フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



大丈夫

ハルマゲドンって、本当だったのかも。。。

一見ごく普通の人たちが、こんなにひどく苦しんで、祈るようにして日々を何とか生きていたりする。。。

死ぬほど辛かった山が片付いても、ちっとも気分が晴れません。まだ残っているのか、それとも疲労困憊が激しくて、えらく回復に時間がかかるのか…うっかりすると、また重くなります。

古い制限を解除して、自由になったことを信じなければいけないのだけれど、それがうまく出来ません。

勿論そんな辛い作業とは無縁な方たちも、たくさんいらっしゃるでしょう。

楽しく生きられるなら、楽しく幸せに生きていただくことで、地上のエネルギーバランスが維持されます。このような時には、楽しい気分でいたり、幸せだったりするだけで、ものすご〜く世界に奉仕することになるのかも。

目に見えない光の流入が烈しくなり、今までは浮上せずにいた闇も、どんどんあぶり出される…そして、その闇も、光になりたいのだと思います。

どんなに苦しくても、その闇を抱えた人が辛抱して、変容を助けるしかないでしょう。あ、勿論、休み、休み…ね。潰れてしまわないように。

「立ち止まる日をのりこえて
もう一度風を掴もう」
(「オキノタユウ」)

今までだって、散々苦しかった。
でも、それを乗り越え、乗り越えして培った智慧や、本来備わっている力や強さがあります。

外側の光も、内側の光も、私たちを破壊しようとしているのではなく、変容を促すために強まっている筈です。

だからあなたもきっと大丈夫。わたしもきっと大丈夫。

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


光の偏在

最近、静かにしている時に、周囲に光を感じることが多くなりました。

以前は集中した時に、別次元の光を見たり感じたりしていたような…でも今は、ちょっとフォーカスを変えるだけで、そこらじゅうに…たぶん同じ次元か、すごく近い次元に金色の光の粒子が舞っているのが見えます/感じられます。

以前のは白かったり虹色だったり、強烈なダイヤモンド光だったりして、光の種類としては違いました。

今もこれらの光を感じたり見たりすることはありますが、やっぱり瞑想中や特別な集中の最中で、普通にリラックス…いえ、リラックスするほどでもなくて、本当にちょっと横を向くみたいな感じで、金色の粒々に取り巻かれているのを感じます。感じません?

これ、マイケルが『光のかけらが降り注ぐ地球』に書いた「光のかけら」と同じものかも。。。

明らかに一つ一つに意識が宿っているのを感じます。きちんとコンタクトすれば情報をもらえるのかもしれません。あるいは、意識したりはっきりと理解できなくても、私たちは既にその情報を受け取っていて、そのお蔭で変容しつつあるのかもしれません。

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


♩UFO!?

先日、ハワイのMから、遂にコンタクトしたみたい!というメールをもらいました。

カウアイ島の雨の多いエリアに滞在中で、朝、暗いうちに目が覚めたら、家をシェアしている友達も既に起きていて、すっごくきれいに晴れて空が澄んでいるから星を見にゆかない?という話になり、出かけたそうです。

ものすごい数の星が瞬いていて、なぜか一瞬私のことを考えたとか…beloved STAR SISTERなどと呼び合うことがあるからかもしれません。するとそれに答えるように、一つの星が急にぱっと輝いて、それが大きくなり、完全に他の星や衛星よりも大きくなり、またぱっと輝いたかと思ったら、鋭角に後ろに飛び退って消えたという…!

以前から、これからコンタクトが増えるという話は散々聞かされていますが、とうとう見ちゃいましたかね…。

いつものことながらシンクロし過ぎでした…。

彼女のこのメールを開くその朝方だか未明だかに見た夢で、彼女とは別のお友達でしたが、一緒に電車に乗っていて、ものすごくたくさん輝いている金色のドットのような光を車窓を通して見ながら、「ああ、あれってUFOよね」などと話しておりました(^^;)

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


解放:エネルギーの加速

昨日、長野のお友達と久しぶりにおしゃべりしていて、この一年がいかにすごかったかなどと盛り上がりました。

それでもまだ話し足りなかったのか、昨夜の夢の中では、ウチにお訪ねいただいて、終電の一本前に間に合うからと言ってお帰りになられました…夢なのに電車で帰るって…えらくリアル…(^^)

とても面白かったのが、二人揃ってこの12月から、急にもっと自由に楽しんで生きようと思うだけでなく、行動もすらっとその通りにできてしまい、自分の世界を拡げるような形になってきていることでした。

他所でもそのような事を聞きますし、これは全体的な流れに違いありません。今までとは違い、もっと自由に楽しみ、自分らしさを表現したり、それぞれのユニークな人生を全開して生きる…みたいな。。。

元鬱病患者ですから、今でこそ人から呆れられる脳天気でも、抑圧的なエネルギーにかけては、自慢できるくらい?持っていました。お友達もなぜかご自分に制限をかけてしまいがちでしたが、最近がらりと変わったようです。

バシャールはこの秋からがはっきりした分かれ道だと言っていましたが、確かに方向をがらりと変えるような出会いや機会に恵まれ始めたのは、秋からかもしれません。彼女も11月のマイケルのセミナーに参加した後、一気に加速した感じがあります(ですよね、Mさん)。

まだ、よくわかんない…という方も、きっとこれから気づくか、あるいは気づいていないだけで、感じ方のような微妙なレベルの変化が既にあるのではないでしょうか?

こうした個々人の変化からしても、この世界のエネルギーが順調に加速しているのは間違いないでしょう。

この有り難い地球規模のエネルギー変化の追い風もありますが、煉獄期間中に散々痛みと直面した挙げ句、とうとうねじが飛んでしまい、痛みを受けることに抵抗が無くなってしまったり、冥王星と恋に落ちたというか、中毒したというか、悪酔いするほど揺さぶられて崩壊直後に来るV字恢復の爽快感に病みつきになった経験が、ここに来てじわじわ効いています。

勿論、苦しむのを積極的に歓迎まではできませんが、投資した分どころか、投資した以上のリターンをその度にいただきましたので…(^^;)文句は無いです。またやれと言われれば、腹をくくります。あ、身体が「冗談じゃないっ!」とびびってる…ん?肉体じゃなくて、アストラル体かも?

『あ、バシャールだ!』(HAPPY LICA FUMITO YACO VOICE刊)にも、ワクワクを追求する際、結果に頓着しない必要が書かれていましたが、ワクワクをそのまま行動に移すには、結果にとらわれてしまうと、確かに難しいでしょう。

結果を気にすればするほど、ワクワク感はしぼみがちになり、安心したくてたまらないエゴがあれこれ注文をつけ始めます。そうするともう、ワクワク感は汚染されて、本来のエネルギーを失い、エゴの恐怖が投影された現実を創り出してしまうかもしれません。

うまくゆかないかもしれないし、痛い思いをするかもしれないし、逆に思った以上にうまくいってわお!みたいな具合になるかもしれないけれど、どちらに転んでも人生の恵みと受け取れるなら、結果は気にする必要がないでしょう。

「まあ、とにかくこっちに今は行きたいから、取りあえず行っちゃお…」みたいな軽やかなノリが、初めてこの人生の機動力になりつつあります。

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


大宇宙の癒しの鼓動

昨日のオリオンの高等評議会の「大宇宙の癒しの鼓動」ですが、勿論それは初めから私の内部に常に存在していた筈で、内部にあるものでしょう。

ところが、なぜか、私の半身がそちらにはみ出している逆転した感覚があります。一時的なことなのかもしれません。まだはっきりと認識し始めて間もないので、やがて変わってゆく可能性もあります。ただ、後戻りはもうできないし、執着ということでもなしに、後戻りしたくありません。

この宇宙にはみ出した半身を感じることで、全体が宇宙に包まれる感覚になります。それは、あたかも私が今生をめでたく終えて肉体を脱ぎ、安らいでいるような感覚です。

これまでの人生全てをニュートラル=良い悪いの判断なしに、それでいて熱愛しているような不思議な感覚です。様々な出会いがあり、その中でも特に近しかった人たちの顔がじゅんぐりに浮かび、ひどい葛藤を経験した相手であっても、全員の顔がニコニコと笑顔で輝いていて、こちらもその関係から受けた人生の恵みに心からの感謝を感じるようです。

受けた痛みを受け入れ愛することで、それはシトリンのような宝石に変容しました。そしてわかったのは、やっぱり私は痛みを経験したくてこの地上に来たということ…痛みの無い世界では痛みを味わうのも不可能です。インナーチャイルドカードのソードの3のように、痛みも喜びも、悲しみも感動も、全てを音楽として調和させることで、それは圧倒的に豊かな経験に昇華します。

地上のとてつもない汚辱でさえが佳きものとして感じられ、私の人生も、全てが調和の中で経験された素晴らしく美しいものとして感じられるためでしょうか、喜びと満足感と浄福で浸されます。

なぜ半身なのか…。

右半身だけが宇宙にはみ出すのは、左半身はちゃんとこの世界に残っているからかもしれません。私の場合、エゴの座は左のお腹の中にありますし、左側は陰で、物質やこの世界にシンクロしているのでしょう。

こうやって「大宇宙の鼓動」に部分的にでも包まれることで、この次元の時間と空間に押し込められた、ある種囚人のような不自由を耐え忍ばなくても済みます。これは、本当に有り難い!今まで多次元モードに慣れるため、ガイドが順を追って経験を積むような具合に手配してくれましたが、今また、この新しい展開があり、次がどうなるかが楽しみです。。。

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

10月度  ご予約受付中!
28日(土) 13時〜16時

11月度
26日(日) 13時〜16時
18日(土)から変更しました。

12月度
16日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30