フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



喜びの優先

あ〜あ〜あ〜あ〜!
書きたい事はてんこ盛りであるのに、さすがに疲れが出ているtomokoです。

昨日も今日もどこにも出かけず、最低限の家事だけして、
ぼ〜〜〜っとしたり、ネットを見たり。
ひーひー喚きっぱなしでうるさかった息子もすっかり落ち着き、
いつもの恍惚の半目でナデナデされているのでした。

で、今日はもう遅いので、コピペだけ。
よおくわかっているつもりでも、時々忘れてしまう大切な原則なので、
ここに保存しとくってわけです。
なんてったって、「覚え書き」ですからね〜。
リンク元はhttp://lightworkermike.wordpress.com/2013/10/26/diary-2013_10/

大天使ガブリエル
委ねて自然に流れていくことに多くの人がためらう気持ちを持っていますが、
望まないような結果になるのではないかと不安になるからです。
そういうことはありません。

あなたはあなただけのユニークな情熱や興味関心、天職(コーリング)をもって体の中に入ります。
そういう興味関心を持ってそれを自分の内なるGPS(目印)として行動します。
そしてここで予定していることに導かれ精一杯生きられるようになります。
問題は、情熱を取るに足らないものだと一蹴して、
日頃の義務責任、金銭的損得で自分のすることを決めようとすることです。
悲しいかな、楽しくて喜べることは後回しにして、本当の目的から益々遠ざかっていきます。
だから多くの人が抑うつとして疲れ切り、力を発揮できない状態になります。

委ねて自然の流れに乗ると、すぐに最も好ましい目的に向かって動き出します。
喜びの道が一番の目的に通じるので、目的に向かうことは自分自身も情熱も興味のあることも大切にしながらそこで喜びを感じることになります。
すると改めて人生に楽しみや喜びが舞い戻ってきます。
分かりますか?

目的は喜びに通じ、喜びは目的に通じます。そういうものすべてが流れ(フロー)の中で生まれます。
Archangel Gabriel thru Shelley Young
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


感謝の意味

お蔭さまで母が今日、無事退院致しました。
人工肛門をゲットしたので、あれやこれやお役所に申請することなどもあり、
ここ何日か、さすがに取り込みました。
まだ少しあれこれ残っていますが、まずはともあれ、
お疲れさんでした…を今、自分的にしているところです。

ちょっと前に見て、とってもいいな!と思ってもそのままになってしまい、
また今日、同じ情報がアップされてましたので、この覚え書きにはっ付けておきましょう。
リンク元はhttp://japonese.despertando.me/大天使ガブリエル%E3%80%802013年9月30日、10/

大天使ガブリエルDaily Message ~ Sunday October 13, 2013

人生で起こることの価値はあなたが決めます。
真心で感謝してそうするのです。
「感謝」「有難い」という言葉は、感謝してその価値を認め、高める、好ましい評価をするということです。
それは、あなたのフィードバックを宇宙に返して人生をもっと良くしようとする手段です。
感謝を選択の過程だと考えてください。
あなたが感謝を示す時には、もっと経験したいと言っていることになります。
一方、気に留めないことというのは、経験したくないのでそこから離れようとしていることになります。
感謝と有難いという思いは庭の花に水をやり、人生にもっと喜べる、美しい花を咲かせる力を持ちます。
Archangel Gabriel thru Shelley Young

ただ、望む結果を引き寄せるために感謝しようとしても、たぶん出来ないと思います。
本当に嬉しくなくちゃ、エネルギーが真実の感謝にならないでしょう。
感謝しているつもりで、真実はコントロールだったりすると、悲惨かも。
だって、望むものを強引に引き寄せようとすること自体が、
そのままでは引き寄せられないという恐怖を示していません?

子供のように喜んで、心底無邪気に、ありがと!!って言えたら、最高ですね☆
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ツールとしての呼吸の重要性 オリオンの高等評議会

もういっちょ!

先ほど、大変お役立ちな情報をゲットしました。
今アップしたばかりのお手前瞑想モードともたぶん重なるので、興味がある方は是非!
最初の方をコピーしておきますが、後はリンク先へいらしてください。
呼吸の重要性がよくわかります。
内なるガイドやエンジェルカードなどにアドバイスを請う時、
呼吸に注意を払うのとそうではないのとで、
精度に違いがあるような気は以前からしていましたが、それが裏付けられました。
また、ハワイの伝統的なホオポノポノの祈りの際の呼気の重要性についても読んだ事があります。

オリオンの高等評議会〜あなたの呼吸とソースへの接続

始める前にひとつ、おいしい深呼吸を自分自身のためにするよう、皆さんの一人一人に求めます。
あなたを囲む空気を、あなたの肺一杯に吸ってください。
呼吸とは、あなたの霊とあなたという人間存在の間の接続であると常に思って、より大きなレベルの酸素をあなたの身体に染み込ませてください。
あなたの霊がもはやあなたの身体を動かすことはない時、それは呼吸が止まる時です。あるいは、呼吸が止まるならば、霊、及び魂は、肉体とのその接続を失います。
それで、あなたの呼吸があなたという化身体には必須であること、そしてそれは、スピリチュアル領域及び超領域(宇宙、あの世、高次元)と自分が繋がっているためにも必須であることを、理解してください。

あなたが自分自身のためにおいしい素敵な呼吸をする時間を取った今、自分という存在に向けて呼吸するのを自分自身に許すのはどんな感じがするか、その瞬間に波長を合わせてください。
自分が存在する現瞬間に向けて呼吸してください。
今日我々は、呼吸についての増補、及び、「今」に対する自分の気付きへの接続について、お話するつもりです。
あなたの呼吸、それは、あなたが現瞬間に留まるのを助けるあなたの能力です、
あなたの呼吸、それは、新しい情報を実際に持ち込むあなたの能力の、一つの実践乃至表現です。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


うん十年ぶりにお手前してみました:祝福としての自由

昨日、息子のケージにおやすみちゃんのカバーをかけようとしていた時です。
まったくもって不思議なことで、インスピレーションのような気もしますが、
カバーをかけるのに、まるで茶道のお手前のように無心になって、
ゆっくり丁寧に、というと、もう言葉の限界でかなりずれてしまうのですが、
しーーーんとした気持ちのよい秩序がみなぎる茶室で、お茶碗にお釜からひしゃくでお湯を注ぐ…
あの感じなんです。

一瞬のひらめき、というか、一瞬よりももっと短い瞬間とも言えないような瞬間に
「こうする」というアイデアが来て、この早さだと、
もうマインドや普通の知性は経由できないということもよくわかります。

本質は瞑想と一緒。。。

うん十年も前に、
師範の一歩手前までたくさんお免状をいただいたわりには全然覚えられず、
たった一度だけ、何も考えずにできる基本的なお手前をしていて、
今思えば、完全に空になって日常を超えたことがありました。
まだ20代はじめで、精神世界の知識などほとんどありませんでしたから、
当時は一体何を体験したのだか見当もつきませんでしたが、
あまりに特殊で不思議な出来事だったので忘れられなかったのです。

今は両親の世話で、うっかりするとストレスまみれな世間に流されるので、
一層、この日常中の日常に起きた/起こせた聖なる静寂が際立ちました。

今まで牢獄のような堅固さを誇った時間感覚も崩壊し始めているようだし、
こんな風に簡単に自由を取り戻せるなら、やる気も出るというものです。
修行とか訓練とかではなくて、地球規模で起きているエネルギー変化の賜物だと思います。
以前は、3時起きで瞑想するだけでなく、朝晩のヨガで心身を整え、
心が不安定になるような飲食物も避け、沈黙リトリートも時々して…
それでも、「今ここ」にとどまるのは並大抵でなく、
年中過去や未来に彷徨っていました。

ところが!です。
最近、明らかに、寧ろ意識しないと過去/未来モードになれない時があるのです。
今日もそうです。「今ここ」にいるのは簡単だけど、過去のことは勿論、先のことも圏内に入ってきません。
晩ご飯に何を作ろうか?とさっき、ちらっと思いましたが、
そんな近場の未来のことでも、考えるとものすご〜くエネルギーを使いそうで、
考えるのやめました。お腹が空いたら、冷蔵庫見て決めます。

今までは線状につながっていて境目もなく、自覚もなくうろうろあっちにもこっちも行っていたのが、
急に、瞬間、瞬間がバラバラになって、
今目の前に見えているものだけがくっきりはっきりしていて、
他は、前も後ろもひどくぼやけてすごく遠く見えるというような感じでしょうか。

それとも、単に疲れているだけかな〜?
気分いいですけど。。。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


マイケルからの伝言

って、本人から直接頼まれたわけではありません。
この素晴らしい先達とは、お会いしそこねてしまいましたからね〜。
でも私生活がバタバタして、軸がずれがちな時に
彼の本を集中的に読むことになったタイミングは、奇跡のようです。
いっぺんに、本来の世界へと帰ることができるような…。

で、今日見つけてハートがうるうる喜んだ一節をシェアしたくなりました。
『時間のない領域へ』第6章です。

 無数の星の中にいた覚醒意識の存在から放たれ、私の魂を貫いた光の矢は一時的なもの、消え逝くものではありませんでした。その光は触媒です。その光は、あらゆる人間のスピリチュアルなハートにあります。そして、どんなに個人の状況が絶望的であってもその光が弱まることは決してありません。それは希望のかがり火ではなく愛のかがり火です。物質的な価値を思い出させるものではなくスピリチュアルな大いなるセルフ(本当の自分)を思い出させるものです。
 それは決して小さくなる光ではなく、どんなに無視されようと、どれほど見出すのに長い時間がかかったとしても決して小さくはなりません。私たちが自分をどれほど祖末に扱っても、扱われたとしても、その光は弱まることも曇ることもなく輝き続けています。その光は真理を、私たちの真理を維持し養います。輝き続けます。そして、私たちはその光なのです。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


日常の奇跡?

大変な被害が出たようですが…
今朝父に電話で起こされるまで、台風らしくない静けさ〜〜
とかって爆睡してました。
朝方、息子がプシュンプシュンくしゃみをしたので
「はれ?大変!風邪をひいたかもっ」て震え上がり、寝ぼけ眼で慌ててバスタオルを引っ張りだし、
おやすみ用カバーの上から重ね掛けして…私もまた寝てまった…。
もう雨も上がってたし、デカい割には静かだったですね、なんて思ってました。

もしかしたら、一番ひどい時間帯には完全にあちらに行っていて、
感覚が死んでいたのかもしれません。
昨夜はもうとんでもない時間までネットで遊んでましたから。

自分を大切にするようにしてはいても、
今回、かなりの緊急事態で、やっぱり一人で二人の面倒を見るというのは、
大変なのですね〜(^^;)
いつの間にかとても疲れがたまっていたようで、それに気づいても、
軸がずれてしまったせいか、あまりシビアに感じませんでした。

で〜も、そういう時には、ちゃんと人生の方で親切に教えてくれるんですね〜。

一昨日の朝でしたか、叔母が電話をくれて、
義父が病んでいる面倒を見ている際に、夫が心筋梗塞で入院して一生懸命やりすぎてひどく辛かったから、同じような立場なのでくれぐれも無理をしないように、と言ってくれました。
で、同じ日に、しばらく音信が途絶えていたアメリカのお姉さんと思っている友人からメールが入りました。
『あなたが愛されない本当の理由』で、
「小さなウサギさんから感じた無条件の愛は、あなた自身の無条件の愛の反射よ」
と教えてくれたお友達って、彼女のことなんです。
彼女は長らく一人で母君の世話をして、ひどい病気までしたことがありました。
何年か前に音信が途絶えたのですが、ちょうど母君が亡くなったり、引っ越しをされた時期だったようです。
で、この方が同じことをおっしゃる。
おまけにその次の朝だか、ガイドだったか忘れましたが、誰かがはっきり警告してくれました。
Oh~la,la~! 三つ見事に揃ってしまいました。

で!!早速大好きな公園に飛んで行き、驚いたのは、
ひどく疲れていたのに、十分に気づけなかったことです。
一旦気づいてしまうと、もうとんでもなしんどくて、
あれまあ、こりゃお勤めが一段落したらバンコクにでも行かにゃ。。。

もう心底疲れたから、どっかきれいな海で泳ぎたいなあ〜、
バンコクからだとホアヒンとかいいな、あ、でも水はきれいじゃないから、
バンコク乗り継ぎでプーケット行く?
たぶん飛行機のマイル足りてるはず。。。
プーケットだったら、うるさい観光地からはずれたケープパンワとかが好みよね〜
もっと近場でサメットか、コーチャンもあるけど、
あ、そんな面倒くさいボート乗ったりじゃなくて、
トラートのセンタラとかってどうよ?
あ、すごくきれいなアコモ、いいかも!
あれ! 今の時期クラゲが仰山いて泳げないってか!?
だめじゃん。。。じゃあサムイまで行くか〜
あ、雨期の真っ最中だよ、波高くて泳げません…
とかって、ネットサーフィンしまくってたわけです。

そしたら、もう実際に行かなくてもいい気分になるほど堪能してしまい
って、どんだけPCにかじりついていたんでしょうね…

でも、本当に心底楽しんで、能天気な極楽モードが戻ってきました。
そんでもって、とても静かで平和な本来の私自身の中に、する〜っと収まった気分です。
外はざーざー雨が降って、木も揺れてましたが、いい浄化になりますこと♡
などと思って、夜明けに寝たわけです。

アメリカの姉は、同じ業界の人で先輩ですが、
私の事情を知ると、すかさず光を送って私を包んでくれました。
素晴らしいヒーリングだったのでしょう。
バンコク行きを思いついたのはそのすぐ後です。
実際に行くかどうかはともかくとして、ずれた軸が何をせずとも戻るほど楽しんじゃいました。

強烈な台風に一切影響を受けなかったのも、このヒーリングの恩恵があると思います。

で、今朝、大島のひどい被害を知った後、
私も光を送りました。。。
光を送るヒーリングは、している方も素晴らしい気分です。
地球全体、生きとし生けるものすべてに対する愛と祝福が自然とこみ上げます。
土砂崩れで削り取られた斜面に、緑の新芽が芽吹く様子が見えます。
破壊された建物もきれいに取り除かれたようです。
お墓の前でしゃがみ込んで悲嘆に暮れる喪服姿の中年の女性は、
はっと何かに気づいたようです。
大切な誰かは決して死んではいないこと、
これからその永遠の絆を深めてゆきながら、新しい人生を生きてゆくこと…

今日はまた、世界は素晴らしい光輝に満ちています。
この瞬間に自分でいられることに、
それを支えてくれるすべての愛にも、
感謝♡
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


すこ〜しわかってきたかも 平行現実その4

平行現実って、多次元では当たり前で難しくも何でもない概念なのでしょうが、
一つの現実しかあり得ないっていう3D的洗脳に仕込まれてしまった身には
ほんとにやっかいなシロモノです。

色々とんでもない経験もするようになって、気の毒な頭はひどい混乱状態になり、
ミナミさんとこで、アシュタールのチャネリングをしてもらった時に、
この平行現実についても聞いてみました。

過去世も一種の平行現実と言えば言えるし、
じゃあ、私がここのところ体験しているような複数の今バージョンと、
その過去世だって同じことじゃない?
多次元では時間がありませんから、
直線の時間をベースとした3D認識が、過去とか未来とかって区別してるだけで、
過去世だって、未来世だって、無数の今だって、
み〜んな平行現実とちゃう(なぜか大阪弁)?

アシュタールは、この整理の仕方でokだと言ってました。
ただ、色々な平行現実にはそれぞれ近い遠いがあって、
(とはいえ、これも言葉で説明できないことを説明するための便宜上の表現だそうです)
無数の今のようにすぐそこにあれば、簡単に行き来ができるけれど、
遠い過去世だったりすると、行きにくいということらしいです。

これはtomokoが考えていることなので、当たってるかどうかは?ですが、
要するに何らかの必要があってコネクションが強い過去世なんかは
すぐにアクセスできるし、そうでないものはなかなかアクセスできなかったりするかな…?
アシュタールの言う近い遠いは、コネクションの強弱として置き換えることもできたりして。。。

まだわかんないことだらけですが、
で〜も面白いですね〜〜〜☆
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


いま、すること

去年の秋あたりから、エネルギーが切羽詰まってきたのを感じて、
変人tomokoを理解してくれる人たちには、
「もう仕事や勉強なんかにうつつを抜かしている場合じゃないです!」
などと過激なことも口走ってきましたが、
自分自身としては10年近くも前から、
浄化には相当な時間とエネルギーを割いてきました。
特に最初の3年くらいは、他のことはそっちのけにせざるを得ず、
浄化に次ぐ浄化で、本当に朝から晩まで毎日のようにワークしてました。
最初の著作『あなたの「うつ」の本当の理由』を読んでくださった方はご存知でしょうが、
死に損なっちゃいましたからね〜、
生き延びるには、選択の余地がなかったもので。。。

お蔭さまで、ここ数年はほんと〜にお気楽な生活で、
しかも今年の春頃からは、奇妙な天国モードで有り難いやら混乱するやら…
でも、終わってないですね〜。
ここのところ太陽の活動が派手で、そのせいでしょう、
色々浮上してきております。

あれえ?
周波数落ちてるみたい?? 大丈夫???
今夜はもう疲れちゃったから、明日の朝にでも誰かに教えてもらおっ☆て思っていたら、
あれま、瞑想に入るまでもなく、もうジーザスから来ました。

目覚め Despertand meから部分引用です。
http://japonese.despertando.me/サナンダ/ジーザス・・・2013年10月12/

今は残っている闇の思考と感情を次元上昇の準備のために捨て去ることがあなた方の仕事です。
犬が水気を払い落とすときの身震いのようにして、あなた方にはそれらを払い落とす必要があります。
古い思考の根とつるを探すのに決意を持って行ってください。
いつもハートとの繋がりを維持してください。
全てのアイディアと伝統、一般的な考え、純粋な愛と光の感情に対抗する意見又は判断を検査してください。
そのようなアイディア、習慣、傾向あるいはマインドの状態は、あなた方の振動を愛というより高いレベルにまで上昇させるのでしょうか?
もしそうでないのなら、一瞬たりとも後ろを振り返らずに、それを廃棄してください。

 (中略)
親愛なる皆さん、あなた方は、日々を過ごしてゆく時に一瞬一瞬にあなた方が対応する方法で、周囲の人々の中の変化を促すトーチを掲げているのです。
生涯があなた方の心に触れる全ての人たちに、あなた方は何気なくではあるにしても、深い影響を与えます。
あなた方のエネルギーは外側に向けて放射され、あなた方の周囲の空間をあなた方が選択する愛又は恐れのいずれかの振動で満たします。
心配は恐れであり、あなた方の暮らしから完全に消去しなけれならないことを忘れないでください。
あなた方が私たちの愛を受け入れる時には、あなた方はハートを、私たちがあなた方に対して感じる親切と寛容の感情で満たすことができるでしょう。
私はまるで呼吸のように、あなた方の一部になるでしょう。
その愛の状態においては、あなた方は神の愛と保護を知っているのですから、恐れはなく、その時にいかに難しいと感じられたとしても、全ての経験は大いなる善のためにあるのです。

私自身に対する非難と磔の経験でさえ、私自身のソウルの道の成長と拡張の源でした。
そうです、神の言葉を教えるための地球への到来を選択した時には、私は、トラウマになるような終末を迎えることになるであろうということが分かっていましたが、それは価値のあることでした。
多くの人たちは、特に、三次元の現実における地球プレーンでの最後の転生の間に、試練を受けるような選択をしました。
ある人たちは、最も問題の大きい生涯レッスンの最後の学期の終わりに向けて、時間が消滅してゆくので、”詰め込み”のプロセスにあります。
あなた方にはこのような機会は二度と再び巡ってきません、親愛なる皆さん。この成長のための最後の機会から急いで離れようとはしないでください。
あらゆる瞬間を味わい、あらゆる矛盾について熟考し、忍耐と熱意をもって、これらの深い味わいのあるレッスンを吸収しながら、最高の自己に到達してください。
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


愛 無限の可能性

「愛は宇宙で一番強い力である」なんてこと、
初めは全然信じられませんでした。
それでもどこかで、これが真実である事を、
よ〜く知っていた気もします。

PCクラッシュで飛んでしまったデータなので、
ソースがどこだったかの情報は逝ってしまいましたが、
この際ソースなんて、どうでもいいや、
どのみち創造の起源のようなところからすべては出てくるんでしょう。

愛は歪んでしまったエネルギーの粒子を整列させてオリジナルの状態に戻す
という解説(ネット上で拾いました。たぶん高次の存在のチャネリング)
を読んだ時に、すご〜く納得して、一気に靄が晴れた気がしました。

『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』を書いた時点では
まだつながりがはっきりわかっていませんでしたが、
あの本の中で、二、三例を挙げて説明したパワーとしての「静寂」と全く同じ。

そりゃそうだ…「静寂」は、ほんとに自分のセンターに軸がしっかり決まって、
表面的なパーソナリティやらアイデンティティからは完全に距離を置いています。
どんなに周りがひどいことになっていても、
何の批判も判断もなく受け入れられるだけでなく、
圧倒的な安定感/浮遊感で、平和を感じて/作り出して
いるのです。

愛の中に批判や判断が入る余地はありません。
この世で一般的に流通しているのは、条件付きのまがい物ですから、
本物の違いが際立つというものです。
ほんとは、無条件の愛などという表現自体がおかしい。
条件が一つでもついたらそれはもう愛ではないのに。。。

最近、愛のエネルギーはほんとにすごいと思ったのは、
なんだか昔のトラウマが浮上してきたようで、もやもやと嫌な気分の中、
あまりに疲れていたので、ワークをする気にもなれず、
何となくバシャールの動画を見ていた時です。

彼はジョーク混じりに思いっきり例の熱弁を振るっていましたが、
そのエネルギーに触れて、相変わらず気分のいいエネルギーですね〜
などと思っているうちに、
ふ〜っと、そのトラウマ絡みのしこったエネルギーの構造がつかめました。
勿論彼は、私のトラウマとは全然関係のない話をしていたんですよ。

すごいですね〜〜〜。
昔、初めてラマナ・マハルシを読んだ時なんぞ、
「最高の教えは沈黙を通してなされる」なんて、
何言ってんだか、このパンツいっちょのおじさんは!
と思ったものですが、ほんとでしたね〜。

バシャールの愛のフィールドに入ったら、
いきなり問題が解けちゃったわけです。

やっぱり愛はパワーです。
間違いないです。
はい☆

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


すこ〜しわかってきたかも 平行現実その3

以前、バンコクのカフェで過去の平行現実にフォーカスした途端、建物が立つ前の空き地に転落した体験を書きましたが、今回はもっと日常的な平行現実の移動です。

いつからでしょうか、
見慣れた景色なのに、明度が上がって雑草までもが輝いて見え始め、
こりゃあ、ほんとに次元上昇してるかも…と思い始めました。
でも、そういう時は決まって、心も晴れ晴れ〜としていて
まごうかたなき天国モード。

ある日、本屋へ行き、面白そうな新刊を手に取ってぱらぱらしてみると、
これがなかなか素晴らしい。
まだ若い方ですが、エネルギーの軽さがダントツで、
「私も人生うまくまわしている方だと思ってたけど、この人には全然敵わないやー」
と思った途端、気持ちがすうっと薄暗くなって、
その途端外界もほんの少しですが薄暗くなりました。
全く同じ場所で同じ書棚が並んでいます。
でも、明らかに何かが違う!

えええええ!?
これって、「鏡の法則」通りで(あ、自分の著書でも散々書いています)、
当然と言えば当然ですが、あまりにクリア〜な変化だったので、びっくり。
おまけに、それまで、どうしてこの人たちはこんなに親切なの〜〜?
日本人にしても親切すぎる〜というような人ばかりお相手していただいていたのが、
その本をもってレジに行くと、ごく普通の事務的な対応です。

ほかの人の進み具合を素晴らしい!と思うのは素晴らしいことで、
そこで止めておけばよいものを、比較して自分の至らなさを嘆いたりするから、
周波数が下がるわけですね〜(pp)
そんでもって、周波数が下がると、
それに応じて別の平行現実に瞬間的にジャンプするわけですね〜(pp)

それからしばらくして、
今度は道を歩いている最中に、何かちょっとしこったエネルギーブロックを処理していて、
なんだか心がもやもやしてきたら…
へ?
景色に霧がかかってる???
これは平行現実を移動した、というより、
内側の状態がそのまま投影されたのをキャッチした感じがしますが、
こういうことが今まででも掃いて捨てるほど起こっていたでしょうに、
気づかなかったのも、逆に不思議です。

よく言われるように、平行現実は無限にあって、
過去世のようなものもあれば、
自分が現に生きているこの瞬間の平行現実というのもあって、
これはもう自分で天国モードから地獄モードまで選択可能!
ということなのでしょうね。


  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


聖なる愚者、お〜バカ〜♩ 

タロットの愚者のカード…
あれ、一時とっても惹かれていました。
今でもこのカードが出ると、背中をぽんっ!と叩いて応援してもらってるような
爽快な気分になります。

で、愚者のカードと並んでtomokoのイケイケおバカモードを煽ってくれる動画をご紹介!

アメリカのどこだかのサスカッチという場所での音楽祭です。
芝生の、それも斜面で踊りにくいだろうに、若い男性が上半身裸で、たった一人で踊り狂っています。
一人で踊っているだけだと、本当にお〜バカ〜な感じですが、
彼の楽し〜いノリノリモードが、一人、また一人と仲間を呼んで…
後は動画を見てください。
Sasquatch music festival 2009 Guy starts dance party
http://www.youtube.com/watch?v=GA8z7f7a2Pk

完全にいっちゃった=ぶっちぎって先頭を走ってゆく人がいれば、
みんなついて行きやすいというもの。。。
喜びや楽しさといったエネルギーが、
これまでの地球にはひどく不足していたそうです。
で、最近のこの陽気、あ、エネルギーです。
お〜バカ〜♩が、今日も一人、また一人と立ち上がる…
こうしてはいられません、
歳のことも、世間体も、この際ですから、かまっちゃいられません、
って、あなたほんとにやるの?

やっちゃえ
声が小さい!
やっちゃえ
まだ小さい!
やっちゃえ

はい、覚悟決まりましたね〜(^^)/

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


カフェでアシュタールと待ち合わせ

今日は叔父が来て父を病院に連れて行ってくれるので、
実家にお昼の支度をしに行って、それから私はプチバカンス♩
マイケルのご本を持って、一番のお気に入りのカフェに行きます。

そこはね〜、イギリス風のとっても素敵なインテリアで、
好みもぴったりな音楽が低くかかっていて、
ご主人お手製のヘルシーで超おいしいお菓子がいただけます。
各地の質のよい紅茶も時々入れ替わり、お菓子も週代わりで目先が変わるので、
今週は何がいただけるかな〜と、その都度わくわくです。
公園横の個人のお宅の一部なのですが、
お庭はバラがいっぱいのイングリッシュガーデンで、
本当に何もかもがぴったりくるtomokoの聖域です。

静かなことが多いので、高次の方々とお話しするのにもうってつけ。
今日はアシュタールが来てくれました。

色々お話ししましたが、一番大事かな、と思ってここに書き留めておくのは、
エゴの扱い方です。
以前、ミナミさんにアシュタールをチャネリングしていただいた時、
言葉で説明するのは難しいが、高次の存在にもエゴは存在するので、
エゴを排除したり憎んだりしないように、とのことでした。
最初??でしたが、
最終的な愛の明度100%に向かって次元が上がり、周波数が上がるという説明を補足してもらうと、
よくわかりますね。。。
人間のようなものすご〜く重くて固いエゴのようなものではないでしょうが、
愛ではないシャドーのようなものが、周波数に応じて残るのでしょう。

以前、金星から来たというオムネク・オネクの本を読んで、
次元上昇した5次元の世界でも、執着に伴う痛みを克服できない人もいたりして、
あれ?そんなもの?と思いましたが、
延々と100%の愛に向かって次元が積み重なっているのであれば、
5次元って、まだまだなのでしょう。

で、今日の話に戻ります。
すべてに正しい/間違いは無いが、エゴを扱う望ましい方法というのはあって、
それはエゴにではなく、愛の方にフォーカスすることだそうです。
エゴを無視するのもよくないでしょうし、無い事にして抑圧するのはもってのほかでしょうが、
私たちにはエゴと同様、必ず、すべてを受け入れ包み込んで癒す愛があるので、
そちらに軸足を置いておくというのは、名案でしょう。
愛にセンターしておけば、エゴがぴーぴー言う時には、そのエゴも愛で包んであげられるかもね〜〜♡

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


お入学 5次元モードの実践的なお勉強

昨日の朝でしたか、印象的な夢をみました。
大学時代の遊び好きなお友達と途中で別れ際、
「どこへ行くの?」と聞かれ、
「だからあ〜、大学の寮に入るんだってばあ!」と言って、
大きな二階建てのアパートのような寮に向かいます。
一階は暗くてやだなあ、と思いながら自分の部屋を探すと、
ありました、ありました、30号室(うふふ、意味深な数字ね)は二階です。
狭い階段を上がり、途中、天井からぶら下がっている邪魔な飾りをよけて上ると、
ドアもなく、もう部屋です。

で、壁は全部天井まで書棚、しかもほぼ全部本で埋まってる。
自然科学のものばかりで、やだな、これ全部出して文学のものと交換しなきゃ…、
などと考えていますが、おバカですね。。。
昔の記憶でしょうか…(昔は近代文学専門でした)。

ものすごくお掃除が行き届いていて、整理整頓されて気持ちよい部屋ですが、
いかんせん、狭い…。
狭いのは苦手だあああ、嫌いです、はい。
書棚と大きな机でほとんど部屋は占有されていて、しかも二人部屋。
お布団を二組、鍵の字型に敷いたら、もう動く隙間もなさそう。。。
大きな窓もあって、ほかは問題なさそうですが、何しろ狭すぎ。
二間続きのけっこう広い和室なのですが、一部屋に二人らしい。

それからこちらの現実に戻ってまいりました。
あ?面白い夢みたな〜〜。
で、いつものようにスピ系の情報をチェックすると、
(・0・)新しい次元に向けて、ではなくて、
新しい次元における適応の仕方のようなお講義が始まっているではありませんか!
アイシャ・ノース 創造の歴史 パート1
高次元に繋がるbyマグダラのマリア
さっきチェックすると、早速昨日の続きがアップされていました。
アイシャ・ノース 創造の歴史 パート2

夢でみた部屋が狭かったのは、空間の狭さではなくて、
これから一気に詰め込まれるということなのかもしれません。
本、すごい量だったしなあ。。。

情報としては、さんざん聞いたり読んだりしてきたことも含まれていますが、
いかんせん、今まではそれが単なる知識で、全然説得力がありませんでした。
はてさて、これがほんとに生まれ変わるような学びになりますかどうか…


  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


異次元な方々 スパイラルさま

お次は、以前セッションの際に、助っ人外人ならぬ、
助っ人異次元サポートとしてお世話になっていた、スパイラルさまの登場です。

スパイラルという名前は便宜上いただいたもので、
あちらでは、バシャール同様、名前は必要ないようです。

セッションでは、必要な時にはクライアントさんの守護霊、守護天使などなど
いろいろな方にもお世話になりましたが、
基本的に、私と私のガイドの二人体制でやっておりました。

ある日散歩中に、iPodでuttara-kuruのMendicant Priestを聞いていたところが、
ふとガイドからお呼びがかかったような気がしました。
この曲、実はお経がベースなんです。
それも観音経…観音とガイドはリンクしておりますので、
音楽に乗ってメッセージが来たような…。
セッション用の助っ人をリクルートしたから、ということでご紹介いただいたのが
なんとっ
ユニコーン…!(--;)

このお方、寡黙で、全くお話しになりません。
でも、セッションに現れては、黙々と
主にクライアントさんの自己リーディングをサポートなさっておりました。
ごっつい歯を剥き出して、エネルギーブロックを引っ張りだそうとしていたり、
エネルギーブロックの埋まっている所を、そこそこと顔を振って示していたり、
でも、ある日、なんだったのでしょう???
クライアントさんと私の間で、
私におっきなお尻を向けて、それを
ぶりぶり振ってる〜〜〜!?
リラックスしろ、とかって、メッセージ?

ともあれ、相当お茶目な方に違いありません。
ある日、ガイドにスパイラルさまのレベルをうかがうと、
「お前よりよほど進んでいる。あれにはエゴがない」
とのことで、ガイドを教授、スパイラルさまを准教授、tomokoはヒラの講師という構成で、
Mirus Clubを運営しておりました。

今ほど激しくなくても、
ガイドが現れる前後から奇妙なことがうんとこさありましたから、
ユニコーンでも何でも驚きはしませんでしたよ。
でも、やっぱり不思議ね〜とは、ずっと思っていました。
で、またまたマイケルです。
彼の本にはユニコーンと龍の世界を訪問したことが書かれていて、
そのユニコーンの感じとスパイラルさまのエネルギーはよく似ています。

今でもたま〜にお呼びすると、「呼んだ〜?」ってな感じで来てくださいます。
あの額のスパイラル状の角は、いかにもシャープな超能力を感じさせます。
きっとリーディングの時とか、そばにいてもらうと、百人力だったりして。。。

あ、uttara-kuruのMendicant Priest、だめもとでチェックしたら、
何とYoutubeにありました。
Mendicant Priest
興味のある方は、聞いてみてくださいね〜、
でも、こんな変なもん聞きながらお散歩してるなんて、
やっぱりtomokoは変人ね、とかって思われちゃったりして。。。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


異次元な方々

そろそろ夕食の準備を、と思うのですが、
最近、好きだった料理がなぜかそれほどしたくなくなり、
特に疲れが出てくる夕方はキッチンに立つのがご面倒で…。

それで作るのが遅くなり、食べるのが遅くなり、あれこれ遅くなり、
全てが遅くなって、寝るのも尋常でなく遅くなってました、はい。

なんか、さっきは少し悲しくなってきて、
で、気づきました。
え?そんなに作りたくないのね?
それじゃあ、とっちゃえ。。。
ということで、今インドカレーの出前をお願いしちゃいました。
だから、もう一本書ける~~☆
疲れてても、心底好きな事なら楽しくできるのね~~~。
5次元ですからね、これでよいのでしょう。

というわけで、目に見えない方々シリーズ、本格スタートです
って、オーバーな。。。

例のオカメインコ服が全然似合っていない11次元のお方について書きましょう。
ご本人は相変わらずオカメインコ服が気に入っていらっしゃるようで、
オカメインコのお姿でいらっしゃいますが、
同時に全世界共通の金髪碧眼の美しい男性姿も、時々点滅するように見えます。
最近は、何回かもっとよく休むようにというアドバイスをいただいていました。
「大変な事もあるし…」と彼が言ったのを、そんなの嫌だったので、
あ、それは私の聞き間違え、と思ってたのですが、
その翌日が、母の緊急手術でした。

ほんとにまあ、全世界共通の金髪碧眼のお姿は、それはそれはお美しい、
とんでもない美形です。
切れ長のふるいつきたくなるような目元がクールな美貌を引きたてていますが、
腹を抱えて笑ってしまったのが、
その美しいお顔を、歪んだ鏡に映すように、縦に歪めたり、横に歪めたりして、
とんでもなく歪めて見せてくれたりするお茶目さもお持ちです。
「だからね、形なんて、どうにもなるんですよ」って、
バシャールも冗談大好き、ユーモアたっぷりですが、
この方も相当可笑しいことがお好きなようで…。
実はこの11次元からサポートしてくださっているお方は、
アシュタール、あるいはアシュターと呼ばれている存在です。

tomokoもそろそろ、形に惹かれるのを卒業したいんですが、
私のガイドも、アシュタールもそれはそれはハンサムで、
執着しちゃいますねえ。
あ、バシャールは全然美形じゃないけど(バシャール、ごめんね)、
やっぱり大好きだなあ。

ちなみに、バシャールの故郷エササニはシリウス系なので、
バシャールが好きな人たちというのは、シリウス系だったりするそうです。
最初からバシャールって、とっても好きでした。
昔、ひどい鬱だった頃、地下鉄の中で動けなくなり、
バシャールに「助けて!」って、頼んだら、
あの灰色の顔がちらりと見えて、目が笑っていました。
そうしたら、すうっと鬱が軽快して楽になったので、とても驚いた記憶があります。

あ、カレー来ました!
さあ、ご飯ですよ~
いっただきまあ~す☆




  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


天使のプレゼント

Lightworkermikeさんのページから転載です。

みんなが自由になる時/なった時なのですから、
こうこなくっちゃあ!


エンジェルズ
いつでも選ぶことが出来ます

アン・アルバース2013-10-7

友人の皆さん、皆さんをとても愛しています。

深呼吸してください。
息を吸う時には、人生の可能性のエネルギーを目一杯吸ってください。
そして、息を吐いてください。
出来ないとか無理だという縛る考えを吐き出してください。
神と一緒ですからあらゆることに可能性があります。

環境に縛られていると感じるのは簡単ですが、皆さん、選ぶことが出来るのです。
ポジティブで好ましい考え方か、ネガティブで身動きを取れなくするような考え方か、
そのどちらかを選ぶことが出来ます。
人生は楽しく愛の心を大きくする旅だと思うか、生き残りに踊らされる人生だと見るか、
そのどちらかを選ぶことが出来ます。
出会う人や状況を壁や障害物と見るか、自分が変わる機会と見るか、
選ぶことが出来ます。

だから、例えば今度「・・をしなくてはいけない」と思う時には、「これを選ぼう」と言ってください。
重い心で「支払いがあるから仕事に行かなくては」とため息をつきます。
でも、そうではなく「支払いがあるのでこの仕事を選んでいる。それが今の状況では一番好い選択だ」と言うのがどれだけ力が湧いてくるか。「でも私には選択肢がある。機会がある!祈って新しい仕事を探すことが出来る。経済的な負担を軽くすることが出来る。何でも手放すことも出来るし、浜辺でテントを張って生きることも出来る!」そう考えることも出来ます。
でも今「私には出来ない」という声が聞こえてきます。
襟を正してお話しますが、皆さんは出来ます!どこまでも選択することが出来ます、可能性があります、機会があります!

ここでちょっとしたゲームをしてください。
一人でも出来ますし、誰かとやってください。
ため息をついて「しなければ」という言葉が出た時は、他の可能性を考えてそれを書き出してみてください!「こんなことが出来たらいい」と、面白おかしく考えてみてください。なるほどと思うような時があります。
友達とブレイン・ストーミングをしてみてください。どんどんリストを増やしていってください。
自分を縛り付けていたものは、自分の考えや義務感、責任ばかりを思い込み過ぎていたことだということがすぐに分かるでしょう。

このやり方で一番好ましい選択をしていけます。
他にも可能性があることが分かるでしょう。決まりきった考え方をしていることが分かり、変わるかもしれないと思えてきます。
それまでは自分で自分を縛っていたということが分かるかもしれません。

皆さん、少なくとも自由に考えるように自分を解き放ってください。
他のオプションや可能性を考えるようにしてください。
皆さんはどんな状況でもそこに囚われることは本当にありません!
魂は今もこれからも永遠に自由です。

祝福を! 皆さんをとても愛しています。

Please feel free to share any of my messages or posts. The only thing I ask is a small note: ©Ann Albers,www.VisionsofHeaven.com
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


続・病院にいらっしゃる方々

以前父が入院していた時には、
ものすごく明るくてパワフルな天使級の女性に会いました。
彼女は、父の母(tomokoのお祖母ちゃん!)につながる高次の存在だそうです。
父が危機的状態を脱するか脱しないかの時に、
肉眼ではありませんが、内なる眼でベッドの反対側に立っているのを見ました。
すごく晴れやかな笑顔で、「もう大丈夫だから」と伝えてくれたのですが、
本当に父は順調に回復して、今ではぴんぴんしています。

このような輝かしい天使級、あるいは本当の天使でも何でも、
用があればいつでも来てくれるすご腕の助っ人の他に、
どうも病院常駐のご奉仕隊がいるようです。

これも以前、母の付き添いで病院に来て、
その時はあまりに暇だったので、ここのエネルギー調整でもお手伝いするか、
と思ってずっと瞑想をしていました。
帰りに廊下を通ってゆく道すがら、あちこちに点々と見えないけれど、
人の意識を感じます。
でも、それは迷っているような低いエネルギーではありません。
かと言って、明度の高い光り輝くようなエネルギーでもないので、
その時は、よくわかりませんでした。
それでも、「あ、ご苦労様です」のような連帯感というか、
何らかの同じ作業をしている人たちだということだけは感じました。

最近マイケル・J・ローズの本を読んでいて、
肉体を脱いだ後に、カルマのバランスをとるために、
志願してこうしたご奉仕をしている人が病院などにいることを知り、
「あ~、あの人たちだよ!」とぴんと来ました。

本当に、肉体のあるなしって、関係ないと思いません?
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


病院にいらっしゃる方々

病院に行くと、色々な方にお会いします。

この頃、ほんと~に変ですから、
すごく変わった人とすれ違ったりすると、
あれ?この人、肉体無かったりしてね…とか思って、ちょっと不安になったりしますが、
やっぱり肉体の無い方を肉眼で見るレベルには達していないようで、
安心?しました。

病院帰りにひどく左肩が痛くなり、
あ、こりゃ、お持ち帰りしてるかな?と思ってバスに乗ると、
小さな蟻んこがブラウスをはいはいしているのに気付きます(あ、間違いなしね)。

昨日は、とんでもない寝坊をした上に、時間を守らなければならない約束などもあり、
相当ばたばたしたところが(ご飯、座って食べられなかった…)、
そうでなくても普段の穏やかな生活が一変してしまったウチの息子が
って、例の白いオカメインコですが、ノイローゼ?になってしまい、
ぴやんぴやん、ぴやんぴやん喚きっぱなし。。。
体重90gの体から、どーしてあんなに大きな音が出せるわけ?

ハンマーで頭を殴られ続けているような…
ご近所にも申し訳ないし、人並みにひどく消耗した…
というわけで、珍しくエネルギーがたいそう落ちておりました。

とにかく気分も悪いし、帰りのバスでは瞑想モードで行くことに決めて、
まずはオリオンの高等評議会をお呼びして、エネルギーのチューニングをお願いします。

あ、頭がすーすーする
…やだな、この感覚最近いつもあるのに、消えてた…
よほど調子が狂っていたようです。
ハートもしっかり閉じてる…
これじゃあね…。
上から細かなミストのような金色の光が降ってきて、
本来の感覚が戻ってくると、体の中心からの光が強くなってきます。
すると、左肩にしがみついていた、おばあちゃま!?が見えて
「あれええええ」と、こちらも手を出すことさえできないほどあっという間に、
滑り落ちて行ってしまいました--;
どうやらまた病院に戻ってしまわれたようです。
う~ん、残念、ちゃんと天国にお送りできなかった。。。

そりゃあもう、亡くなる方も大勢の大病院ですから、
色々いらっしゃることは重々承知でしたけれど、
最近もう絶好調続きで、これなら墓地の隣にでも住める!と強気だったものの、
やっぱりエネルギーがひどく落ちたりすると、
こうですね~~。

でも、もう慣れてますので、実は平気なんです。
カウンセリングをしていた頃は、随分ご奉仕させていただきました。
ひどく苦しんでいると、同じような苦しみを抱えて迷っている方と
つながってしまうんです。
で、カウンセリングで心境が変わってすっきり軽やかになってしまわれると、
もう周波数が合わなくなって、ウチに置いていかれる~(; ;)
「あ~ん、粗大ごみ処理費をいただきます!」
って~~言えなかったけど。。。

だから、田舎に住みたいって言っていたクライアントさんがお帰りになった日は、
田舎に帰りたいのに帰れないと言って迷っている男性が居残りで、
「電車のホームに立ってると、ふとこのまま死んじゃいたいとかって思うんです」、
とおっしゃった方には、丸の内線でお亡くなりになった方が…。

そんでね…そういう方々は遠慮深いのか、あるいはtomokoが修行が足りずに日中は心がうるさいためか、
決まって夜、きも~ちよくお布団をかぶって、さあ、お寝んねちゃんしましょう♪
という時になって、パチパチ音をたてたりして、どうにかしてくれってくるんですよ。
そういう時でもね、あんまり疲れていたりする晩は、
「もう今日は営業終了しました。またのご来店をお願い致しますっ!」
って、冷たく寝てしまいます。
そうすると、まあ、ウチにいらっしゃるクライアントさんにつながるような方々ですから、
良心的なのでしょう、それでもうるさくなさる方はいらっしゃいませんでした。
ほんとに、皆さん常識的でまともな方々…。

というわけで、同じ人間で、ただ肉体の脱ぎ方がイマイチよろしくなかったので、
本来ゆったり一休みできる場所、まあ天国と一応言っておきましょう、
に直行できなかった方々が、不本意にも幽霊とかって呼ばれちゃうのです。

普通私たちは大したことができませんから、
こうした方々のお世話をしている存在をお呼びすれば、後はお任せです。
tomokoが時々していたのは、迷われちゃった方々と少しお話をして、
その方のお世話係りにつなぐまで、でした。
だから、至って簡単。。。
肉体が無いだけで、私たちと全く変わりませんから、
それでも怖いでしょうか?

病院で見た(感じた)別の種類の方々については、次のトピで☆



  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


この脳天気、ただ事ではないかも…。

昨日の朝、実家の母からへろへろな声で
お腹が痛くて眠れなかったから病院へ一緒に行って、という電話が入りました。

で、結果は大腸穿孔で緊急手術。
高齢の透析患者なので、手術中のバイバイもあり得ますし、
一応覚悟はしましたが、って、以前から色々あって、覚悟はできていたかもしれません。
ご本人もどうなっちゃってるんだか、
スパ・スイートに入るようなご機嫌ちゃんな笑顔で手を振って手術室へ消えてゆき、
こちらも、それに答えて満面の笑顔で「いってらっしゃ~い」を致しました。
きっと、と~っても、変な親子に見えたと思います。
ま、変人の子供を育てるような親は変人に決まっているでしょう。。。

そんなんで、ネガティブなエネルギーの邪魔も入らなかったようで、手術成功です。
(先生方、長時間の手術、ありがとうございました~~)
でも、この病気は、手術が成功しても、予後の油断がならないようです。

術後は救急センターのICUに移されることになっていたので、
そこで4時間以上待機してましたが、救急車も結構入ってくるし、
この間、三人ほど(あるいはもう一人?)亡くなられました。
横でご家族が泣いていたり、看護師さんが急ぎ足で来て、
「呼吸がとても乱れていて、もう心臓が止まるかも知れません」なんて言いながら
ご家族を呼びに来たり…。

すごいところですね~、救急センターって。
前だったら、私だってまともな精神状態で帰ってこれなかったと思います。

毎日朝から晩まで肉体の無い方々とのおつきあいがあり、
しかも本当に親身に助けてもらったりしていると、
肉体のあるなしって、ほんとに関係ないんですよね。
親が亡くなれば、一緒に食事とかもできなくなって寂しいでしょうけれど、
逆に、今以上に近しい関係になれるような気もするんです。

だから、大事な家族を亡くして泣いている方の悲しみはハートに響きますけれど、
自分自身がえぐられなくなったのでしょうか。。。
もっとも、オカメインコ並みのびびり屋な父にはさっさと帰ってもらいました。
私も、いくらかは場所のエネルギーに影響された筈ですし、
今日は相当な不調を覚悟していました。。。

でも…
あ~、朝から例の脳天気です…(..;)
結局、寝たのが朝の2時過ぎだったので、体はきつかったです。
父のご飯とか、色々作ったりもしましたし。
でもさっき少し横になったら、普通の疲労程度になって、
気分はらくらく~、またまた天国モードです。

ほんとは、来週マイケル・J・ローズのインテンシブ・セミナーに出る予定で、
宿泊先なども手配済み…シーズン中の三連休でちょっと込み入った予約をしたので、
それを全部キャンセルするのも、けっこう手間でした、はい。

母は緊急入院するわ、楽しみにしていたセミナーもキャンセルするわ、
(これ一種の旅行で、大好きな飛行機に久しぶりに乗る予定でした)
これから両親の世話で大変だろうに、
ぜんぜん苦にならないって、

変~~~!!!

なんで、こんなに気分がよいわけ~?????
絶対、この世界は次元上昇してます。
そうでなければ、こんなこと、あり得ないっ
…て、思いません?

あ…
ゆるんでたtomokoの頭のねじが何本か、知らないうちに抜けちゃってたっていう
可能性もある?
そういえば、何本もへびさんが頭の上から抜けてくイメージがあったな。。。
クンダリニ―の上昇だと言ってくださった方もいらっしゃいますが…^^;



  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


すこ~しわかってきたかも 並行現実その2

昨夜は、伊勢の遷御の儀でしたね。
本当に新しい時代の幕開けのようで…
そう言えば、昨日はやけに
高原にいるかと思うほど、素敵な小鳥のコーラスが時々聞こえていました。
ここは東京郊外で、全然自然が豊かな場所じゃありません。
かなり不自然だったかも。。。
小鳥たちの美しいハーモニーは、よろこびに満ちているように感じられました。

で、伊勢の内宮で、今思えば初めての?並行現実を体験した記憶です。

もう10年以上昔、ひょっとすると20年近く昔の話ですが、
あまりに印象的で、よ~く覚えています。
あの、麻?のカーテンがひらひらしている拝殿の前ではなくて、
その向こうの御垣内参拝をした時のことです。

年末、寒~い時期ですから、勿論厚着をして行きましたが、
御垣内参拝をする前にコートやマフラーを取って、
荷物と一緒に手前のご神職の小部屋の前に置いてゆきます。
初めてだったので、少し緊張して御垣内に入ります。

で!!
びっくら!!
外は普通に真冬の12月でした。
なのに、御垣内はうらうらのどかな5月のようで…。
空の感じも冬の澄んだ青空というよりも、初夏の日差しの強い青空のような。。。
しかも、異様な静けさ…
時間が止まったようです。

太陽の神様だから、ここにはいつもこんな風に
うらうらのどかな5月が存在してたりしてね…とかって、思いました。
というのも、その直前、正殿に続く大っき~な石段を登りながら、
右横に巨大な愛とでも呼ぶほかない熱いエネルギーを感じて、涙が止まらず、
全くもって日常的でない、神なる存在を感じていたからです。

その後も、数回御垣内参拝をしましたが、
こんなに異次元だったことはあったかな~?

バンコク在住の友人からも似たような体験を聞いたことがあります。
彼女はあるホテルの中庭にあった祠の前で行われる瞑想会によく参加していて、
あのくそ暑い(言葉悪くてすみません)バンコクで、
まっ昼間に外で座るかい?と思いますが、
かんかん日が照っていても、なぜかそこだけは何となくひんやりしていたと言います。

このホテルはその後取り壊されて、巨大なショッピングセンターになりました。
で! 続きがあるんです。
バンコクに住んでいた頃は、SC大好き人間でしたから(信じられない!)
この出来たばかりの、きれいでだだっ広いSCにも年中通っていました
(だだっ広い場所は今でも好き)。

一か所とてつもなく不思議な場所があって、家具屋さんか何かの前の廊下なのですが、
そこに置かれた大きな長椅子に座ると、すぽっと瞑想モードに入るのです。

自分ちよりも、よほど簡単に瞑想モードに入れるので、
ちょっとこみ入った読まなければいけない事などあると、
買い物や食事のついでに寄っては、そのマジカル・ベンチに座らせてもらいました。

休憩しているフリをして腰を下ろし、
ぴかぴかに磨きたてられた廊下に反射している明かりをじっと見ると、
瞬間的に意識が拡大します。
前を人が歩いたりするのに、それはそれは気持ちよく集中できて、
別次元の情報を取りながら、同時に現実のあれやこれやにも気づいているので、
前を通り過ぎるうちのごくわずかですが、とても敏感な人が、
私がフツ―でないのに感づいて「なに!この人、変!?」とびびったりすると、
そちらを見なくても気づきます。

そうです、その長椅子が置いてあった場所というのが、
そのお友達によれば、祠のあったあたりの真上にあたると言うのです。

もともと光の柱か何かが立っている特別な場所だったので、祠が立ったのか、
繰り返し瞑想会が行われることで、エネルギー的に特別な空間を作り上げたのか、
とにかくそこには別次元に容易に入ることのできる何かがありました。
大きな都心のショッピングセンターの中でね~~。。。

きっと気がつかないだけで、
こういう時空の具合が普通でない場所というのは、
結構どこにでもあるのかもしれません。



  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


光がますます強くなってる…

これ、どうしても書いておきたいと思って、
もう遅いけれど、寝る前にひと言。。。

たぶんもう全部終わってる…。
9月23日の秋分の日、
雑用なんか色々済ませて、ほっと一息ついていた夕方でしょうか、
ふっとハートがつぶやきました。

「助けた…。」
そして、
ぼぼぼぼぼぼぼって涙も出た。
「助かった…。」ならまだわかりますが、
誰が誰を、何を助けたのかわかりません。
でも、胸の奥底から湧き上がる安堵感と達成感、感動がありました。
まったくもって意味不明、何が何だかわかりませんが、
とにかくもう大丈夫なんだってことだけは、
はっきり伝わって来ました。

これからけっこう派手な事があれこれ起こるかもしれませんが、
それって、きっと単なる微調整。
表面化しなかっただけで、今までの方がよほど大変だったような感じがします。

「ああよかった、こうやって微調整が起こりながら、
ほんと~に、皆が幸せで平和な世界ができてゆくのね~~超うれぴ~☆」
とかって安心していれば、その安心のエネルギーが、
一層私たちを堅牢に守ってくれるような気がします。

でもって、我が家は今夜もとっても平和で、静かです。
襖をしめた向こうの部屋でお寝んねさせているので、姿は見えませんが、
息子が安心しきって、きも~ちよさげに、
すーっすーっと寝息を立てる度に羽を揺らしながら、
眠っているのを感じます。
さて、tomokoもお寝んねちゃんです。

みなさまも楽しい夢を~☆
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


嬉しいのは不思議じゃない・シリウスの水

この頃、ほんとに訳もなく幸せで嬉しかったりするのが、日常的になってきていて、
不思議ぃ~、でも、楽しいぃ~、と思ってこのブログも始まっちゃったわけですが、
不思議なことじゃなかったみたい。

ヒラリオンのメッセージを読んで納得です。

あなた方の多くは今、トンネルの終わりの光が見えるのを感じ始めています。
過去数年間の自分の浄化時期で経験してきた全ては、完成に来ています。
現在重要なのは、自分のより高い振動数を毎日のように維持し続けることです。
これが前途をより容易にし、より優雅さと安楽で満たします。
エクスタシー(歓喜)が自分の新しい振動数であることにあなた方はゆっくりと気付いてきており、喜びの状態を体験する瞬間がますます頻繁になっています。
この状態があなた方の本来の在り方なので、喜んでそれを自分の人生に迎え入れてください。

以前から…たぶん2012年に入ってからだと思いますが、
理由の無い不思議な幸福感を断続的に経験するようになり、
気がついたら、それが一日中とか、一週間も続くようになって、
最近では気分が冴えない日の方が単発で現れるような具合で、
以前とは気分の善し悪しの割合が、完全に逆転しています。

しかも、ちょっと前に書きましたが、
地上に転生する前に馴染んでいた、愛が酸素のように世界に満ちている感じがするのです。
それも今年に入ってから、たぶん夏あたりからだったと思います。
故郷に帰ったような…以前は、もっと自然の豊かな田舎に引っ越したいと思っていたのに、
ここで充分、本当の自分で晴々と暮らせるような気分にもなって。。。

それもそのはずです。
ほんの数日前に初めてつながったサイトで、この春からシリウスの水で地球を包むという
とてつもないプロジェクトが進行していたそうな。。。
シリウスの水が上がってきています
http://alphaboo.blog.fc2.com/?no=162

これ、経験する前に知らなくてよかった…
信じられなくて、スル―したと思います。
でも、経験した後だと、とてもしっくり来ました。
シリウスの水は9月27日を境にゆっくり引くそうですが、
完全に水が引いた後は、穏やかで愛と光に満ちた地球になるそうです。
いいですね~~~☆
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


シリウスAの猫?

さっきの続きです。
謎のダブルの正体は、勿論まだわかりませんが、
昨夜、その正体不明なダブルがそこら中を踊りまわっている最中に、
別件で面白いことがありました。

何かの拍子に、聖なるお山のカイラスのような白い山の麓から
地下に潜っていくようなイメージで、
アメンホテプの回廊とかって、言葉が響いてきました。
古代エジプトつながりのようです。

青白い炎に包まれたやけに威厳のある猫人がいて、
あれこれ話しましたが、夢と同じで次元が違うせいか、
ほんの少しだけしか覚えていません。
最近新しく降って来たインスピレーション
=これからしたいことについてのガイダンスでした。
けっこう途方もなくって、糸口さえまだ見えていないのですが、
そのまま自分をそのビジョンに開いておけば、それでよいとかって、
言ってたな。。。

カイラスだしエジプトだし、青白い炎にも見覚えがあって、
シリウスの人?と聞くと、シリウスAだと答えが返って来ました。
で、さっき調べてみたら、やっぱり猫人はシリウスAの人なのね。

こういうのは前から経験してきているので、もう慣れてるし、
びびらなくて済みます。
知らない事にいちいちびびるのも、そろそろ終わりにしたい。
オカメインコじゃないんだし…ね。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ダブル?

相変わらず、わけのわかんないことが続きます。

昨夜、新着アルクトゥールス情報に従って、
往生際悪く、手放し損ねていた恐怖のエネルギーを解毒するワークをしていた時のことです。

体の数箇所にべったり張り付いていた重くて黒い闇と
螺旋状に上昇するパワフルな光を可視化して作業を進めていると…

はれ?
もう一人の私が、透き通った体で嬉しそうに目覚めた。。。
「あんた、誰!?」の世界ですが、間違いなくもう一人の私で、
それも神々しかったりする高次の自分や、別次元の私でもなくて、
本当にこの私のダブルのようです。

これまで、ブロックが掛って眠っていたか昏睡してたのが、
ようやく解放されて自由になってすごく嬉しいとか言ったりして、
そこらじゅうを目にもとまらぬ速さであちこち動き回っています。
というより、時間や空間の制限から自由なのでしょう、点滅するように動いています。
この私と違って、あっちと思えば、もうあっちにいらっしゃるような具合で。。。

でも、この私よりは、よほどモノがよくわかっているようで、
いきなり斜めに寝た(なんで斜めなの~???)と思ったら、
光の柱になって、「しっ静かに! こうして光をチャージするの」とかって、
勝手に何か作業を始めちゃったり???
もうしっちゃかめっちゃか、何が何だかわかりません(;;)

う…、
今も左側から嬉しそうにこっち見てる(;;)
勿論肉眼では(有り難いことに)見えません。
ま~、もう、仕方ないです。
そのうち、こういう妙ちきりんな現象にも慣れるのでしょう。

そう言えば、昔と言っても2009年ですが、『ババジ伝』を読んでいて、
肉体のババジは眠っているのに、その横で火の世話をしている別のババジを見たとか、
皆の前で椅子に腰かけているババジの横にもう一人のババジが立っていた、
とかっていう回想がありましたっけ。

奇跡のリンゴの木村さんの本でも、
木村さんを霊界に連れてゆく掛りの女性が、どうしてだかこの世に普通に生きている上に
彼を訪ねて来て、色々不思議な話を聞かせたその中で、
彼女が小さい頃、学校に行っているはずなのに近所で遊んでいるのを目撃された、
とかのエピソードも思い起こされます。

もしかして、私のダブルもこれ?
でも、私の肉眼には見えませんから、違うかな~?
ま、こうやって?のアンテナを立てとくと、
この頃じきに答えがくるようなシステムになっているようなので、
楽しみに待つことにします。
どなたか事情をよく存知の方がいらっしゃったら、
ご教示くださいませ~、この際、肉体のあるなしは問いません。
どうぞ、よろしく~m(_ _)m

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


宣伝しちゃう☆

昨日の朝の大規模なCME(コロナガス噴出)の影響か、
昨夜は久しぶりにレンチン(レンジでチン)状態で体が中から暑いこと!?
パジャマだけで、結局朝まで何もかけずに寝てました。
振動もぶるぶる来ていて、
まあ、烈しかったです。。。

というわけで、起きるのやっと。。。今朝もだる~~~
午後もだる~~~、3時間も昼寝をしてまった。。。
あ、太陽風の乱れとしては3日の朝頃到着予定とか。
もっと知りたい!という方は、
太陽の状況をわかりやすく報告してくれるサイト
宇宙天気ニュース
http://swnews.jp/
でご確認ください。
昨日のど迫力なCMEの画像も見られますよ。

で、肝心の宣伝!です。
10月に入りましたので、拙著が店頭に出ている書店もあります。
無くてもお取り寄せ可能ですし、全ての通販大手で購入できます。
(お陰様で、アマゾンでは在庫切れになっていますが、
楽天や紀伊国屋書店などには在庫があり、すぐに発送可能のようです。
アマゾンでもまたすぐに入荷されると思います。10月2日現在)
『あなたが愛されない本当の理由  青い鳥はどこにいる?愛し愛される幸せの見つけかた』
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由 人生は魔法の鏡』
tomokoのペンネームはそのまま、二冊とも文芸社より出ています。
これで、最初の『あなたの「うつ」の本当の理由』と併せて
「本当の理由」三部作完成です☆
お世話になりました皆様、大変ありがとうございましたっ、心から感謝です。

タイトルがちょっと…なのですが、お許しを。
充分愛されている方にも、人生とってもうまくいっている方にもお勧めです。
変人tomokoの私生活もちょっとばれてたりします、うふふ。

『人生』の方は、「鏡の法則」を具体的な実例を織り込みながら
わかりやすく解説してみました。
言葉だけは知っていても、いまいち使えなった方には是非お読みいただきたい本です。
どんな方にも、日常的に使っていただける実用レベルの「鏡の法則」です。

tomokoはこのスキルを使って、泥沼から出ました。
ほんとです。
だから、本当に、本当に書きたかった本です。
たくさんの人に、「鏡の法則」のすごさを理解してもらえたら、
たくさんの人に、「鏡の法則」を毎日使って幸せになってもらえたら、
そう思って書きました。

ああ、書いてるうちに、なんかまた元気でてきた~…
なんで??
さあ??
脳天気だからでしょう。。。
  1. ご本
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ 月例リーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

6月度
24日(土) 9時〜12時

7月度
22日(土) 13時〜16時

8月度
26日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2013 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -