フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



多次元モード酔いです、アウト…。

遂に白旗を挙げました。。。

2月以来、次々とあちらからお越しになるエネルギーに引っ張り回され、自分でもよくワークしてきたと思いますが、ほんと〜〜〜に疲れました。

仮の未来、もう選ぶことの無い平行現実ではあっても、一旦見ちゃうと苦痛がひどすぎて波動がかなり落ちたらしく、瞑想に入る度に、その手の平行現実につながってしまうようで、これはどうにかしないと…と昨夜気づきました。平行現実なんて、無限にありますからね、こっちの波動自体を高くして、気分いいものにチャンネル合わせとかないと、もたないでしょう。

おまけにこういう時は、蓄積疲労もボディブローのように効きます。体が重い時に、波動を上げるのは簡単じゃありません。昨日親から、今日外出するから付き合ってくれる?みたいな電話だったんですが、事情を話していいことにしてもらいました。

両親は勿論私の仕事を知っているし、知っているどころではなく、精神世界のベースなんか全然無いのに、理解して応援してくれます。以前は、殺したいほどわからず屋だったはずの母が、異様なほどの寛容さで何でもわかってくれるのには、驚きを通り越して…何と言ったらいいでしょう…別世界です…。

昨日は、さすがに多次元のワークの事なんか話したって混乱させるだけだし…と思ったものの、ごく簡単に上っ面だけでも説明したら、わかってくれました…いえ、概念的にはきっと全滅だったと思います。でも、私が今どんなに大変で疲れているかということは、しっかり受け止めて、大事にするようにとお見舞いの言葉を掛けてもらいました。

父も母同様に理解があり、両親揃って応援してくれるだけでなく、敬意さえ感じるのは、やっぱりタイムラインが変わって、別の両親と一緒にいるような気がするんですが、両親の間では相変わらず年中揉めていて、時にはひどい喧嘩もしているようなので、私の内側が癒えて変わっただけかもしれません。

とにかく、休養するしかないので、しばらくオンラインから消えることにしました。純粋にリラックスしてお休みして、できれば楽しく過ごすつもりなので、沈黙リトリートじゃないんですが、しばらく仕事絡みからは離れてみようと思います。それに来月初めに、高次のガイドとつながるワークをするMirus Clubもありますし、波動調整をして体調も充分整えておきたいと思います。

ということで〜〜〜その直前くらいにはちゃんと戻って参りますね☆
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


愛ある思考を選ぶ by マイケル・ローズ

マイケルローズJAPAN(3月28日付け)より、全文転載します。

【あなたの思考を観察してみましょう】
  
自分の思考について考えたことがありますか。
思考のおしゃべりとそれによって起きる感情は、いくつもの生まれ変わりにおいて、あまり変化していないことがわかると、惨めな気持ちになるでしょう。
     
あなたが自分を批判するなら、あなたの両親が用いたと同じ思考と言葉で批判していませんか。
また、両親と殆ど同じ口癖を口にしていませんか。
 
ここで伝えたいことは、あなたの思考の多くは、あなたから生まれたものではないということです。
     
それからもう一つ、ときどき、意識して自分の思考に耳を傾けているとわかることがあります。
それは、あなたを敬うものですか?
そうでないなら、毎日、毎週、意識してあなたを敬う思考をしましょう!
両親と同じような口癖があなたを敬うものでないなら、意識して敬うものに変えましょう。他の人々と同様にではなく、あなた自身の新しい考えをしてみましょう。
     
そうするには、できるだけこの瞬間を生きることです。
たとえば、自然のなかにいるときは、この瞬間から自然とともにあって新しさが入ってくるのを受け入れてみましょう。感謝と共に。
あるいは、新しい考えを刺激するような詩を読んでみたり、まったく新しい考え、あなたにとって挑戦的なものを読んでみたりしましょう。
 
いろいろ考えるのをやめて、この瞬間にいるのです。
新しさのスペースから考えがやってくるにまかせてみましょう。
興味深い結果になるかもしれません!
意識して愛を選択する。
それはいつも新しく、刺激的なことです!
Choose Love!

日本語訳 大亀安美
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


4月5日(火)リーディングクラスです。ご準備のほどを…。

いつもよりずっと早いお知らせですが、前回のお知らせ通り、今回は、各自の高次のガイドとコミュニケーションを試みます。

取りあえず、先ほどアップしたバシャール情報を是非お読みください。

高次のガイド達はいつも私たちに寄り添い、私たちが全く気づかなくても、あれこれ面倒を見てくれています。あちらは勿論私たちとコミュニケーションしたいとお思いですが、こちらの波動が低すぎると不可能です。

エネルギーがシンクロする範囲でしか情報交換ができません。また高波動から低波動の情報をキャッチする事はできても、逆は無理です。

ということで、ご参加予定の皆様には、5日に向けて、波動の調整をなさることをお薦め致します。もし思うように波動をキープできない場合は、「入れるもの」を厳重に管理されるとよいかもしれません。飲食、情報の類いです。

アルコール、カフェイン、砂糖、でんぷん質を出来る限り減らして、荒々しい波動の物を見聞きしない、当然、そうした場所には出入りしない、などです。

向こうから拒絶されることは絶対にありませんので、どれだけ自分の波動をあちらに合わせられるか、で情報の質が決まります。

ということで、おのおのがた、ご準備のほど、よろしくお願い致します〜☆
  1. お知らせ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


波動の差 by バシャール

the PLANET from NEBULAより、全文転載します。

波動の差

エネルギーは似たもの同士が集まる性質があると言われています。とは言っても、この広い地球には様々な波動域にある人達が共に共存し、生活を共にしています。バシャールがよく言うフレーズに、”自分の波動域外の波動を認識する事は出来ない”とありますが、ではなぜ低波動の人達が高波動域にあるアセンデット・マスターを認識する事が出来るのでしょうか。果たして本当に認識出来ているのでしょうか?

バシャールの答えは、”認識出来ない”と断言しています。ここで理解して欲しい事は、私達を含めアセンデット・マスターや高波動の人達(バシャールやその他)は皆、多次元的存在であるという事です。多次元的存在とは、低波動+高波動そのどれもを含んでいる事を意味しています。よって、低波動域の人達が認識出来る情報は、低波動域止まりという事を意味しており、完全版のアセンデット・マスターを認識しているわけでは無いという事を理解する必要があるでしょうと、バシャールは説明しています。もっと簡単に説明すると、アセンデット・マスターの低波動域のその部分だけを体験する事を意味しているので、たとえどんなに高い波動や高い意識を持つアセンデット・マスターに出会ったとしても、一部の体験のみに限られてしまう事を意味しているのです。

しかしそれは別に悪い事でも何でもないという事を理解して欲しいと、バシャールは話しています。たとえば、闇側にいたとしても、必ず光りを見つける事が出来ます。たとえ闇の存在であっても、光の存在へシフトする事が出来るのです。波動を高めてゆけさえいれば、高い知識を認識する事が出来るだけでなく、今まで無かった”気付き”を多く体験する事が出来るようになるのです。まずは、波動を高める事=自分らしく”素の貴方”でいる事に焦点をあててゆきましょう!
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


多次元モード若葉マーク…ちときつい…その2

現時点では影も形も無いことで、それでもそうした苦痛の震源地を突き止めて、それを癒したりリリースしたりする必要があるって…マインドはもうお手上げ状態です。でも片付けないと辛い…辛過ぎて、もう鬱状態です。

何回か瞑想に入って、もう一度そこで起こっていることを確かめました。その合間にオラクルカードなんかもしてみて、ヒントをもらいます。

で、ようやく今朝の瞑想で、本質的な原因となる自分自身のパターンに気づきました。しかもその前だか後だかに、「あれ?」と、奇妙なシンクロにも気づきました。

半影月蝕満月前に、と思って、丁度浮上して来ていた不快なエネルギーを開いたところが、それはtomokoのひどい過去世の数々でした。戦の相手に組み敷かれた私が「同族なのになぜ殺し合わねばならないか?」と問うそばから首を掻かれますが、相手もそうしたくてしているわけではありませんでした。妻の私が先に死んだために絶望した夫が神を呪って教会に火を放って、その村の見事な教会は全焼してしまい、夫は一旦は逃げたもののそのまま入水自殺したなんて、そんなのばかりです。。。もうあまりに悲惨でげんなりしてワークを終え、メモる気にさえならなかったんですが、ワークを閉じる時に、見るだけ見て意識の光を当てたから、これでいいのかな…と思った瞬間、ハートから「相手を許して、自分も許す」という声が聞こえました。ああ、これを一連の過去世では学び損ねていたんだな、と理解しました。

無意識の暗がりに放り込んでおいたものを取り出してきちんと見て、そこから得るべき物を得ないと体験は終わりません。で、今回の未来の体験も同じです。再体験(未来の事でもこうとしか言いようがないですね、やっぱり過去も未来もないようで。。。)して、学ぶべき智慧を見出せば、それで終わります。

最後の最後に気づきましたが、苦痛の未来を垣間みるその前日にした過去世のワークが、苦痛の未来と共通のテーマを持っていました。「相手を許して、自分も許す」。だからこれ、セットで来たわけですよね。同時リリースって、CDか本の発売みたいですが(^^;)

面白いですね〜。。。

頭はもう完全に置いてかれてますが、宇宙の秩序というか、調和を感じます。

さすがに気になって何回もチェックを掛けましたが、体験として完了したので、もう私はその未来を体験することは無いようです。別の平行現実では、極めて平穏で何もひどい事は起こっていませんでした。

でもね、私はそのひどい未来を本当に体験しなかったのでしょうか? 未来を見た後からは、通常通りの生活はしていても、苦痛で心は血の涙を流して七転八倒していました。。。そして、それはそれは真剣に答を求めました。

本質的には、一番無害な形で体験したのだと思います。逆に言えば、ただ食べて、仕事して、寝るだけって、本当に現実を体験していると言えるのかな…。

こうして全てを本質的に体験し、智慧を得たり、気づきを得たり、自分自身を癒す「今ここ」は、明らかに普通の今とは違っていて、「今ここ」にこそ、過去も未来も現在も、全ての平行現実が泡のように浮かんでいる、そんな感じでしょうか。

何とかけりがつきましたが、ああああああ!あたしは疲れましたっ(;;)
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


多次元モード若葉マーク…ちときつい…その1

前回のMirus Clubでは未来を実際に見てみましたが、実は皆さんをガイドしながら、Lもエラいものを見てしまいました。。。

ガイドしながらだったので、細部を確認することも出来ない程度に取ったラフな情報だったのですが、ショックがきつ過ぎて、別の可能性の未来を見ようとしても、最初の絵が混入して来てしまう有様で諦めました(^^;)

過去世でも、あまりに強烈なものを見てしまうとちょっとひきずったりしますが、未来でもおんなじことです。要するに平行現実としては、過去も未来もありませんから、質的には同じ。いや未来は変えられるけど、過去は変えられないでしょ、という意見もあるでしょうが、私は変えられるどころか、自分自身が大規模な変容をするたびに勝手に変わっていて、頑迷なマインドが「だって記憶はこーでしょうがっ!」などと騒いでも、後の祭りだと思っています。

最近発見して驚愕したのは、うん十年と変わらなかった手相の象徴的な線がいつの間にか完全に消えていて、内面の変化によって手相が変わることはよくあるものの、自分が変わったというよりは、明らかに私の人生の一部が無かったことになっている印象を受けました。勿論記憶は残っているんですけどね。

今回ありありと経験した未来は、あまりに痛ましく、てショックから立ち直るのに、二日以上かかりました。は〜、もう〜二月から断続的に続くワークには、さすがに疲れて来ました。でも文句言ってられない。。。2016年ですからね、一気に不要品は燃やし尽くしてしまおうと、誰かが思ってるらしいことはどこかで知ってます。

未来、それもチラ見した程度の未来は、実際に体験するより遥かに楽でも、その痛みの流れ込み方がすごくて、消化器までおかしくなりました。しかもこういう多次元の扱いは一応知ってはいても、まだ若葉マークで慣れていませんから、とてつもなく混乱します。

5年後という設定で見ていて、実はまだ影も形も無いような事なんですが、それをありありと体験してしまう。映画以上にです。主人公はリアルな自分自身ですからね。。。

あ、皆さん、ご心配無く。世界の終わりとか大規模災害の光景を見たわけじゃありません。個人的な大災害ですからね。。。その上、こうやって情報が来るからには、それを変えられるので見せてもらえます。変えようの無いことに関しては見ても益がありませんから、まず間違いなく情報としては来ません。

長くなるので、分けます。。。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ちょっくら未来に行って参りました。。。

昨日は、急遽リーディング・セッションの日をエネルギーワークに振り替えたにも拘らず、コアメンバーの皆さんにたくさんご参集いただきまして、ありがとうございました。お蔭さまで大変充実した楽しい会となりました。

実は今回別のワークを準備してたんですが、書棚の整理で、奥に入っていて何年も見なかったアン・ジルチ『ザ・ヒューチャー・イズ・ユアーズ』(サヤカ・カーンドーフ訳 ランダムハウスジャパン刊)という本が出て来て、パラパラしたら、「あ、今回のワークは絶対これよ」と即決でした。

そんでもって、自分のリーディングで散々使っていた二三のシンボルの出どこをどこだか忘れていたんですが、これでした。。。(^o^;)

昨日は、たくさんある誘導瞑想から二つばかり選んで、未来の仕事や、その仕事のために必要な勉強や情報を受け取るワークをしてみました。

かなりの方が、相当予想外な情報を得て、予想外過ぎてプレッシャーでその先がよく読めないなんてことまでありましたが、それだけ自分自身の頭や予想を大きく出られたということで、成功だったと思います。

中には、「勉強」という言葉自体にアレルギー反応を示した方もいて、これはもう学校教育制度の呪いそのものでした。今の教育制度は、ごくごくごく一部の心底勉強が好きな人たち、はっきり言って変人級の人たち以外を潰す呪いでしかありません。つまらない点数で差別を強制し、嫌なことや辛い努力が出来ない至極健康な反応を抑圧しています。

みんなが好きなことだけ、好きなだけ勉強することができたら…ダンスを習うんでも、ゲームの研究でもいいんじゃないでしょうか…そうすれば、「勉強」は楽しいレジャーになり、誰も劣等感やプレッシャーで不幸になったりせずに、本来の才能が生き生きと輝いて、お互いに役に立つ事もでき、今よりもずっと歓びがあふれる世界になるに違いありません。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


地球と繋がる by マイケル・ローズ

昨日、Mirus Clubの後でコアメンバーの方と話していて、最近大きな公園に行き、裸足になってグラウンディングしたところが、花粉症が治っちゃったらしい…と。。。私も去年のいつからだったか、アーシングマットを使って、昼夜できるだけ地球と繋がってその恩恵を受けています。そのせいか、今年は本当に足腰が冷えませんでした。ウチの息子のケージは金属ですから、マットを使う必要もなく、コードをくっつけといただけですが、かなり寒い日もあったのに、とうとうこの冬はアクリル御殿に入らずに済みました。今もヤツは、風邪もひかずに元気してます。

毎朝の瞑想でも、地球のコアクリスタルに光を持って行って極楽してますが、本当に気持ちいいです!

その前に、エネルギー調整が済んだ時点で光と愛にシンクロした後、両手を拡げて全てを祝福する流れになりますが、これもすんごく気持ちいいです。。。全てを祝福すれば、自然と繋がっていることにもなるでしょうから、マイケルの言うとおり…ということで。

マイケルローズJAPAN(3月25日付け)より全文転載します。

【地球・自然と繋がる】

意識をあなたの両足の足の裏に向けてください。
足の裏にもチャクラがあります。
2012年以降、私たちのチャクラはより活性化しています。
皆さんはそれを使う必要があります。

あなたは愛と光の存在です。
意識的に、あなたの愛と光のエネルギーが地球の中に流れていくと想像しましょう。
 
あなたはそのように地球と繋がることができます。
さらに地球のほうからもエネルギーが立ち上り、あなたの中に入り、そそがれ、あなたの中を満たしていきます。
 
皆さんが50階の高層ビルの最上階にいたとしても、あなたと地球の間に何層ものコンクリートがあったとしても、あなたが意識的にこのようなやり方で地球と繋がるときに、何もそれを妨害することはできません。
実際にあなたは地球と繋がります
 
地球があなたを知り、あなたが地球を知るということは、非常に大切なことです。
 
次に、あなたの両手を外側に向けましょう。
掌に、もう一つのチャクラがあります。中指の下のあたりです。
このチャクラも、もっと活性化される可能性を秘めています。
 
イメージしましょう。そのチャクラから、あなたの愛と光のエネルギーが外に向かって流れて、あなたが望むもの、自然界の望むものすべてと繋がることができると。
 
あなたが掌からこのようにエネルギーを流すと、即自然界もあなたと繋がります。
 
これをするとても重要な役割がありますが、今はこれをバランスと繋がりのためとしておきます。
 
毎日1回は、足の裏のチャクラをとおして地球と、掌のチャクラをとおして自然と繋がる、ということをしてください。

マイケルローズの誘導瞑想より
 
日本語訳 大亀安美
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


男性か女性かでなく、自分です by バシャール

誰にも男性性と女性性の両方のエネルギーがあり、そのコンビネーションでその人らしさが決まると思います。ターシャ・シルバーは、この両方を同じくらいに表現している女性服を着た存在で、先頃故郷にお帰りになった美しいデビッド・ボウイとかなり似たお方です。女性服を着ているから、男性服を着ているから、というのを制限にしてしまう必要は全然無くて、本当に自分自身でいるのを尊重すれば、それがその人の自然になるでしょう。

セクシュアリティとはまた別に、男性っぽい女性や女性っぽい男性がいるのは当然中の当然で、昔はそれを女のくせに、とか、男のくせに、などという非難まで浴びたようですが(ああ、殆ど恐竜時代の話ね)、今はもうあらゆるレベルで、どんだけ自分でいられるか、が勝負だと思います。

個人リーディングをたくさんしていた頃、その方のコアのエネルギーに触れると、例外無く恋に落ちるようでした。。。それはそれは素晴らしくて、ユニークで…地球服の見た目とか、あれこれ苦労しすぎててんこ盛りで身に付けてしまったエネルギー・ブロックとか、一切関係なし。。。これ、自分自身の中に見れば、アンダーズ・ホルトではないですが、簡単に自分自身に恋しちゃいますよ。

というわけで、前置きが長くなりましたが、the PLANET from NEBULAより、全文転載します。

貴方らしく

元々魂の世界の住人である貴方は、男性でも女性でもどちらでも無い存在であるという事を理解して下さいとバシャールは話しています。物質界といった特殊な世界で体験を積んでゆく為に、貴方は"性”のプロファイルを利用しているだけなのです。男性らしく/女性らしくする事は、3次元密度の平坦な古いコンセプトの小さな”箱”の中に自分を押し込めてしまう事と同じです。それよりも、”貴方らしく”をモットーに前進してゆく事が肝心です。

ここで理解して欲しい事は、両性具有を推薦しているのではなく、貴方の魂のエッセンスをより多く取り込む事で男性/女性の二つの異なる波動のバランスを取る事が出来るようになる、という事です。魂のエッセンスをより多く取り込む事とは、ハイヤーマインドとのコネクションを高める事を意味しています。

貴方のハイヤーマインドは、神の領域に存在する(魂の世界)もう一人の貴方であると、バシャールは説明しています。これが所謂、貴方の心の中に存在する”善”の意識であり、高い人間性を意味しています。そしてまさに私達は、高い意識(神の領域の意識)を持つ新しい人間性を形成しつつあるというわけなのです。

私達が進んでいる新しい世界とは、神の領域に存在するもう一人の貴方がメインの運転手となって体験してゆく世界であると、話します。ですから、男性らしく/女性らしくに固執するのではなく、”貴方らしく”に焦点をあてて、一緒に高みへ進んでゆきましょう!
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


反影月蝕だそうで、今日は特別な満月です。

日蝕、月蝕に興味を持ち始めたのは、2011年からです。

毎年スケジュール帳を買って、新月満月を書き込むんですが、前の年の秋に、2011年が派手な月蝕やら日蝕のオンパレードになっているのに気づき、父にまで、「ねえ、来年はただじゃ済まないわよ」と言った覚えがあります。おまけに未だに続いてますが、影響力の大きな重惑星の天王星と、究極の冥王星が一番難しいスクエアを作り始めていました。

で、蓋を開けたら、やっぱり…でしたよね。
外もとんでもなかったですが、tomokoの実家もひっくり返りました。父が死に損ない、母も透析患者になりました。

でも、この両方が無かったら、本当に今のLはありません。そこそこわかったtomokoはいて、平穏無事になんとか過ごしていたかもしれませんが、飛躍的な変容は無理でした。たぶんこのブログも無かったし、三冊の著作も無かったし、Mirus Clubの集会も無かったです。

あ、随分話が深刻になっちゃった…。

今回は、反影月蝕で、月が地球の影そのものの周りの薄い影に入るだけ、肉眼で見ても気づかないことがあるそうです。皆既月食などと比べると影響力はさほどでも無いかもしれません。

ただ、3月9日のパワフルな皆既日蝕とセットになっている月蝕ですし、直前にこれまたパワフルな春分を通過したばかりなので、そこそこの起爆力は持っているかも。。。

個人的には、9日の日蝕よりも、京都から帰宅する日の新月とセットになっているようです。丁度10月13日の新月と向かい合わせの場所で起こるので、セットの満月になります。まあ、もう呆れるほど、京都サインが出ましたからね。。。

思えば、ものすご〜〜〜く奇妙な一日でした。変なサインがテンコ盛りで出ていて、その上、初めての土地でもまず迷わない左脳優位のLが、迷いまくりました。遅い飛行機を予約していたので(え?京都なのに飛行機って…だから言ったでしょ、あたしは飛行機が好きなんです)、迷ってもどうという事はなく、疲れ果てただけですが…ええ、疲れ果てるサインだったというのは確かです。。。

2月は、わけのわからない浄化でひどい目にあいましたし、それでも足りなくて、今月もチェンマイで一日中リーディングや浄化をしてた学校時代以来の、まとまったワークになっちゃって、へとへとになりました。

こういう風にエネルギーが入れ替わる時は、どうにも止められない不要品整理のドライブがかかっちゃうので、こっちでも体力使い果たしました。。。こちらは2009年以来のことで、その時も百冊規模で本を売りましたが、今回は、やってみたら倍近くなりました(@@;)その他にも、見えない所にそのままになっていたあれこれが、まあたくさんあったこと…。見えない所にでも余分な物があるのは、エネルギー的に我慢がならない性分ですが、病親のお世話で、何年も気にならないフリ、するしかなかったんですね。。。

それでようやっと最終コーナーに参りました。今晩の月蝕にはちと間に合いませんでしたが、じきに物の整理も終わります。そんでもって、ラッキーなことに、今日は余裕があるので、ランチを食べたら、自分の内側の不要品整理にもたっぷり時間を割く予定です。

大変な思いをしても、自分でない物を整理して手放せば、残るのはクリアーで本質的な自分になります。大掃除の後の空いたスペースには、新しくてピカピカで希望にあふれた物がニコニコしながらやって来ます。

あ、日蝕、月蝕が破壊的だと誤解しないでくださいね。新しいスタートを切る時には、古い物を手放さなければならなくて、それが痛みを伴う場合もありますが、そうでなくて、ブロックがかかっていて表現できなかった本来のエネルギーを一気に解放するひと突きになる場合もあります。去年4月の月蝕で、随分長いこと旅行に行けなかったのが、自分でそう思ってただけ…と気づいて、翌月からちゃんと行けるようになりました。

というわけで、今回の月蝕も何を運んできてくれるのか、楽しみです。お掃除もせっせと致しましたしね。桜も咲き始めましたし、ワクワクということにしておきましょう☆
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


24日(木)エネルギーワークショップです!

先にお知らせ致しましたが、エネルギーワークショップ単独での開催です。
場所はいつもの川崎市アートセンター3階研修室です。
午後1時開始、午後2時半の終了予定です。

エネルギー調整後、瞑想を少ししてから、そのままエネルギーワークに入ります。

初めてご参加になる方は、右側リンクよりMirus Clubホームページにて詳細をご確認の上、メールにて明日23日(水)までにお申し込みください。

大して面白くないかもしれませんが、見せ物も一つご用意致しました。笑っていただければ幸いです。

それでは皆さま、よろしくお願い致します。
  1. お知らせ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


笑え!!2

Lがてんこ盛りで読むスピ系の本を出す出版社とは違い、お固い筑摩書房なんぞから刊行された『絶叫委員会』のご紹介です。歌人の穂村弘が、街角や直接の知人友人から拾い集めた抱腹絶倒の文言集。。。

こんなものをどこでめっけてくるかと言えば、またまた例のお気に入りカフェ…でした。可愛らしい2階席には、テーブルが二つ。真っ白な壁や天井…天井には天窓がついていて、ふと本から目を上げて、飛行機なんかがそこから見えたら、ラッキーなサインです。あ、Lにとってはね。

で、ある日、たぶん自分の本も持参してたんでしょうが、ふと隅っこに置いてある小さな書棚に表紙を出して飾ってあったこの本が目に留まりました。『絶叫委員会』…タイトル自体がすごい…著者は歌人ですから、言葉に対するセンスは尋常じゃない。。。で、彼の抑えたシリアスそのものの地の文をバックに「現実の恐ろしさ」を垣間見せてくれるアンビリーバボーな台詞の数々。。。

Lがこの本を手にした際、2階席は占有状態でしたが、声を挙げて笑い転げる場所ではありませんから、身を捩りながら苦しんだ挙げ句、諦めて書棚に本を戻し、その日帰宅してすぐ注文しました。聞けば、カフェのご主人も、図書館で借りたのを電車の中で読んでいて吹き出してしまい、その後購入されたとか。。。

その中から短いのを一つだけ…。

 大学生のときだったか、中国製の「ねずみ花火」の説明書きを読んでいた友人が、突然、ひいひいと身を捩り出したことを思い出す。そこにはこんな言葉が記されていた。

「この花火はぐろぐろ回ります」

 偶然というものの力を感じる。「る」が「ろ」と誤記されただけなのに…、笑って笑って死にそうになっている友達をみながら、世界ってすごい場所だ、と思う。


ぶははははは!!!
ダメです、書きながら、やっぱり声を立てて笑ってしまう…凄まじい殺傷力です。
  1. ご本
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ターシャの笑えてしんみりする Outrageous なエピソード

も一つおまけ。
こちらも『とんでもなく全開になれば…』の引用です。「とんでもなく」の原語 "Outrageous" って、なぜだか響きからしても前から好きだったんですよね。。。辞書にはひどい意味が羅列されているけれど、呆れるような法外さみたいな意味がLにはぴったり来ます。で、ターシャもきっとそうに違いないと思う。

 私たちはニューヨーク州のキャッツキル山地のひなびた田舎道路沿いに、となりあって住んでいた(L註 隣人はエイミー)。当時の私は、カラスの群れに取り囲まれるがごとく変化の只中にいて、恐ろしい時期を過ごしていた。狭い玄関ポーチに腰をおろし、自分の惨めさについて黙々と考えるのが大好きだった(このときはまだ、神の秩序という考えはしっかり定着していなかった。嘘じゃない、だんだん進んでいくものなのだ)。座ってくよくよ考えている時、格子の柵を買ってツタと紫のブーゲンビリアを育てる様子を思い浮かべることがあった。そうやってイメージするだけで、心が軽くなった。でも私はエイミーに、一番近くの木材店に行くのに五十マイル運転することすら気後れする、と悲しげに言った。
 神に助けを求めることは、ときどき思い出してはいた。折を見つけては、本当は感じられないくせに、あたかも存在するかのようなふりをして、大いなる力に向かって気持ち半分でぼそぼそ話しかけていた。「はい。私は完全に道を見失っています。私が独りぼっちじゃないというしるしを、何でもいいので今すぐ見せてください。お願いできますか?」
 ある日、この静かな道路では聞いたことのないような轟音をたてて、大型トラックがすごい勢いで通り過ぎていった。次の瞬間、エイミーが太ももを叩きながら大笑いしているのが見えた。
「うわあ!今のが何を落としていったか、あなた信じられないわよ!」彼女は大声で言い、トラックは角を曲がって見えなくなった。
 必要だったのとぴったり同じサイズの大きな格子柵が落下して、道路脇に配達されていたのだった。

(「神の記録より二件」pp207-208)
  1. ご本
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


もう少しターシャのエピソードを…愛について

これは、『とんでもなく全開になれば…』の一節です。

 何年も前のあるバレンタインデーが、私の人生を変えた。カワサキの黒いバイクに乗る女流脚本家で、女神みたいに素敵な女が、私とのつきあいを終わらせたのだ——二月十二日に(L註 ターシャは女性をパートナーにするタイプ)。私はバレンシア通りの電話ボックスで、泣きじゃくりながら友人に電話をかけた。
 視界の端で、ホームレスの男がこちらを見ながら買い物カートを押していくのが見えた。数分後、彼は戻ってきた。
 「これをあなたに」そう言って私をまっすぐ見て、いったいどこで見つけたのか見当もつかない、立派で大きな白いガーデニアを差し出した。「ねえお嬢さん、泣かないで。うまくいくよ。約束する」
 言うまでもなく、私はいっそう泣いた。そして彼を思い切りハグし、財布に入っていたお札を全部あげた。彼の何かが私のハートを一気にひらき、気持ちが晴れた。
 その男のおかげで、翌日、私はもう突然の別れにめそめそすることもなく、元気になっていた。そして名を告げずに人を助けて街じゅうを動きまわり、じつに多くの人々が、恋人がいようがいまいが、このいわゆる大事な愛の日にひどく惨めな思いをしているのを見た。出会った誰にでもただ与えるということが、信じられないほど素晴らしく感じられた。
 その日、私はずっと祈りを胸に携えていた。「愛の力となれるなら、どこであれそこに導いてください。お望みのままに、私をどこにでも連れていってください。あなたの指示を実行させてください」

(「世界に心を寄せる」pp194-195)
  1. ご本
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


すごくイカレてイケてる冥王星女

先日もちょっぴり触れたターシャ・シルバーの本のご紹介です。

彼女の最初の著作『とんでもなく全開になればすべてはうまくいく』(釘宮律子訳 ナチュラルスピリット刊)は、書店で見たことがありました。タイトルを見て「そういうの、もうとっくに知ってるわよ〜」と思ったのと、カバーの女神が美しいことは美しいんですが、あまりに普通というか、常識的な美しさで、このちょっぴりイカレた冥王星女には、全然ピンと来ず、手に取ることさえありませんでした。

それが、今回二冊目の『私を変えてください』(釘宮律子訳 ナチュラルスピリット刊)は、タイトルは気に入らなかったのに、手に取る気になり、ちょっとパラパラしたら、「おお〜!!」と心の中で雄叫びが起こり、そのままレジへ直行しました。

まあ、面白いこと、面白いこと、そんでもってあちこちで笑える。。。

11.宝石で飾られたハンドル

 夢。私は船に乗っている。船には、サファイヤやアメジスト、それに真珠で飾られた、大きくて立派なハンドルがついている。私は舵をとろうとして、ハンドルを固く握りしめている。船はとても大きいし、狭い運河を航っているので、私は真剣に務めを果たそうとしている。でも正直言って、どれほどハンドルをきっても、どうもあまり関係ないようだ。
 やがて、背の高い上品な日本人女性が近寄ってきてこう言う。「ねえ、誰も教えてくれなかったの? そのハンドルはただの見せ物よ。飾りなの。どうにかしようと頑張っているあなたの姿は愛おしいけれど、この船では、実際の操縦は後部でしているの。あなた、あっちで遊んでくるといいわ。ここで何をしても、まったく関係ないから」
 私は思わずふきだし、目を覚ます。
 そしてまだ笑っている。

69.ドンドン叩かないで

 以前、モントレーからサンフランシスコに向かって、ハイウェイ101号線を運転している途中、道路脇の倉庫にかかった巨大な看板が目に入った。私は思わず車を端に寄席、びっくりしてそれを見つめた。

 扉をドンドンと叩きつづけないでください。
 叩くのをやめて、ひらくまでお待ちください。

 これで充分じゃない?


こんな感じで、彼女や彼女の身の回りの人たちが実際に体験したエピソード集になってます。そして全てを宇宙に委ねて、必要ならあり得ないような奇跡がどんどこ起きるようなゼロ状態に自分を持って行くための「お祈り」も付録として付いています。

祈る必要があるかどうかは、意見の別れるところだろうと思います。
おそらく、宇宙は完璧で、自分もセンターに戻るだけでいい、という事が日常的な常識レベルまで落ちていると、祈る手間はかける必要がないでしょう。あるいは、「何かしないと現実は変わらない」という信念が強い場合は、ちょっと込み入ったお祈りの手間をかければ、宇宙がうんとこさとんでもない奇跡を送ってよこすのに自分を開きやすくなる、というメリットは大きいと思います。

ターシャのベースにある形而上的な理解については、Lのと同じなので、新しい事はなくても、彼女の本には惚れました。しかも、彼女同様、自分がまごうかたなきイカレた冥王星人の範疇に入ることまで発見してしまった。。。彼女は元占星術師で、『とんでもなく全開すれば…』の中のp235~の「あなたは冥王星的ですか?」の章に、見分け方が書いてあります。興味のある方は、チェックしてみてください。Lの冥王星は、本拠地第八室に鎮座している上に、タイトではありませんが、MCとアスペクトを形成し、しかもまあご丁寧なことに、別の二つの惑星を巻き込んでヨッドまで作っていらっしゃる。。。ターシャほどではありませんが、立派な冥王星女です。変容必至の人生計画があったのは、確かなことで…。

で、謎が解けました。。。『とんでもなく全開になれば…』のカバーが、全然冥王星らしくなかったのは、オリジナルと違う日本版だったからです。オリジナルの女神は…興味のある人は、ググってみてください。冥王星チックというのが、感覚的にわかるでしょう。
  1. ご本
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


あなたの親友 by マイケル・ローズ

今日もマイケルから…
あ、そういえば今朝の夢で、マイケルの広大な庭に入り、そしたら向こうの方に誰か男性と立ち話しているマイケルが見えて、見つかったらヤバい…って思ってたな…。今、思い出しました。見つかったらヤバいって、悪い事なんかしてませんが…黙ってお庭に侵入したからでしょうか…。

マイケルローズJAPAN(3月21日付け)より、全文転載します。

【何よりもまず、あなた自身と友情を築きましょう】
  
あなたはあなたの親友ですか?
それともあなたの親友は誰か他の人ですか?
あなた自身を信頼でき、自分に良いイメージがあるなら、あなたを支持し認めてくれる親友は必要ありません。あなたにとって親友とはあなた自身だからです!
  
あなたが自分以外の親友の忠告や支持に頼り、彼らがあなたをどう見ているかで自分に対するイメージを決めるなら、あなたが作る関係の殆どは、要求と依存からのものになります。
それでは、あなたの人生は、自分にも他の人たちにも失望し続けるものとなってしまいます。
  
愛と真理の法則があります。
類は友を呼ぶ。あなたが自分でもはっきりしない要求を満たしてもらうため、他の人たちに依存する関係にあるなら、彼らもまた同じことをあなたから必要とします。そのため欲求不満、非難、怒りという結果が起きてきます。
  
たくさんの人が感情的な安全を求めます。その必要性をもとに関係を作ります。それ自体は悪くもないし間違ってもいません。
しかし、それではしっかりした関係を築くことはできません。
  
何よりも、まずあなた自身と友情を築いてください。あなたを信頼し、あるがままのあなたを受け入れる能力を育てることです。

 
マイケルローズ著書:真理を生きるⅠより
日本語訳 大亀安美 
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


まだまだシンクロの続き…

先日の不思議な夕陽と、オーブだか、単純なサインだかのピンクの光ですが、まだ続きがありました。

ほんとにまあ、これだけ念が入っていると、お見事としか言いようがありません。
二重の金色の虹に囲まれた夕陽を見ながら、これってあの絵にそっくり〜と思っていた画像があります。(それをここにアップできるといいんですが、どうも写真のアップが上手く行きません。)

ここでも時たまご紹介するAnna Merkabaのチャネリング・メッセージに付いていた画像で、色々な記憶がボロボロで怪しくなっているLが忘れられないのは、実はその直前に夢ですごくよく似たイメージを見たばかりで、あまりに印象強烈だったからです。去年の1月のことでした。

で、昨夜PCを閉じる時、ファイルに残っていたその画像が何となく気になって開いてみたら、こちらの文字情報はすっかり忘れていたんですが、画像の中心にあるのは、”THE TIME OF INFINITE OPPORTUNITIES PLEIADES HIGH COUNCIL”というチャネリングのタイトルでした。プレアディスです!!

画像は、Annaのサイトで見られます。興味のある方は、こちらから。
Sacred ascension -Key of Life - Secrets of the Universe (https://sacredascensionmerkaba.com/2015/01/21/the-time-of-infinite-opportunities-pleiades-high-council/)

その上、「もう降参です。。。わかりました。。。もう疑いようがありません…」というサインが、だめ押しで昨日の夜中に来ました。ようやく書棚の整理が終わりかけていて、最近重なった本の山から掘り出した『禅語』という写真(井上博道撮影)と石井ゆかりのメッセージが交互になっている美しい本を、何となく開いたら…例の夕陽を写した際に写り込んだ、京都のそっくりさんの、そのまたそっくりさんが…明るい月を取り巻く彩雲の写真で、その色味は明るい場所で見ると赤みが強いですが、昨夜の照明を落とした暗い部屋ではピンクっぽく見えました。

ね、こういうの、テレビ見るより、面白くない?
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ま〜だまだシンクロぞろぞろ…

今日は3連休中日、皆さんお天気もよくて楽しいのか、ウキウキしたエネルギーでもって、Lも珍しくはずれた休日風ブランチが食べたくなりました。。。お寝坊だったので、ブランチというより昼食でしたが、ごくごく近所のカフェでパンケーキ!(一年ぶりくらい?)をいただきました。歩いて5分かからない住宅街のど真ん中に、奇妙にも青山にありそうなおしゃれカフェがあって、ただ、近過ぎてお散歩にならないので、利用の頻度は高くありません。

三連休って、駅の周りや観光地はすごく混んでも、奥まったお店は空いていることが多い。案の定、先客は楽しげな中年女性グループの一組。そこで、ラテアートとかもすごいお姉さんが、チョコで今日の陽気を思わせる太陽やハートをちらしてくれたアートなお皿で、おお!!パンケーキをウマウマです。

で、お会計をして…お姉さんが何やら下の棚から取り出す…「これ、キャンペーン中で、よかったらお使いください」。ティッシュ…それも、ポケティじゃなくて、ビニールに入った普通のティッシュ150組!!!

なんで、んなもんに興奮して!マーク3つも付けたかったって?

ここのところ、忙しかったんだか、単に頭が混乱してただけか、最低限のお買い物しかできず、今朝洗面所のティッシュボックスが空になったので、早く買いに行かなくちゃ…と思っていました。でもね、今日はウチにいたい…壮絶な朝寝坊だったので、ブランチしたら帰ってウチで色々したい。。。一応備蓄があるので、まずはそれを使うことにして…とかってね。

で、その必要なものが、超ありえないルートから来ました(爆)

もうおかしくておかしくて、帰り道、住宅街で誰もいませんから、そのティッシュを捧げ持って、ケラケラ声を立てながら、ずううううっと笑ってました。

ほんと、ど〜なってるんだか!?

実は、先日誕生日だったので、旅行するか、そうでなきゃ都心でお贅沢をする決まりになっていて、今年は後者でした。最近都心に出る用事も無いので、ハイヒールなんて、それもプラットフォームブーツなんて履いたの久しぶり。ちとめかして行くのが礼儀のような場所で、アポイントメントを入れておりました。ところが!ミルスの機嫌をとっていたら、出掛けるのがギリギリに。。。こんなハイヒール履いて座れないのはきついので、ロマンスカーに乗る事にしてましたが、あれまあ、もうこんな時間でバスに間に合わないかも…(汗)

でもね、バスに間に合わなかったら、そういう時は空車のタクシーが通ったりするものよ〜(あ、ここは住宅街で、流しのタクシーなんか滅多に通りません)…などと心の中で言いながら、マンションのドアを開けて駐車場に出ると、ご近所の奥様が自家用車にお乗りになるところで、「駅ですかあ?」と声を掛けてくださいました!!!このマンションに越して来て9年近くになりますが、こんなシンクロは初めて。。。素晴らしすぎる!!

勿論駅には余裕で着き、券売機で特急券を…あれまあ、殆ど満席のようで、これ、ギリギリだったら乗れなかったかも。。。窓際イノチのLでしたが、こんなに混んでたら、ちゃんと乗れるだけマシ。通路側の特急券を受け取り、プラットフォームに降ります。

電車が来て乗り込むと…「はれ?」1号車の14番Bは確かに空席でした。でもね、14番CD席も空いてる…変〜〜?どなたかどたキャンか、それとも発車に間に合いませんでした? 途中停車駅は無いので、有り難く二席を占有して、窓からの景色を楽しみました。これって、本心は窓際席が欲しかったエネルギーのシンクロというより、どなたかの有り難いご祝儀だったんでしょうか?
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


勇気を持って恐れに向き合う by マイケル・ローズ

春分ですね〜、お天気いいですね〜、うらうら長閑ですね〜…
ではまず、今日のマイケルのメッセージから。。。マイケルローズJAPAN(3月20日付け)より、全文転載します。

【勇気があるということは、恐れに制限されないこと】
 
さまざまな恐れが生活の一部となっています。
我慢して受け入れることができる恐れ、笑える恐れ、回避できる恐れなどがあります。
しかし、私たちの生活を支配する恐れもあります。
 
恐れとは偽りです。これは真理です。
恐れを感じたら、その恐れに真正面から向き合いましょう。
勇気を持つのです。
 
勇気があるということは、恐れに制限されないことです。
勇気は、時にはあなたの恐れを認め、受け入れることさえします。
ですが、恐れのために人生を小さくすることを、勇気は決して認めません。
 
勇気をもって、恐れに真正面から向き合うと、恐れには何の力もないことがわかります。
恐れはペテン師です。
 
恐れの幻想に騙されないようにしましょう。
 
あなたは、勇気ある愛の存在です!

日本語訳 大亀安美
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


今ここの魔法

今朝、瞑想中にいつもの崖に行くと、珍しくジーザスがお見えでした。とっても有り難いメッセージをいただいて、感謝しながらこちらに帰って来て、絵自体はよく覚えていたのに、記憶からメッセージが脱落してました…(^^;)

ここのところ、睡眠時間が短いせいか、相変わらずのエネルギー酔いなのか、強制「今ここ」モードがきつくて、ぼけ方が尋常じゃありません。あ、もしかして本来の自分らしく生きられるようになって、いよいよ天然が兆して来たのなら瑞兆です。

さすがに何度も何度も、強制「今ここ」モードは体験してますので、驚いたり困ることはありませんが、人と話をしていて昨日の天気や気温のことがきれいさっぱり脱落しているのに気づいたりすると…です。自分で作って食べてるのに、食事内容も集中しないと思い出せない。。。その割に、あれこれスケジュールが入っていても間違いが無いのは、誰か助けてくれてます?

瞑想から出て来て、アレクサンドラ・ソルナード『光の書』(和田豊代美訳 ナチュラル・スピリット刊)を開くと、57「現在の瞬間」でした。
 天とつながる最善の手段は、現在の瞬間に生きることです。
 二度とない特別の瞬間であり、終われば決して戻ってきません。
(中略)
 現在を、今、ここを生きてください。効果的な選択を行える、今、まさにこの瞬間に生きてください。
 過去を選ぶことはできません。過去はすでに選択されたものだからです。
 あなたの現在は、過去にあなたが行った選択によって作られたものです。
 今、重要なことは、あなたが今日を賢明に生き、過去に選択したことを実行に移すことです。あなたの選択により、本当のあなたが姿を現します。今、ここを生きるならば、今、この瞬間を真剣に生きるならばあなたは自分の気持ちや感情と深くつながることになり、その結果、それらにふさわしい選択しかできなくなります。
 その時、あなたの未来は、単なる推測ではなく、本当のあなたが投影された事実に基づいて築き上げられることになります。
そのような未来は、繁栄と幸せに満ちあふれたものです
 次のことを忘れないでください。
 苦悩や罪の意識を感じることは、過去に生きることです。
 不安を感じることは、未来に生きることです。
 今、ここを、この瞬間を生きてください。そうすれば、あなたは「本当の自分でありたい」と心から願うに違いありません。


ふむふむ…と思って、その後、古い書類を整理していたら、その間から、タイのチバソムというヘルスリゾートが色々な智慧の一節を記して栞にしたのが一枚出てきました。
 "The past is a cancelled cheque. The future is a promissory note. The present is the only cash in hand. Use it wisely and well." (過去は支払済の小切手。未来は約束手形。ただ現在だけが、手にしている現金だ。それを賢くよく使いなさい。)

あははは、わかりやすくない?

そんでもって、どーなってるんだか、犬も歩けば棒に当たるような具合で、何かするとシンクロする。。。これって、そのうち常識的な事になるんでしょうが、まだ慣れません。。。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ピンクと金色の光・続

先日のオーブ様の光ですが、京都の時と違って、撮影画面を見ている時から色々な色や光が見えて驚きましたが、何となく違和感が残りました。

撮影されたオーブは、カメラの反射やゴーストと言われる現象だったりすることは聞いていましたので、眉間に皺つくっちゃいそうなほど、写真を見比べながらお勉強してみましたら…PCに落として見て「うわああああ!」とビビった一つを除いては、その手の機械的なものと特徴が一致しています。しかも、京都のそっくりさんだけは、10枚以上連写して、一枚だけにしか写ってませんでした。

この手の写真を沢山撮っているFUMITOさんにでも見てもらえば、一発でクリアーになるんでしょうが、この際、本物かどうかはサインとしてはどちらでもよくて…デジタル時計や車のナンバーと一緒ですから。。。機械的な幻想かどうかを調べているうちに、またまたリンクする強烈なサインが引っかかって来て、一瞬グラウンディングが飛びました。フツーでない事が起きてる感じがして、気がつくと緊張してたりします。。。やれやれ。。。

ああ、でも日が差してきました。。。
春爛漫です、桜がもうすぐ咲くようで。。。
明日はいよいよ春分ですね。
知人のお嬢さんの結婚式なので、朝からよく晴れるようでよかったです。
昨日、いつもよりも華やいで幸福感あふれんばかりのその方とお会いして、おめでたいお話を伺い、こちらまでスキップしたくなるようでした。ウキウキしたり、絶叫したり、緊張したりで、やっぱり今年の春分は尋常ではありません(^^;)
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


アセンションを促進する by 大天使メタトロン(Melanie Beckler経由)

いよいよ春分ですね。今回の強烈なエネルギーによる揺さぶりのピークになるかもしれません。グラウンディングをしっかりして、宇宙の歓びを感じながら、波動をキープしたいと思います。

とても長いメッセージですが、このタイミングですから、Lightworkermike.comより全文転載です。

大天使メタトロン
クリスタラインエネルギーの真実
アセンションを促進する


こんにちは、大天使メタトロンです。皆さんに繋がれて嬉しくお願いします。宇宙の知性が開き、皆さんは愛のポータルに入っています。その意味するところについて少しお話ししたいと思います。またそのために、地球の歴史について少々触れておきます。

このメッセージを読む時は、ハートで感じてハートがオープンになりますので承知してください。このメッセージには周波数があり、皆さんを浄化して意識を高め、その結果、もっと高い世界を感じます。

皆さんが私の言葉を読む時、その時私は本当に皆さんと一緒にいます。ハートでそれを感じてください。今、皆さんのエネルギーを高めています。そこで、地球ですが、今の地球は2極的世界、両極の世界です。直線的な時空の世界です。そこには、課題を学習し、思いやる心を強化し成長する機会が数多くありますが、地球はかつてはそのような波動の状態ではありませんでした。かつて、地球は非2極的大気の中に存在し、クリスタライン・シールドに覆われていました。電磁気的磁気的クリスタラインエネルギーが地球を覆い、そのシールドの中で誰もが理解し合いながら、無条件の愛と平和と共感の波動で振動していました。すべての存在が、協調、共同、愛を堪能し喜び合っていました。

(訳注)「シールド」:2極的世界に堕ちる前の「蒼穹」

その後、大きな対立が発生しました。その中でシールドはそれまでの状態を維持できなくなり粉々に砕け散り、シールドのエネルギーは地球内部に入っていきました。磁場は分断されて、知っての通り地球の南北の両極を形成しました。クリスタラインエネルギーは地球の内部深くに入り込んで鉱物や岩・石、もちろんクリスタルの中に浸透しました。何世紀以上にもわたってそうやってクリスタラインエネルギーは断片化された状態になっていました。

地球上で長く続いた2極的世界は、成長と学習の大きな機会を提供しました。自分について学ぶ機会、2極的対立と否定的な経験を乗り越える力を取得し学ぶ機会を提供したのです。しかし、人類全体、地球に生きる人として、皆さんは、愛と光のクリスタラインエネルギーに戻ろうする時に近づいています。

クリスタラインエネルギーに還る

地球内部、さらにスピリットの高次元の世界から、今、愛と光のクリスタラインエネルギーが解き放たれています。エネルギーのゲートが開いているのですが、今後もっと開いていきます。春秋分を頂点にして、長い間休眠状態に置かれたこのクリスタラインエネルギーは、皆さんの世界の聖なるブループリントの役目の一つとして、動き始めようとしています。それが、ますます地球に押し寄せる光と結びついて、今実際に物事を攪拌しています。興奮します。それはいいことで、皆さんをオープンにし、対立のない世界に戻れる可能性が開き始めています。私は、それを、卒業課題と言っています。皆さんは、同一線上の思考パターンと2極的対立という学校の卒業に近づいているのです。ゼロポイント、無条件の愛、ユニティに近づいています。大いなるすべてと完全に繋がっていることを知る時に近づいています。ワクワクしますね。そこが向かっているところです。それが、止むことのないこのエネルギーの波の目的なのです。でも、簡単だとは言いません。

低い波動エネルギーが表面化して消える

膨大な量の光とクリスタラインエネルギーが地球に流れ込み、愛とハイヤーセルフに一致しないものは、すべて表面化しています。それが、個人、職場、異例な性格を持つ人に起きています。愛でないものはブクブク音を立てて、離れるために浮上しています。ほとんどの場合、それは、酷いことです! 今日一日、少しの間「光の思考」の中で過去にあった感情を感じるようにしてみてください。

ましてや、大変苦労したことや当時の感情が浮上して来たら、今日はそれを感じるようにしてみてください。

何かを捨てようとする時に最初にすることは、それを感じることですので覚えておいてください。その気持ちと一緒にいて、感情のままにさせてください。それを抑え込んだり隠したり遠くに放り投げたりするのは自然なことですが、今までそうやってきました。だから、今対処することが必要になっているのです。今やらなければ、エネルギーが押し寄せ新しい高みに達する時に、ただただうろたえるだけになります。多分、今困惑しているかもしれません。

だから、自分のためにならないものは光の中に解き放ってください。それと無条件の愛と思いやる心を入れ替えてください。指摘したいのは、そのような変化が展開し続けるに伴い、難なく光の波に乗れるようになれるということです。スピリチュアルな方法、瞑想、手放す行為、アファーメーションなどをして、この絶え間なく勢いよく地球に入ってくるエネルギーの中を進むことができます。そうやってポジティブな波動を維持し、周波数を増大させてオーラを広げ、もっと密接にハイヤーセルフ、あなたの「神聖な自己」と繋がることができます。

クリスタラインの光と意識に返ってエネルギーを高めることが、ライトボディを構築してオーラを強化し、アトランティス時代以降眠っていた12次元のクリスタラインエネルギーを自分に注ぎ込む素晴らしい機会になるのです。

長い間待ち望んだこのエネルギーがとうとうやって来ました

マスターの皆さん、あなた方はこのエネルギーが蘇るのを長い間待ってきました。本当に、今地球に来ています。このエネルギーが戻ってきて、呼びかけられます。今何が起きているか知ってください。知らない人も大勢います。今皆さんは動き始めるように呼びかけられています。人の役に立ち、他の人に手を差し出して、手を握り締めるように求められています。

皆さんは、勇者、ウェイシャワーになるよう求められています。他の人を助け、励まし、愛すること。このエネルギー溢れる時に前に進めるように他の人を手助けしてください。相手の心が開いてなくてもただ愛をかけてください。黙って祝福し、ただ祈り、笑顔を送ってください。意識して愛のエネルギーを送ってください。皆さんなら、簡単にできるでしょう。そうする時の皆さんは本当にパワフルです。更に、意図をはっきりさせてポジティブな状態でいる決心をしてください。光の中に立って愛の心を持ち続け、神と天使界と繋がってください。

クリスタラインエネルギーを取り込む

自分の中にクリスタラインエネルギーを取り込むエクササイズをしたいと思います。読みながら、このエネルギーを今いる場と空間に招き入れるようにします。そのエネルギーが自分の中を流れ、今度はあなたから、無条件の愛と優しく思いやるエネルギーを無限の宇宙へと返すようにします。

光のクリスタラインエネルギーが今頭上にあります。光や黄金の光のオーブが見えるかもしれませんし、気が付くようになるかもしれません。星形正四面体の光があなたの上で留まっています。この星形のクリスタラインの光の中から、エネルギーが動き出してあなたの中に流れてきます。クラウンチャクラから光があなたの中に流れ、背骨は光のピラー(柱)になります。

チャクラを浄化する

ネガティブなものを解き放ち、愛の状態、調和した状態になります。純粋な白い光を吸い込んで、息を吐き出しながらその光がハートから出て行き、地球へ、更に、宇宙へと流れていきます。流れていく無条件の愛の波は、入ってくる波と同じです。

では一緒にこの愛の波を送ります

愛が流れます。あなたはそれがどれほどパワフルなのか分かりません。あなたは本当にその光を輝かせているのですが、そのことを知りません。気が付かない人はまた目覚める時がありますが、その時にあなたは愛を流して、愛の心でいて、自分の真実で生きることによってその人たちの手助けができます。

一体何が望んでいるのか?

ここで、もう一つの機会についてお話します。それは、自分が望むものをはっきりさせるということです。エネルギーが強い時には、大きな変わり目があります。その時が、今です。人生に不要でためにならないことをしていますか? そのようなことに安住するのではなく、よくなる方向に変わるような物事に意識を向けてください。この新しいエネルギーの中で他の人にどうやって役に立ちますか? 今から自分でそうするか、それをはっきりさせてください。どうやって貢献するのですか?

愛と幸福で満たされ、物事をやり遂げる人生にしたいと思い描く時に、そこに何らかの齟齬や隔たりがあれば、その隔たりを埋めるものが何か教えてくださいとガイドと天使に頼んでください。それを感じ、想像してください。光のエネルギーがどんどん大きくなると、内面を深く感じていきます。ベールはますます上がって行きます。皆さんは、これから、無限の知性に繋がっていくのです。

自分のハートの中で、内面を見つめて心を開くと、無限の知性と繋がります。愛、包み込む大きな優しさ、喜びを感じると、繋がります。一つ一つ、昔のことが心に表れても、任せるままにすると繋がります。その次に、今動き始めたエネルギーを生かし、地球に流れ込むエネルギーを自分の役に立ててください。自分がだれかを思い出し、もう役に立たないことを手放してください。

あなたは無限

自分は限度がない、それを分からなくさせているのは、潜在意識にある考え方、昔からの思い込みや固定観念、否定的な感情だけです。本当は際限がないのです。あなたは無限にして、喜び溢れ、愛と豊かさ、穏やかにして魅力的、思いやり深く素晴らしい存在、冒険好きで、意欲に溢れ、献身的な聖なる存在なのです。それが、あなたです。そこに立ち返って今のエネルギーを、この機に生かしてください。

今日は、そのスタートに過ぎません。エネルギーはどんどん大きくなり、活発化し続けます。この光の中で難しい思いや感情がこみ上げて来たら、手放してください。出会う人、特に、そう感じさせる人に愛の心、思いやる心を差し出してください。特に、問題のある人、厚かましい人や品のない人にはそうしてください。あなたにとって大きなチャンスです。

私は、皆さんの一歩一歩一で緒にいます。大天使メタトロンの私を呼んでください。エネルギーがピークに達する春分の時には、意識して私と繋がってください。その時に、私たちは集まって楽しみ、愛を感じて世界中にこのエネルギーを広げて大きくします。すると、皆さんの世界はオーム(OM)、平和の波動に返るでしょう。その波動があなたの中にあります。知っての通り、内面の世界が外の世界に現れます。だから穏やかに生きると、その通り外にも表れます。皆さんは、天界すべての存在に深く深く愛されています。この変化の時に、今度は自分を愛してください。出来ます。今この時には、素晴らしい機会があります。では、一言二言。私は常にそばにいます、すぐそばにいます。

大天使メタトロンを思うだけでいいのです。すると、そばにいます。

そして、そうなります。

日本語訳 ライトワーカーマイク
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ピンクと金色の光

実は、この奇妙な体験が今回の一連のシンクロの決定打です。

一昨日の夕陽は、とても不思議な夕陽でした。昨日たまたま夕方天気予報を見ていたら、珍しい夕陽があちこちで観察されたと言っていて、視聴者の撮った写真もありました。ご覧になった方いらっしゃいますね。

夕陽が二重の虹に取り巻かれていたんです。それも夕陽だったからかもしれませんが、金色がかった実に不思議な感じのする光景でした。最初窓の外が、いつもとは違うニュアンスの日没の美しさだったので、よく見てみたくなり外に出ると、あれ?すごい夕陽!!こんなの見たことない…写るかどうかわかんないけど、撮ってみる?と思ってiPhoneを持ち出しました。

結局二重の虹は殆どよく写らなかったんですが、とんでもない事が起きました。撮ってる最中から、色々なオーブのようなものがiPhoneの画面を通して見えたからです。10枚以上撮って、それをPCに落として、もっと驚愕しました。震えが来て、ミルスのケージの前に飛んで行って「これって、とんでもなくない〜〜!?」と叫んだら、その迫力で、もうおネムでケージの奥でうたた寝をしていたミルスも飛び出して来ました。

実は、コープイン京都に宿泊していて、マイケルのセミナーの最終日の朝、あまりに朝日がきれいだったので、それを撮影しました。その時は気づかなかったんですが、後で見たら、とっても奇妙な飛行物体が写っていました。金色に光る球状でローズピンクのオーラなんだか何なんだかわかりませんが、素晴らしくきれいな深いピンク色の光をまとっています。

で、今回もそれが写っていました。同じ存在です。

その後、彼女とつながりました。
はい、プレアデスの彼女です。

いよいよマジカルになってきましたね〜
5次元ですね〜
楽しみですね〜
でも、あんまり衝撃的な事が続くと、ちょっと心臓によくないですね〜☆
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


Always Returning

で、もう一曲ご紹介したいんですが、これもとっても奇妙なシンクロがありました。

こちらは、Super Celestial に一緒にアップしたBrain Eno の "Ending"が、カフェで流れていたのをキャッチして買ったCDの中に入っていた曲です。

こちらもふるいつきたくなるくらい好きで、外出時にはこの曲が入っている”Apollo”と”Ambient 1: Music For Airports”が、ディスクリピート状態になってます。

奇妙だったのが、この曲をSuper Celestial にアップするためにYouTube で探して、適当にアップしたファイルです。ご覧になるとわかりますが、色々な場所がかわりばんこに現れて…、で、脈絡なし…統一的なモチーフが全くわかりません。雲の上の夕陽の後、一番最初の街の画像は、どこかで見て…たぶん中国?違う?でも、有名な場所だと思います。それから日本の街…横浜港?高尾山?京都?の夜景、京都の街、それから東京、富士山、またたぶん東京で、最後がボロブドールって…???



実は、曲だけは散々聴いてたんですが、このファイルをちゃんと視聴したのは、ごく最近です。変なファイルだな〜と思いながら、見ていて、明らかに東京でしょうが、アコムの看板が出てる大通りはどこだかわからなくても、たぶんこの人生で3回しか行ったことがない京都の通りには見覚えがありました。ジュンク堂書店の看板があるので、それで検索をかけてみたら…ああ、やっぱり。。。去年の秋、マイケル・ローズのセミナー会場だったコープイン京都と目と鼻の先。毎日のようにウロウロしてた場所でした。

まったくね〜…シンクロしすぎです。先ほどのプレイアデス舞曲もそうですが、プレアデスのガイドと直接会ったのは、実はマイケルのセミナーの誘導瞑想中でした。あまりに衝撃的で、ちょっとおかしくなりそうでしたが、彼女がまず名乗って、本当に起こっていることを教えてくれ、私が本名を思い出すのを手伝ってくれたんです。それでも、その時は、いつも親密に付き添ってくれているもっとも近しいガイドの一人だとは気づきませんでした。

あまりにショッキングな事で、さすがにグラウンディングが全部飛びました。。。どうにかなっちゃいそうでしたが、一人で参加しましたし、キテレツすぎる情報だったので、これを飲み込んだまま一人で耐えますかね〜と思っていたら、たまたま(なんて存在しない)お昼をご一緒した方が、なぜか話のキッカケを作ってくださったので、「ああ、これは話してしまえ、楽になりなさい」という有り難い配慮だな、と、思い切って打ち明けました。彼女はとても親切に、とんでも話を聞いて、受け入れてくれました。お蔭さまで午後のワークがまともに出来たようなものです。。。

何かが帰ってきているようです。。。
  1. Music!
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


プレイアデス舞曲

昨日も書いたガイドとの邂逅ですが、数年前から不思議な具合に聞こえる、明らかに異次元から響く女性の声によるガイドが始まり、たまにでしたが、いつも後から「ああ、あれはほんとだった。。。」と思うようで、信頼できる事は確かでも、誰なのか全然わかりませんでしたが、同じエネルギー体である感じはしてました。

今でもよく覚えているのが、例の2012年の12月です。「卵溶解」と一言、すご〜く鮮明にうとうとしている時に響きました。アセンション自体は不発というか、もっと穏やかなものに計画変更だったと思っていますが、あの時点で何かとてつもない事が始まった事は確かです。彼女の預言が理解できたのは、何年もたってからでした。その間も、いつだったか「このバスは間もなく発車します。一旦ドアが閉まると後戻りできません」とかってね…。

今回それが、私の人生にぴったり寄り添ってお世話してくださるプレアデスのガイドだったということが、初めてわかりました。

昨夜でしたか、「不思議だけど、ほんとにあの人だったわよね〜」などとぼんやり考えていて、ふと「あれえ!今聴いてるこれって〜〜やだ…プレイアデス舞曲!!」

今も聴いてますが、例のお気に入りのカフェは、もう何もかもが好みとぴったり調和していて、バックグラウンドミュージックまでぴったりしてるので、もう何枚買ったかな…随分出会いを調達してもらいました。

先日お邪魔した時、この『プレイアデス舞曲』が流れていて、「いただき!」とばかりにお店のiPhoneの画面を写真に撮って、即注文、で即届きました。もう一日中、ウチではディスクリピートになっています。当分耽溺するようです。

で、ガイドがプレアデスって、ね、結構なシンクロ…。

Super Celestialの一番初めに、一曲アップしときました。


YouTubeには、このアルバムまるまる一枚アップしちゃったのがありますが、それって著作権法に触れないんでしょうか…という疑問があるので、興味のある方は自力でご検索ください。

  1. Music!
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


アセンション=自分への無条件の愛 by バシャール

今日はたくさん書きたいことがあるんですが、これはスルーできません。

the PLANET from NEBULAより全文転載します。

神の意識へと

多くの私達は、他の人達が自分をどう思ってどう評価するかという事に、非常に固執し過ぎる傾向があります。そして”自分らしく”いる事に恐怖を抱いてしまっていますが、実際には、自分に対する”評価”をそのまま貴方へ戻しているに過ぎません。詰まり、彼等は”一時的”な貴方のソールメイトとして動いてくれているという事を理解し、感謝してゆきましょうとバシャールは話しています。

自分自信を”無条件の愛”で愛する事が出来る人は、自分の”存在価値”をきっちり知る人達です。ネガティブな信念は決して馬鹿ではありません。貴方が”神の領域”なる存在である事を十分承知しているので、貴方にその事実を気づかせないよう様々な手段を使って貴方を引き止めようとします。

2012年~2015年の3年間を使って波動を一掃し、私達は新しく生まれ変わっています。波動の波は最高潮を抱き、世界中が今までにない高波動で充満していると、話します。何処のボルテックスからでも全ての地球のチャクラポイントへとアクセス可能であると共に、その場の波動を自宅で再現する事も可能です。自分自信を無条件に愛する事が出来ると、無条件の愛=満たされた気持ち→従って、全ては上手くいく、という方程式を自然に信ずる心を持てる事を意味しているのです。

”キリスト再来(神の意識に目覚める事、詰まりはアセンション)”は、一人一人の様々な意識のステージによって異なるでしょうと、バシャールは話しています。スピードも質も全てが貴方次第というわけです。さぁ、あともう一息です。ワクワクで楽しんで突き進んでゆきましょう!
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


瞑想の理由 by バシャール

Lの場合、睡眠と同じくらいチャージになるので、瞑想が欠かせません。きっと皆さんそうだと思います。それだけでなく、バシャールが言うように、必要な情報を取れるクリアーな状態にするためにも不可欠です。

習慣になるまでは面倒かもしれませんが、このクリアーな状態無くして、ガイドとつながるのは不可能ですし、ガイドとつながらず、必要な情報も無しに生きるというのは、カーナビ無しで、初めての都市、それも相当こんがらかった一通だらけの道を運転しなきゃいけないようなものです。Lには耐えられません…。

習慣になってしまえば、逆に瞑想に入ろうと思わなくても、瞑想状態でいる事は可能です。ただリラックスして自分を開いているだけで、情報も入ってきます。昨夜は、相当な労働だった一日を終え、ジンジャーティーをマグに入れてソファに座ってすぐ、目を開けたままガイドらしき存在とつながって、そのまま結局ずうっと目を開いたままのチャネリングになりました。以前バンコクに住んでいた時、パラゴン3階の通路に特別なパワースポットがあり、廊下に反射しているテナントの照明を凝視しながら、時々リーディングしていたのと似た感じでした。

結局、例の「アエイオウ」とか、うとうとしている時に、女性の声ですごくシンプルかつ正確な情報をくれていたのが彼女だったことがわかり、ものすごく驚きましたが、ようやくあれこれ辻褄が合い、すっきりしました。

the PLANET from NEBULAより、全文転載します。

瞑想の理由

私達は夜寝ている時に幽体離脱し、色んな場所や様々な次元へと旅をしていますが、大概において覚えている事は殆どありません。例えば多くの私達は、頻繁に太陽系内に設置される6つのピラミッドを訪れては、必要なインフォメーションをダウンロードしたり、または高次的存在やガイドから知識を得たりと、様々な方法で自分に必要な情報を得ているのだと、バシャールは話しています。

現に、ギザのピラミッドは幽体離脱専用のチャンバーであると話しています。以前ご紹介したように、ここにある石棺に横になって瞑想する事でガンマ派が増幅され、幽体離脱を容易に行う事が出来るようになります。古代の人達は、ここから6つ(現在は5つ)の全てのピラミッドを訪れて必要な情報をダウンロードする事が出来たのでした。

バシャールが瞑想を奨める理由の1つに、雑念を払う事にあります。瞑想で心のざわめきを沈め、波動を受信する”アンテナ”を起動させる事にあるのだと、バシャールは話しています。詰まり、高次からの情報をキャッチするには、貴方自信が波動を受け取れる体勢である事が肝心なのです。波動を受け取る体勢とは、まさにガンマ派状態または、瞑想状態と言われる状態を表しています。そうする事で、あらゆるワクワクをベストなタイミングで受け取る事が出来るだけでなく、予兆を感じて事前に回避する事も可能となるというわけなのです。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


笑え!!

絶不調の時だって、使える道具は色々あります。

瞑想は勿論ですが、ひたすら寝るとかの根本的な事も最初にリストに挙ります…でも、あまりに不調だと眠りが浅かったり短くなったりするし、そんでもって昼間忙しくて昼寝も入れられない時なんか、声を上げて大笑いする手があります。

で、何日か前、もうおバカ映画でも見て笑いましょうか…と思ったんですが、最近全然ウチで映画見ませんから、レンタルビデオショップのメンバーズカードも処分しちゃったし、何時間も見てる余裕も無いし…と思って次の日、トーシャ・シルバーの本を開けたら、笑えました…!!これ、改めてご紹介します。久々のヒットです。ね、ちゃ〜んと必要な物はあるんです☆

でもって、またまたさっき見つけちゃいました。。。えらく笑えるヤツ。
これです。


全力でサイクリストを追いかけるダチョウ

いや〜、すごい迫力ですね…。
人の事なので、笑ってられますが、Lだったら…(00;)自転車野郎の皆さんは、すっごく速いですから、ウチの愛車に電動アシストついてたって、絶対にあたしはダチョウに喰われてます。

で、もっと笑えるのがこちら…
この動画を紹介しているTHE HUFFINGTON POST JAPAN(http://www.huffingtonpost.jp/2016/03/13/cyclists-chased-by-an-ostrich_n_9449926.html)の下の方にある画像集です。
やっぱり写りこんじゃった動物たち45連発
どうぞ腹を抱えて身を捩って笑ってください。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


バランスとは by マイケル・ローズ

おお!ほんとにその通り。そんでもって、深い真実をこんなにシンプルでわかりやすく書いちゃうって、やっぱりマイケルって天才なのかも!

マイケルローズJAPAN(3月15日付け)より全文転載します。

【バランスは不調和と調和が出会う場です】

バランスとは平安でこの上なく幸せであるという考えにだまされないようにしましょう。
  
バランスが取れているとは、ストレスを感じることなく人生の不調和な表れを受け入れることであり、調和に囚われないことです。
   
あなたの人生において調和を大切にしましょう。
しかし、不調和を否定するのはやめましょう。
不調和を否定してもよい結果をもたらすことはありません。
人生というオ-ケストラの中で、不調和もその一部として受け入れるのです。
 
流れに逆らうよりも不調和と共に流れることで、あなたは、より深いところで基調となっている調和のリズムを見出すでしょう。
 
これがバランスの場です。
   
いつも意識して愛を選択するとき、容易にバランスを見出すでしょう!

日本語訳 大亀安美
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


春でしょうか?日照不足でしょうか?エネルギー酔いでしょうか?

今日、ようやっと確定申告を済ませてきました。締め切り日前日って、確定申告を始めて以来最も遅かった。。。(^^;)だいたい2月の終わりか3月初めには出してたりするんですけれど。

とにかく、近年稀に見る不調で頭を抱えるようですが、ありました…慰められるというか、励まされるメッセージ。。。

きらきら星へようこそ...☆(http://twinkle-star999.blog.so-net.ne.jp/2016-03-14)より、最後の部分を転載します。

アルクトゥルスの集団
マリリン・ラファエル経由 2016年3月6日

皆さんは眠っている間にひとつの深遠な霊的な課題または経験を持つ可能性がありますが、その精神は利用できる知識でそれと結び付くことができず、そのため単純に、物事を取り繕うだけです。眠りの状態の中で、大量の浄化が起っています。それで皆さんがもしも気付くと繰り返し何度もある個人または出来事に関する夢を見ているなら、その個人あるいは経験に関連いたエネルギーに属する生涯を浄化している可能性が高くなります。

現時点で起っている強烈な浄化の期間は、長い間皆さんが人々や解決されていると信じてきた物事を巻き込む可能性があります。あるいは皆さんの人生の中で一部の完全に新しい物質的、情緒的、あるいは精神的な問題が現れる可能性があります。

数百もの生涯を通して蓄積されてきた細胞の記憶は、何れにしてもしばしば決して皆さんに関係のないエネルギーですが、しかし依然として無意識に持ち運んでいるものです。何らかの強烈な経験は、皆さんがそれを一掃し乗り越えるほど充分に進化するまで、数々の生涯を通して細胞の記憶の中に留まります。皆さんは今、その場所にいます。

その浄化と新しいエネルギーの統合は、しばしばひとつの個人的な疲労感や消耗感を残します。皆さんにできる時に休むようにして、皆さんが何もしていないように見えるという理由から、皆さんがある意味で失敗してしまったと、決して考えないようにしてください。しばしばその統合の過程の間に何も起っていないという感覚が現れますが、しかし霊の旅の上で、いつも何かが起っています。

皆さんの普通の日常的な繁忙な日程の中で、それに関する罪悪感を持たずに、敢えてさらに多くの休息を許してください。休息または何もしないことを怠惰だと力説する信念は、単純に懸命に働かなければ食べられなかった過去の時代に起因する概念の引き継ぎに過ぎません。物事がどのように見えるかどうかに関わらず、皆さんの物質的な身体のあらゆる部分、あらゆる器官、あらゆる機能を含めて、皆さん自身を充分に愛してください。

これほど数多くの人々が、完璧に関する一部の受け入れられた基準を達成できるまで依然として自己に対する愛を差し控えようとして維持する廃れた習慣を、手放してください。それが突然現れる時に皆さんに衝撃と当惑と苛立ちを引き起こす可能性がある物事にもかかわらず、皆さんの情緒を愛してください。

皆さんが確認するあらゆる個人、あらゆる動物、植物、そして岩を、愛してください。ガイアそれ自体と同時に、精霊、自然力、自然霊の王国を愛してください。何故なら、皆さんは、そのありとあらゆる王国になっているからです。

皆さんはひとつです。愛がその鍵です。すべての物事の解決策、その終り、その始まり、その充足です。

皆さんは準備が整っています。

大いなる愛と評価を込めて、わたし達はアルクトゥルスの集団

日本語訳 森のくま
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

8月度
26日(土) 13時〜16時

9月度
23日(祝・土)13時〜16時

10月度
28日(土) 13時〜16時

11月度
18日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2016 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -