フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



ご飯〜(;;)

しばらく前、正確には今年の8月半ばから、食事量をかなり減らす方向に転換している(させられてる?)のですが、これがまあ、大変なことと言ったら…。

食い意地の張り方にかけては天下一品??を誇ったtomokoがですよ、どうやったらご飯への執着を断てるわけ〜??

まあここはMirus Club(奇跡クラブ)ですからね、奇跡は起こるんです…ご飯食べたくなくなる奇跡、誰か起こして〜(^^;)

はっきり言って、食べない方が断然体調はいいです。おまけに太れるし…tomokoのヌードを知っている人は、この台詞を聞いて、心底「そりゃいいね!」と言ってくれると思います。衣類を着ていると目立ちませんが、こんな痩せぎすでは、女性らしい美しさという点からすると、たぶん大減点です。

食べ過ぎると、と言ったって普通の量の三分の二かそれ以下でも、体がストライキ起こすみたいで、胃の具合は悪くなるし、きっと小腸の機嫌もひどく損ねるんでしょう、やせちゃったりします…。「やせたかったら食べなさい」って、どっかで聞いたタイトル…。

しかも、寒くなるっていうのに、食べた後の感じが一番ラクで負担がかからないのが、生野菜と果物なんです。バシャールが、そのうち地球人の食事は果物オンリーになるだろう、とかってどこかで言ってましたが、その方向なんでしょうかねえ…。

で、さっき「新しい扉の向こうへ」のサイトをお訪ねしたら、スザンヌ・リーがチャネリングしたアンタレス情報があって、そのごく一部なんですが、次元上昇に伴う食事の葛藤!について書かれてました。

スザンヌ・リー・・・アンタレスメッセージ4
新しい扉の向こうへ」(http://blog.goo.ne.jp/jclkenta/e/cdb964c13f2cd82835e9e9a20ec0c916)から該当部分のみ転載します。

あなたのライトボディは、光を摂取し、食物は摂取しない。あなたの肉体的な部分は、食事が必要だと考えているが、あなたの高次元の要素は食事を必要と考えていない。よって、あなたは今はわからないだろうが、食事に関して多くの内的葛藤があるのだ。

ライトボディに覚醒していくあなたの一部にとって、3次元の食べ物を摂取することは非常に困難だが、肉体としてのあなたは依然としてそれを必要としている。あなたは、より多くの光を摂取して、今進行中の、ライトボディへの意識の接続をさらに活性化することを学べるよう、3次元の食物摂取量を減らす訓練を受けているところだ。

日本語訳 shelby 

でもね、スザンヌがこの情報を受け取ったのは、1995年の11月ですから、20年も前です。きっとそれぞれのタイミングがあるので、彼女が二十年も前に苦労してたことを、今tomokoもやってるわけですね。有り難いのは、誰かが先に歩いた道だと情報もあるし、きっとエネルギー的にもならされていて、後発組はその分ラクができるんだと思います。

まあ、肉体は勿論移行過程で、まだ食物から栄養を必要としているんでしょうが、tomokoの場合は何と言ってもマインドが食べたがって困ります。食事は手軽な楽しみですから。。。

今日のお昼は、バナナとみかんでした。。。まだちっとばかし未熟で皮を剥くのがお手間なくらいなバナナって、tomokoにとっては一番美味しいバナナなんですね〜。甘過ぎなくって香りがよくって…むふふ…お夕食は、コーンペンネにベジラグートマトソースとパルメザンをしこたまかけて食べてやろう!あ、グリーンサラダにブラックオリーブとバルサミコたっぷり…と一緒にね。うう…楽しみ〜(これじゃあ、やっぱり奇跡が必要だ…)。
 
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


11月度平日版「瞑想ワークショップ Mirus Clubの集い」、来週です

今日もまた素晴らしい秋晴れです。そして…今日もまた素晴らしい強制「今ここ」モードで記憶障害もひどいし、気分がよいような悪いような、上がっているような下がっているような、清々しているような落ち込んでいるような、なんだかみょ〜な具合ですが、ちゃんと一週間前のお知らせがこうやってできますから、社会的にも立派に機能できている!ということで、いいことにしておこう。。。

11月6日(木) 午後1時半〜3時(開場は1時より)
いつもの万福寺町内会館(新百合ケ丘駅北口徒歩5、6分)3階小会議室にて!

椅子に座っての瞑想になりますが、ゆったりと体をしめつけないお楽な衣類をお選びくださいませ。

参加費 お一人様1000円です。お釣りの無いようにご用意いただけましたら助かります。

お申し込みは、Mirus Clubホームページ(右側にありますリンクをご利用ください)経由で、メールにてお名前と緊急時のご連絡先(携帯番号など)をお知らせください。

万福寺町内会館の地図などの詳細につきましても、Mirus Clubホームページのお知らせ内にございますので、ご参照くださいませ。

今回こそ七つのチャクラの浄化をちゃんとやって、あとは自分自身の状態が無意識レベルまでわかっちゃう誘導瞑想とか…でも、当日になってみないと、どんぴしゃりのベストなワークがわかりませんので、開けてみてのお楽しみ〜♩ということで…あ、書いてるうちにワクワクしてきた!

それではみなさま、よろしくお願いいたします〜〜〜☆
 
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


意識の拡大に付随する症状 by アシュタール

ミナミのライトらいとライフ(http://ameblo.jp/kuni-isle/entry-11944686536.html)より後半部を転載します。

泡のように・・・

海の中の泡をイメージしていただけるとわかりやすいと思います。
海の深くから 水面の方へ向かって上がって来る泡をイメージしてみてください。
海の深いところでは 水圧が高くなるので 泡は小さいですが、水面に近づくにつれて 泡は大きくなっていきますね。
そこには ここからが~で ここからが~ という段階はありませんね。

少し無理やりな説明になりますが(笑)・・・
水圧で押されている小さな泡が あなたの意識だと思ってください。 
水圧で小さく押しつぶされている泡(あなたの意識)は 水面に向かって上がって行く内に 少しづつ水圧が減って来ることで 大きく広がることが出来るようになります。
水面に近づけば近づくほど 水圧は減り 泡は大きくなっていきます。

これが 次元だと考えてください。
身体の中にいる意識は 今までは 波動が粗かったために 身体にしっかりと入って
いることが出来ました。
でも あなたの波動が軽くなるにつれ 泡のように意識が広がって(大きくなって)来ますので 小さな体に入りきらなくなってきているのです。
身体から 意識エネルギーがはみ出してきている状態になっています。

ですから なんだか現実感がなくなったり、ボーっとすることが増えたり、今までは 難なくこなすことが出来た事務的なことなどが出来なくなったり、身体が思うように動かず 転んだリ つまづいたり、怪我が増えたり するのです。
今までは 一度にいくつものことをこなすことが出来たのに 出来なくなった・・物事をすぐに忘れてしまう・・記憶が あやふやで 時系列がおかしい気がする・・という症状が出てくるのは そのためです。

身体の中にしっかりと留まることが出来ていた頃は マインドが強く働いていましたので、計画をきっちり立てたり 合理的に動くことが出来たりしたのです。
ある意味 左脳を中心に働かせていました。

でも 意識エネルギーが身体からはみ出しはじめると 左脳ではなく 右脳が中心に働くようになってきますので 左脳的な作業が難しくなってくるだけのことです。

ただ やり方が変わって来ただけですので 心配しないで下さい。
使うところが変わっただけですので 何かの病気になったんじゃないかと心配する必要はありません(笑)

身体の外にはみ出した(変な表現になりますが(笑))意識エネルギーは マインドで持っていた知識では理解できない情報を受け取ることが出来ます。
それが 3次元領域を超えたところからくる情報です。
それが 5次元的領域の情報なのですから そのままでいいのです。
ボーっとしてはいけない・・しっかりと今までのように 見えている現実にフォーカスしなければいけない・・とせっかく大きく広がっている意識エネルギーを小さくしないでくださいね。
そんなことをしたら 水面へ向かっている泡を また深いところへ戻してしまうことに
なってしまいます。(深いところが好きであれば 別です・・それはそれでいいのですが)

今までは 水圧に加えて 泡にはおもりのようなもっと違う力が意図的に加えられていましたので、なかなか浮上できず、大きく広がることも出来ませんでしたが、そのおもりは外れ あなたの好きなように水面に向かって上がっていくことが出来るのです。

ボーっとして なんだか広がっているような気がするときは 思いっきり広がることを自分に許してください。(ただし 安全なところで広がってくださいね)
そうすることによって あなたの意識エネルギーは 大きく広がって 軽くなっていきます。
そして 右脳(感覚)を大切にするようにしてください。
感覚がたくさんの情報をもたらしてくれます。
これからは 感覚がカギになります。

 
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


調子狂ってます

皆さま、ご無事でしょうか〜?

ここ一週間か十日ほど、大中小の太陽フレアが出っぱなしだし、暑すぎず、寒すぎず、快適な陽気と言えば快適なのですが、たぶん寒暖の差が激しいからでしょうが、植物の具合もいつもとはだいぶ違うようで、今朝はベランダから見た富士山が、頭の上に中途半端に冠雪していて、別のお山のようでした。。。

tomokoの体は、レンチン状態で、時々相当きついホットフラッシュのような状態になります。単純な更年期障害なら、奇妙な細胞レベル?の振動は伴わないでしょうから、これ、きっと年齢を問わず、敏感な人たちには起こっていることかもしれません。時々振動が尋常じゃなくて、地震かと思って電灯の紐をチェックしても、揺れてません…。

まあこれだけなら、以前から経験してますのでいいんですが、最近とみにひどくなっているのが、強制「今ここ」モードです。その上、時々その「今」にも焦点が合わないというか、物理的な現実からはみ出しちゃっているようで…昨日もご飯を食べながら、どうしても以前のようなフツーな感覚で食べることができなくて、「今ここ」でも、明らかにもっとずっと広がった感じのフォーカスになってしまい、しょうがなくて諦めて広がったままでいました。

以前、アシュタールかバシャールが、こういう意識の自然なはみ出し方は、次元上昇に伴うものだからそのままでOKと言ってましたから、不安にはなりませんが、慣れていないので相当困惑はします。大事なお茶碗とか割ったりはしてませんが、年中物を落とす、ぶつける、自分もこけそうになったりで、ほんと調子狂います。

で、今アシュタールのメッセージを見たら、このことについてまた書いてありました。次のブログで紹介します。
 
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


声から拾えるもの

音は波動です。声も波動です。そうです。波動なんですから、情報うんとこさ持ってます。

顔の表情、特に目はハートにダイレクトにつながっていますので、その人の本心や状態がそのまま出てます。目を見れば、その人の霊的な達成度は即座にわかります。

本を買う時に迷っても、著者の写真なんかがあれば、その本のレベルも一発でわかるので便利です。霊的に覚醒している人たちは、画像修正なんかかけなくても、必ず星の輝きのようなものが瞳に反映していますし、そこまでゆかずともハートが開いている場合は、澄んだ明るさがあるのでそれと知られます。

こういう風に見える情報というのに、ついつい私たちは頼りがちですが、音は見えなくても、情報の宝庫です。

聞いている、というよりはエネルギー(波動)を感じているのかもしれませんが、電話を通してでも、その人の感情などは充分に伝わって来ます。

以前、みんなでどこかへ遊びに出かけた帰りに、音楽好きな年若なお友達が、色々「これはどう?」「この歌手はどう?」とスマホに入っている音楽をかわりばんこに聞かせてくれました。tomokoにとってはふつーなことなのですが、声を聞けばその人の状態がわかりますので、それを言ったところが、彼女にとってはまだ珍しかったようで、大受けでした。

細かいことはわかりませんよ。でも、抱えている問題やテーマなんかはよくわかります。本当の自分を表現できなくて鬱屈していたり…とか、そんな感じです。かなり売れている人らしいですが、売ることしか考えていない周囲に屈して、本当に歌いたい歌やしたいことをしていないことが、声から感じられました。

でも、途中から少し疲れてきました。。。皆それぞれに苦しみや葛藤を抱えていて、そんなのばっかりじゃね〜。。。

音もご飯も、自分に合う滋養のあるものを摂る必要があるようで…。
 
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


音を食べる、音を使う

むか〜し、むかし、そのむかし、tomokoがまだ合わない仕事なんかで自分をがんじがらめにして、死ぬほど毎日が辛くて苦しかった頃のことです。

もうほんとに辛くて、今ならとっくに諦めて方向転換するところを、智慧が無いのは悲しいもので、方向転換することこそが最悪な選択だと信じ込んでいました。通勤の際には、いつもヘッドフォーンでCDを聴いていて…あ、まだその頃はiPodなんて便利なものはありませんでしたから、CDウォークマンです。でも音楽じゃないの。。。英語(--;)

ケンブリッジに研修で行くことになっていて、半年間の滞在や、研究のために英語、必要だったんですね…語学好きだし、毎月送られてくる語学CDも面白かったけど、あんなに疲れてる時にね〜。。。ある日よくよく疲れ果てて、英語の代わりに、お気に入りの音楽CDをウォークマンに入れて行きました。

これがね〜、効くなんてレベルじゃないの。。。本当に音を食べている気がしてました。行きも帰りもずううううう〜っと聴いてるんですが、まるで滋養のある液体を飲み続けているような、そんな感じだったんです。

あれ、本当に音でもって、エネルギー的な滋養を吸収してたんですね。勿論自分に合わない音(エネルギー)だったら逆効果でしょうが、好きな音、メロディーなら間違いないです。

今はもう胸を張って、脳天気!!なtomokoですから、瀕死の切羽詰まった吸収状態など体験したくてもできませんが、自分の世界を取り戻す、というか、自分自身のセンターに簡単に戻るのには、よくお気に入りの曲を使っています。バシャールも好きな音楽で波動を調整することを勧めていますが、とても手軽で効果のある方法だと思います。

上座部仏教など、ヒーリング用でも瞑想用でも瞑想に音楽を取り入れることをよしとしない伝統もあります。tomokoも全く音無しで瞑想することもありますが、自分自身の波長によくシンクロする音楽を使うのは、瞑想に入りにくい場合には特に効果的な気がします。各チャクラには、それぞれ特有の音階がありますので、チャクラの調整に音を使うヒーラーもいますし、目に見えないので軽視されがちですが、音というのは、実はすご〜〜〜〜く実用的だと思うのです。

あ、何かしら効果を期待しなくても、好きな音楽をゆっくり楽しむの、tomokoは超好きです♩ 数年前にインドで手相見に見てもらったら、彼は足の形をちらっと見て「あんた音楽とっても好きでしょ」と見抜きました!? どこでそんなもんわかるわけ〜??? 世の中楽しい不思議がいっぱいあるものです。
 
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


裁くのを止める、そして内なる平和で世界に貢献する by オリオンの高等評議会

かなり長いメッセージなので、後半部分だけを転載しますが、余裕のある方はソウルカメラのblog(http://blog.livedoor.jp/sourukamera/archives/41552836.html)で全文をお読みくださいませ〜☆

オリオンの高等評議会〜あなたの「ジャッジメント」を取り除いてください
2014年9月18日 ホーリー・ホーキンス・マーウッド経由


「ジャッジメント」であなたは、他人に理想的とはいえないエネルギーを加えて苦しめる人達と似通ったやり方で、一体性の体験を阻むバリアーを張っているのです。これは挑戦的な概念ではありますが、と同時にあなたは、自分のアセンションの道を進めて、本当に一体性の体験をし始めます。

あなた方は「人類の全員がそうした感覚を感じており、分離がない」ということが分かり始めます。というのは、一人にそれが起こっているのであれば、それは全員に起こっていることであるのです。それで、それに対するあなたの最も大きな寄与貢献は、「裁く必要を手放して、平和と愛を自分自身の中に見いだしている自分」です。「その自分」をあなたは、自分に出来る事なら何にでも愛と同情によって最善を尽くして、外に発することが出来ます。

勿論、あなた自身の世界に設定される必要がある境界は、設定してください。ですが、それがジャッジメントや怒りや欲求不満を発している境界ではないようにしてください。そうではなく、自分の中にその平和の場所を見いだしてください。そうすることが、全人類に非常な波及効果を及ぼします。「この光と闇の駆け引きは、わずかの時間でも止んでいることはない」ということを、我々はあなた方に共有しておきます。

闇なるものは明るみに出される必要があるのを、思い出してください。それであなた方は、起こっている事を世界がますます悪化している証拠という見地から裁くこともあり得ます。そこでさらに我々はこうも言うことが出来ます。あなた方は、闇の中や無知の中に葬られていた物事が明るみに出されて、それが晴れ上がることをこそ、祝うべきなのです。物事というのは、明るみに出されて、初めて転換して変化することが出来るのですから。そしてこれらの物事が明るみに出されるとともに、それにまつわる動揺や恐怖、嫌気や屈辱、そしてジャッジメント(裁き/批判/審判)があります。

しかも、ジャッジメントが物事を変えることはありません。ですが、自分自身の中にその平和の場所を見いだして、それに繋がり、それを自分の世界に表現して、それを自分の思考、自分の行為、自分の行動、自分のエネルギーを通じて周りの人達に共有することが出来るようになれば、その体験が物事を変えます。その体験であなたは、それらの変化がゆっくりとしかし確実に起こるのを可能にするために、外に波紋を起こし始めます。それは瞬く間に起こるというわけにはいきませんが、我々はまた次のようにあなたにお願いします。あなたの個人的な平和の場所があなたの周りの世界をシフト(転換)させているということを、過小評価しないでください。それは、全世界を転換させるも同然なのです。

今日我々がこのチャネリング・メッセージを提案したのは、全くどんな形であれ人々の気を滅入らせたり責めを負わすためではありません。ただ我々はあなた方に、自分の視野を超えた(自分より大きいか、より世界的な問題であり、自分の管理を超えた)出来事が起こっている時に、自分がポジティブに貢献し得る方法によって活気づけられて鼓舞されるように感じて欲しいのです。そして、ラビット・ホール(悩ましい状況)に陥ることなく、「光はいずれは勝つ」ということを信頼してください。また、見て動揺するくらいなら、テレビのスイッチを消してください。インターネットもその場合は見るのを止めてください。

また、そうしたからといって、無知をもたらすことにはなりません。それどころか、そうすることで、一つの聖なる空間としての平和をもたらし、あなたは自分に出来る最大の貢献をしていることになります。これはあなたが世界の善性に対して貢献し得る力場であり、あなたがエンパワーメント(力を与える)の位置にあるということです。我々が前に言ったように、また再度言いますが、我々は「非ー物理」存在として、あなた方の次元に入り込んで現実を転換することを許されていません。自分がそこにいることを選んだ現実を通じて自分の道をワークするのはあなた方のお仕事です。とはいえ我々は、我々の眺望から助言を提供するためにここにいます。

我々が提供する助言は、あなたがこの移行の時をより楽により優雅に動き通すのを助けることが出来ます。これであなたにはエンパワーメントの場所があり、そこで力を得ます。その場合あなたは「光はいずれ勝つ」ということを知っており、「内なる平和と繋がっていることで、自分の最大の貢献が出来る」ということを知っています。そしてあなたは、その内部の光を感じ、自分が何をどのように行うとしても、この時に最も大切な自分の使命と貢献の一つとしてそれを行います。

どうでしょう、ハートが高揚しませんか? それは、「他の人達(その人達は、この時にあなた方の惑星でこの現実ドラマの異なる一幕を表現しているのです)の行動の犠牲になっている」という感じを受けるのではなくして、「その場所があるからこそそこから自分が行動することが出来る」というその場所を、あなたに与えるものではありませんか?

日本語訳 ソウルカメラ
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


あてになるんです、イマージネーション

先日、いつも波動調整のヒーリングをしてもらっているお友達のMさんに唆されて、tomokoもお返しに自己流ヒーリングを試してみました。

ヒーリングは、エネルギー・ワークの学校でも教わりましたし、レイキも習いました。本を読んであれこれ試したこともあるんですが、ど〜も根っからのリーディング好きで、あんまり興味持てないんですよね〜。

今回はMさんの波動調整の事を聞いていて、本当はそれをしっかりコピーして、と思ってたんですが、やっぱりすぐにリーディングの方にずれていってしまいました…だって、面白いんだもん!

最初に見えたのが、赤いだるまさん!!
それも小さなだるまさんだか、赤いボールだかが周りをくるくる回っていて、なんだか太鼓のような低い音でぼんぼこぼんぼこ鳴っているんです。

見た本人だって、最初は(@@)なんじゃ、これ??ですが、そのだるまさんにフォーカスすると、すぐにそれがMさんのお怒りだということがわかりました。もっともだるまさんの赤は普通にきれいな赤だったので、一過性で根の深いものじゃないことは確かでした。こういう一過性の怒りって、けっこうきれいな赤だったりします。ぼんぼこぼんぼこ言っている音も全然不快じゃなかったし、別にどうというほどのものでもありません。

後でMさんの話を聞いたら、やっぱり最近ぶりぶりしたことがあったそうです。それと、とっても面白かったのが、ヒーリング?リーディング?の最中に、彼女の右足から黒いコードが出ていて、貴重なエネルギーを有り難くない存在が吸い取ってしまい、結果として彼女の前進を阻んでいるような絵が見えました。

コードを切るなら大天使ミカエルです。いつもお願いしちゃう!
でもこの日はミカエルが、例の剣を使って自分でやってみなさい、というので、何年も前にもらったような…彼がそう言うんだからもらったんでしょうが、それを使って、バチン!と切ってみました。最初相当ひどい状態に見えた右足が、コードが切れた途端、まだオリジナルなきれいな状態にまでは回復しないまでも、見違えるほどよい状態になったのが印象的でした。

で、これは最初こちらからは言わなかったのですが、彼女が途中で右足がぴくっ!とした、と報告してくれました。あれまあ!肉体にまで振動が伝わるもんですかね!? 自分にまとわりついたコードは、しょっちゅう切ってますが、あ、ミカエルに切ってもらってますが、ぴくっとかって、あったかな?

やっぱりリーディング、面白い〜〜〜♡

彼女のヒーリングの際には、ものすご〜く高いエネルギーが入って来て、あれこれ自動調整のような事が起こってましたが、とても有り難かったのが、二つのエネルギーがtomokoの波動を落としていることの指摘でした。

彼女には暗いオーラの汚れとして見えたので、皮膚の角質を落とすような浄化をしてくれたそうです。一つはよおおっく思い当たるフシがあり、「これをしなきゃ、あれをしなきゃ・こうでなきゃ、ああでなきゃ」というエゴの妄想です。これはヒーリングの最中にも、tomoko自身に右肩を拘束している紫の金具として見えていて、まったくもーしょーがないな〜…と思って見ているうちに、きれいになりました。

もう一つはイマイチぴんと来なくて、「がっかり」のエネルギーだと言うのですが、最近そんなエネルギー作ったかな〜と思ったのですが、気落ちしたり、無力感なら、もうこの人生の正真正銘本質的なテーマです。そう鬱!!で〜す…ウン十年とやっちゃいましたよ。死に損なうほど苦しんだ挙げ句、本まで書いて、これ、相当ワークして、今のような脳天気tomokoに仕上がったんですが、まだ完全にきれいになっていないのも確かです。

こちらも、実はヒーリング中に反対側、左側のこれまた肩や腕にあるエネルギー・ブロックとして見えていて、電話を切るあたりまでは、よく繋がっていなかったんですが、その後「あ〜、やっぱりこれでしたかね〜」と思っていて、さらに寝る前に、なんとな〜く『光の書』を開きたくなって、きつ〜いメッセージでもいいから、ドンピシャリなのお願いしますね〜と言って引いたところが、ドンピシャリというよりも、全部のピースが繋がるような絶妙な情報に行き当たりました。

相手が見えてないと全然勝負になりませんが、見えてしまったら、こっちの勝ちよ〜♩

瞑想して何か見えても、気のせい、とか、ただのイメージなんて当てにならないと思わないでくださいね〜。。。人生を変える貴重な情報を持っている事があります。

というわけで、Mさん、すんごく貴重な気づきをありがとうね〜〜☆
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


症状が教えてくれる体と心のメッセージ

Mirus Clubのクライアントの方達に必ずお薦めしていたのが、リズ・ブルボーの『自分を愛して!』でしたが、しばらく前に別の著者の類似本を手に入れ、使い始めました。

ブルボーのより、症状別の意味が多岐に渡っていて、最初はブルボーのシンプルさと比べて使いにくいと思いました。

例えば「目」の項には、
周囲で目にしていることに対する不満。人や出来事に対する疑い。障害や限界を目の当たりにすること。現状に対する不満。老いに対する強迫観念。人生を否定的な視点で見る事。行き詰まり感。一つの立場もしくは観点からしか物事を見ていないこと。将来に対する不安。人のものを欲しがること。
とあって、さらに右目と左目それぞれについて同じくらいたくさんの意味が列記されています。

シンプルに、この臓器にはこんな意味があるので、そこにこの症状が出ている時には、こうした精神構造の歪みが関わっているはず…というブルボーの本とは違い、ずらずら列記されている意味の、いったいどれが該当するのか、自分の症状や体とコミュニケーションする一手間が無いとわからない場合もあります。

それでも使っているうちに、やはり細分化された項目はとても便利で、使えるよい本だと思うようになりました。

カラー・ヒーリングをする人で、カードなども出しているイナ・シーガル『体が伝える秘密の言葉』(ビズネア磯野敦子監修 采尾英理訳 ナチュラルスピリット刊)です。症状に対する詳細なヒーリング手順などもかなりなボリュームで書かれていますので、色のことや、カラー・ヒーリングに興味のある方にも役に立つでしょう。

まずは、ご紹介まで〜。
 
  1. ご本
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


大事なのは余白の方です

第一回の瞑想ワークショップでも質問をいただいた記憶がありますが、内側に深く入るとか、エゴやマインドではない本当の自分、というのは、実際に体験してみて「ああ、これね〜」と納得できるものなので、言葉での説明をいくら聞いても、半分もわかったうちには入りません。

でも、単なる知識に終わらず、それがきっかけで体験が導かれることもありますから、もうちょっと書いてみます。

今ブログを読んでいて、字面を追っているはずですが、その文字や文章ではなくて、余白がありますね。。。tomokoが瞑想などを続けて、本当の自分とか内側の深みというものに親しんで思うのは、本当の自分はこの余白の方だ、ということです。色々な思考や概念、信念、感情などが、文章や文字にあたります。

ひどくネガティブな感情でも、呆れるほどの無知でも、傲慢な知性の饒舌でも、全く否定する必要はありません。それは永遠に純粋な余白としての自分の中に浮かんでいる、はかない一時的な雲に過ぎないので、いじくりまわしたりせずに、悪さをしないようにしっかり見といて、エネルギーを与えないでいるうちには消えて行きます。根の深いものでも、しっかり見て理解したり無条件の愛で包むこと=意識の光を与えることで、癒されます。ただし、それも自分自身が文字になってしまったらできないことで、その辛い文字を支えている余白である方に意識がなければなりません。

この距離感こそが、決定的な分岐点です。

あたしは、思考でも感情でもない!

こうして本来の純粋な空白が空白として同定される=真実のアイデンティティが回復すると、自分の中にあるものがクリアーにわかるようになってきます。

これができないと、内なる声の弁別は難しいかもしれません。
でも、一旦自分がまっさらなスペースで、そこに自分の思考や感情は勿論、諸々の情報が存在しているという感じになれば、チャクラとだって話ができます。

たまに、遊び半分ですが、同じ質問を7つのチャクラに順番に聞いてみたりします。最初にこれを試した時は、それぞれのチャクラで言葉遣いまでが違うので驚きました。エネルギーがそれだけ違うのです。第三チャクラだけが妙に丁寧で、ですます調だったので笑ってしまいました。相当楽しめます。楽しめるだけじゃなくて、その時の自分自身の状態もよくわかって面白いです。

こんなことをして遊んでいるうちには、あ、お仕事もしてましたが、自分がこ〜ゆ〜考え方のこ〜ゆ〜人で…という固定したアイデンティティを想定するのが幻想であることにも気づきました。だってね〜、てんでんばらばらな事を言っているパーツがあれこれあるうちには、正反対な意見でぶつかり合うパーツもあって、世間で言う一人の人間には到底収まりきらないだけのエネルギーであふれかえっているんですよ。たまに、内側でののしり合いの喧嘩まで始まったりして、「いい加減にしなさい」とかって叱ったりして…誰が誰と誰の喧嘩をとめてるんでしょう?

本当のアイデンティティは、限りなく純粋で、莫大なキャパを持ち、精妙な個性を持ってはいても、日常的なあれこれで規定されるような自分とは全然違います。パーツに分かれて紛糾することなど決してなく、完全な調和と平和があります。
 
われらが太陽も景気よくがんがんフレアだしてますし、明朝は例の日蝕です。tomokoはみょ〜な具合に、時々嬉しくなって一人で踊ったり(^^;:)、深みから重〜いものが上がって来て落ち込んだりしていますが、余白に意識を持って行けば、全てが順調で安心です。

余白、すんごく大事なんです。はっきり言って、こんな乱気流でお幸せでいられるためには、余白を感じてなきゃやってられません☆
 
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


よく聞くこと

よく聞くこと、それが、リーディングの基本です。
「へ?? いきなりそれって、何のことよ!?」という声が聞こえて来そうですが(^o^)、リーディングに限らず、自分自身や状況を理解したりするために、不可欠なんです。

聞くとは、肉体の耳で聞くことだけを指しません。
情報を受け取る、受け身で、自分を開いた状態だと思ってください。

日常でも、本当に相手の話をしっかり聞くことは、意識してみると案外難しくて、普段は相当疎かになっています。もっと疎かになっているのが、自分自身の内なる声を聞くことです。

人間は、マインドやエゴの声を聞くのではなくて、振り回されるのが得意なので、フツーにしてると主客が転倒したまま、自分の中のどのパーツが言っていることなのかを判断できないまま、動かされてしまいがちです。

よ〜〜〜く自分の内側に集中して、体のどの部分が言っているのかを感じるのは、判断の決め手になります。

tomokoの場合は、エゴがわあわあ騒いでいても、あれこれ余分なおバカなことを言っているのでも、左側のお腹のあたりから聞こえて来ます。鬱のベースになる無力感や拘束感は、もっぱら脾臓のあたりから決まって来ます。また小賢しいマインドが、上から目線で批判的なことや知的でも智慧に欠けた解釈などをエラそうに言ったりする時はやや右寄りの胃のあたり…もろに第三チャクラあたりから来ます。

自分自身の本当の気持ちは真ん中にある自分のハートから来ますし、ガイドや高次の自分自身からの情報は、おそらくハイハートと呼ばれるものに当たるかと思いますが、第五チャクラの横かやや下で、中心からは右寄りから響いて来ます。神々や天使など、体をはずれてオーラフィールドから聞こえることもありますが、その場合も胸より下がることはありません。さらに女性的な質が強ければ左側、男性的な質が強ければ右側です。

ただ、こうしたテーマで書かれた本を読んだことがありませんし、具体的な位置が他の方に当てはまるかどうかはわかりません。でも体の位置によって、声もエネルギーの質も違う、ということは共通だろうと思います。位置を特定するだけで、それが信頼に足る声なのか、それともただ聞いて無視しておけばよいのかが、即座に判断できるはずです。

瞑想など静かになって内側にフォーカスすれば、こういう思考や感情が起こっている位置を特定することができますが…まずは、普段から無駄なおしゃべりかや不要な会話に終始するような関係・場所から離れて、心を鎮めやすい状態を作っておくのがお薦めです。

そして!しゃべるのを止めれば、自分の中がどんだけ煩いかに気づけます。テレビを消せば、自分の中がどんだけ煩いかに気づけます。PCやスマホ、電話から離れれば自分の中がどんだけ煩いかに気づけます。

エゴやマインドが自分を乗っ取ってしまうと、あれこれうまくゆきません。でもエゴやマインドを無理やりコントロールしなくても大丈夫。エゴやマインドではない自分自身を取り戻して、エゴやマインドの言っていることを聞いてスルーしていれば、ノー・プロブレムです!
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


第一チャクラの浄化だけしてたそうです…(--;)

早速、参加された方からご教示があり、なんと!!第一チャクラだけ浄化して、そのまま終わってしまったそうです!どうやったらこんなに中途半端なことができるんでしょ〜〜〜!?(爆)

というわけで、次回以降、全部浄化するワークを試してみたいと思います☆
 
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


闇と光の統合・二元性の超越 by マルティース of アンタレス スザンヌ・リー経由

最近カードで遊んでいる時に、二元性の超越というカードを何回か引きました。日本時間24日朝のパワフルな日蝕にも二元性の統合という作用があるとのことで、まず間違いなくリンクしているでしょう。

ワンネスの世界では、当然この二元性は存在しません。私たちが順調に波動を上げて真実の世界に定着するためには、この二元性の問題をどうにかしないことには、どうにもなりません。

既に様々なマスターが「自分自身の内側に抱えている闇をよく見なさい、そしてそれによく意識の光を当てておきなさい」と教えてくれていて、tomokoもその線に沿ってワークをしてきましたが、今スザンヌ・リーが1995年時点で既にチャネルしていたアンタレス情報を読んで、すごーくすっきり整理がついた感じがしたので、途中部分を転載します。だいたいわかっていたことが、最終的にすんごく収まるべきところに収まった感じで、クリアーになりました。ほんと感謝です♩

何年もかけて、tomoko自身の冥府降りは随分してきましたが、とんでもない過去世も含めて自分自身の闇と直面する際に、良い悪いの価値判断を完全に横におけるだけの無条件の愛があれば、苦痛でもありません。判断が日常的に残っている状態だと、辛いかもしれませんが。。。ただし、これをしないことには、やっぱり波動を軽くすることは無理のようですね。誰かが統合による浄化をやってくれる時を待っていても、永遠に来ないでしょう。詳細に興味のある方は、是非サイトJAPANESE--Awakening with Suzanne Lie(http://suzannelieinjapanese.blogspot.jp/2014/10/792014.html)の全文をお読みください。

アンタレスからのさらなるメッセージ

インナー・ワークと高次との意識的なコミュニケーションを通して、あなたは自分の第三の目を開けて、その受容範囲を大きく拡大しました。それはあなたが「家に電話することができる」方法なので、あなたの開いた第三の目はあなたの電報局あるいは電話に相当します。

あなたが 自分が意識的に受けることができる周波数域を拡大すると、スペクトラムは懐中電灯の光線そっくりに拡大します。このように、その範囲は高 次元にも低次元にも拡大します。それゆえに、あなたの自我の中のどんな暗いところも、最善の意図を持っていないかもしれない他の者たちが 確実にそれらに気が付くであろうように、あなたがそれらを認識していることがとても重要です。

自分自身の内側の闇に気が付いていると、あなたの最大の光を含むあなたの注意のスペクトラムにそれを意識的に繋げることができます。このようにし て、あなたの闇はあなたの高次の表現と調和して暮らすようになり、分離の周波数の中で暮らすどんな存在によっても傷つけられることはなくなるでしょう。

あなたの光を経験するために、あなたの自覚している意識を自分の闇から離すと、あなたはまだ分離を経験しています。おわかりでしょう、あなたは自 分自身の一部分を無意識にさせたのです。このようにして、あなたの自我の別の部分から分離されます。

どんな方法でも、分離に振動していると、あなたは分離に振動している他の者たちの影響を受けやすいです。したがって、もしあなたが自分の恐れと闇 が自分から分離しているととらえているのなら、あなたの内側の闇を拡大したい、あるいはあなたの内なる闇を求めているかもしれない者たちから、あなたの自己のその傷つきやすい部分を守ることができません。

一方で、 あなたが自分自身の光と自分自身の闇を統合したならば、自分自身の自覚領域があなたを守ります。自分自身の一部分があなたの自覚を越えて いる時に、もしその部分が闇であれば無意識の恐れを作り出しますし、その部分が光であれば無意識の望みを作り出すことになります。

望みは恐れよりも遥かに高い振動ですが、あなたの意識的自覚と結びついていないのならば、使い道のある気持ちではありません。あなたの自覚を越えているあなたの光の部分は、まだ光の振動の存在と結びついているでしょう。同様に、あなたの自覚を越えているあなたの闇の部分は闇の振動 と結びついているでしょう。

内側のレベルでは、これらの光と闇の存在たちは戦いをします。闇はあなたを攻撃しようとし、そして光はあなたを守ろうとします。知られざる戦いはあなたの物質的形態に負担をかけるので、あなたがまだ自分のものと主張していないあなた自身の部分からの保護があるということは有益で す。

あなたの無意識は内分泌系を通してあなたとコミュニケートし、大抵はあなたの三次元意識では気がつきません。幸いなことに、夢を見ている時のあなたの四次元の身体は、あなたの物質的な世界では無意識であるものごとについて、もっと気が付いています。それゆえに、あなたの夢はとても有益であることがあります。

私たちはあなたがとても高い振動数に振動するあなたの天使と意識的に繋がっているのが見えます。しかしながら、あなたの天使を自分の意識領域の中 に取り入れるには、あなたは自分のエネルギー周波数帯のまったく正反対に存在する悪魔とも意識的に繋がらなければなりません。

日本語訳 Nagi
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


やっぱり充分な休養が必要です!

太陽の活動も派手ですし、相当肉体には負担がかかってます。ここしばらくは、記憶障害もひどくて、以前も強制「今ここ」モードは時々発動してたので驚きはしませんが、今回初めて日常生活に支障がでるレベルを経験しています。

先の瞑想ワークショップでは、みなさんに7つのチャクラの浄化のご説明だけして、実際には場の浄化をしてそのままチャクラの方は忘れてしまったような気がします。「ような気がします」」…って、以前のtomokoなら考えられないような記憶の混乱ですが、実際ブログにも最初チャクラの浄化をしたと書いて、半日も経ってから「ありゃ?しなかったんじゃ???」と思って修正しましたが、本当のところはよくわかりません…(;;)ご参加いただいた方で、もしよろしければ、tomokoまでお知らせいただけると、すっきりして有り難いです。

もっともこの会で、もしチャクラの浄化をし忘れたとしても、エネルギーワークは全く初めての方もいらっしゃったので、あんまり複雑な事を押し付けずに済んでよかったのかもしれません。

今回の記憶障害がちときついのには、その前から気づいていて、とにかく具体的な日時や数字が頭に入りにくい。スケジュール管理が危ない状態で、スマホのベル頼のみですが、それも聞こえなかったらアウトです。

でもまあそんな状態でも、あれこれこなせて特に問題もありませんから(って、tomokoがそう思ってるだけだったりしてね〜、などとまだエゴは心配してます)、お任せで鷹揚に構えているに限るでしょう。

で、昨日の朝の瞑想でガイドから、エネルギー変化がきついから充分な休養を、と言われ、ヒラリオンのメッセージもご紹介したところが、アシュタールも「出来る限り 休息をとってください。テラの磁場が 揺れて?います。それに あなたの身体が感応しているのです。でも 怖がることではありませんので 心配せず 身体に任せておいてください。マインドもあまり働かず ぼ~~っとしたり 眠くなったり 何もやる気が起きなくなったり するかもしれませんが その時は とにかく無理をせずに休むようにしてください。」(ミナミのライトらいとライフhttp://ameblo.jp/kuni-isle/entry-11942047830.html)と言って来ています。

以前も同様のメッセージを読んだことがありますが、記憶障害やらあちこちに体や物をぶつけまくったりする症状がこんなにはっきり出ている時に、ほんとうに有り難い情報でした。

ああ、もう調子狂っちゃってる〜!という方、どうぞサイトに飛んで全文「身体を持って移行するための過程です。」をお読みくださいね〜☆
 
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


あなたの使命 by さくやさん

さくやさんのノリって可笑しい…でも真実〜♩

Mirus Clubでも散々言ってきたことですが、私たちが責任を持てるのは、自分のことだけです。色々なクライアントさんにもお会いしましたが、どんなにこちらが一生懸命になっても、ご本人の意志に介入することはできないし、こちらがどれだけ知識や材料を差し上げても、それをお使いにならなければそれまでで、さくやさんが言っていることは、こんな形でも随分学びました。また、身近な人たちの関係において学んだのは、自分の波動が全てであり、自分が幸せで平和であることが何よりも周囲を益するところが大きい、というのも随分体験してきて、もう疑う余地もありません。あ、それが宇宙にまで波及するかどうかは、tomokoは直接知りません。あしからず…。

それではさくや節、お楽しみください。

あなたの使命は・・・?
ミナミのライトらいとライフ(http://ameblo.jp/kuni-isle/entry-11941625299.html)より転載です。

あなたが テラに転生した目的?使命?があるとしたら それはあなたが幸せになることなの。
だから その使命を全うしてちょうだい。

あなたは 幸せにならなきゃいけないの!
人のためにも 幸せにならなきゃいけないの!

わかる??
誰か 不幸だと思っている人がいたら その人に何か手を貸すことが 素晴らしい事じゃないのよ。
直接手を貸すことよりも あなたが幸せを感じて 楽しく生きている方が その人にとって よほど助けになるってこと!

だって その人は 不幸だと思える環境にいるとしても その人の思考のエネルギーで その自分の現実を創っているんだから・・・
その現実を何とかしたい、変えたい・・って 本人が思わない限り あなたがどんなに手を差し伸べても その人の現実は変わらないって事よね。

たとえば 戦争に巻き込まれている人のことも そう。
あなたには 直接 その人達に出来ることはないでしょ。
そして 戦争を止めさせることも出来ないのが現状よね。
反対に そこにフォーカスしてしまうと その戦争にエネルギーを注ぐことになってしまうから いつまでもその戦争というホログラム(現実)が続く事になるわけよね。
だから そこにエネルギーを注がないためにも 無関心でいることの方がいいのよ。
じゃあ、何も出来ないからって 知らん顔してればいいの?・・って事になるけど、そうじゃなくて あなたが出来ることは あなたが幸せでいることに尽きるのよ。
それが 戦争を無くす一番の方法だってこと!
訳が分からない???(笑)

これは 波動エネルギーの見地からの話になるんだけど・・・
あなたが 幸せを感じてて 楽しくて嬉しい 軽い波動を放射すると その波動があなたのまわりの人に共振して まわりの人も楽しくて 軽い波動になるでしょ。
その周りの人も軽い波動になったら その周りの人のまわりの人も それに共振して楽しくて 軽い波動になっていくわね。
この楽しくて 軽い波動の共振がどんどん大きくなっていけば 世界中の人たちにそれが伝わって テラの周囲はその軽い波動で包まれることになる。
そうなると 軽い波動の人たちは 愛のエネルギーに満ちているから 人を傷つけたり 盗んだり しようとは思わなくなるでしょ。
こうして 自然に平和な世界になっていくってこと(笑)
そんな簡単に出来るわけないじゃない・・って 思ってるでしょう??(笑)
それは あなたが波動の共振の影響力を知らないから そう思うだけなの。
波動の共振の影響力は すごいのよ(笑)
ほんの小さな刺激でも 宇宙の隅々にまで波及するんだから・・

静かな池に 小さな石を投げ込むイメージをしてみて・・
どんなに小さな波紋でも 途中でなくなることはなく 池の端までたどり着くでしょ。
目に見えなくても 必ず どんな形になっても 端までたどり着く。

それと同じ事が 宇宙でも起きるってこと。
あなたの思考のエネルギーは 必ず 宇宙中に影響を及ぼすってことを忘れないで。
だから あなたが幸せのエネルギーを放射することで 世界(ひいては 宇宙まで)影響を与えることが出来るの。
あなたは 自分で思っているような 小さな存在じゃないってことよ(笑)

その大きな影響力を持ったあなたが 幸せのエネルギー、軽いエネルギーを放射すればその影響は どこまでも波及していくのよ。

だから あなたが世界を平和にしたい、人の幸せを願う・・のだったら まずはあなたが幸せにならなきゃいけないの。
あなた自身が 軽い波動でいなきゃいけないの。

だから お願いだから 幸せになってちょうだい。
あなたは 世のため 人のために 幸せにならなきゃいけないの!
罪悪感なんて 微塵もいらないってこと わかったでしょ(笑)

 
 
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


具体的なアドバイス by ヒラリオン

またエネルギーの強度が加速しているようで、体の振動も強くなりましたし、目眩が出たり、痛みが出たり、変な痙攣まで出たりと、エネルギー調整じゃなきゃ病気だよ、というような状態に時々なります。

昨日のブログでご紹介しましたが、決定的な変化を前にしての最終チェックをしてね、といったメッセージが重なりましたので、早速今朝、瞑想中にガイドを交えてチェックしてみました。今後のありようがかなりシンプルに整理されましたが、今特にに大切だとハイアーセルフから言われたのは、十分な休養=体を労ることでした。十分な睡眠と体に合った食事をして、よく休むこと。。。食生活の調整には、実は相当苦しんでいて…腹8分目でも胃の不調につながりますし、甘いものも相当応えます…というわけで、思い切った節制が必要なんですが、あちらは苦労しているのをよく知っているので、苦笑いしながら、まあ、できる範囲で…と言ってもらえました(^^;)

そんな情報をもらって、PCを開いたら、ヒラリオンからとっても具体的なアドバイスが来てました。ご参考までに、後半をたきさんのホームページ(http://www12.plala.or.jp/gflservice/Hilarion%27sWeeklyMessage141019-1026.html)より転載します。

細かいことはともかく、たくさんよい水を飲んで、添加物まみれな加工食品を避け、リラクゼーションや運動を適度に取り入れて、質のよい睡眠をとるように…というのは、もっと穏やかなエネルギー状態でもそうでしょうが、今のように肉体に無理をさせている時には、不可欠でしょう。


ヒラリオンの週間メッセージ 2014年10月19日〜10月26日

出来るだ け多くの時間をより振動を高め、高い振動を維持するためにマントラ、祈り、言葉を欠かさないようにして下さい。自然の中で過ごす時間 を取り、地球と繋がり、グラウンディングを行い、宇宙エネルギーを自分の中に流してバランスを取り、調和を保って下さい。暮らしの活 動を出来る限り単純に、複雑ではないように保って下さい。なぜならこれによってあなた方がこのような時に地球上のここにいる理由を思 い出す助けになるからです。天と毎日通信をすることが必要です。これによって一人静かに時を過ごす事は、より高いエネルギーの取り入 れと今起きていることのダウンロードを助けることを意味します。道に迷わないように、自分の平衡と安定性の維持を助けるために知って いるあらゆる事を行って下さい。

集中に よって容易に創り出せるより高い振動の状態を創り出せるのですから、歓喜の感情と状態を創り出す事に集中して下さい。今と言う時にこ の状態をもたらすために利用出来る、あなた方一人一人が過去に持った多くの経験があります。感謝の対象になるあらゆることを毎朝、そ して就寝前にリストにして書き留めて下さい。これは、自分が思う以上の効果をもたらすので、これを毎日行ってください。挑戦的なこと や問題を経験しているとすれば、感謝をすることが習慣になるまで実践を続けられるように、自分を訓練しなければなりません。エネル ギーの錬金術師として、あなた方は自分の経験として取り入れられるあらゆることをより高く、より軽いエネルギーに転換出来るのです。 あなた方は既に毎日これを行っていて、それにより大きい力を与えるためには単に意識の中に取り入れる事だけが必要なのです。

繰り返し 念を押しますが、毎日コップ8杯の水で適切な水分補給をする必要があります。エネルギーのダウンロードが増すので、疲れを感じ、落ち 込む事があるでしょう。内分泌システムをハーブマカのような自然の補助手段が、メタボリズム、エネルギーレベルを調整し、分泌腺による健康という感覚と幸福感を創り出す重要なホルモンの生成を助けるので、 それによって健全な内分泌を調 整し、支援して下さい。出来る限り加工食品を避け、その代わりに生の新鮮な食品を摂取することがリラクセーションや深呼吸テクニック と同様に助けになります。10分ずつ3回に分けてもいいですから、毎日少なくとも30分間は運動をして下さい。体を通してエネルギー のダウンロードを進めるために体の各部を動かすことが大切です。真夜中以前の一時間の睡眠は、真夜中以降の二時間の睡眠に匹敵し、こ の実践によって副腎機能が回復します。これらがこの今と言う時に体への実践的な支援になる方法です。

日本語訳 Taki
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


早朝の音

特に疲れていて、一旦起きても、体を傷めないように寝直す事もたまにありますが、9月27日以来、朝型のパターンが続いていて幸せです。

いつからか気づいたのですが、tomokoは非常識な早朝を偏愛しています。以前、半年かそれ以上3時起きをしていましたが、その時はかなり努力が要った記憶があります。今回は、たいそうおラクに起きられるリズムが始まりました。

もっともうまく昼寝を入れられない日も多く、そういう時は夕方になると能率の落ち方がひどいので、気分はイマイチですが、そんなに気分が悪くても翌朝普通に寝ていたいとも思わないのは、早朝の魔法にすっかりイカレているからだと思います。

今はだいたい4時から5時くらいの幅で起床ですが、5時を過ぎないと薄明かりもさしてこないので、しばらくは闇の親密さの余韻を楽しみながら身支度をしたり、お茶をつくります。本当は、顔だけ洗ってさっさと瞑想に入れ、という話もありますが、お白湯も飲みたいし、そうするときちんと歯も磨いて、舌のお掃除もしてから、ということになり、後顧の憂いなく瞑想を楽しめるようにゴミ出しなんかもしたりすると、ちょっと一服してから瞑想しましょうか…ということになります。

普段から静かな住まいですが、朝の3時4時ともなれば、ほんと〜〜に静かです。電気を煌煌とつけたりするのも気分じゃないので、補助的な光源やろうそくを灯してますが、そうすると視界も限られるので、集中しなくても自然と心が定まり、あれこれが逆にくっきりはっきりと情報として入ってきます。

お茶の缶をぱこっと開けて、オレンジフラワーがブレンドされた紅茶をおさじで掬って、温めておいたポットに入れると、さらさらさらっとすご〜く気持ちのいい音がしました。沸騰したお湯を注ぐ、ボコボコボコという音もすんごくすてき♩ ティーカップとソーサーがかすかに触れ合う柔らかい陶器の音も幸福な感じを増幅してくれます。

あまりにもありふれていて、だから何なのよ〜、の世界かもしれませんが、この何でもない生活音が、素晴らしい御馳走のような4時半でした。

きっと私たちはものすご〜く引き算をしてみると、本来の幸せを感じやすいんじゃないでしょうか? 今日、お茶を淹れる一連の動作のたてる音が素晴らしく響いたのは、薄暗がりで周りもよく見えないし、周囲は静か、そんでもって、あれやこれや見た夢なども分析せず、どーでもいいことなど考えずに心が静かにしてくれていたおかげで、繊細な喜びを受け取ることが出来たのでしょう。

明朝も出来るだけ早く起きたいtomokoなのでした。。。
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


三つめ〜〜!

そんでもって、もう一つ、「よ〜く自分と人生を振り返ってみて、肉体を脱いで故郷に帰ることも含め、全てを見直すように」というthe Groupのメッセージも来ています。こちらはすごく長いので、ご興味のある方は、直接サイトに飛んでお読みください。

Lightworker Japan.jp 光の灯台(http://www.lightworker-japan.jp/index.php?categoryid=13&p2_articleid=337)
〜グランド・リセット〜 10月16日

三つ揃っちゃいましたからね〜、真剣に実行させていただきますよお!
 
 
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


停滞という重要な統合と見直しの期間 by エンジェリックガイド

もう少し別の角度から、静かに立ち止まって人生と自分自身を点検する重要性を指摘するメッセージが、同時に来ています。冒頭を省いて、ライトワーカーのブログより転載します。

10月16日 ~エンジェリックガイド~ ”位置について、よーい、待て”

私たちは統合の期間(停滞期)を加速期と同じくらいに重要視します。ここ数週間というのは強烈な統合の時期であったし、これは今月の持つエネルギーによって支えられていました。しかしながら、多くの方には”前進できず”ひどい焦りの気持ちのようなものを感じるようです。岸壁に打ち寄せる波が繰り返し岸壁にぶつかるためには一度下がって、また新たな波を用意してから再び岸にぶつかるのと同じで、継続的な成長を遂げるためには必ず見直し、統合、調整の期間が必要です。

ここ数週間で多くの方が経験したこの期間というのは、みなさんの全体的な成長にとって欠かせない期間でした。これによって皆さんは一旦リセットする事ができ、これまでやってきた事を振り返り、改めて次の章へと歩を進める事ができます。この期間を利用してこれまでの数ヶ月間の経験を統合する事で、今の章を容易に抜け出し再び前進する事が可能となりました。しかしながら人間というのは、ただ“在る”だけの状態を嫌い、とかく何かに向けて“動いている”事の方を心地よいと感じるようです。私たちが皆さんにお伝えしたいのは、動も静も両方とも同じく大事であるという事です。どちらがより重要であるわけではなく、両方ともあなたの進化には欠かせない要素なのです。

皆さんの中には、とうの昔に手放したと思っていた感情や思い込み、人に対する批判やそういった過去の状況や感情と似た体験を再びしてしまって、落ち込んだ人もいたでしょう。是非知ってください、あなたは決して“間違った”事をしたのではないと。ある問題が現実になってしまった場合、過去の問題が再浮上してきた場合、こういった時はあなたがどれだけ成長できたかを自身に証明するチャンスです。過去の時とは違う、その状況に対する新しい対応方法を示す事で、あなた自身の成長を確認する事ができます。あなたは自らこのような状況を招く事で過去の自分と向き合いつつ、新しく成長した自分を発見します。あなたが過去において犯してしまったと考えている、いわゆる失敗の経験というのは私たちから見れば踏み台です。あなたは梯子の下の段をただ低いという理由だけで恨みますか、下の段はあなたが次のステップへ上昇する為にその時の役目を果たしてくれたではないですか。あなたはまさにそのような段階にいるのです。あなたは再び、バイブレーションの“ステップアップ”の準備に入っています。

自分の経験から真に学び、成長するためには頻繁に“過去”の経験を利用しながらマスターしていかなければなりません。あなたは少し前までのあなたとはかなり違う人になっています。しかしながら、皆さんが抱く過去の自分への批判が、その状況を繰り返し浮上させています。ある状況が浮上してきたら、それを自分の成長を確かめるための良い機会と捉えてください;その状況に対する自分の反応、対応の違いを確認する事で大幅に成長した自分を知る事ができます。このように成長というものは、継続的に前進しながら起きるのでは無く、波の満ち引きのように行ったり来たりのモーションで起きるものなのです。

現在のこの統合(停滞)期というのはもう少し続くでしょう、人によっては少し早めに切り上げる人もいます。この段階にどのくらいの期間を費やすかというのは人それぞれ違います。最も重要なのは、この期間を自分の為に有効に使う事です。自分の身体に問いかけ、休息が必要ならばそうしてください。このような期間はとかく焦りがちになりますが、休む事を拒めば拒むほど、統合や見直しの期間は長引きます。

この統合の期間は、今まであなたが学んだ事を実践する機会を与えてくれます。怒りや焦り、疲労や後悔の気持ちが浮上する事であなたはその気持ちを認識し、自分の意識をそこからシフトさせる事を選択する事ができます。これは素晴らしい実践の機会です。あなたは自分自身により高いバイブレーションを維持する術を学ぶ機会を提供しています。あなたの周りでどのような状況が繰り広げられようとも、あなたはポジティブな光でその状況を捉える能力を備えています。皆さんは全員この統合の期間から抜け出し、再び新しい加速の章へと移行します。あなたが身体に酸素を送るために息を吸ったり吐いたりするのと同じように、成長の為にはエネルギーが出たり入ったりする必要があるのです。

自分に休息がたくさん必要だったり、見直し・リセットに時間が掛かるからといってご自分を責めないでください。この時期はその為にあるのですから。この期間を利用して思う存分リラックスしてください。今の時期のエネルギーがキツいと感じる事があれば、遠慮なく私たちを呼びつけてください。私たちは喜んで浮上してきた濃密なエネルギーをあなたに役立つような愛らしい、平和なエネルギーに変えて差し上げます。

日本語訳 JUN
 
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


自分と人生を見つめ直す静かな時間を確保する by バシャール

もう十月も下旬に入り、2014年もあと二月しか残っていません。まだ大物のワークが残っている友人には「あなた今年のクリスマスまでだからね」などと冗談めかしてプレッシャーかけたりしてますが、本当は冗談ではなく、実際、来年に入るとすごく世界も違ってしまうような気はしています。

以前からバシャールは、2015年は分岐の年になるからそれまでに準備を、と言っていましたが、今日は二日分を続けて、the PLANET from NEBULA(http://ameblo.jp/viva-bashar/)より転載します。

脱線

2010年から2015年の間に、私達の波動調整が行われ、2015年以降の分岐点に備える準備がされるのだと、バシャールは話します。特にこの期間では、ちょっとでも”素の貴方”から脱線してしまっているエネルギーがあると、そのエネルギーが増長されて、貴方の目の前に現れるようになります。バシャール曰く、貴方が今まで通ってきた道幅は、少々の”ブレ”でも歩いてゆけるだけの”幅”があったのですが、現在では、道幅が極端に狭く、鋭利刃物の”歯”のような道になっていると、話します。

”素の貴方”から脱線している貴方は、感じる事を止めてしまっています。イライラや不快な気持ち、恐怖や恐れの上に成り立つ生活を、普通な事と受け止めてしまっています。貴方の本当の”心”を放り投げ出してしまっている貴方は、本当の貴方の気持ちを見つける事が出来なくなってしまっています。こうなると、ちょっとやそっとの”出来事”では、目が覚める事はなくなってしまいます。

2010年から2015年の間に起きる事は、貴方の心に直接働きかける”何か”が起こるようになっていると、バシャールは話します。詰まり、貴方に、”素の貴方”を呼び起こす”何か”が起こる、言わば”方向転換”出来る大切な時期なのです。

自分の気持に鈍感になってしまっている貴方には、更なる出来事が起こります。そして貴方に問いかけます。”これで良いのですか”と。仕事や責任、家族の為に、真面目に一生懸命働く私達にとって、心に添った生活をする事はある意味、夢物語のように思えるかも知れません。しかし、バシャールが言うように、本当の豊かさとは一体何なのか、もう一度考えてみる必要があるでしょうと、バシャールは話します。


1日だけの自分の時間

1日だけで良いので、”貴方だけの時間”を作ってみて下さいと、バシャールは言います。たった1日お休みを取って、忙しい自分から遠のいて”見つめ直す”時間を持ってみて下さいと、話します。朝起きて直ぐに瞑想して心を上げ、好きな音楽を聞いて気持ちを上げて、貴方が一番したい事をしてみて下さい。何処かに出かけなくても一日中、ダラダラしていても良いし、素敵なカフェでゆったりと時間を過ごすのも良いでしょう。お子さんがいて時間が取れないのであれば、その日だけはどうにか時間を取れるにように調節し、貴方だけの時間を取るようにして下さいと、バシャールは言います。たった1日だけで良いのです。

私達は、あまりにも忙し過ぎて”自分”を見つめる時間がありません。自分の心を放り投げてしまって機械のように動いている自分を感じ取って下さいと、バシャールは話します。普段働いている場所へ、出かけてみるのも良いでしょう。外から見た貴方の目で(心に余裕のある貴方の目で)普段の生活を送っているであろう自分をしっかりと見てみて下さいと、話します。そこで何を感じ、何を思ったのかしっかりと書き留めて下さい。貴方がしている事は、ワクワクなのか、それとも義務を果たす為に動いているだけなのか。

2015年の分岐的はもうすぐそこです。駅から出た列車のスピードは、まだまだ遅いと言っても、貴方を待つ事はありません。どんどんスピードを上げてゆき、ちょっとやそっとの事では方向転換をする事が出来なくなってしまうだろうと、バシャールは話しています。


 
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


お出かけの理由は…磁気異常でした…(^^;)

第二回の瞑想ワークショップも、お蔭さまでよい会になりました。前回、最後にゆっくり瞑想ができなかったので、今回はあれこれ詰め込まないようにしたので大丈夫でした。ティク・ナット・ハーンの『ブッダの幸せの瞑想』の一節を、書き言葉を話し言葉にしたり、多少縮めて誘導に使った後、15分以上は純粋に瞑想できたと思います。

前半は、前回同様、グラウンディングと浄化をしてみましたが、この手のエネルギーワークが初めての方もいらっしゃったのに、みなさんよくついてきて下さり、まずまずでした。可笑しかったのは、最後の瞑想の途中でtomokoは無性に嬉しくなり始め、なんだか面白い具合でした。今朝自分ちでした瞑想中も気分はよくてい〜い気持ちだったんですが、そんない〜い気持ちなんてものじゃなくて、体の奥の方からこみ上げてくる嬉しさで、静かな幸福感とだぶって素的な気分でした。

随分長くご自分で瞑想を続けていらっしゃる方もご参加の一方で、殆ど初めてという方もいらっしゃり、年齢も10代から80代までバラエティーに富んでいましたが、静かに瞑想していれば違いも吹っ飛びます。

至極ご満悦でるんるん帰宅致しましたが、はて?なぜかガイドが出かけろとおっしゃる。。。瞑想ワークショップは思ったよりもうまくいって、本当に満足だったんです。朝4時から起きて、あれこれしてますし、もう今日のお楽しみは十分なんですが…何度読んでも、カードまで引いても遊びに行けというのでもなくて、「いいから、出かけてみなさい」のような事ばっか??? 何なんでしょう?

で、そんなに言うなら、いいですよ…国民年金も振込みたいと思ってたし、観音の縁日でお花も買う日だし、とことこご機嫌ちゃんで出かけました。

コンビニで年金を振り込んで、お財布がすご〜く軽くなったので、ATMでお金を引き出します…はりゃ???このカードは受け付けないってか???

しょうがないので、駅前の銀行まで行って、もう一度トライ…やっぱダメ。「このカードは磁気異常なのでお取り扱いできません」ですってさ〜。

ははあ、これでしたか…明日は朝一番で歯のクリーニングの予約が入ってます。現金のみのお医者さんなので、もし何にも知らずに、まずコンビニ寄って〜支払い済ませて〜お金おろして〜なんて、やってたら、「す、すみません…お金おろせなくて…」と掛けにしてもらう羽目になるところでした。

でもねえ、もうずうっと年に一度ですが、歯のチェックとクリーニングに通っていて、担当の歯科衛生士の方とも親しいし、とても親切で心底フレンドリーな受付の方とも信頼関係がありますから、それでも大丈夫に決まっているんですが、でもやっぱり普通にさっと支払えた方がいいですよね。。。

ほんと、ご親切なアドバイスなのでした…でも、あたしゃ疲れた。今日は早く寝る!
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


知識ではなく、実際に生きられた知恵を! by マイケル・ローズ

色々本を読んだり、人の話を聞いて知識を得ることは役に立ちます。ただし、それを実際に自分の人生に応用した時だけね!使わない知識をただ蓄積してるのは、生ゴミを溜めてるのに近いんじゃないでしょうか? エゴが大喜びで誇ったり、全然進歩してないのに進歩しているような偽りの安心感でだまくらかすのに使ったりしますから、やっぱり質のよくないゴミだとtomokoは思ってます。

マイケルもよく似たことを言っています。
10月14日のメッセージの途中からマイケルローズjapan|Facebook(https://www.facebook.com/michaelroadsjapan)より転載です。

多くの人が、知識が彼等の人生を変えると考えています・・・変えることはありません。
知識は、静的で、動きはありません。

学んだこと、知っていることを
実際に人生で生きるとき、それは、生き生きと成長し、変化します。
深まります。

過去に囚われているよりも、いつも、瞬間にいることです。
偉大なクリシュナムルティがよく言いました。知識は、発見への邪魔である、と。
その通りです。
知識やメンタルな概念は、人生で実際に生きるまで、価値がありません。

ですから、あなたは、学んだことを、放棄するか、
知識にある真実の果実を育み、成長させるかのどちらかです。

学んだことを、育み、成長させる、これこそ、知恵ある生き方です。

では、その知恵にアクセスするには…

10月8日
想像してみてください。
何千回という人生を通して蓄積された知恵が、私たちにはあると。
人間の愚かな行為を考えると、そうは思えないでしょう。

しかし、私たちには、蓄積された知恵のすべてがあります!
では何故この知恵が生かされないのでしょう。
基本的に、脳、思考から知恵にアクセスすることはできないからです。

人間の知恵は、私たちである魂の大いなる存在のうちにあります。
そして、知恵は、この瞬間に蓄えられています。
この 瞬間にあります。
あらゆる想念・思考は、私たちをこの瞬間から、私たちの知恵から、引き離します。

そして、あなたの知恵が見出せるのは、信頼のエネルギーを通してです。

あなたの直感を信頼し
あなたの洞察を信頼し
内なる静謐さから湧いてくるあなたの知恵を信頼しましょう。

信頼するとは、論理や理由付を信じることではなく、直感を 信頼することです。
理屈や理由付けに頼ることは、よくあることですが
そうすると、私たちは、すべての知恵を、自己疑念から見失しないます。

多くの人は、自分への疑いが強く、知恵は、その中で、見失われているのです。

いつも意識して愛することで、知恵のなかで成長することができます。
Choose Love!


日本語訳 大亀安美
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


〈お知らせ〉第二回瞑想ワークショップ Mirus Clubの集い19日(日)です。

第二回の瞑想ワークショップ、明後日19日(日)に迫りました。
お申し込みを明日18日(土)いっぱい受け付けております!

詳細は過去ログ「第二回瞑想ワークショップMirus Clubの集い♩」(http://mirusclub.blog.fc2.com/blog-entry-482.html)をご覧くださいませ。
お申し込みはMirus Clubホームページ(http://members2.jcom.home.ne.jp/mirus/inquiry.html)にあります、お問い合わせのメールアドレス宛にお願い致します。

今回はどんなワークになるのかわくわくドキドキですが、24日の蠍座で起きるパワフルな日蝕前ですから、リラックス系になりそうな予感があります。でも、この手のことって、当日にならないとわからないですからね〜〜お楽しみに☆
 
 
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


恐怖の回路を癒す by バシャール

瞑想をして、本物の天国モードに慣れておくのも大切ですが、これまで散々ひどい思いをして傷ついてきた私たちには、もう一つ不可欠なお仕事があります。それは私たちの内側に残っている恐怖=古傷の浄化です。わかりやすいのは怒りで、怒りがある場合は必ずその底にひどい目に遭った時にできた傷があるんですね〜。ぶりぶり怒ったり攻撃的になっている人が恐怖からそうしているとは、初めは思えないかもしれませんが、真実です。

腹が立ったら、いったいその怒りはどのような恐怖をベースとしているのかを考えてみる事は、同じ不愉快な状況を作らないためにはとても効果があります。それには、あたしは怒ってる〜〜〜‼から破壊的な言動に出るかわりに、もう御用済みな恐怖を手放すためにはこの怒りが必要なわけよ〜〜〜!!とドライブを変えたらいいよ、というバシャールのサジェスチョンはとっても使えると思います。

バシャールのお役立ちなメッセージを、the PLANET from NEBULA(http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-11939676958.html)より全文転載致しますので、是非ご参考になさってください。

回路

来年の2015年の分岐点に向けて、今貴方が直面している”恐怖”や、”恐れ”をフラットにする事、または、ニュートラルにする事がとても大切であると、バシャールは話し始めます。それにはまず、貴方の”恐れ”を見つけ出す事が肝心です。

”素の貴方”と違う波動は、例えば、怒りの感情、悲しみの感情、疑いの感情等、全てのネガティブな感情に当てはめる事が出来ると、バシャールは話します。これらの感情は、貴方では無いエネルギーを感じた時の、素直な貴方の反応なのです。よって、このメカニズムを利用して、貴方の”恐れ”を探し当てる事から始めます。

そして、”素の貴方”でない波動に直面したら、以下の言葉を心の中で問いてみるようにと、バシャールは話します。"I am feeling XXX because I choose to believe I need to." この意味は、私はXXXを感じていますが、それは私にとって必要であるからです。詰まり、このフレーズを心の中で唱える事で、貴方の”恐れ”を自認して受け入れ、それによって、”恐れ”の波動が、ニュートラル化させる事が出来る、というわけなのです。

ニュートラル化させる事、詰まりは、ネガティブな感情パターンの回路を一回りして、”0”に戻してあげるという事です。それにより、貴方の思考回線を再配線しなおし、感情パターンの回路を新規に造り上げる事が出来るのです。

バシャール曰く、私達の多くは、思考回路を一回りせず、ニュートラル化するまで行き着かないでいると、話します。詰まり、”私はXXXを感じています”、の部分で終わってしまい、次のステップである、自認のフレーズ、”それは私にとって必要であるからです”、まで行き着かないでいるのです。これは、貴方の思考回路の半分だけを行ったり来たりする為、ずっと完了しないまま残されてしまっています。

貴方が何に恐れていて、何故そういった感情になるかを、受け入れる事で、貴方の”恐れ”を終わらせる事が出来るのだと、バシャールは話します。”素の貴方”でない波動を見つけ出しては、不完全な回路を完全に一周させて終わらせて下さい。そうする事で、貴方の波動はより強化され、”素の貴方”がより輝いてゆくようになるのだと、バシャールは話しています。

 
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


永遠の天国モード

昨日の続きです。
人生アップダウンがあるのは自然なことで、一見うまくゆかないようなことも時にはありますし、どうにもこうにも疲れちゃって、思考も心も勝手に暴走して激不調!なんてことだってあるでしょう。

でも、それを自分も周囲も被害甚大なトラブルにせずに済ますことは可能ですし、よいしょっとエネルギーをひっくり返して?心底不調な状態から「何でもなくて天国な日常」を出現させることすら可能です。

あんまり疲れてたりすると、まずはよく休んだりして、ベースになる霊的体力を取り戻すことも必要ですが、そうじゃなければ、ティク・ナット・ハーンは呼吸を使え、とおっしゃってますが、呼吸でも何でも手近にあるものを利用して正気に帰れば、あら不思議、天国モードです。この天国モードは、やっぱり日常的に瞑想をしたりして、何でもなくちゃんと自分の中にあって、簡単に手が届く、ということによく慣れておくのがお薦めです。

そして、私たちの中にある天国モードは、不変で決して失われることが無い正真正銘の本物です。時々ずれちゃっても、そんでもって、時にはひどくずれちゃうことが結構あったとしても、一旦経験し始めれば納得していただけるかと。。。経験していてもちゃんと意識できなかったり、外側にある疑似天国が本物だと信じ込んでいて、本物の天国モードをスルーしちゃっていると、「あんた何のこと言ってるわけ〜?」になっちゃうと思いますが…。

意識して毎日を過ごすようになってから気づいたのは、何か楽しいことをしているから楽しいのではなくて、自分のハートがちゃんと開いていて、内側にある楽しさや幸福感にちゃんとつながっているから楽しめる、ということです。本当にこれ、シンプルなんですが、旧三次元では殆ど顧みられなかった真実です。どこか旅行に行ったから、何か楽しい事をしたから、何か欲しいものが手に入ったから、楽しい…って、これ、当たり前だと皆で一緒にかた〜く信じて来ましたが、もしまだ真実だと感じていらっしゃるなら、一度と言わず、毎日よ〜〜く日常生活の中で意識しながら疑ってみる価値は甚大です。

相当疲れをためて行った沖縄の離島で、素晴らしいグラデーションの海を見ても全然美しく感じられなくて途方に暮れたことがありました。。。なんかの拍子にお留守番をしているウチの鳥のことを思い出し、かわいいかわいい、ちゅーちゅーなどと、異次元経由でエネルギーを送ったか何かしているうちにハートが開いたらしく、ふと我に帰ってもう一度同じ景色を見たら、正真正銘の絶景で心底その美しさに感動できました。その間、ほんの数分、いや数十秒だったかもしれません。この手のことは、もううんとこさ経験して、未だに経験し続けています。

考え事や心配で頭がいっぱい=心が曇っているほどひどい状態じゃなくても、ハートが閉じていたら、やっぱり「何でもなくて天国な日常」は感じられません。何かすご〜く素晴らしいことがあって天国モード!というのは、実は擬似的、一時的な影のようなもの、とtomokoは思っています。はっきり言って、あんまりあてになんないし、うっかり執着するようになんかなっちゃたら、地獄モードです(^^;)本物は、本当に何でもないのに輝いているフツーな毎日の方です。この本物はハートを通じて私たち本来の幸福感が投影されているだけなので、私たちがハートを開くことを厭わなければ、いとも簡単に出現します。

要するに、外側のあれこれの条件は関係ありません。だから、なんかあれこれ面倒な事が一見起こっているような状況でも、天国モードに在ることは可能です。ちょっと手間がかかったり、う〜ん今回はこりゃだめだ〜、みたいなことも時にはあるでしょうが、たぶんそんな時だって時間の問題です。自分の内なる天国にスイッチを切り替えられるどうか、それだけですから。

そうやって天国モードで自分を楽しませて、好きなことをしていたら、そりゃあご機嫌ちゃんですから、周囲にもその余録は広く及ぶというものです。Mirus Clubでは、こんな風に自分を楽しませ幸せにすることで、この世界を天国にする方々を強力に応援しております☆

 
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


呼吸とともに今ここにある喜びを取り戻す by ティク・ナット・ハーン

ティク・ナット・ハーン『ブッダの幸福の瞑想』(島田啓介+馬籠久美子訳 サンガ)より「マインドフルネスは、今この瞬間に気づき目覚めているというエネルギーです」から始まるイントロダクションを転載します。

途中「人生は苦しみに満ちています」とあり、心底敬愛する師のお言葉ではありますが、tomoko的には「人生は喜びに満ちているが、たま〜に、ちっとばかり辛いこともあったりします」というのが実感です。急速に次元上昇しつつある世界では苦痛やその苦痛を生み出すシステムそのものが崩壊しつつあり、以前とは比較にならないほどおラクな世界になりつつあるような気がしています。

それでも彼がそう言うことには、深く共感できます。ヴェトナム戦争中には、爆撃を受けて散乱した遺体を集めるような奉仕もされていましたし、反戦を訴えて母国ヴェトナムから追放処分を受けるなどなど、また命からがら亡命してきた多数の同胞を助け、以前ご紹介したシスター・デーン・ニエムのように、戦争によって直接・間接にひどい痛手を受けて人生も心も崩壊する寸前のような人たちを導いて来ました。まことに尋常な精神ではありません。

以下、イントロダクション(はじめに)より、長いので、ところどころ略しますが引用です。

p14〜17

 ひとつ例をあげましょう。あなたは数人の仲間とともに美しい日の出を眺めています。ほかの人たちは景色を楽しんでいるというのに、あなたの心は苦しんでいます。頭はいろいろな計画や心配ごとでいっぱいで、過去や未来のことばかり考えているからです。日の出を見ようにも、あなたはそこにいません。そして、すばらしい日の出の瞬間を楽しむことなく見逃しているのです。

 ここで、少し違うアプローチをとってみましょう。とりとめのない思考が起こったとき、意識を吸う息と吐く息に向けてみたらどうでしょうか。まずは深く呼吸して、今このときに自分を戻します。すると体と心はひとつになり、あなたは美しい景色を目のあたりにし、しっかりと眺め、楽しむことができます。自分の呼吸に「帰る」ことで、あなたは日の出の美しさを取り戻すのです。

 私たちはあまりの忙しさに、自分がしていることや自分のありのままの姿を忘れてしまうことがよくあります。息をすることすら忘れている、と言う人もたくさんいます。愛する人をろくに見つめることもせず、その人が亡くなってからようやく感謝したりするようなありさまです。せっかく余暇が手に入っても、自分の心の中のできごとに触れるすべも知らず、まるでそうすれば自分から逃げられるかのようにテレビをつけたり電話をかけたりするのです。

 マインドフルの極意は呼吸に気づくことです。ブッダはマインドフルネスこそが幸せと喜びの源であると説きました。マインドフルネスの種は一人ひとりの中にありますが、だれもが皆たいてい水やりを忘れています。しかし自分の呼吸や歩みをよりどころにする方法を知れば、自分の中にある安らぎと喜びの種を拾いあげ、もっと大きな喜びに育てあげることができます。(中略)

 こう言うとだれにでも容易にできると思われるでしょうが、これには少しばかり練習が必要です。とりわけ「止まること」がとても重要な実践になります。それにはどうすればいいのでしょうか。吸う息と吐く息、歩みを使って「止まる」のです。マインドフルに呼吸して歩くことが実践の基本になっているのには、その理由があります。それができたら、マインドフルに食べ、飲み、料理し、運転する実践に進みます。そうやって、いつでも「今、ここ」にいることができるようになるのです。
(中略)

 人生の恵みを本当に味わいたいなら、生活のさまざまな場面でマインドフルネスの瞑想を活用しましょう。歯をみがきながら、朝食を作りながら、車を運転しながら、仕事に向かう途中で、ぜひ試してみましょう。あなたの一歩、一呼吸が、喜びと幸せを呼ぶチャンスになります。人生は苦しみに満ちています。幸せをじゅうぶんにたくわえておかないと、失意におそわれたときに打つ手がありません。どうぞリラックスして、やさしい気持ちで実践してください。心を解放し、ものごとを受け入れる気持ちをもって、楽しく瞑想しましょう。この実践は、かたちや外見を整えるのではなく、理解するために行うのです。マインドフルネスを生かせば自分の中に喜びを保つことができ、人生の荒波にもっとうまく対処できるようになるでしょう。自分の中に慈しみと自由と平和の土台をつくるのです。


  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


好きじゃない/楽しくない状況でも大丈夫!

アシュタールや高次の存在が言うように、自分の好きにして、楽しいと思えることをして自分を満たす、とても大切なことです。

でもですね、旧三次元の世界ではそんな甘いことばかりでは通用しなかったし、今だって本当に自分自身の浄化が完全に済んでて、五次元でもものすご〜く波動が高い世界に24時間常駐してるような人じゃなければ、そんなことばっかで済まないんじゃない?…と、tomokoは思ったりもします。

誤解のないようにもう一度申し上げておきますが、好きにして、楽しいことを選んでしましょう、というのは鉄則です。そうそうわれらがMirus Clubのスローガンは「好きにしなさい」でした。

でも!充分に癒えていない古傷の影響を受けることもありますし、なんかの加減でとても忍耐と辛抱の要る状況をしばらく耐えなければならない場合だってあったりするでしょう。

そいう場合にも、実は楽しみや歓びにアクセスできる方法があるんですね〜…。
なんて有り難いんでしょう!!このまま波動が加速して、どんどん好きなことだけ、楽しいことだけできるようになるんでしょうが、そこまで波動が高くならなくてもどっこい救いはあって、しかもいつでも手の届くところにあるんです。

大好きなティク・ナット・ハーンの言葉を次のブログでご紹介します。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


我慢と自己犠牲はエネルギー・バンパイヤのもと by アシュタール

普段からtomokoが思ってて、Mirus Clubとかでも言ってたりするんですが、なかなか理解されないのが、自分をまず満たして幸せにすれば、周囲も自動的に幸せにできるという真実です…自分から無理をしていい人になっておいて、その無理が愚痴やら八つ当たりになったら収支ゼロ、場合によってはマイナスです。。。総じて不満な人たちは、エネルギーバンパイヤになりがち…でもって、またまたアシュタールがくっきりはっきりクリアーそのものの説明をしてくれました。ほんとにすかっとしますよ、アシュタール♩

というわけで、前後を省いてミナミのライトらいとライフ(http://ameblo.jp/kuni-isle/entry-11938976146.html)から転載です。

人にやさしく・・・^^

あなた達は 人の事を考えなさい・・人に優しくしなさい・・誰かの役に
たつようになりなさい・・と、自分ではなく 人目線で考えるように教えられて来ましたので、自分のことだけを考え 自分が楽しくなることにフォーカスしてください・・と言われると 自己中心的な考えだ、わがままだ・・と思ってしまうようです。

でも ちょっと考えてみてください。
自分が 不機嫌だったら 人にやさしく出来ますか?
何か 我慢をして不満だらけだったら 人のために何かしようと思いますか?
反対に あなたが楽しくて 満足していれば あなたの機嫌が良ければ、許容範囲が広がり いろいろなことを受け入れることが出来るようになるのです。

人にやさしくしなければいけません・・と言われなくても 勝手に人に優しく接しています。
そんなこと言われなくても 勝手にやさしくなるのです。
わかりますか?

だから まずは 自分を満たしてください。
好きなこと 楽しいことをして 自分の中を満たしてください。
自分の中が 楽しいエネルギーで満たされれば その波動に共振して まわりの人も楽しくなります。
それが 本当に人の役に立つ・・ということなのです。
無理に 何か人のお手伝いをするのが 人の役に立つということではありません。

あなたの楽しいエネルギーを放射する事で 周りの人たちも楽しくなる・・
楽しくなった人たちは そのエネルギーをまたそのまわりの人たちに放射する・・
この楽しいエネルギーの循環が みんなの役に立つのです。

あなたが 教えられてきたことは まるっと反対なのです。
自分を犠牲にして 人のために尽くすことが美徳ではないのです。
そんなことをしたら エネルギー不足になってみんな息苦しくなってしまいます。

エネルギーはどこから出てくるのでしょうか?・・これを 少し考えてみてください。
エネルギーは 無限にあなたのハートから湧いてくるのです。
ハートは 絶対無限の存在とつながっていますから 無限にそこから受け取ることが出来るのです。
でも ハートが閉じてしまっていれば そのエネルギーを受け取ることが出来ません。
苦しいこと、つまらないことは ハートを閉じさせてしまいます。
ハートが閉じた人ばかりになると エネルギーの奪いあいになってしまうのです。
エネルギーが 決まった量しかないと思ってしまい 少しでも多く誰かからもらおうとするエネルギーバンパイアの集まりになってしまうのです。
あなたの社会システムは エネルギーバンパイアをつくりだすシステムなのです。
我慢、自己犠牲は エネルギーバンパイアをつくります。

人にやさしくしなければいけない・・と教えている時点で 波動のことがわかっていないということになります。
優しくしなければいけないと思って 優しくするのは まったくナンセンスなのです。

そして あなたが教えられて来た やさしさの定義も 私たちが考えるものと
まったく違う定義だということも お伝えしたいと思います。
優しさとは 何か手伝うことではなく その人の自立を促すという事なのです。
必要以上に手伝うことは その人の自立を阻んでしまいます。

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]


とにかく前だけ見てぶっちぎって参りましょう by CC アイーシャ・ノース経由

ど〜もここ数日調子が悪い、体は重いし、頭は沸騰してるみたいで簡単な計算も億劫…台風の低気圧のせいかな…などとおめでたく思っておりましたが、エネルギー酔いだった可能性があります。

長いですが、重要なメッセージかと思いますので、全文Japanese-The Manuscript of Survivalより転載します。

エネルギー・アップデイト  2014年10月13日

ここ数日は調整が行われていますので、到来中のエネルギー変動が継続していますが皆さんの体調は平常に戻ってゆくことでしょう。エネルギーのコード化作業がフルに皆さんの存在に入り、一時的に身体の調子が後退したとしても霧中の状態がそう長く続くことはなく、いつの間にか平常に戻っているはずです。いまはいわゆる植え込み作業が進行中で、その作業規模は拡大してゆき、さらに速度もどんどん加速してゆきます。そしてその能力を統合してゆく皆さんの能力もまた加速の一途です。この果てしない輝きの流れを抑えるものは何もありません。皆さんは呼吸するたびにエネルギーに満ちた粒子を取り込み続けているのですが、同時に「拡大」と「退去」の間断なき流れの中にいます。つまり、皆さんはこの流れとともに成長しており、同時に身体がしっかり掴んできたものをすべて吐き出しています。かつての存在のあり方にならってわかりやすく言うなら、有機堆積物(排出物、分解物)を吐きだしているのです。今後も、これは皆さんの身体から退出し続けることでしょう。

このプロセスそのものに、興味深い副作用があります。中にはそれについて証言できる人もいますね。寝ている間にマラソンを走っていたかのような、もしくは山でも動かしたのだろうかというような感覚が伴うのです。いろいろな意味で実際のところ、まさにそれが皆さんの行っていることです。このようにして、皆さんは積み荷を軽くするため大変な作業を行っているのです。ですから、一日が過ぎ、夜がきて目を閉じたかと思ったらもう新しい一日が始まるといった具合にこのプロセスは飛躍的に加速し続けています。皆さんの跡には大量のがらくたがキラキラ輝き、皆さんはまさに流れ星のようです。もし私達の視点から皆さんが見ることができたなら、自分が輝く光の点となってどんどん加速している様子が見えることでしょう。皆さんが古い在り方から完全に分離してゆくにつれ、皆さんの跡にはかすかに光る星屑の痕跡がキラキラと輝いています。

繰り返しますが、このプロセスはかつて起きたことのないプロセスです。身体の中にいながらにしてエネルギー振動フィールドを高めてゆくプロセスを経るなどかつてなかったことなのです。ですから皆さんは真の意味において、天空でもっとも眩しく輝く星です。そして皆さんはいままさに空高く飛んでいますが、皆さんはその能力があるからこそこの任務に選ばれた人達なのです。これは偶然引き受けることになった任務などというものではありません。それこそ、神聖なる設計図です。皆さんはこの設計図を実現させてゆく道具となり、役割を果たしているのです。

もう一度言いましょう、すべては順調です。こうして私達が話している間も、皆さんはスピードをさらに加速させるため自らの打上げロケットの炎を煽いでいます。今週は、とだえることなく皆さんのエンジンにさらなる燃料が供給されます。皆さんはただ、なお皆さんの跡に排出され続けている、あの古い埃のフィールドを完全に皆さん自身の領域から手放してしまうこと、ただそれだけを行ってください。古きを排出するプロセスは目には美しいかもしれません、出てくるがらくたは見ているとうっとりするかもしれません。ですが、首を伸ばして後ろを見たくなっても、その誘惑に負けてはいけません。それがいま最も重要な点です。皆さんはこの先の地平線に焦点を合わせておいてください。後を振り返れば振り返るほど、皆さんの旅には暴風雨が吹き荒れることでしょう。

つまり、古いものを後にして飛び立ってください。そしてこの先についての内なるビジョンに視点を定めるのです。チラリと見える、うっとりするような過去のきらめきを見ていてはいけません。そうしていては減速するばかりです。いまやってきている火花のシャワーは、皆さんが間違った方向を見ているとさらに勢いを増して皆さんを力強く押すばかりです。ですから、過去を水に流すために必要なら自らにそのための余地を与えてください。そして皆さんの前方にある未踏の領域に視点を定めてください。この領域は皆さんのものとなるのを待っています。現段階では、この領域は皆さんに馴染みないものと思えるかもしれませんが、このスペースはいま皆さんが想像するよりずっと馴染み深い空間です。それは根源的な真の可能性エネルギーの大海であり、皆さんはこの場所のことを知り尽くしています。この場所は、皆さんが帰ってくるのを歓迎したくてうずうずしています。

皆さんの後に残っているものを忘れれば忘れるほど、その残骸は皆さんの影響領域から早期に解放されます。そして皆さんの前へ、上へと進む旅はさらに速く、さらに軽くなります。ですから手放してください、そして到来する光の流れが皆さんの背中を押して以前のバージョンの皆さんとの再統合を促してくれますのでそれに任せてください。以前のバージョンの皆さんとはつまりピュアで、すべてを包括し、抑制・限界・虚偽というものがまったくない皆さんであり、ピュアでシンプルな光と可能性という皆さんです。ただ今回は、このすべてを、皆さんが身体と呼んでいるその入れ物の中に収めることになります。それこそが皆さんの目指すゴールです。皆さん全員が、そのゴールまでもう手の届くところにいます。皆さんが考えているより、はるかにゴールは近いのです。
日本語訳 Rieko


  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ハートのハミング

昨夜は、最近の突然のエネルギー変化がうまく整理できず、混乱する一方でどうにもこうにもならず、とうとうイエスのメッセージをアレクサンドラ・ソルナードがチャネルした『光の書』を開きました。イエスって、相当シビアでシャープなお方のような気がしているので、こういうどうにもこうにも迷っちゃったわよ〜という時にはうってつけかと。。。

メッセージは「自分自身であること」(項目としては「141次の任務」でした)。
特に最後の
 「この本を閉じて、自分の心に意識を集中し、感じてください。ただ、ただ、感じてください。それだけです。
 特定のことに焦点を絞らずに感じることに慣れれば慣れるほど、自分の魂に素早くつながるようになり、最終的には本当の自分を、自分が地上で何をしているのかを、見出すことができます。」
は、ピント来たので、すぐにやってみました。

翻訳では「心」となっていますが、これ、勿論マインドじゃなくてハートでしょうから、じっとハートを感じてみます…すぐに、ハートがハミングしているのが聞こえて来ます。ありゃま、こんなことは初めてです。

特別に美しいメロディーでもありませんが、ごく普通でゆったりとした心地よいリズムを聞いていると、普段の私が家事をしたりあれこれ何でもないことをゆったりとても静かにこなしている映像も見えてきます。特定のことに焦点をあてないように気をつけて、ただそのハミングを聞いているうちに、自然な落ち着きとリラックスが戻って来ました。最後にハートが至極筋の通ったことを言ってくれたのですが、残念ながら、それは記憶から脱落しちゃって思い出せません。完全に左脳はお休みしてたみたいですね。

でも、それ以来、もとの自分自身の波動に落ち着いたみたいで、おラクになりましたとさ〜☆


  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2014 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -