フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



色々あっても、気分よくワクワクできる? by バシャール

バシャールと言えば、ワクワクの波動、です。ですが、この世界でず〜っとワクワクできる人は、たぶんいません。そのうちそうなるでしょうが、当分は無理だと思います。

でも、こう言ってもらえれば、納得ですよね〜♩

最も重要な事
the PLANET from NEBULAより部分転載)

貴方の反応による”行動”や”行為”はこの物質世界において、とても重要な要素となると、バシャールは話しています。バシャールは、瞬間瞬間を”ワクワク/情熱”を持って行動するように呼びかけていますが、それよりももっと重要な事があると、話します。それは、”情熱を持つ事にワクワクする事”です。とてもシンプルでわかり易いのですが、具体的にどういった事なのでしょうか?

常にワクワクでいる事は、今の私達にはあまり現実的では無いかも知れません。時にはネガティブな感情に囚われてしまい、イライラしたり、鬱に入ったりする事があるでしょう。しかしバシャールは、こう話します。例えネガティブな考えに囚われてしまって何もワクワクを見つけられない場面に出くわしたとしても、決して”諦めてはいけない!”とバシャールは話します。詰まり、例えどんな時でも、”ワクワクでいる事に情熱を持つ”という態度でいれば、必ずや”光”を見つける事が出来ると、話しているのです。貴方が、どれだけ”ワクワクでいたい”のか、どれだけ”素のままの貴方”でいたいのか、という事をもう一度見つめ直し、貴方の原点である、”情熱を持つ事にワクワクする事”を見つけてゆくようにと、バシャールは締めくくっています。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


新しい世界はいよいよ圏内です

今朝の瞑想中に自然にどこからか、湧き上がってきた言葉です。

光が満ちて来ている…
喜びが満ちて来ている…
「いまここ」から喜びと光が、未来にも滲出してゆく…
もう後戻りできない、というのは本当だった。
新しい世界に完全に橋がかかって、後ろを振り向く必要がない…。

去年エネルギーが急に変わり始めて、それまで窒息寸前だったのが、ありゃ?楽に息ができるのはどうしたわけ?などと思いながら、嬉しくて舞い上がっていましたが、ここに来て、すべてが安定し始めている感じが強くします。それは世界が安定するのとは反対で、古い世界が崩壊するのが確実になったという手応えです。わずか二週間の間に惑星間の特殊な配置が設定された、その効果かもしれないと思っていましたが、これだけじゃなかったことがわかりました。

この月食と日食にはさまれたカーディナルグランドクロスの期間は、随分前から特別な期間だと言われていましたが、特にこのタイトなグランドクロスは稀な現象だそうで、結構巷でも話題になったみたいですね。でも今回のグランドクロスよりは緩めでもより多くの惑星が絡んだグランドクロスが、何と今年の元旦、しかも新月に重なっていたとのことで、面白い記事を見つけました。

2014年 二つのグランドクロス
八雲エンライトメントより部分転載)

チャートを見てみると、惑星の集積度合が強く、さらに19年ぶりの新月であることを考えると、4月のグランドクロスより、1月1日のグランドクロスの方が、2014年を象徴しています。

これらの現象を見ると、2014年の特に前期は、これまでの価値観や世界観を捨てていくプロセスになります。そして新しい価値観や世界観を後期において形成したり取得する時期になっていきます。

2014年前半では、これまでの経験から来るやり方や価値観を捨てていくということから、喪失感や無力感を感じたり、実際にモノが無くなったり、人間関係が離れていったりすることが、具体的に起きる時期になります。

しかし、これは、創造的破壊であり、不要なものを手放すプロセスです。なので、積極的に手放していくことが、2014年後半においてスムーズに転換することができるための鍵です。

この変化は、人によっては2013年から既に始まっていることもあります。特に霊的(スピリチュアル)な事柄に敏感な人の場合、早い場合は数か月前倒しで起きることがあります。これは、元の世界(ワンネス)においては、時間というものは過去も現在も未来も同時に存在しているので、グランドクロスという天体現象を無意識的に未来予測してしまうために、時には数か月前から起きることがあります。

もし、手放すことに抵抗するなら、それは自分の意志とは関係なく、強制的に手放さなければならない状況に陥ります。

新しい世界観や価値観においては、物質的な事柄ではなく、精神的(マインド)・霊的(スピリット)が重視されていくことになります。

これは、所有社会から共有社会(シェア)への変化です。なので、持つ(所有する)ということで安心を感じている場合、これからの時代は持たないということへの不安感を払拭することが重要で、持たないゆえの自由を感じる時代になって行くことになります。

2014年前半は、これらの変化に対する具体的なビジョンがまだ確立されていないため、不安や喪失、先が見えないといった感情を抱くことが多くなります。しかし、変化の途中においてこれらの感情が起きるというのは、変化が起きているという証拠であり、問題が起きているのではないということを知っておく必要があります。

新しい価値観においては、「シェア(共有)がベースにある」というのが基盤になります。全ての人はつながっており、全ての自然はつながっています。何かを独占所有するというのは、本来の私たちの姿ではありません。仮にそう見えたとしても、地球上の数億年という長い時間からみればほんの一瞬の夢でしかありません。

つながっている同士であれば、相手に対して行ったことは全て、巡り巡って自分に戻ってきます。ここには分離はありません。分離ではなく、つながっている同士として、人々が社会を作るなら、今とはまったく違う世界、想像もできないような社会がいずれやってくることになります。

まさに、最近強く感じているばかりです。何しろシバ神が好きなくらいで、タロットでは塔と同じ誕生日ですから、破壊と創造には全く抵抗がありません。この十年ばかり精神世界をベースにやってきて、変化して悪くなったことが皆無ですから、変わるのが面倒なことはあっても、怖いとは思わなくなりました。でも、変化は急激よりも緩やかな方が負担がなくて、いいですよね。今私たちが経験している変化は、以前予想されていたものよりは、よほど緩やかです。文句言えないですよ〜。
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


自分と世界を不幸にしないコツ by アシュタール

またまたフォーカス注意報が出ていました。コレ本当に大事なことらしくて、あるいはtomokoにとってだけなのかもしれませんが、もう集中砲火を浴びているようです。しつこいようですが、アーカイブに入れておきます。

超・超ご機嫌な世界ミナミのライトらいとライフより部分転載)

あなたの受け取る情報に気をつけてください。
何気なく目や耳から受け取る情報の中に 
あなたの思考をミスリードしているものがあります。
何気なく受け取った情報から 知らず知らずのうちに思考がコントロールされる
事があります。
特に 映画など視覚に訴えるものは 気をつけてください。
耳で聞く、本(活字)で読む情報より 視覚から入って来る情報は 
あなたのマインドに入りやすく 影響されやすくなります。
イメージしやすくなるからです。

ニュース番組などもそうです・・事故や災害などの場面を 繰り返し繰り返しながされ
それを何気なく見ることで それが自分の降り注いで来るように錯覚しはじめ
そして とても不安になったり 心配がはじまったりします。

大きな台風なども あなたが意識を合わせなければいいのです。
最初は 小さな風の渦巻きだったのが ニュースなどの情報で何十年に一度の・・とか
経験したこともない規模の台風ですと言われ 
その上に過去に起きた災害の映像を見せられることで
その小さな風の渦にフォーカスしてしまい そこの不安と恐怖のエネルギーを注ぎ込む
事になるのです。
そうして 小さな風の渦が エネルギーを注ぎ込まれることで大きくなっていくのです。

ですから なるべくそのようなニュース、映像から遠ざかってください。
あなたが 意識をフォーカスしなければ それはあなたの現実の中には無いのです。
あなたが 意識を向けるものが あなたの現実(ホログラム)に写し出されるのです。

たくさんの映像があふれています・・何かを観るときは ハートで感じながら
観るようにしてください。
何か ハートに違和感を感じるときは そこから離れてください。
ハートが喜ばないときは 離れてください。
無防備に 受け入れないように 気をつけて下さい。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


大脳は自分と相手の区別がつけられない

こりゃあ、いいや! 大脳は自分と相手の区別がつけられない…ほんとかどうか知りませんが、以下のメッセージは役に立つでしょう。

フラワー・オブ・ライフにおける神聖幾何学 DNA活性化と音のパワー
Lightworkermikeより部分転載)

話そう、聞こうとする時の言葉は人間のDNAを変える周波数を出します。DNAには64の遺伝暗号(コドン)があります。感情の波動はこのコドンを活性化します。私たちは2つの感情だけを引き起こします。恐怖と愛は異なる罪(質のミスプリだと思います tomoko注)の波動を持っています。恐怖の周波数は短く、無条件の愛は長い周波数を持ち更に多くのコドンを活性化して体の遺伝パターンを起動させます。だから、宇宙は小学校で習ったような簡単な数式で動き生命で展開します。

(+) + (-) =固定、前進・後退なし。
つまり上の式では、ポジティブなことを言ったりしたりして、その後で否定的なことに換えると感情的に苦しくなります。

(-) + (-) = - では、2つの否定的なことは転落を意味するということです。否定的なことの上に更に否定的なことを重ねると、底知れぬ淵に落ち込みます。

(+) + (+) = + では、2つのポジティブなことは成長増大を意味し、調和をもたらします。自分に対してポジティブなことを言ったりしたりする時は気分が良くなり、その状態が持続します。

しかし、自分あるいは他の人に対して否定的なことを言ったりしたりしても、大脳は自分とか相手とかの区別をつけることが出来ません、そこが意外な盲点です。大脳は自分も相手もひとつの存在だと見なすのです。だから、人に対してネガティブなことを話したり行為に及んだりした場合、自分にした時と同じように、あなたの体はストレスや不安、疑いやパラノイヤ反応を示します。

そのような否定的なことが続くと、身体にストレスや慢性的な不快感を引き起こします。自分にも他の人にも無条件の愛をかけて生きることが松果体にあるクンダリーニの基になるエネルギーを活発化させ、年齢を重ねても様々な第6感が生まれたりスピリチュアルな芸術作品を創りあげたりします。
(中略)
DNA螺旋の間で絶えず無限数学が繰り返し生じています。だから、あなたは人間の経験をする無限のエネルギー的存在なのです。あなたはヒューマン・ビーング(hu-man be-ing)です。人(man)でいる(being)経験の中で神を意味するHuに変化しています。あなたは人において神、女神を統合しているのです。

完全に一体になった人間は悟って輝いています。神聖なものと肉体を併せ持つ先端にいます。だから、愛のある言葉や考え方をして神聖でポジティブな自分になり、無条件の愛の周波数を出してください。個々人のスピリチュアルな意識レベルによりますが、第6感を長時間使うとDNAが活性化します。科学によって長時間のヒーリングやチャンティングのマントラを持続するとそのようなことが起こることが証明されています。それは仏教徒やネイティブ・アメリカン、マヤ人、その他多くの古代のチャンティングで本当のこととして信じられています。問題は、自分に対しても他の人に対しても何を話すかということです。それによって進化を促進させることも出来、逆に阻害することも出来ます。それはあなたが決めることです。

日本語訳 Lightworkermike

大脳が自他の区別をつけられないからなのかどうかはともかくとして、人を憎んだりした時の不快感を思い出してみて下さい。実に不愉快です。ほんと〜〜〜に不愉快でやりきれません。でも、その人がこちらの内側にあるエネルギーを映し出している役者に過ぎず、その役割を超えてその人全体を見た時に、必ず驚くような美点があるはずで、そこに目をやった途端、不愉快さは激減します。

長らく自分の内外に起こることを観察してきて、人を嫌ったり憎んだりすることが自分自身を重くして、ひどい負担になるのは明らかです。その人がこちらの嫌悪をスルーしちゃうだけの器量があったりすれば、それこそ苦しむのは憎んだこちらだけ、というわけで、殆ど喜劇です。相手だけを傷めるということは、絶対に不可能です。

さらに、既に時代遅れな流行になりつつありますが、誰かや何かを批判して気分がよくなる、というのも、例のフォーカスすることがインスタントに実現する、という新しい流れに入ると、エライ目に合うことになりますね。

この世界も、いよいよワンネスの本質が一層はっきりしてくるでしょうから、これまで馴染んだ在り方でも、分離をベースにした考え方、行動は全てNGのようで…。

あ、「神聖幾何学」のメッセージにあるメタトロン二十面体の画像のパワーか何か知りませんが、クリックしてこのメッセージが視野に入った途端、例の振動が激しくなり、すご〜〜〜く気分が高揚しました。メッセージ自体ではないです。何かもっと形而上なエネルギーがこのメッセージに含まれているか、画像の影響だと思います。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


いよいよおかしくなってきました…

今朝明晰夢を見た後、寝たまま瞑想をしていて、とここまで書いて、やっぱり止めようよ〜、とマインドが情けない声で言ってますが、約束しちゃったもんね〜、書くって…。

随分前からツインフレームがシリウスの宇宙船に待機していることは、確信までには至らずとも、何となく感じていました。最近、ソウルファミリーとの再会が近いというような情報は結構見ますよね、あちらこちらで。ああ、そうなんですか〜、みたいに期待するでもなく、無視するでもなく、起こる事は起こるでしょう、と思っていたところが、これです。

見たことの無い惑星が最初に見えて、パワーストーンのラブラドライトによく似てました。地表に降りると、すごく気持ちのよい白い砂地で、ああ、これこれ、これが故郷の土よ…と思いました。ほんの数年前まで、実は砂以外の土、特に泥の類いは苦手で、触るのが苦痛でした。体がみるみる変わり、皮膚も髪も白くなって、羽でできたようなふわっと軽い白いミディワンピースを着ました。この素材は地球にはまだありません。服自体が生きて意識があります。すぐ目の前には青い海が広がり、水に入ろうとすると拒絶されたように感じますが、それは私自身の恐怖だということがわかります。自分の抵抗を捨てると、海も私を受け入れてくれます。底の方に色々あるのはわかりましたが、他にしたいことがあるようで、引き返すと、もうシリウスの宇宙船の中にいました。

中は宇宙船ということが感じられないほど巨大で、白い二つのピラミッドまであります。ツインフレームは、あれはエネルギーをチャージして宇宙船の動力だか何かにするとか何とか言ってました。私自身の過去世だか未来世もシリウスの宇宙船で研究職をしている男性で紛らわしいのですが、こちらは目の青い白い肌をした茶髪でした。明らかに彼とは違い、ツインフレームは肌の浅黒い黒髪です。で、スタートレックのスポックやドビュッシーの若い頃とそっくり。。。スポックの宇宙人的な耳は持ってないようでしたが、特徴的なのは、頭の形です。シリウス族だと言われているアクエンアテンや妻のネフェルティティのように後頭部がとても長く見えました。細長い目をしていて、Mike Quinseyがチャネルしているシリウスのサルーサとも感じがよく似ています。

で、彼が起きたら今日見たことを一部でもよいからブログに書くように、と頼んできたのは、これから、とんでも体験をする人が飛躍的に増えるので、ショックを受けたり混乱しないように、色々な形で事前に情報を伝えてもらう必要があるということでした。。。

って、書きながら本当かい?と相変わらず思ってしまうtomokoでした。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


フォーカス注意報:フォーカスするものに力を与える

昨日「ハートの歌」を書きながら、この場合例の「鏡の法則」はどうなってるんだろ〜?と思いつつも、はっきりしなかったので、その時わかっていることだけで書きましたが、書き終わって台所でお茶なんか作っていたら、ぱっとひらめいて全部わかりました。

やっぱり「鏡の法則」は宇宙の法則で、例外があるのが当たり前の地上の法則とは違います。
自分のエネルギー・ブロックではなくても、ちゃんと固いエネルギーにフォーカスしてました…はい。

電車の向かいの席にずらっと固〜い顔が並んでただけじゃなくて、そう言えば、電車に乗る前後にも、繰り返し固い表情の人には会ってました。でも、とってもわかりにくかったのは(あ、言い訳? 許す許す)、電車の中の人たちと違って、直接話すとほぼ全員がとってもよい笑顔になって、中には心の中で「ウ〜ン、この気の利かせ方は並の親切を超えてる…」とかってうなるほど、丁寧に接してくれた人までいて、ね、わかりにくいでしょ…。

そんでもって、笑っちゃうシンクロにお茶を淹れながら気づいて、一人で受けてました。
ちゃんと昨日の昼間、読んでいたんですよ。答え…。スティーブン・ローサー『リ・メンバー』(浦山剛訳ナチュラル・スピリット刊)の一節です。

第9章 恐れと悪という思い込み
p177
 ある方向に目を遣ると、目はその方向から来る波動だけを受け取るということを束の間の生命体(肉体という形を取って今生を生きている私たちのこと tomoko注)の中から観察してください。同じように、耳も鼻も口もみなさんが目を向けた方向を向きます。目も耳も鼻も口もこれらはすべてとてもパワフルな波動センサーです。(中略)こうしたセンサーを通してみなさんは情報を受け取るだけでなく、共同創造プロセスの一部として宇宙に波動を送り出すのです。これらのセンサーをどこに向けるか、慎重に選んでください。なぜならセンサーの向かう方向はみなさんにとって次に現実となる方向だからです。

この章は、自分自身の恐れによって悪が創造されることを大変分かりやすく書いてあって秀逸でした。私たちが何かを悪いと言うと、そこにエネルギーを投入して生命を与えてしまう。そして、逃れようとしても、それはついてくる。なぜならそれは創造者としての私たち自身のエネルギーとつながっているためで、そうしてその悪は実体化して大変リアルなものになる。。。

そうです、そうです、固いエネルギーに触れて、「あちゃ〜、こりゃ固いわ」と思って、スルーすればよかったものの、マインドが気に入ってしまって、時々思い出したり考えたりしてたんですね。でもね、以前はこんなにパワフルに現実化したりしませんでしたよ。やっぱり次元上昇は侮れないな。よ〜〜〜っくわかったので、これからは気をつけるでしょう。

でもって、またまたシンクロです。今朝見た大天使メタトロン情報です。(Lightworkermikeより部分コピペ)

大天使メタトロン 4月29日 日食 現実化する力が変わる
ANNAMERKABA 2014-4-24

今後数週間、数ヶ月、皆さんの主な関心事は地球の豊かさに方向転換していくでしょう。今まで以上にそのエネルギーを早く大きく創りあげていきます。今後それまでの現実は消えていき、実現速度の早い新しい現実がやって来ます。

自分の考えることに注意してください。望むことに焦点を合わせて見逃さないように心配りをしてください。エネルギーを向けるものがそばにやって来ます。

なので、目の前で展開するシナリオや新たな機会を受け入れながら光の中にいてバランスを保ってください。その時々を大切にしてください。

これから数週間、感謝心を持つことが非常に重要な役割を果たしていきます。感謝するとそれが3倍にもなります。感謝のエネルギーは愛と光と豊かさのヴォルテックスを開き、夢に向かって後押しをしてくれます。

皆さんは現実をコントロールできます。ちょうど今、ガイアに流れる新しいエネルギーを生かすまたとないチャンスです。
日本語訳 Lightworkermike

でも、自分自身の中のエネルギー・ブロックはスルーできません。フォーカスしないのはただ抑圧していることと同じで、さっさとヒーリングしないと、無視するなあああ!と言って化けてでます。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ハートの歌

今日は久しぶりで電車に乗りました。

tomokoが移動するような時間帯ですから全然混んでなくて座れましたが、腰を下ろしてすぐに、向かいの座席にずらりと並んだ不機嫌そうな固〜い顔に気づきました。
あ、そうだった…自分ちにこもって365日ご機嫌ちゃんな鳥なんかの相手をしてると、忘れちゃうんですよ。。。

マインドはすぐに、「ありゃ〜こんな固いエネルギーに囲まれちゃうと辛い」などと心配し始めますが、ハートが間髪を入れずに「今日のこの一日が皆さんにとって、とても満足で健やかで幸せなものになりますように」とか何とか、お気楽な能天気そのものの朗らかさで長々と祈り始めました。

で、最後に「あなたたちが存在してくれているから私も存在できます。ほんとに有り難う!」と言いました。もうマインドは完全に混乱していて、あんたいったい何言ってるわけ?みたいな感じで全然理解できません。でもどこか深〜いところで、それが本当だということがわかっている感じの方がずっと強くて、マインドの負け。まだうまく言葉になりませんが、大きな無限大の円を全ての存在で構成していて、その人たちがいなければその円に含まれている私も存在し得ない、という感じでした。これってワンネスですね。

で、面白いことに、こんな可笑しなマインドとハートの無言の一人芝居をしているうちに、ふと気づくと、向かいの座席の固かった顔が変わってる…。若い女性は明らかにさっきとは打って変わって、何かよいことでも思い出したような楽しそうな顔になっていました。暗く縮こまった感じの中年男性は、女性ほどの変化ではありませんでしたが、少しリラックスした感じ。。。でも、わかりません。全員何とか座れて、ゆっくり腰掛けて美しい春の景色と明るい光に満ちた空なんかを見ているうちには、伸びやかなほっとした気持ちになりますから。

この頃、マインドも自分の、というよりは何だか自分にくっついているオプショナルな機能のような気がしないでもないし、ハートにも距離感があります。今日、マインドが「うわあ、こんな固いエネルギー」とかって騒ぎ出した瞬間に操縦桿を奪い取って、歌うように祈りだしたのはハート自身がしたことで、tomokoはただ、そっちの方が気分がいいから、マインドじゃなくてハートの声を聞くことにしただけです。じゃあ、このどっちにも距離感を感じているあたしは一体何なんでしょうね?

以前は、情報が欲しくてハートに耳を澄ませたものですが、最近になってハートはハートのすごくよく響く気持ちのよい声で色々勝手にしゃべってます。その響きのよさと言ったら…でも、こればっかりは、どうにも伝えようがありません。でも一人一人にハートはあり、その声を聞くことができるのですから、伝えられなくてもいいですよね。

その響き方は宇宙に響き渡るようで、これなら宇宙に直接伝わって望みなんか容易に叶うわけです。ハートが望むことを妨害せずに、そのまま歌わせてやったら、全ては順調にベストのタイミングで実現するんでしょう。まだハートの声のパワーを感じ始めたばっかりなので、これから何が起こるか楽しみ〜。。。ハートの声には、強い波動が感じられて、周囲の空間を実際に震わせている感じがします。マインドがどんなにわあわあ騒いでも、こんなにパワフルじゃない…というか、やっぱり次元の違いでしょうか。。。マインドの思考にも明らかに現実化の力がありますが、それはとても佶屈なエネルギーで、疲れる。。。ハートの歌はとても伸びやかで、時間でも空間でも楽々と超越してしまうような軽やかなエネルギーです。これを多くの人が使いこなすようになったら、きっとここは…間違いなく地上の天国です。
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


光の直撃を受ける前の不快感

今アイーシャ・ノース経由のCC情報を見て、確認できたことがありました。
エネルギー・アップデイト 2014年4月23日付けです。

強烈な光が入る直前にその圧力を敏感に察知してマインドがパニックになったり、ひどい不調和を引き起こす。。。これは、今に限ったことではなくて、自分自身の深いところで動きがある度に経験していたことです。最初のウチは、辛くて辛くて大変でしたが、ああ、またあの竹の節に来てる(竹って節があって、その上下はのびのびしてるでしょう)わけね、と思えるようになってからは、受け入れる体勢になって随分楽になり、自分の生活や周囲に悪影響を及ぼすことも少なくなりました。そうこうしているうちに、次元上昇が加速して、また自分自身の浄化も散々したので、これと言って原因が無いのに、こういう竹の節状態というのが時々あり、ああ光が入っているんだな、とは思っていましたが、今日のCC情報はそれを裏付けてくれました。

全文は長いので、一部だけJapanese- The Manuscript of Survivalより転載です。
今回のような変化が差し迫ってくると、そのエネルギーの響きを先に察知し、皆さんの内部にある警報が作動します。光が近づいてくると必ず、その圧力の高まりが先にやってきてどんどん圧力が増加します。地震が起こる時、とても敏感な動物は人間よりもずいぶん前にその動きを察知しますね。同様に皆さんの内なる存在は、到来する「光震」の前兆に反応します。ですから警報が作動し、攻撃・逃避本能は起動します。皆さんのホルモン・パニック電車は駅を発車し、加速してゆき、皆さんもそれに引きずられてゆく。そんな感覚が生じることでしょう。言い換えると、この到来するエネルギーがやってくる時、その前兆として「不安がほとばしる」人が多くいます。ですからマインドは最悪のシナリオを作り始め、また炎に油を注ぎます。いかにもマインドのやりそうなことですね。

もう一度繰り返しましょう、内に行ってください。私達が言っている内とは、内なる核、皆さんがいま泳いでいるその不安の層は比較的浅いところで、内なる核はもっと深くにあります。深い層にある、湖のように静かな水をたたえる場所を見つけ、そこで穏やかに浮かび、やってきている光の粒子を吸収する準備を整えてください。この光の粒子は皆さんの内なる炎をまったく新しい形で輝かせてくれます。この内なる炎を恐れる必要はありません。その炎は過去の屑を燃やすだけで、より高次な真実に向かって浮かび上がってくるものに危害を与えたりはしません。炎は眩しく輝いていますから、そのパワーに皆さんは一瞬は目がくらむかもしれません。しかし、この新しい眩しさにすぐに慣れるでしょう。皆さんはやがてこの光を惜しみなく飲み始め、その素晴らしい味を味わえるようになることでしょう。
日本語訳 Reiko
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


一人で静かにしてなさい、と言われた理由

今PCを閉める前に、とミナミさんとこに寄ったら、またまたタイムリーな!
先月からガイドに「出来るだけ一人で静かにしてなさい」と言われ、実際一人でのんびりするのは得意中の得意なので、事情が許す限りそうしていました。一人の静かな時間が取れないと思いっきり調子が狂ってしまい、ちゃんとゆっくり静かにすることができれば極楽モードと、そう言えばかなり極端でした。それもちゃんと筋が通った話だったんですね。

星の並びの影響だったのね…
ミナミのライトらいとライフより前後を省略して転載)

エネルギー場で 大きな大きな変化が起きています。
太陽、テラ(地球)の地場 星々の位置 などの影響も大きいですが、
あなた達の共有意識のエネルギー場の変化も大きな波となって
変化を推し進めています。
感受性の高い方は 身体や精神的なところで 不調を感じたり 不思議な感覚を
感じたりしていると思います。
(いつも言いますが 感受性が高い方を 特別な方だと言っているのではなく
それは個体の持つ個性の問題ですので 特に感じないからと言って
間違っても自分はダメだなどと思わないで下さい。辛さに強い人も 苦手な人も
いるのと同じことです。)
特に 今何も感じていない方も この波の中にいます。

それは あなたにとって慣れないエネルギーを受け取っているというだけで
何も心配することはありません。
今までよりも 強く 大きなエネルギーですので その刺激でいろいろな
所に不調、違和感を感じているのです。
ですから このエネルギーに慣れてしまえば 不調、違和感は消えていきます。
抵抗しないで あなた自身に任せてください。
あなた自身(身体 ハート)は この波の乗り方を知っています。
リラックスしていてください。
じたばたすれば 反対におぼれてしまいます。
マインドを静かにさせて ハートに身を任せていてください。

そして 出来る限り静かなところで 一人の時間を作ってください。
あなたのエネルギーフィールドの中に 繭に入るようなイメージでいてください。
その安全な繭の中で ゆったりとゆっくりと過ごすようにしてください。

感覚が鋭くなっていると 他の人のエネルギーフィールドの影響を
受けやすくなり 他の人の思考エネルギーを受け取って混乱してしまったりしますので、
繭のイメージはあなたにとって とても助けになります。

この状況は このエネルギーに慣れれば楽になります。
このように 新しいエネルギーの刺激を受け それに慣れていくと
また 次の強いエネルギーが来て それにまた慣れて・・というように
少しづつ 階段を上っていくように軽く 強いエネルギーになっていきます。

このようにして 少しづつ5次元的領域の波動エネルギーに慣れていくのです。

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


Stranger to my room あるいは調和の静けさ

最近は極楽な引きこもりモードで、運動不足だけはちとまずいな…と思っておりますが、お茶を飲みに出かけることも激減しました。それでも一カ所だけ、毎週くらいお訪ねするカフェがあります。

最初行った時は、あれまあ、こんなにぴったりの場所がよくありましたね…と驚きましたが、あるものなのですね。週末三日だけの営業なので、上高地よろしくオフの間に空間もご主人もリフレッシュして、いつもお店は朗らかなエネルギーと一緒に、静かで素敵な音楽も漂っています。白砂糖を使った大量生産のお菓子は、後が非常に悪いので困りますが、こちらは全てご主人のお手製で、甘みもきび砂糖やメープルシロップ。ここでしかいただけないようなイギリスの家庭的なおやつまで、月替わりで楽しませてもらえます。常時三種類ご用意なさっていますが、そのメニューの前でうんうん選択に苦しむtomokoを見て、ご主人を笑わせたのも数知れず。素晴らしい紅茶が、それもかなり頻繁に入れ替わり、小さいけれど、公園の緑が見える明るい窓や、高い天井など、スペース的にもすご〜くぴったり。

あ!と思ったら、すぐにキッチンの前にあるカウンターに飛んで行って、iPodをチェックしないといけません。2000曲がランダムの設定になっているので、気に入った曲があったらぐずぐずしている余裕はありません。そういう経緯で手に入れたCDの二枚目がシンガポールのクリエーターsonibratのStranger to my roomでした。最初の一枚も延々一月以上聴き続けましたが、これもそうなりそうです。聴いても聴いてもまだ聴きたくて、鳥がよく文句を言わないでいてくれる、と思いますが、一日中繰り返し鳴っています。

昨日、とっても変わったジャケット・カバーにあった曲の解説を読んで、すごく驚きました。
I often feel like I am air.
My physical existence is but a bodily experience, a space within a space.
My mind becomes omnipotent within this space and I feel I'm here and not here, or just being present.
Sometimes in reality I dream and I cease to exist.
(よく自分が空気のような気がする。自分の物理的な存在は、しかし空間の中にある空間としての身体的な経験だ。この空間の中で、マインドは偏在となり、ここにいてここにいない、あるいはただ現在にいるような感じ。実際、時々私は夢をみて、存在することを止める。)

そっか〜、とため息をついて、しばし微笑みの中に溶けてゆきます。
同じようなことを思って、感じて生きている人は、すごく少ないと思っていましたが、案外そうでもないのかもしれません。昨日でしたか、アシュタールのチャネラー、ミナミさんとポプコン情報の八多恵子が同じような、特殊なほわほわ感を感じるようになった、と書いているのを見て、あ、一斉に始まっているのかな?と思ったところです。何でもなくて天国な日常、すべてが調和の中にあることをどこかで知っていて、心底安心でゆったりと穏やかに、何もこだわりがなくひっかかりもしない。どこか果てしのない異空間を同時に感じているような、不思議な浮遊感…。

同じ感覚を持っている人が作って演奏していれば、そりゃあぴったり来ますよね。。。
Stranger to my roomの試聴ができます。
KITCHN LABEL KI-13 sonibrat/Stranger to my room
https://soundcloud.com/kitchen-label/sets/ki-013-sonicbrat-stranger-to
ちなみに4曲目Wake Up to Sleepはウチの鳥のお気に入りです。ほんとに無邪気で楽しい彼のエネルギーそのもの…。私も好きになりました。上に訳した解説の曲は6番目Being Airです。一番のお気に入りは最初のGeometryですが、最後のA Matter of Timeもすごく好き。

今日明日とタイトなカーディナルグランドクロスに当たっていますが、これを聴いている限り、穏やかで平和な極楽モードが続くようで…。
  1. Music!
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


続々 探しものはなんでも、必ず見つかる…内側のここに

大学院時代、お世話になっていた人に、将来どんな風になりたいかと聞かれて、正直に、ゆったり家のことなどをして毎日を楽しく過ごしたいと言ったら、こんなに学費もかけてもらって能力もあるのにとんでもないと叱られました。確かに大学と大学院に13年もいさせてもらいましたから、叱られなくても、人一倍仕事をして…といつの間にか思い込んでいました。

で、今…何のことはない、その正直な希望が叶っています。
これを書いているだけで、に〜んまりしてしまいます。。。tomokoは本当にtomokoらしい環境にゆっくりくつろいで、部屋など整えながら、読んだり書いたりして、オカメインコと植物を愛でて…たまには面白い体験をしてリフレッシュするための旅行に出ることもあるでしょうが、そんな暮らしが本当に性にあっているようです。

自分にぴったりの場所で性にあった暮らしをして満足していることは、とても大事ではないでしょうか? そうすることで、容易にリラックスして本来の自分自身でいられます。本来の自分自身でいて、ゆったりと本来の呼吸ができれば、内側の「それ」につながるのも簡単です。「それ」につながって、ユーフィーリングをたっぷりと吸い込めば、何でも望みは叶うような気分になります。で、きっとその通りになります。もっとも、こんなに満足した「「いまここ」にいると、望むことも無かったりしますが。。。
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


続 探しものはなんでも、必ず見つかる…内側のここに 

一昨日、昨日と殆ど同じような事をしていたのに、一日の気分としてはとても対照的な面白い経験をしました。
唯一違ったのは、一昨日はプチ・イングリッシュガーデンと名付けた、ベランダに拵えた庭もどきと外の新緑を眺めながら30分ほどゆっくりお茶を飲んだり、「それ」を感じながら、のんびりしたことだけ。

一昨日はこれをした後寝るまで、緩やかな自然な流れに包まれるような気分のよさが続きました。翌日は、あれこれしているうちに、お茶は飲んでもPCしながら、とかで終わってしまい、自分自身の内側にある永遠に輝き続けて滋養をあふれさせる喜びにきちんとアクセスできませんでした。やっぱりちょこっと瞑想や、情報を取るためのリーディング瞑想だけでは、全然足りないようです。

でも!こんなことで、一日分の喜びや幸せ、元気が補給できるって、超有り難いと思いません?他にほんとに何も要らないんです。ただ本来の何も屈託のない自分自身でリラックスするだけです。窓から見える美しい景色でも、美味しいお茶でも、静かに毛繕いしている大事なペットでも何でも、大好きなもの、落ち着かせてくれるものは、自分自身の本来の波長と同調するのを助けてくれます。夜ならたった一本のろうそくの炎でも充分だし、何もなければ、ただ目をつぶってそうしたものを思い出すだけでも効果があるでしょう。

これと反対のことをどれだけやってきたでしょう!?
何をしても本当の満足からは見離されていて、辛いことを山盛り経験して、ひどく傷つきました。人も傷つけたし、大変な努力を死ぬほどしても、こんな安心や満たされた感じ、幸せに到達することはありませんでした。世間の常識通りに、人からの評価や経済力や愛してくれる人などを得ようと、どれだけ努力したでしょう。でも外側にあるいわゆる「良いもの」と内側にある永遠に「良いもの」をそれぞれ体験すれば、それぞれがあまりに違うことに驚くようです。外側にあるものだと、大変な努力をしてようやく手に入るものもありますが、内側にあるものはもとから内側にあるし、あり続けるものだから、努力する必要はありません。ただゆっくり呼吸をして、そこに戻るだけ。

あまりに喜びが大きくなると、本当ならそれに降参してしまえばすごい飛躍があるのでしょうが、容量オーバーではちきれてしまいそうで抵抗している自分を感じたりします。

でも、その喜びの理由は…何もありません。

ただ、曇り空からぽつぽつ落ちてくる雨を受けている赤い葉をつけた木を見ているだけで、その葉っぱの様子が嬉しいというよりも、昨日のアシュタールのメッセージのように、感覚に集中することで内側の源につながってしまい、受け取れる量をはるかに超えた莫大な喜びのエネルギーが流れて来ようです。これを、抵抗無しに、そのままぜえ〜〜んぶ受け取れたりしたら、すごいことが経験できるのかもしれませんが。。。
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


探しものはなんでも、必ず見つかる…内側のここに 

井上陽水の「夢の中へ」(作詞作曲井上陽水)という歌があります。

探しものは何ですか?
見つけにくいものですか?
カバンの中もつくえの中も
探したけれど見つからないのに

まだまだ探す気ですか?

(中略)

休む事は許されず
笑う事は止められて
はいつくばってはいつくばって
いったい何を探しているのか

探すのをやめた時
見つかる事もよくある話で
踊りましょう 夢の中へ
行ってみたいと思いませんか?

(後略)
(これ、コピペじゃありません。手動!です(笑)。
いくつかのサイトを同じように試しましたが、恐らく強力な著作権保護の関係でしょう、コピペができないようになっています。でも、作者の名前をきちんと出して、略した部分も指示してありますから、引用の手続きとしては問題なしでしょう。厳密な文献引用となれば、どこのサイトからとアドレス表示まですることになりますが、そこまでする必要を感じません。)

陽水は「夢の中へ」と歌っていますが、1973年作詞ですからね…大昔です。実際ほんのちょっと前まで、探しもの、あるいは本当のでなくてもそれに近いものを見つけるためには、「夢の中」へ行くしかなかったのかもしれません。

でも今はもう違います。
いつだって簡単に見つかるし、「それ」が失われたりしないこともわかっているから、心配になったり焦燥したりしなくてもいいです。こっちの意識が曇って「それ」を見る目が失われることがあるだけです。寧ろ「それ」を感じて、「それ」とともにいることが本当の現実に生きていることで、意識が曇った気絶中の方がはかない夢になっています。完全な逆転…これを体験したくて、苦労してこの世界に来た人たちも多いんだと思います。こんなすごいことを本当に体験できるなんて…まだまだすごい事がこれからも続くようですが。ここまで来れただけでも、かなり満足な気がします。

陽水の「夢の中へ」を聴いてみたい方のために、YouTubeのリンクを張っておきます。
陽水の歌も素敵ですが、ライブ会場の様子がこれまたすごい…70年代?80年代?ファッション(^^;)…楽しめるかも。
厚生年金会館ライブ(1980年 東京)
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


アセンション

もう一つ、St.ジャーメインのメッセージをコピペしておきます。

アセンションについては、散々いろいろなことが言われていますが、多分人によって、ピンと来る情報とそうでないものが結構はっきりしているのではないでしょうか? 自分に合わないものはスルーしとけばよいので、あれやこれや批判せずに合うものだけいただきま〜す、というのがtomokoのスタンスです。たぶんこのブログを読んで下さっている方達はそこらへんの感覚が近い可能性が強いので、これは気に入りました!というような情報は、もう少しこまめに転載しようかとも思うのです…が、自分で書きたい事もあったりするので、どうなるかな…。

アセンションはあなた St. ジャーメイン
Méline Lafont 2014-4-20
Lightworkermikeより部分転載)

アセンションは、例えば誕生パーティなどのある特定の日や特別な日に起こる出来事ではありません。どうかそのことを覚えておいてください。またそのパーティに遅れて皆が楽しんでいる時に間に合わなかったとしても、問題ありません。

アセンションは延期されたり経験出来ないというような出来事でもありません。それは毎日、瞬間毎に起こりつづける過程なのです。あなたの細胞、あなたそのものが、変化し新たになること、気づき悟ること、成長することなのです。

アセンションはあなたの中でいつでも起こります。笑っている時や喜んでいる時、楽しい時、幸せを感じる時、愛の心でいる時、瞑想している時、人を愛する時、自分を愛する時、受け入れ、許す時、こころの中で知る時、叡智に気づく時、自由になって大きくなる時、それがすべてあなたの中の美しさで外の世界に表れます。アセンションは、あなたが神であること、神聖で意識があり、あなたは大いなるすべてであることを悟り、知ることです。自分の多面的な所を受け留めること、あなたのすべてが今にあることを大切にすることです。

アセンションは自由になること、尊重すること、あなたの内なる神殿、自分の中に太陽が現れることです。だから毎日、瞬間毎にあなたは存在して気づいている。そういうあなたが心から憧れるあなた自身です。その時にあなたはアセンションします。ただいることによってアセンションしてください。するといつも今の瞬間にアセンションします。遅すぎるとか延期、キャンセルされてしまうということはなく、それが無限の存在としてのあなたです。アセンションがあなたであることが分かれば、すでにあなたは自由です。

自分で決めた考え方や限界に縛られずに自由になってください。するとアセンションに遭遇し、あなたは常にアセンションしていることが分かります。皆さんは、早くアセンションしたいと思い、またはっきりこれだと感じたいと思います。それは、自分の中ではなく外に確証を得たいからです。すでに「ある」としたら、どうやってそれを証明するのですか? すでにあなたの中にあり、それは、「あなた」です! アセンションはあなたでありあなたは生きた意識であるとしたら、どうやって、なぜそれを証明する必要があるのですか? あなたがいるということ、あなたがいれば、アセンションはあります。

日本語訳 ライトワーカーマイク
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


やっぱり瞑想です

ここのところ、個人的にも繊細な感覚に注意を払うようになどというガイダンスが来ています。もうがやがやバタバタの世界で、洗濯機の中に放り込まれて何がなんだかわからないようなことは、終わり、ということでしょう。かしこまって瞑想、などと言う必要はないですが、心を鎮める、あるいは静かな心、というのが日常的に当たり前なのが、新しい世界なのだと思います。

アシュタールは今日のメッセージ「瞑想が大きなカギとなります」で、「瞑想と言うのは、マインドを静かにすることです」と端的に言っています。脚組んで座ったりしなくても、心が静かなら瞑想状態です。何でもしながら実は瞑想状態、というわけですね。以前はとてもハードルが高くて、そんな…と思ってましたが、何だか可能に思えて来たから不思議です。

アシュタールのメッセージの一部をミナミのライトらいとライフから転載します。余裕のある方は、是非サイトに飛んで全文ご覧下さい。

瞑想と言うのは マインドを静かにすることです。
マインドを静かにさせることが出来れば どんな方法でも構いませんが、
一番簡単で 誰にでも出来るのは 今 何を感じているかに集中することです。
つまり 感覚にフォーカスするということです。
感覚にフォーカスしていると マインドが働きません。
(中略)

ちょっと 意識を感覚に持っていけば たくさんの感覚を感じるでしょう・・
その感覚を研ぎ澄ましてください。
感覚にフォーカスしていると ”今ここ”に意識を持っていくことができます。
”今ここ”に意識を持っていくことが出来れば 未来も過去も気にならなくなります。
今 この時を しっかりと生きることが出来ます。

そして 感覚を研ぎ澄ましていくことで 
感覚はたくさんの情報をあなたにもたらしてくれます。
感覚が研ぎ澄まされ 肉体的な感覚を超え 超感覚的なところを
感じることが出来るようになると 今まであなたが感知していなかった存在と
繋がれるようになります。
そして そこからたくさんの情報を得ることが出来るようになります。
今まで 感知できなかった存在・・それは あなたのハート、ハイヤーセルフなどです。
肉体ではないところの エネルギー場でのあなたです。
高次元に存在するあなたです。
エネルギー場のあなたは 肉体的な場のあなたの知らない情報を知っています。
それが あなたの真実です。

これが 感覚を研ぎ澄ましていくと、感覚にフォーカスすると 5次元領域を
思い出す大きなカギになるという意味です。
感覚を研ぎ澄ますために 瞑想をしてください。
瞑想とは マインドを静めること・・・今 この時を感じるということです。
マインドは 3次元領域のあなたの思考で 感覚は5次元領域のあなたの思考です。
今までは マインドに頼り マインドを主としていましたが
これからは 感覚を主としてください。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ただ一人のユニークなあなたの真実

今は本当に特別な時です。自分自身の真実と出会いたい人は誰でも、アクセス可能で、類い稀な祝福を受けているように感じられます。

自分の真実とは無関係なあれやこれやの騒音から遠ざかれば、簡単に「それ」は手に入るような気がします。tomokoも15日の月食直後だったでしょうか、自分の前に延びる道が異様にはっきりとしました。これまでも自分がしていることに迷いは無くて、本当にどうしたわけか、かなり常識とはかけ離れたことをしているにもかかわらず、安心や確信が揺らいだことは無かったので、これでいいとは思っていたのですが、よく見えていたわけでもありませんでした。それが、今回の宇宙の大サービスで、曇りガラスがきれいに磨かれて視野がはっきりしたような感じです。

人それぞれ、本当にただ一人のユニークなギフトや奉仕があるので、他の人と比べるのがナンセンスなのは勿論ですが、他の人を見ても自分自身のお宝が見つかるわけでもないので、外側にフォーカスすることを洗脳されて長いと、方向転換はちと腕力が要るかもしれません。でも選択肢は他にないんですよ〜。。。自分は本当は何がしたいのか?どんな世界に生きたいのか?ほんとはよくよく知っていることなんですが。。。押し付けられた価値観や信じ込んでしまった常識やらが邪魔をして、見えにくくなっているだけです。もう宇宙は出血大バーゲン、じゃなくて、出血大サービス中なので、これを利用しない手はありません。今がチャンス!です。お得ですよ〜〜〜♩

一人一人が特別でユニーク
レディ・ナダ
Fran Zepeda 2014-4-18


宇宙の魂の中でもあなたは特別です。一人一人が特別です。誰もあなたが差し出すものを持っていません。それを知って、人に与えようとする心になることが重要です。隣にいる人や友達、同僚、愛する人に何と言われようと何をされようと、その人たちがどんなことをしていようとも、そのような心になってください。自分は個性的で人にはないものがあることは分かっているのです。

この大きな変動の時には、それを認めることが特に大切になります。あなたには誰にもできない目的、使命があります。全体と一つに(ワンネス)になって、すべての魂とひとつになって自分も何かを提供したいと心が動きます。そうして大きなパズル全体にピタッと合うのです。それで素晴らしいワンネスが完成します。

だから、「これでいいの?」「自分がそれに値するの?」「何をすることになっているのだろう?」などという不安を払拭してください。皆さんに求められるのは、殆どの場合自分自身でいること、自分らしくなることです。躊躇わず、出し惜しみせず、愛を持ってガイアに繋がり、宇宙、多元宇宙に繋がってください。自分の役目を果たすことは、時に何も ‘しない’ ことでもあります。リラックスして自分がユニークであることを認めることで自分がもっと大きくなります。内なる自分の声を聞くことで何かあれば次にどうすればいいかが分かります。そうやって簡単にあなたの中から流れ出してきます。

今、言わば待機していることが必要です。外の雑音は雑音でしかありません。自分らしさが感じなくなり、ベストでいられなくします。自分が一番いい状態というのは他の人と比較することで分かるものではありませんし、比較できません。

あなたは愛され、声援を受けています。あなたがいなければ、それは分かりません。だから直感的にそれを知って、穏やかになり、この時にこころを開いてください。これから見えないところだけでなく、実際に目の前でたくさんのことが起こります。もう、起きています。あなたもその中にいます。安心してください。楽しんでください。あなたは「ひとつ」です。

皆さん、以上ですが、愛と祝福を送ります。この重要な時を楽しんでください。また応援に駆けつけます。自分の中心にいて落ち着いて、体の栄養になることをして、したいことをしてハートの歌を披露してください。

あなたはこの驚くべき時の舵を握る船長、マスターです。何をしたらいいかを知っています。自分を受け留め、流れるように変わってください。これからまたお会いできるのをワクワクしています。自分を愛し、お互いを愛し、ガイア、宇宙、多元宇宙を愛し、一つであることを感じてください。あなた方は、私たちなのです!
皆さんを常に愛しています。
Namaste’
I AM Lady Nada
©2014 Fran Zepeda.

日本語訳 ライトワーカーマイク
Lightworkermikeより全文転載
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ぞわぞわぞわ〜?のエクスタシー

昨日、スザンヌ・リーの「ポータルの向こう パート2 ギャラクティック・アース2014年4月2日」を読んでいて、高次の地球へのポータルに入った瞬間のジェイソンの次のようなコメントを見て、はっとしました。

突然、身体中の細胞が高次共鳴に同調をし始めた。不快な感覚はなく、実際のところ陶酔感を感じていた。身体全体が霊的なオーガズムを得たようで、でもセクシュアルでもない。

もっと精神的・感情的な感覚で、でも体内の感覚でもあった。この経験を説明しようとしても意味はなしていないのはわかっている。でも、ぴったりくる言葉が思いつかない。まるで細胞一つ一つに分解されてゆくような感覚だった。
日本語訳 Reiko
JAPANESE Awakening with Suzanne Lieより部分転載

この感覚、精神的なエクスタシーと表現してもいいかと思いますが、自分の軸にはまった時に感じるぞわぞわっとする感覚ととてもよく似ています。以前は瞑想中などに時々感じるだけでしたが、少し前、たぶん去年あたりからだと思いますが、感じようと思えば簡単に復元できるし、エクスタシーを求めなくても、自分自身の軸に戻った時にはいつでも感じます。本当に自分の世界!と感じられるような音楽を聞いたりするだけのような、ごく単純なきっかけでふと感じることもあるし、かなり頻繁です。

明らかに普段生きている感じからすると、エクスタシーとしか言いようのない開放された気分の高揚というか、何と言うか天国モードの、ほらあれ!ユーフィーリングです。

随分前に読んだHathor(日本ではハトホル)情報で、「私たちの世界では、感情はエクスタシーより高い周波数のものしか存在していません」とか何とかあったのも思い出しました。その時はわからなかったけれど、きっとそうなんでしょうね…。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


目に見えないエネルギー受信のおはなし

前回、オリオンの高等評議会の微妙なエネルギー、情報を受け取るためのガイダンスについて書きましたが、それと関連して、もう少し目に見えないエネルギーの受信について書いておこうと思います。

ちょっと前に、ネットをしながら、あれ?これってチャネリングやエネルギー受信ともしかしておんなじ?と思ったことがありました。ウチの環境は無線LANですから、コードも何もつながってません。でも、クリック一つで必要な情報につながって、大容量でも一瞬でPCはダウンロードしてしまいます。ごく単純な信号の複雑な組み合わせをPCのプログラムが変換してくれるんで、わかるような絵や字になるという仕組みですよね(間違ってたりしてね〜、あたしゃ、心底PC音痴)。でもその信号自体は目に見えず、そこら中を飛んでいるのに気づきませんが(誰か色でもつけてよ〜)、PCの電源を入れて情報にフォーカスすれば、その情報を吸い込むことができるわけです。

そうです。フォーカスするだけ。誰もPCを疑いません。このサイトって、クリックするだけ。
チャネリングやエネルギー情報の入手もおんなじだと思います。自分自身の能力を知らなかったり、疑うので、できないだけです。でも、一つだけPCよりも難しいことがあって、それは自分自身の周波数の問題です。

これはラジオが一番わかりやすいたとえになるかと思いますが、自分自身の周波数が合うチャンネルしか聞けません。向こうがこちらに合わせて周波数を落としてくれるので、自力では届かない情報もキャッチできますが、それも限界があるのは当然です。私たちだって、あまりに自分の世界と合わない場所に長居すれば、激しく消耗しますし、悪くすると自分自身を傷めてしまいます。

でも周波数の調整は、この時点ではもうそんなに難しいことではないと思います。長年やってきて、こんなに楽な時は経験したことが、たぶんありません。世界のエネルギーがものすごく軽くなって、以前は重い扉に全身の重みをかけて開けないとダメだったようなことでも、はいよ!くらいで済んでしまうようです。

まずは自分の気持ちを重くしたり、感情を波立たせるような事から遠ざかることだと思います。わーわー人が怒鳴っていたり、肉体的な虐待!(殺人事件やレイプがエンターテイメントとして見せ物になる文化って、文明でしょうか?)まで含むようなドラマやニュースを映像として見ることは、いかがなものでしょうか? ティクナットハンは、繰り返し、自分が摂取するものは、食べ物に限らず情報でも何でもよく吟味するようにと言っています。穏やかに生きたければ、穏やかなものを摂取する必要があるし、朗らかで幸せに生きたければ、朗らかで幸せなエネルギーにいつも浸っていることを選ぶ…間違っても誰かがひどい目に遭わされていたり、弾丸が飛び交うような恐怖の世界に紛れ込まないようにするのが筋が通った話というものではないでしょうか? 映画の中のこと、ドラマの中のことだとわかっていると言っても、そうしたエネルギーに自分をさらすことがいかにリスキーか、目に見えないエネルギーに敏感になるにつれて、クリアーになるでしょう。子供に見せられないものは、大人も見ない方がいいと思うのですが。。。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


みんなサイキック〜♩ ちょっとしたことから始めよう

ここのところ色々用事が重なったり、エネルギー調整がうまくゆかなかったり、体が重かったりしてブログが書けず、材料ばっかり山盛りたまり、その上ヒット〜!!と叫びたくなるような情報を今見てしまったので、随分遅いけれど、これ以上溜めておけません(^^;)?ので、コピペします。

かなり長いので、途中だけですが、それでも充分長い…。余裕のある方は、是非サイトに飛んで全文お読みください。

要は、普通にお暮らしの方々が、チャネリングをしたり自分自身のガイドや見えない存在から情報を得ている人たちを特別視して、自分はできないと思い込んでいる、その思い込みを突破する簡単で効果的な方法の具体的なアドバイスです。みんな持ってる能力だということは確信してましたし、このブログでも何回か書いてますが、オリオンの高等評議会が教示する方法は、本当に効くはずです。あとは、素直にやってみるかどうかだけ。。。これを読んだ皆さんがチャレンジして、最初ちょっと難しく感じても続けてゆかれれば、その先にあるのは、みんなサイキック〜♩なので、もう特別にサイキックと呼ばれる人は存在しないことになります。いいですね〜。こんなことだけで?と言わないでください。最初の一歩無しに何も始まりません。でも始まれば、あとは続けてゆくだけ。止めさえしなければ、育つべきものが育ちます。

では、どうぞ!ソウルカメラのblogより部分転載です。

オリオンの高等評議会~微妙なエネルギーに対する気付き
2014年4月17日 ホーキンス・マーウッド経由

Channeled by Holly Hawkins Marwood
Transcribed by Paul Marwood

自分がいつも習慣的にしていることを見つめ始めるように、我々はあなた方にお願いします。ちょっと失速して、自分が習慣的にやっていることの、そのエネルギーを感じ始めてください。例えば、あなたは毎朝起きて、冷蔵庫に行って牛乳を取り出すとします。それからあなたは戸棚へ行きます。シリアルを取り出します。シリアルをボウルにあけます。そこに牛乳を注ぎます。あなたはシリアルを食べて、珈琲を飲みます。何故って、それが自分が毎朝することだから、というわけです。実際にそれが、あなたには楽に感じられます。あなたの一日のスタートは、まあそんな感じなのではないでしょうか。我々はあなたに、スローダウンしてそれを疑問に思い始めるように、お願いするつもりです。それをマインドで疑問に思うのではなく、あなたのエネルギー・フィールドで疑問に思ってください。これは、あなたの朝に、そして他の点であなたの一日に、ちょっと余分な一時の手間を取るかも知れません。しかし、我々があなたにするようにお願いするのは、スローダウンして、毎朝牛乳とシリアルを摂ることをあなたの体がどのように感じているのかを、感じてください、ということです。あなたはこう言うかも知れません「それを楽しんでます! だっておいしいから。牛乳シリアル大好きです」。ですが本当に感じてください。これが本当にあなたの体が、特定の日ならまだしも毎日毎日、あなたの一日のスタートにして欲しいことなのでしょうか? 日によって答えは「欲しい」である場合と「いらない」である場合があるでしょう。あなたが自分のエネルギー空間にチューニングを合わせ始めると、ある日は「はい、シリアルを摂るのが相応しい感じです」と言いますし、ある日は「ああ、いらない。私の体が、今日は本当にシリアルはいらないと言っているのが聴こえる」と言います。これであなたは、あなたのエネルギー的な現実により洗練されたレベルで生き始めることを、実際にしていることになります。

そうすることが、自分自身と自分のエネルギー的な現実の間にあるバリアーを開きます。あなたの毎日の日課の外にある情報に耳を傾けてそれを受信すること、この考えを例示するのは、我々からすれば全く簡単なことです。単に、「はい」である感触がする場所を感じて、その方向に動き始めてください。その方向にチューニングを合わせてみて、もし「違う」の感触があれば、違う経路を取ってください。朝食メニューを変えてください。違う服を来てください。違う通勤経路を運転してください。違うテレビ番組を観てください。

全てこれらの例は世俗的な例ではありますが、そうしたことこそが、あなたが自分のエネルギー・フィールドに改善を感じ始める端緒になります。こうした場面こそが、あなたが微妙なエネルギーを体験し始めて、あなたである者の新しいエネルギー的な現実に生き始める端緒になります。これをすることであなたは、これらの決定が自動的に起こるまでに、自分のエネルギー感覚をさらに開きます。何が適切であるかにチューニング合わせをする手間が要りません。「これが自分が欲しいもの? これは自分が欲しくないもの?」。あなたが自分の振動フィールドにおける「はい」と「いいえ」にチューニングを合わせ始めるので、それが自動的に起こります。

あなたが自分のエネルギー・フィールドにおける「はい」と「いいえ」にチューニングを合わせ始めてそれに従って応答するとき、あなたが気が付くことになるのは、それが自分のムードを上げるもの、新しいレベルの興奮である、ということです。あなたは、エネルギー・フィールドに対する応答に際して、新しい決定をします。そして、あなたの一日に違いを感じるように生きます。朝食でしたね、朝食の例に戻りましょう:それが楽だし習慣だというので牛乳とシリアルを摂る代わりに、スローダウンして、自分の体が朝食に求めている何かにチューニングを合わせて、それを確かめてください。そうしたら次に、実際にそれに応えて違う朝食をこしらえて、それを食べて、あなたの一日に出かけてください。あなたのエネルギー状態の「はい」で決定するときに、それがどのように違って感じるかを観察するように、我々はあなたをお招きします。多分それは、あなたの肉体の決定に対する応答でもありますが、エネルギー的な案内に自分が従っているのをあなたがどのように感じるか、でもあります。それは、それほどにも簡単なことなのです。あなたの周りにあるエネルギー的な案内に従うこと、ただそれだけなのです。それは、必ずしも大決定や高尚な決定である必要はありません。「人生の大決定について私の霊団に尋ねたが、応答を聞かない。従って私は、繋がっていない」などと、あなた自身のマインドで大仰な決定をしないでください。そうではなく、このように、小さな決定、自分の人生であなたが持つ小さな習慣で、あなたがバリアーを持っている考えを打破してください。このエネルギー・フィールドは全てあなたに容易く手に入るということが、当たり前のように生きてください。それが当たり前であるということを、あなたが覚えているかの問題です。

(後略)
c 2014 Copyright Holly Hawkins Marwood

日本語訳 ソウルカメラ
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ハレルヤ!

最近、いよいよレインボーチルドレンが大挙して降りて来ているようで、まだ幼いあどけない子供たちのプロ顔負けの歌だのダンスだのが、絶賛動画として世界中で視聴されています。

で〜も、インディゴですらたぶんないような、おじいさんに近いおじさん、も負けていませんよ〜!
ある結婚式で神父さんが、講話のかわりに歌のプレゼントです。
しぶいわあ、神父さん。。。
動画はこちらから
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/p4652f14e847dbb4049a85b751f4bdff4

すごいですね〜♩
ほんともう最高です。これ、きっとこれからの世界のあり方だと思うんです。
有名な人、とかじゃなくて、そこらのおじさんやお嬢ちゃんが、大好きな趣味を近しい人やご近所なんかに披露して、みんな大喜びでやんやの喝采。。。みたいな。

もう金だの銀だのメダルのことや、点数だの順位がどうこう、なんて話じゃなくて、みんないつものステージ…家の居間かもしれない…で、心底リラックスして超絶技巧を奏でたりする。それは、抽象的な数字なんかじゃなくて、目の前にいる本当に大事な人たちにプレゼントするためで、それが度を超して素晴らしければ、ネットを使って世界中で共有するのも簡単な世の中です。競争して緊張すると本当の力が出なかったりするし、競争を止めれば、もっとすごい見物が堪能できるかも…って、いつも思ってるんですが。。。競争とか順位とかって、つくづく時代遅れだと感じてしまうこの頃でした。。。
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


他の人のために自分自身を労わる、という発想

今はエネルギー変化が大きく、時々ビッグウェーブも来るし、出来るだけ休むようにしてください、とは方々で聞くメッセージでもあり、tomokoの内側からもよく同じ事を言われます。

でも昨日は内外から、それと似ていても、ちょっと違ったメッセージが来ました。
他の人たちのために自分自身を労わって元気で幸せな状態をキープする。。。前から、何となくそうも思ってましたが、今回非常にクリアに入ってきた感じです。

外側からは、ヒラリオンのメッセージを読む形で来ました。今日のブログの最後に、ソウルカメラのblogより全文転載しておきます。

内側からは、初めて話を聞く存在から来ました。ちゃっぷんちゃっぷん瞑想中です。最初高次の自分だけど、パワフルな男性的なエネルギーと話をしているうちに、途中で女性的な柔らかいエネルギーに変わって、自分自身を大切にするのは勿論大事なことですが、他の人たちへのエネルギー的な奉仕のために自分を大切にするようにフォーカスしたら、もっとちゃんと保養したり楽しんだりできるのではないですか?と言われました。とても優しい気持ちのよいエネルギーで、でも、こちらから聞いてもはぐらかされて誰なのか教えてくれないだろうな、と思った途端、彼女じゃなくて、ハートが「乙姫…」とつぶやきました。その途端、あちらさんも気づいて「あら、ばれちゃったわね」とおかしそうに笑いました。地底だか海底だかにいらっしゃる乙姫さんでした〜。

これも実はちゃんと伏線があって、自分的には納得です。
というのも、朝でしたか、アガルタ情報だかを見ていて、昔は「ま〜、そういう場所もあるかもね〜」で一応頭に入れとく、くらいでしたが、もう随分前から疑うこともないし、以前地球に来るにあたって地上の過酷な生活に適応するために随分長いことお世話になっていたという、ほんとかずれてるか知りませんが、そんな情報も自分で読んだことがありますし、つながりを感じないでもありませんでした。でも、昨日はすごくはっきり、なんのことは無い、アメリカにいて十年前に一回会ったきりなのに、後はメールのやり取りしかしてなくてもお互いをsisterと呼び合って、とてもしっかりつながっている友人とおんなじだ、と思ったのです。

そう、あっちにいる兄弟姉妹ってな感じです。

で、早速、その日の夜に、とても大事なことを教えてもらいました。自分自身のためだけだって自分をいたわるのは大事です。大半がまだひどく苦しんでいる人間のうちの一人が、幸せで元気になれたら、充分意味があります。でも、自分一人のためだけだと、モチベーションが高くならなければ、他の人たちのために、自分を本当にベストの状態にしておく、と考えれば、一層しやすくなりません? 本当にそうだし…元気で幸せな人たちは、何かしなくても、エネルギー的にうんと人の役に立ってます。

というわけで、今日の午後は、長らく失っていた良い習慣=昼寝を決行!しました。ま〜、お気楽な日常、とかって思ってましたが、昼寝を決行!!しているようじゃ、お気楽じゃなかったのかな〜。お蔭さまで、今はとっても気分いいです。植え替え用の植木鉢とか買いに行けなかったけど…。

以下は今週のヒラリオンメッセージの転載です。

愛されし者達、

自分自身のために素晴らしいことをするには、今が絶好の時です。あなた方は各々がそれらに値するのです! 自分の日課から休んで、何か異なったことをしてください。これが魂にリフレッシュと再生をもたらします。これは奉仕するためにここにやって来た人達にとっては、自分の世話は後回しにするのがその人の行動計画ですから、しばしば難しいことです。しかしながらそれこそは、持たれるべき新しい習慣のうちの一つなのです。個人が自分自身に愛を与えてこそ、他人に与えられる愛も自由な魂から楽に来たり、途切れずに流れます。天界からのエネルギーの大きなダウンロードによって更に装飾される人生の難局や挑戦を通じて、自分の道を見出すことは、人生経験を面白いものにし得ますが、これが最も価値を持つのは新しい意外な新事実が見えて来る時にあり、これらを書き留めることが、後の閲覧と熟考のための記録に非常に役立ちます。

この時の世界は、あなた方の注意力を競って奪う多くの挑戦的な出来事に悩まされます。ですから、これらを自分のハートの感覚の視点から分析することが大切です。それに関して、例えばそうした状況に光と祈りを送るというような、自分に出来る何かがあるならば、どうぞ是非、定期的にそうしてください。いずれにせよ、それがあなたを制限して、自分自身のエネルギーをダウンさせる古い世界の思考パターンやその値を持ち上げる、というものである場合、それらは、「地球」上での新しい生き方を新しく始めるにあたってあなたに貢献しませんから、あなたの意識からそれらを一掃することに周到であってください。これらのパターンを、あなたが生きたいと常に夢見た人生に移るのを助ける概念を補強する、滋養的で活力増強的な思考と習慣で入れ替えてください。あなたは自分の人生のあらゆる面の創造者であり、その中で自分が体験したいと願う全ての利益を心に抱くことは、よくあなたに貢献します。あなたが送る筈である暮らしから自分を躊躇わせるようなものは、全て手放してください。

毎日、自分の周りのあらゆる人やあらゆるものを祝福することに時間を費やしてください。この在り方の新習慣を毎日持つことによって、あなたが新しい現実に定着するのが見たいと願う、より高い展望の反映である思考パターンの鋳型を造っているのです。これがあなたが他の人達のために意図する祝福をあなた自身の現実にもたらすということに、遅れることなくあなたは気付くことでしょう。実質的にあなたは、「地球」に天国をもたらしています。そして実にそれこそは、あなたがここにあってするべきことです。あなたが大宇宙に送り出すものは、あなたに反映されます。そして、あなたが自分の人生のより高い展望に生きてそれを具現化している時、同じようにするのを周りの人達に可能にしているのです。あなたのエネルギー・フィールドは全方向に何マイルも広がって、そのフィールドの範囲内にいる全生命に触れることを、常に思い出してください。あなたは、単独でこのワークをするためにここにいるわけではありません。あなたがここにいるのは、この惑星の全生命に影響を及ぼすより大きな光のフィールドを造る他の「ライトワーカー」達と、このワークを行うことによって仲良くするためです。

はい、より低い以前のサイクルのエネルギーにまだ感化されて影響を受ける、多くの人達がいます。ですから、あなたが毎日他の「ライトワーカー」達と同伴で親切、寛大さ、共有、気遣い、豊穣と繁栄、という新しい思考パターンに自分の注意を向ける時に起こることは、人類の意識をあなた方が熱心に見習っているそうした特質へとリセットして更新するものです。あなた方はパターンを破る人であり、パターンを造る人でもあります。あなた方は、毎日の自分の実在を通じて動きながら、世界を創造しているのです。「地球」の各人が、毎日自分が創造するものに対する自分自身の行動の責任をとるならば、燦然たる新世界が、ずっと速く現れることでしょう。

そして、自分の考えや行動に変化を引き起こすために自分自身でワークをし続けることを、私達はあなた方にお願いします。そしてこれが、この惑星の全生命の運命に次々に変化を引き起こします。全般的な物事の構造に、あなた方はそれほど重要なのです。私達があなた方に自愛と自尊の心を毎日もって欲しいのは、これが理由です。あなたの内にある生命の井戸をみすみす枯れさせてはなりません。そうではなくそれは、言わばあなたのバッテリーを充電する熱意と熱狂で、定期的に新しくされなければなりません。

次週まで...

私はヒラリオン

©2014 Marlene Swetlishoff/Tsu-tana (Soo-tam-ah) Keeper of the Symphonies of Grace

Permission is given to share this message as long as the message is posted in its entirety and nothing has been changed, or altered in any way and Scribe's credits, copyright and websites are included.

www.therainbowscribe.com

www.movingintoluminosity.com

Thank you for including the above website link when posting this message.


http://www.therainbowscribe.com/hilarion2014.htm

翻訳 ソウルカメラ



  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


身体の変化についてbyアシュタール

しばらく前から更年期症状だと思ってましたが、体が熱くなったり急激に冷えたり、を繰り返すようになりました。で、今ミナミさんとこへ寄ったら、ミナミさんも同じ…!彼女は更年期障害じゃない(爆笑!)って書いてます。

先週は、みょ〜な鬱状態があって、何も原因になるようなことはないし、こりゃあいよいよ更年期症状に違いないと思って、あんまり辛い時の頓服用に安定剤をゲットしたいけれど、ホルモン補充療法なんか勧められたり、余分な薬や検査なんか嫌だし…でも産婦人科に行きたいと龍神に言ったら、「あなたは確かに更年期だけど、ものすご〜く軽くて、殆ど問題はない。出てるのはエネルギー症状だから止めなさい」と言われて諦めました。で、さっきメールをチェックしたら、アメリカの友人が、先週は私だって全然眠れなかったし、周りでもいっぱい影響受けてる人いたわよ、あなたが鬱状態だったって全然驚かないわという返信が来てました。やっぱり地球規模なんですね。おまけに彼女はものすごく交友関係が広く、彼女が周りでいっぱい影響受けてる、と言うからには、半端でない数の知人友人が一斉に具合悪くなったということです。

目眩はむしろ以前の方がずっとひどかったし、耳鳴りは相変わらずです。でも熱い寒い、頭痛とかは最近で、変な鬱状態まで揃えば、更年期にあたってれば、それかな?って思っちゃいますよ。あ、でもさすがに更年期症状で、体の内側の振動がひどくなるっていうのは聞いたことが無いですね。

紛らわしいんですよ、ほんとに…もう(--;)
まあ、いいや、全然大したことないし…。でも、他の方もこの奇妙な症状で不安になってたりするといけませんから、ミナミのライトらいとライフから全文転載します。

身体の変化について!

今日は 耳鳴り?がします・・私 あんまり耳鳴りとかしないんですけど、
今日は 結構ヘビーですね(苦笑)
えっと 耳鳴りと言うか 頭の後頭部にブ~~ンって低い
(低周波?)的なうねりを感じるっていうみたいな(笑)
頭の中で ブ~~んって言ってるので 頭がなんかぼわ~~んとして
(熱が出たときにぼわ~~ンとして 何も考えられなくなるみたいな感じ?)
現実との乖離感を感じ ここにいる気がしないみたいな(笑)
そう言えば ここ何日か 身体が急にぶわ~~って熱くなって 
(汗が出るくらい) 熱、熱 なんか沸騰してる?・・って思ってたら 
フ~~っと冷めて 今度は 寒ってなることが 繰り返し起きてもう大変です。
クンダリーニが上がってるんだと思うんですけど・・結構 激しいです(笑)
(あ、急に顔が火照る 更年期障害ではないですよ~~(爆笑)
腰、おしりあたりから 熱が上がってくる感じです)

何かが 起きてるのかなぁ~~、ねぇ アシュタールぅ~~(笑)

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

テラの磁場の乱れ(これは 悪い意味の乱れではなく 調整の意味です)と
太陽風?の影響を 身体で感じているのです。
これらのエネルギーは 皆に来ていますが 感受性の差で感じる人と あまり
感じない人がいるだけです。

いつも言いますが 感じる人が優秀で 感じない人はダメだということはありませんので、
感じないからと言って 自分をまだまだ だとか ダメだとか 思わないでください。
これは 体質(個性)の問題ですので そこは間違わないでくださいね。
辛いものが大丈夫な人と 苦手な人 がいるのと同じです。
ただの個性です。

そういうことで 今 あなた達の身体の芯が 反応しています。
表面ではなく 芯のところです(医学的?物理的?な知識がなく 
このような翻訳しかできなくて すみません汗)
身体の芯が 電子レンジに入ったように 振動を受けて 共振しています。
あなたの身体の波動の振動が 細かくなってきているのです。
しばらく このエネルギーに慣れるまで 違和感は続くと思います。
このところ 急にこの変容のエネルギーは強くなっていますので それに慣れなくて
身体がいろいろな反応をしているのです。

でも すぐに慣れますので安心してください。
このエネルギーが あなたの身体に定着すれば 違和感を感じなくなります。

これは 軽い波動に あなたの身体を少しづつ慣らしていくためのものです。
急に たくさんのエネルギーを受けてしまったら あなたの身体と精神的なところが
許容範囲を超えてしまって スムーズに変容できなくなってバランスを崩して
しまいますので 少しづつエネルギーを強めていっていると思ってください。

深海から 水面に浮上するのに 急に浮上すると身体に異常をきたしてしまうから
ゆっくりと時間をかけて 身体を水圧に慣らしていきますね・・
それと 同じだと考えてください。
テラ(地球)の波動は どんどん軽くなってきています。
5次元領域の波動ですから それにあなたの身体も少しづつ慣らしていく
必要があるのです。

今回は あなた達は その身体を持って上昇するという珍しい企画をしました(笑)
あなたの精神体は もうすでに5次元領域の波動に共振しているのですが、
物質的な3次元領域の身体は 5次元領域の波動に少しづつ合わせていく必要が
あるのです。

いま深海から 水面に向かって身体を慣らしている段階だと思ってください。
ですので 結構負担もかかってきて 疲れやすくなっていますので
疲れを感じたら 出来る限り休むようにしてください。
そして 身体的な波動を粗くしてしまう 化学物質などから なるべく遠ざかるように
意図してください。
でも 絶対に取らないぞ・・などと 頑張る必要はありません。
そうすると 反対にそこにフォーカスしてしまい 
波動を合わせることになってしまいます。
若し選択の余地があるなら なるべく化学物質の少ない方を選ぶ・・
そのくらいの気持ちで構いません(笑)

水面への浮上の仕方は あなた自身の身体が知っていますので、
あなたの身体が気持ちいいように 身体の声を聞いて それを尊重してください。
身体は必ず浮上するように出来ていますから 安心して任せてください。
急がないで 焦らないで ゆっくりと波動に慣らしていってください。

とにかく 今は休息をとるように心がけてくださいね。

あなたに 愛と感謝 そして平和の光を送ります」

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


宝島

最近起床が遅いこと、遅いこと、春だから…ということにしてますが。。。

起きてしまうと、怒濤の勢いで家事をすることになってヨガは勿論、瞑想もできなかったりするため、目がしっかり覚めたらそのまま布団の中で両手で印を結び、瞑想してます。だいぶ前に、八多恵子さんのポプコン情報で「背筋をまっすぐにすればよいので、座るよりも仰向けに寝てた方がいい」とかいうのを読んだこともありましたっけ。たまに、疲れがたまっていてそのまま眠りに落ちてしまい、あちゃ〜〜(..)ということもありますが、まあ「春」が終わるまでは、布団瞑想が続くようで。。。

今朝もまたハートから色々メッセージが来ました。
一月ほど前、明らかに何かのサインと思われる図形を数日の間に繰り返し見ました。蝶蝶や四葉のクローバーに似ています。最初は色々なカップを取り揃えて、お客さんごとに違ったのを出してくれるカフェで、今日は何が来るかな〜と思って楽しみにしていると、きれいな青いカップの絵柄がそれでした。何かを感じましたが、意味はさっぱり…です。次の日だかに、今度は前世紀スウェーデンの画家ヒルマ・アフ・クリントの抽象画の中でよく似たものを見ました。他にもありましたが、解読しようにも全く取りつく島もありません。ほんとにtomokoにとってのサインだったらそのうちわかるでしょう、とアンテナだけは張ってましたが、はたして一週間ほどでしたでしょうか、ちゃんと引っかかって来ました。

はせくらみゆきさんがチャネルしたものすご〜く充実した数霊と形霊の体系(深田剛史と共著 ヒカルランド刊『宇宙一切を動かす「数霊」の超メッセージ』)に、例の図形とほぼ同じものがありました。象徴ですから、複合した意味がありますが、今朝のハートとのやり取りで、tomokoが受け取ったのは「宝島」という意味だということがようやくわかりました。

「宝島」、要するに何も問題は無い、あるいは、全てが宝だ、というメッセージでした。

両親はひどく衰えていますし、自分自身も強烈なエネルギー波に洗われるたびに「ありゃ〜??」みたいな具合で、全然体が動かずまともなことが殆ど出来ない日もあったりして、心配しようと思えばいくらでも心配できる状況では、あります。明らかに家庭的には緊急事態がいつ来てもおかしくないですし、一旦そうなったら一人っ子としては途方に暮れる可能性も皆無ではありません。

でも!何かわからなかったら、読めばいいだけで迷う必要も無いし、我を張って頑張ったりしなければ、親切な人はいくらでもいて、助けてもらうこともできます。あ、肉体の有る無しはこの際問いません。今まで、そうやって原則通りにやってきて後悔したことはひとつも無いし、これからも無いだろうことは容易に推測できます。何があっても私は絶対大丈夫、というのとはちょっと違って…あまりに辛くて苦しんでしまうこともあるかもしれないし、悲しくて泣いたりすることもあるでしょうが、そうした経験にも必ず意義深い何か得るものが必ずあるので、全然悪くない。。。うまく受け入れられる事に関しては、はじめから問題は無いわけで、やっぱり何にも問題は無い!のでした。受け取りようで、全てが宝になります。

そうして、もっと有り難いのは、私たちが自然体で自分に嘘をつかずにありのままでいれば、それが調和を創りだし、宇宙の調和と呼応して全ては自ずからうまく行くわけで、ハートはこの宝島によく定着できるように、いつも自分自身でいられるようにしてね…と言って来ました。

宝島、いいですよね…頑張って船漕いだり、海賊と戦ったりするんじゃなくて、誰にも遠慮する事は無いので、ただ自分自身でいるだけです。そうすれば、もうそこがそのまま宝島なんです。なんだか遠大な回り道を延々として来たような気がしますが、こんなにシンプルでよかったんですね☆
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


口に入れるものの見直し その2

今日のthe PLANET from NEBULAのバシャール情報でも、先日アップしたこととまるっきり同じメッセージが出てました。

殆ど集中砲火のような…自分自身の微妙なドライブとしても、もっと食べ物に関してシンプルにしなきゃ、という促しは感じていたのですが、複数のガイドからももっとはっきり同じ事を言われ、ネットを見れば毎日のようにこんなんじゃ、もう選択の余地はないですね…。

ここ二ヶ月ほど、何回か胃の調子をひどく悪くして、そのうち二回ほどは果物だけしか体が受け付けず、二日間三食プラスおやつも果物だけで、それで何ともありませんでした。精神的な問題もあったかもしれませんが、体の変化の方が大きかったかもしれません。龍神は、もうあなたの胃は変わってしまって、以前の食事では重過ぎてすぐに過労になるとか何とか、言ってました。

でも!この日本ですご〜く豊かな食生活(あ、美食ではありません…念のため)で何十年も過ごして来て、突然超シンプルなご飯というのも、辛い…。体に負担がかからなくても、心に負担になりそうです。まあ、ガイドと相談しながら、うまくバランスするようなポイントを探しますかね〜。。。

あ、バシャールのメッセージも全文転載しておきます。
バシャール:自然界のガソリン
2014-04-10 23:07:51NEW !

戦後数十年かけて私達の食文化は大幅に変化してゆき、もはや日本の伝統的な食事は、何か特別な行事がない限り食されないようになっています。バシャールは、体の波動を上げる為にも軽い食事を心がけ、負担のかからない一番”自然”な型で食するのが好ましいでしょうと、話しています。出来れば、生食でオーガニックの野菜と果物を心がけて下さいと、付け加えています。

野菜や果物は私達の体のエネルギー源であり、言わば自然界から頂く、生きる”ガソリン”であるとバシャールは話します。これらは、蓄積された毒素を排出させるだけで無く、更に体に必要な栄養素をも運んでくれる、言わば”一つで十倍得する”食材なのだと、バシャールは話します。人によっては動物性タンパク質を摂取しなくては健康を保てない人も存在していますが、現在殆どの肉類にホルモン剤が混入しているので、あまり極端に摂取しないよう、注意を呼びかけています。

次元上昇に従って私達の体もどんどん”変化”しています。高エネルギーを受信出来るようになる為には、細胞一つ一つに”水分”の潤いが必要となります。バシャール曰く、野菜や果物はヒトの体と同じように、殆どが”水分”で構成されており、私達の体に無理な負担をかけずに、より自然な型で必要な栄養素を運んでくれるのです。

合成加工された食品や科学調味料を含んだ食材ばかり摂取していると、貴方の体に大きな負担がかかってしまい、結果的に体の波動を下げてしまいます。貴方の体も貴方の心と同じように、”素の貴方”から遠のいた波動状態のままほっておくと、ストレスを感じて仕舞には病気へと発展してしまうのだと、バシャールは話しています。
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


愛し続ける

おお!素晴らしく心に響くメッセージを見てしまいました。これをシェアしないわけには参りません。

ソウルカメラのブログより、部分転載させていただきます。
とってもビビッドなセキセイインコちゃんの写真もありますので、セキセイインコ教(狂)信者は、是非そちらもご鑑賞ください。

サウル〜人類は、不安定にバランスが保たれています。。。2014年4月2日 ジョン・スモールマン経由

反対者や、彼らがあなたを説き伏せようとして提供する、「人類の邪悪さと自己中心的な性格は、惑星で絶えず証明されるように、非常に深く染み付いたものであり、つまりそれが変わることは決してない」という議論に、耳を貸すことを拒んでください。そういう彼らもまた、怖れに満ちていることを忘れないでください。つまり彼らは、既知や未知の脅威から絶えず自分自身を護る必要があると思っており、それで彼らは、「愛」の無限の力を信じることが怖いのです。何故ならば彼らは、多くの生涯にわたって、信頼することを選んではその信頼が裏切られて、恐ろしく失望したからです。彼らは、実は、必死に「愛」を求めて泣き叫んでいるのです。

あなた方は「愛があなた方の本当の性格である」としばしば言われましたし、また実際にそれをあなた方は認めるのでよくご存知のように、「愛」は、あらゆる問題に対する、あらゆる難問に対する、唯一の解決です。あなた方の圧倒的多数は自分の人生のあるポイントで、「愛」が提供する平和、本当の驚きを、たとえほんのちょっとの間だけでも体験したことがあります。あなたが自分では許されないことをやっちまった、と思ったかもしれないその瞬間の言動を、優しく許してくれた人がいたことでしょう : またはあなたが ー 大なり小なり(規模は本当に重要ではありません!) ー 差し迫った緊急事態にあるかのような時に、誰かが予想外にあなたの救援にやって来たことでしょう。その瞬間にあなたは、多分感謝の念で圧倒されたことでしょう。やがてその感覚の強さは時間とともに薄れたとはいえ、「愛」の行為は忘れ難いものなので、あなたはそれを決して忘れませんでした。行動する「愛」の影響は、たとえ認められることがなくとも、常に見られ、感じられます。

それで、今日のメッセージは次の通りです : 「愛し続けてください!」。続けて、続けてください、「神」がそうするように。「彼」はあらゆる者を「彼自身」の完璧な反映もしくは側面として創造したので、誰に対してでも決して断念しません。従って「彼」は、彼らが「愛」に完璧に合致しないどころか完全な反対であるようないかなる態度または振る舞いをとっても、それは修正可能な瞬間的な脱線、判断の短いエラーであり、またそれは修正されるということを、知っています。全ての意識ある生命形態の永遠の性質は「愛」であり、「愛」は不変なので、それは決して変わることがあり得ません。あなたの本当の性格は、ほんのちょっとの間隠されるか覆われることが出来るだけです。大陽が雲のうしろから顔を出すように、やがて本当の「あなた」が、あり余る栄光の中、突然現れます。

日本語訳 ソウルカメラ

tomokoの大事な友人も、心底愛情深い素晴らしい方なのに、長らく人間性悪説の信奉者で、結局こちらが引き下がるほかなく、そのまま心の整理がうまくつかずにいましたが、引用最初のパラグラフを読んで、なんだかすご〜〜〜くすっきりしました。本当にその通りです。前世もそうですが、今生でもひどく裏切られ続けてきた人でした。でも、そんなことももう関係ありません。うまく説明できませんが、直接コミュニケーションできない間も、ちゃんと彼女の居場所が私の中にできたようで、ほんと、嬉しいです。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


口に入れるものの見直し

今朝、愛知ソニアさんがチャネルしたプレアデス情報を見て、へええええ!とシンクロに驚きました。
昨日か一昨日あたりから、龍神をはじめ、複数のガイドから自分の体に入れるものについて注意するよう、繰り返し促されていたからです。

たぶん、今ここに来て、以前より一層私たちが摂取するものに対する意識を高める必要があるのでしょう。

プレアデス情報にもあるように、本当に細胞が震えているような振動は激しくなる一方です。さすがにもう慣れたので、夜布団に入ってから「ありゃ、地震?」などとも思わなくなりましたが、そりゃあ食べものだって、肉体に直接影響しますから、口に入れるものを考慮しないのは、ちと無責任で怠慢かもしれません。

tomokoに繰り返し来た情報はシンプルで、
1.純粋な水をもっと飲む
2.出来る限り純粋な食べ物を選び、生の野菜や果物を多く取り入れる…ジュースにしないで、そのままできるだけ自然な形で食べる方が望ましい
3.重い波動の食べ物でも場所でも何でもを避けて、清浄なものを選ぶ(外食は相当厳しい…龍神は旅行中はともかく、できるだけ家で食べる事をすすめる、と言ってました。)

清浄って、今朝気づいたんですが、正常と同じ音ですよね。
実は、ハートには「清浄なものを、清浄なものを」と繰り返し言われたので、なんかそれって変なこだわりになっちゃいそうでちょっとイヤだな〜とかって思ったのですが、清浄は本来それが正常で特別じゃないんですね、きっと。

愛知ソニアの連載『イナンナが語る二ビル星人アヌー族の物語』より、食べ物に関する部分だけを転載します。前半には、自分自身に対する意識を高めることがアセンションであり、外界のエネルギー不足のような事であっても自分自身の内界を反映しているだけ、といった至極わかりやすくまっとうなメッセージもありますので、是非サイトへ飛んで「4月6日のプレアデスのメッセージ」全文をお読みください。

今太陽からとてもパワフルなエネルギーが届いていて、
それによってあなた方の肉体の細胞は、
バイブレーションを高めようと激しい震動をします。
とても速く震動します。
その震動が高まるとこの次元からぱっと姿を消し、
異次元に肉体と共に移動することも可能です。
しかし、それを止めている一つの要因は、
あなたの口から入る毒素です。
特に化学物質や添加物が、
細胞の振動が勢い良くなるのをストップさせています。
私たちはなにも肉を食べるなとは言っていませんが、
肉について考えてみてください。
どれほどの化学物質が動物を育てる際に
含まれるかということを。
牛などの家畜に与えるエサや注射について、
美味しいものを食べているときは、
あなた方は考えることもありません。
そこに注意が向かないからです。
よってあなた方の細胞は震動を失い、密度が増します。

あなた方の中に、
今食事方法にとても敏感になりつつある人たちもいます。
軽くなりたいという気持ちが募ってきているかもしれません。
実際にあなた方の目に見えない存在たち、
特に天使と呼ばれている者たちの中には、
とてもバイブレーションの高い者たちがいます。
そういった特殊な高次の存在たちが、
あなた方にコンタクトが取りたくても、
あなたの細胞が、添加物や化学物質によって
震動を失っている場合は無理なのです。
だからメッセージを届けるのです。
食事習慣を変えなさいと。
私たちも彼らに代わってそのメッセージを伝えています。
私たちの乗り物(ソニア)にも
それを何度も伝えているのですが、
なかなか真剣にとらえてくれません。
グルメに魅せられて食べる時代ではありませんと、
はっきり言っておきましょう。
あなたがその肉体をもって光体を経験したいのなら、
口から入るものに注意を払う必要があります。
アセンションと光体は一つです。
そして心も明るく、軽くなる必要があります。
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


飼い鳥との日課に、彼が寝る前に籠から出して窓辺に連れてゆき、二人で静かに夕景色や夜景を眺める、というのがあります。

「さあ、お寝んねちゃんの前にぶちゅー!をして、おんもを見ましょう」と声をかけると、もう眠くて、目の縁とか赤く腫れていても、すごくそわそわ嬉しそうに出て来て手の上に乗ります。まず全身全霊で、今日一日の最後を飾るちゅーをしてあげます。それからカーテンをちょっとだけ開けて、景色を一緒に眺めます。

tomokoと違い、うんと修行が進んでいる?ので、静かになる時は、この鳥は尋常でなく静かです。景色を集中して見ている感じなのに、しんと静まり返った澄んだ水のような静寂のエネルギーが、手の上に乗ってます。

その静寂を乱さないように、tomokoもすご〜く小さな声で「今日も穏やかない〜い一日だったね。また明日も元気に楽しく、一緒に遊ぼうね〜」などとレコーダーのように、毎日同じ事を囁きます…そして、ミルスの底知れない静寂は、その囁きをも吸い取ってしまうようです。

毎日繰り返されるほんのわずかな時間ですが、tomokoはその永遠のような静けさと繰り返しに、なぜか詩を感じるのでした。。。
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


だれか助けて!

エネルギーの波乗りが面白いことになってきています。
まだ今月は、でかい波がこれから来るようで、ほんとにもう面白いというか、疲れるというか…こんな特別な体験ができてほんっと幸せ(;;)ということにしておこう。

最近The Groupのチャネラー、スティーブ・ローサーの『リ・メンバー』(浦山剛訳 ナチュラルスピリット刊)を手に入れて、毎日舐めるようにちびちび読んでいます(お酒じゃないってば)。すごくテイストがあって、これを読んでいるだけでグラウンディングするようです。ほんとにまあ、グッドタイミング。。。ちなみにこの本にはごく簡単で使えるグラウンディングのスキルについても紹介がありますので、ご興味のある方は、新本はありませんので、古書店からご入手ください。

で、今日ご紹介したいのは、「だれか助けて!」(^o^)wwwという章の中の一節です。

p35
ライトワーカーはこういった推移に抵抗しようとしても、その影響を弱めることはできないでしょう。元に戻ることはもう不可能なのです。中には自分がじっと立ち止まって先に進んでいないと思い、そのことに判断を下す者もいるでしょうが、それによって彼らは自分がさらに先へ進むことを自ら妨げているのです。ライトワーカーはいろいろなレベルにおいて自分が困難な目に遭っていると考えているかもしれません。大丈夫です。それはみなさんが自分自身に下す判断のせいでそのように見えているだけなのです。実際にはこういった変化はより高次な現実へ、そしてより故郷の近くへみなさんを進ませるのです。判断することをやめてください。


この引用の前後には、エネルギー変化と本当の自分自身への目覚めにともない、人生や人間関係が変化するといった具体的な事が書かれています。でも、この引用部分からはもっと普遍的な、大変なエネルギーの波乗り状態に役立つヒントがあると思います。

またまたライトワーカーと言う言葉が出て来ますが、自分がライトワーカーかどうかは、この際どうでもよいことだと思います。捉え方にもよりますが、まああまり真剣に受け取らなくてよいレッテルの一つ、としておいてもよいのではないのでしょうか? この手のエネルギー変化とか、次元上昇、本当の人間の幸せとかに興味があって、それにどうしても惹かれてしまう人たちは全てライトワーカーの範疇でしょう。

tomokoがこの一節を読んで、ほんとに「そ〜だよね〜」と思ったのは、エネルギー変化による変容が急ピッチで進むような時に限って、あたかも自分の成長がブロックされてどん詰まってしまったような感覚になります。それで苦しんでは、一層どん詰まりが強化されてしまい、抜けるのを阻止するので苦しみたくないのですが、も〜超不快だったりするので、さすがにちょっとジタバタしたりします。でも、竹が伸びるのに節を超えて伸びてゆくように、どうしてもこの「ウウウウ〜!!!」という時が必要なようで、そこを抜ける時には「あ〜そういうことでしたか!!!」みたいな天啓なんかも降ってきて、後はまたまたフツーに天国モードの自分に戻っていたりして…「はれ???」って、思いっきり脱力したりします。

「ウウウウ〜!!!(;;)」の時は、素直に「だれか助けて!」と叫んで、サポートしてもらうのが一番です。あ、同じ「ウウウウ〜!!!」をしている人間じゃなくて、ほら、いつでもそこにいる体を持たない頼りになる方々です。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


北枕の効用?

最近『[神代文字]言霊治癒のしくみ』(片野貴夫 ヒカルランド)を読んでいて、北枕で寝ると地球と同じ磁力線の流れが生じ、乱れた人体の磁力線を正常化させるという説明があり、これは使えるかも!?とピンと来ました。

「古代日本人は地球そのものが巨大な磁石であり、北枕で寝ると地球の磁力線によって乱れた磁力線を正常の戻せることを知っていたのです。死人を北枕で寝かせておくと生き返ることがあるので、一定時間寝かせておくのです。死んだ人を北枕にするので、北枕は縁起が悪いと言った人が過去にいたのでしょう。」(p106)

でもね〜、ウチは家の向きが南西なんですよ。
幸い、ベッドではなく布団で寝てますので、その日の夜から和室に斜め(^^;)に布団を敷いて寝ました。
で、最近妙に肩や背中が凝って、更年期症状?とかって思っていたのが、翌朝見事に軽減してました。多少まだ残っていたのも、何日かするうちに平常通りになって、体も軽くなりました。

ただ、この気候だし、エネルギー変化も尋常じゃないし、しかも磁北は月単位ですごく移動してるって言うし、北枕が効いたどうかなんて、証明できないですよ。でも何となくそのままにして、最近母が北枕にして寝ているというので、なんで??と聞くと、あまりにも冬が寒かったので、窓から離れて布団を敷くとそうなっちゃった…こんなこと自分の親でも生きていたら「縁起が悪いから」と文句を言われそうだ、などという話。で、tomokoの肩こり解消の話をしたら、え!?そう言えば、前はとても背中や首が痛かった(一日おきに透析という不動の行を4時間も強いられている人なので)のが、そう言えばこの頃全然無くなった、というのです。

でもまだ被験者が二人じゃ、全然説得力無いな〜。
どなたか実験して、結果を教えてください。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


理由の無い恐怖

ライトワーカーと謂れの無い恐怖についての情報を見ましたので、全文転載(Lightworkermikeより)します。

参考になる方も多いかとアップしますが、よくよく丁寧にお読みいただきますよう、お願い致します。ライトワーカーという言葉には、tomoko自身抵抗がありますが、下記のメッセージ全体を丁寧にお読みいただければ、言葉に対する居心地の悪さはかなり解消されるかと思います(チャネラーのパメラも、「特別な少数の人たちという意味ではなく」と断っていますし、イエスも他の人よりも優れていると考えること自体悟りから外れていると述べています)。

実は、tomokoにはこの手の恐怖の種がありません。今回の文明では殆ど転生の経験が無く、この人生でうまく地球に適応するために、地球での別の熟練転生経験者の魂からうん百回の転生をまるごとセットで借りたこともあり、あるいはその魂はタイプが違ったのか、今まで百や二百は過去世を開いて見てますが、光の仕事をして拷問で惨殺された記憶には一度も出会っていません。だいたいが、ひどく世俗的な権力やら金やら恋愛やらのごたごたです。

でも、お友達の話などを聞いていると、明らかに時代に合わない真実を広めようとしたかで大変な目に遭ったその恐怖が尾を引いているような気がすることもありました。

勿論、そうした過去世からの恐怖の持ち越しではなく、今回の転生で、幼少期などに肉体・精神的な虐待(メディアに取り上げられるようなものは論外です。意識が追いついていないだけで、虐待は日常的に存在しています)によって、ひどく傷ついたその恐怖で苦しんでいるケースも、掃いて捨てるほどあります。

どのみち自分自身の恐怖を癒して、解放されるためには、当の恐怖とよくよく向き合う以外の方法はないかと思います。ですから、このメッセージは大変有用ではあっても、「あ、そ〜ゆ〜こと」で、レッテルを貼って終わりにはしないで下さい。もしもその程度で、完全に引っこ抜けるような恐怖であれば、もともと大して人生に影響は無かったはずです。そうでなければ、静寂のパワーを全開にして、恐怖と向き合い、よくよく癒えるまでつきあう必要があるでしょう。


私はライトワーカーですか? byイエス(Pamela Kribbe経由)

パメラ

イエスが「ライトワーカー」というパイオニアの人達についてお話するのは、自分が何者なのかを思い出せるように手助けしたいからです。このような魂が深いところで自分に目覚めようとしています。それによって、特別な少数の人たちという意味ではなく謙虚な意味で地球の教師になっていくのです。しかし、人間社会で直面する重いエネルギーによって多くの人が社会に馴染めず一人絶望して自分を見失い、自分を疑います。このイエスのメッセージの目的は、ライトワーカーの魂が本当の自分に気づいて、自分の傷を癒やすヒントを提供することです。
———–
イエス

ライトワーカーの人たちは光 – 知識、自由、自己愛を地球に広める強い欲求がある人です。それを自分のミッションとして感じます。スピリチュアリティに引き寄せられ、ある種のセラピー的なワークに近づきます。深いところで自分の使命を感じるためにライトワーカーは他の人とは違うという感覚を持っています。他の人とは違う問題に直面するために、自分独自の人生に気がついていきます。ライトワーカーはいつも一人孤独です。社会にとけ込めません。

「ライトワーカー」という言葉は他の魂と違う特別な人たちを連想させるので誤解を招きやい傾向にあります。この特別な人達は何かしら光に関わらない他の人より優れたところがあると受け取られます。このような考え方はライトワークの目的上おかしなことです。どこがおかしいのか簡単にお話します。

先ず第一に、優れているとすることが何も悟っていないということです。それでは自由や愛の意識に向かうことが出来なくなります。第2に、ライトワーカーは他の人よりましでもありませんし、高いわけでもありません。人とは違う歴史や沿革がライトワーカーにあります。そのことはこれからお話しますが、そのために彼らはある特定の他の人とは違う心理的な特徴があります。第3に、ある時点で誰もがライトワーカーになりますので、「ライトワーカー」というラベルは限られた魂に限定することは出来なくなります。

誤解を招くとしても、私たちがこの言葉を使う訳は、その言葉が自分の中の記憶を掻き立て思い出すようにさせるからです。この言葉は、現在、皆さんのスピリチュアルなメッセージにおいて使われているので実際上便利だということです。

ライトワーカーの心理的特徴

ライトワーカーの人たちは人生の幼少期から自分は人と違うと感じています。孤独を感じることが非常に多くあり、寂しさを感じて誤解されます。しばしば自分独自の人生を歩く方法を探しださなければならず、そのために個人主義的になります。既存の仕事や組織の中ではゆっくりとくつろぐことが出来ません。ライトワーカーは生まれながら反権力です。権力やピラミッド構造に依存する価値観や意志決定に自然と抵抗してしまいます。この反権力志向はたとえ内気でシャイであっても健在です。それが地球で生きる、まさに彼らのエッセンスに関わることなのです。

ライトワーカーの人たちはセラピストや教師として人助けすることに惹かれます。心理学者、ヒーラー、教師、ナースなどです。直接人助けをする職業でなくても、人類の最善に貢献したいという意図や目的ははっきりしています。
彼らの人生のビジョンはすべてが一緒に関わり合うというスピリチュアルな感覚に彩られています。彼らは、地球ではない光の世界にいたという記憶を意識的にもまた無意識の内に持っています。時にその世界を想ってホームシックになり、地球では異邦人だと感じます。

彼らは命を大切にし命をとても尊重します。そのために、動物や環境問題を好む傾向になります。動物や植物が人間によって破壊されると深い悲しみと喪失感を覚えます。

彼らは優しく、感受性が強く、思い遣り深く共感的です。攻撃的な行動に対処するのが難しくなる場合があり、一般的に目立つようなことは苦手です。現実的ではなく、夢想家で、ナイーブ、極めて理想主義的です。他の人の否定的な気持ちや気分に影響されやすいので普段から一人でいることが大切です。そのような状態にいて他の人と自分の感情を分け隔てることができるようになります。自分自身と、またマザー・アースに触れ合う時間が必要なのです。

彼らは地球で多くの人生を過ごしてきました。その時にスピリチュアルなことや宗教に深く関わりました。修道僧や世捨て人、物理学者、魔法使い、牧師、尼僧などとして古い宗教的秩序にいた人は数知れないほどです。彼らは目に見える世界と見えない世界の架け橋の役目を担っていました。日常的に地球の人生と死後の不可思議な世界、神の世界、善と悪のスピリットという構図に橋をかける役を演じてきました。

その役割を果たすために、しばしば拒絶に遭遇し、迫害を受けました。自分の持っている能力や才能のために火あぶりの刑に処せられました。その刑罰のトラウマが皆さんの魂の記憶に深く残っています。それが十分に地球に馴染めない恐怖になって現れることがあります。自分自身でいることで、残忍な虐待を受けたことを思い出すのです。

日本語訳 Lightworkermike
Copyright © Pamela Kribbe – Permission is granted to copy and redistribute this article on the condition that the URL www.jeshua.net is included as the resource and that it is distributed freely.
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2014 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -