルエネルギー場の中に入ってゆきます。このエネルギー場はフォトン光からなってい て、このフォトン場への突入によって必然的に惑星とそこに存在する生物の意識に変化が生じます。2012年には太陽系全体がプレアデスのフォトンベルトに 入り、地球の2000年に亘る光の時代である、新たな歴史の始まりの先駆けになりました。


量 子力学は、光、フォトン、エネルギー、および意識レベルの間のつながりに対してあなた方の目を開かせました。光は純粋な知性としても知られています。ソー スの純粋な知性は、初めに銀河のグレートセントラルサン、プレアデスの太陽であるアルシオン、それからあなた方の太陽を通じて、最終的にあなた方の現実へ とダウンロードされます。恐れを手放して愛に対して心を開けば、より高い次元の光を受け取るようなエネルギー的な青写真が、あなた方には埋め込まれていま す。


テ ラの人々よ、毎日自分の中に光を呼び込んでください。光はソースの純粋な知性であり、あなた方は光を受け取り、伝送するように設計されているだけではな く、あなた方の惑星上での光の護持者になるよう義務付けられているのです。あなた方は目覚めを起こす者なのですから、最高の能力を用いて機能するように注 意し、目覚めなければなりません。

あ なた方が光を受けられるように周波数を上げ、ガイアのコアクリスタルにプラーナチューブを差し込んでグラウンディングをすると、あなた方の意識は自動的に 拡張します。マインドを開くために薬は必要なく、単に光を呼び込み、意識して周波数を上げるだけで、幻想から目覚めることが確かです。


あ なた方の惑星上で純粋な光と知性があなた方に届くのは次元間のポータルとして作用する3つの太陽を通じてだということを分かってください。銀河のトロイダ ル場中心からの光暗号はアルシオンのトロイダル場によって捉えられ、アルシオンとあなた方の太陽との間の磁気的なつながりを通じて捕捉され、それから地球 に照射されます。それゆえに、ソースの愛と光を受け取るためには、これらの3つの太陽とあなた方とのつながりを愛をもって認識することが大切なのです。


共 鳴するのなら、この時点では日々のアファーメーションをお勧めします。まずあなた方のプラーナチューブを生かし、ムードラによって垂直なつながりを作って ください。グラウンディングの鎖があなた方の惑星のハートにしっかりと愛でつながるようなイメージを抱いてください。それから自分のハイアーセルフとのつ ながりができていることを知り、以下のプロセスの中であなた方の才能を生かしてください。:

私は愛をもって自分の中にグレートセントラルサン、アルシオン、地球の太陽を通じて光を呼び入れます。私は目覚めを起こす者です。私を通じて流れる光によって私は真実に目覚めます。


そうあってください、親愛なる光の中の兄弟、姉妹よ。

私たちはいつもあなた方と共にあります。ナマステ。

日本語訳 Taki

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


も一つ、イルカ情報 by Cobra

シンクロでしょうか、Cobraもこんな事を言っています。

夜明け前より関連部分のみ、転載します。

AGN Veg コブラ・インタビュー

(訳注: ここでは Sentient Beings をセンティエンス・ビーイングと訳しております。意識・感情・感覚・感性・知覚などを持つ存在です。長くなると読みづらいので、詳しくはこの翻訳の文末に書いてあります。)

Cobra: ええ、もちろんすべての動物はセンティエンス・ビーイングです。人間が持つすべての感情を、彼らも持っています。ですから、人間と同じように彼らに接すべきです。


AGN Veg: 動物の中の魂は、人類よりも何百万年前に地球にやってきたというのは本当ですか。


Cobra: ええ、これがいわゆる進化の過程です。この惑星に土着で発生した動物もいました。他の惑星からやってきた、もしくは運ばれてきた動物もいます。


AGN Veg: 彼ら自身の精神的進化以外に、彼らがここにいる本来の目的は、銀河戦争に続いて、母なる地球が初期の結晶形態から今の岩石形態に転換したあとの惑星グリッドに、高次元エネルギを彼らの体と意識経由して定着させるためというのは本当でしょうか。


Cobra: 一部の動物にとってはそうです。すべてではありません。たとえば、イルカと鯨はシリウス星系から、この特別な惑星転換のために特定のエネルギグリッドを定着させるためにやってきました。


  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


イルカとクジラ by バシャール

ええ、私もイルカだった時の記憶があります。

思い出したのは随分前で、いつだったか忘れてしまいましたが、瞑想中にものすごいスピードで、澄んだものすごく気持ちよくて、光が波の形に海底に縞模様を描いている浅い海を泳いでいる時のことを思い出しました。

その滑らかさは人間には不可能なもので、ふと気づいたらイルカでした。

二年前くらいに思い出したのは、アメリカのお姉ちゃんもイルカの家族で一緒だったことです。彼女と一緒にイルカをしていた時は、インド洋のインドとアフリカの間あたりで暮らしていた感じでしたが、今とは陸地の形も違ったでしょうから、正確にはどこだったんだろう…? 彼女にこの話をしたら、ええ!私もイルカだったことは覚えているわ!という返事だったと思います。

the PLANET from NEBULAより、全文転載です。

これからの地球

イルカやクジラは、私達と同等かそれ以上の高い意識を持つ高次的生命体であると、バシャール話します。私達の思考回路とは多少也とも違いはあるにしろ、”無条件の愛”を軸にしている私達と、非常に”近い”存在となります。また、多くのスターシードやインディゴチルドレンの中には、少なくとも一度や二度イルカとしての人生をおくった事がある人達も多いでしょうと、バシャールは話しています。そういった経験を持つ人は大抵、”水”との深い縁を持つ人が多く、水に携わる事に興味を持ったり、水に関する仕事をしていたりと、水との関係を非常に好む傾向があるのだと話しています。

私達の意識の覚醒がいよいよピークに達する2033年~2050年頃、イルカとクジラの殺傷はヒトを傷つけたり殺める事と”同等”の罪になる社会システムが形成されるようになるでしょうと、バシャールは話しています。つまり、その頃までにはイルカやクジラの存在権利が確立され、新たな”人類”として位置づけられる事を意味しています。

また、この時期に予定されているササニ文明や他の公的存在との面会で数多くの“新しい”決断がなされると共に、陸の人間と海の人間(イルカやクジラ)が”初めて”統合的に”共存”してゆけるようになるでしょうと、バシャールは話しています。

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


豊作続きです。。。

このところのMirus Clubは、とても濃い素晴らしい会続きで、正直なところ、ちょっと驚いています。昨日もとても興味深い情報をたくさん引っぱり出すことができ、意義深いシェアの連続でした。ご参会の皆様、ほんとうに有り難うございました。

スピリチュアル・グロウス・リーディングにトライするのは、皆さん正真正銘初めてでしたが、結果的にご参加の皆さん全員が必要な情報を受け取ることに成功しました。

後でぽろりとお一人が、今朝はとてもいい夢を見たと仰っていて、壁を通り抜ける夢だったそうです。受け取った情報がネガティブなものでも、全然気づかなかったことに気づけるのは、まことに目出たいことです。壁を通り抜けるって、そのくらいのすごい気づきのレベルだったに違いありません。

それぞれ、霊的成長のプロセスのどのような地点にいるのか、そしてまたそのプロセスを妨げている、あるいは妨げる可能性のあるものを理解することができたと思います。

最重要情報に何気なくアクセスしてしまう方もいらしたりして、予定時間をオーバーし、結局臓器リーディングは脾臓しかできませんでしたが、これも深くて大切な情報を皆さん取られていました。

脾臓は無力感や憂鬱感、あるいは自分自身の力を忘れて尻尾を巻いて逃げたくなるような恐怖感がエネルギー・ブロックとして出現しやすい臓器なのですが、Lのは、実際見た途端、本人も小さく噴きましたが、ほんと笑える絵でした。

ものすご〜〜〜〜く派手な色とりどりの縞模様の体の大きなリスが、体を丸めて誰にも見つからないように脾臓の中に隠れているのですが、ふさふさとした白黒の立派な尻尾が完全に脾臓の外に出てしまっていました。私が意識で呼びかけて「あんた、頭隠して尻隠さず、尻尾まるまる出てるよ」と言うと、「ひゃああああああ、こわい、こわい、こわい、こわい!あたいはえらく目立っちゃうから、見つかったら攻撃されるっ」と目を白黒させてパニックになっていました(^^;)

自分が変人だってよくわかっていますからね、常識人の方々と混じる時には、ちゃんと仮面つけたりしてるの、相手への礼節だと思っていましたが、底にはやっぱり恐怖があったのね〜(笑)。

まあ、昔見たものに比べれば(これ、たぶん本に書いた)、コミカルで笑えるレベルですから、ヒーリングもごく簡単でしたが、まだこんなエネルギーがあったかと、呆れました(--;)やれやれ、終わりは来るんでしょうが、でも今の時点では、エンドレスに感じられます。

ま、面白いことは面白いので、別にいいんですけど…。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


オムネク・オネクほか

昨日のMirus Clubご参加の皆様へ、業務連絡?です。

昨日のMirus Clubでご紹介した金星人はオムネク・オネクで、日本語訳の著作が3冊くらいあります。彼女の金星での生活や地球での困難な人生についての情報は、最初の『私はアセンションした惑星から来た』(益子佑司訳 徳間書店刊)と、次の『地球人になった金星人オムネク・オネク』(益子佑司訳 徳間書店刊)に詳しく書かれています。

お伝えし忘れましたが、虹色に輝く金色のスフィア(球体)を使い、時々ご自分のスピリチュアル・グロウスの絵にアクセスして必要な情報を受け取るよう、是非ご活用ください。

以上で〜す☆

  1. お知らせ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


地上のコントラスト by バシャール

なんだか昨日のブログとシンクロしているような…

the PLANET from NEBULAより、全文転載します。

手間隙の意味

地球はコントラストのある”分離”の世界です。100%ピュアでポジティブな”統合世界”からやってきた私達は、このコントラスト界で様々なプロファイルを構築しながら、”本来”の自分へ舞い戻る作業をしているのだとバシャールは話しています。なぜわざわざ面倒な作業を繰り返すのか、一向に意味が分からないと思う人もいるでしょう。わざわざ波動を下げて分離の世界へ誕生し、また元のピュアな自分を目指して前進する”手間隙”の意味が分からない、という人がいるかもしれません。しかしバシャールはこう話しています。貴方が旅行へ出る時に、どうせ家へ戻るのだからと言って間をふっとばしても良し、という感じで旅に出かける人はいません。それよりも、”旅”に関わる全てを堪能し、道中の珍しい出来事をわくわくしながら体験して楽しみたいと考えます。それと同じように、人生(道中)の珍しい出来事や気付きにワクワクしたい!体験したい!という”強い”要求を持って貴方は地球にやってきているのです。

貴方の内面に潜むネガティブ+ポジティブ波動の存在は、いたって自然な波動である事を理解して下さいと、バシャールは話しています。地球という”分離”の世界を学びにやってきた私達の意識には、これらのコントラストが予め”組み込まれて”いるのです。そして、地球人として誕生する前の貴方は、このコントラストの存在を十分理解して地球へ下り立っているのだと、バシャールは話しています。

魂の世界では体験出来ない”コントラスト”を上手に利用し、自分自身の好み(プロファイル)を強化してゆきましょう!そして、分離の世界でしか得る事が難しい、沢山の気付きを体験し、どんどん高みへ向けて前進してゆきましょう!

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


美しい人生を生きたい

なんだか、ゆるゆるずるずると内面の変化が起こっていたようで、あまり変わったという気もしていなかったんですが、随分感じ方が変わったのに気づきました。

すべて望ましい事しか起こっていないような気がします。
それは、地上的な望ましいことじゃなくて、地上的には望ましくないことも含めたすべて、です。。。

全く根拠は無いんですが、高次のメッセンジャー達が口を揃えて言うように、すべて自分の人生に起こることは、自分で決めて来たことだというのが、自分の中で事実扱いになっていました。

ラムサが、全員が幸福なのだ…と、どこかで言っていますが、自分の決めて来たことが起こっている時、それは幸せなことに違いありません。地上的な幸せとは全然相容れない事もあるけれど。。。

経験しようと思っている痛みを経験している時、それはそれはひどい経験でも、それを経験しなかった方がよかったとは思わないんじゃないか?という気がします。

実際、きつい痛みの経験には、喜びや満足にはありえないほどの深みがあり、それを正面から受け止めた時に起こる奇跡のような回復や恩寵の体験も付いて来ます。大きな感動と同じような、圧倒的な豊かさがあります。

委ねようと思わなくても、注射とケーキの双方が同じように望ましいと思える時、肉体・エゴレベルには痛みを避けようという自動的な反射が起こるでしょうが、本体はどちらもしっかり受け入れるでしょう。

そのまんまで、オッケー。
どちらがきても、オッケー。
どちらも人生の恵みだから。。。

学生の頃、精神衛生の授業で、自分の人生の目的は何か?という宿題が出たことがありました。

深い考えもなくて、なんとなくだったと思いますが、具体的なことは書かずに、ただ「美しい人生を生きたい」と書きました。別の大学の、しかも男子学生(サークルで一緒に委員会とかやってた友人です)が、なぜかそれを見て、いいなあ!目的があって〜!と感動してましたが、こんなに茫漠としたもの、目的って言えるのでしょうか?

たぶんその時、書いた本人もよくわかっていなかったに違いないんですが、最近その美しい人生とやらを生きているような気になることが多いです。

喜びも痛みも涙も憂鬱も、至福も感動も、そういった様々な感情や出来事を、様々な色や形のクリスタルのように拾い集めて、それも、ひとつひとつ丁寧拾い集めて、それらすべてを純粋に愛したら…不満や欠如も含めて、満足のような気がします。

すべてのピースを持っている、そんな感じ…そして、すべてのピースが美しい、そんな感じです。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ガイドがサポートする聖なるライフ・プラン

最近、ずっと感じ続けて来た事です。

意識が拡大してしまえば、なんということも無くわかるんでしょうけれど…。
目隠し耳隠しをつけているような状態でベストを尽くしていても、自分の決めて来た聖なるライフ・プランに気づかずに、無難だったり常識的な選択をしようとした時、愛をもって止めてくれるのは有り難いガイドだけです。

関連箇所を、新・ほんとうがいちばんより、一段落のみの転載です。

マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ
2016年6月10日

いずれにせよ、あなたがたが支援を必要とするならば、どうか、忘れないでください。あなたがたにはガイドがいる、ということを。そして、ガイドはあなたがたを助けることのみが本当に嬉しいのです。ガイド達は、あなたがたの旅を共にします。そして、ガイドは目に見えないヘルパーです。ガイドは、できるだけ、あなたがたがライフ・プランを守る、ことを確実にしようとします。しかし、最終的には、あなたがたに最終的な選択権があります。あなたがたの自由意志は明らかに大変に重要なのです。しかし、もし、あなたがたが誤った方向に行くように見えれば、あなたがたのガイド達は介入するための最善を尽くします。どうか忘れないでください。あなたがたには同意した一つのライフ・プランがあり、そして、それはきわめて重要である、ということを。それに応じてあなたがたの生活が導かれるためです。あなたがたは、危害なしで少しだけライフ・プランから離れることができます。しかし、あなたがたがそのライフ・プランに従わなければならない、という、重要な瞬間があります。そのライフ・プランはあなたがたが決めたものなのです。
日本語訳 匿名希望
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2016 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -