フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



不要な波動

これ、実感しまくり・・・

こんな”ナンセンス”な波動をずっと持ち続けてきていたのか」って、本当にそうです。「こんなもん、まだ持ってましたかねっ!?」と、呆れてうんざりした事は数知れず。。。

皆さん、きっとおんなじなんですね。

the PLANET from NEBULAより、転載です。

貴方の地図

”無条件の愛”を真に理解できるようになると、波動内に息づく貴方の”抵抗波動”は存在できなくなります。つまり、抵抗波動の代わりに愛の波動が差し込まれるので、貴方の中にあった抵抗波動は表へと逃げ出し、表面化してゆくというわけなのです。ですから覚醒の道を行くすがらに愛の波動を受け取り、浮き出る”抵抗波動”を手放しながら貴方はどんどん身軽になって目的地へと進んでいる事を意味しています。
 
自分の気持ちに重きを置いてこなかった今までの私達は、小石程度の”抵抗波動”に気がつける事はありませんでした。たとえ気が付けたとしても、日常の忙しさにかき消されて、その想いが”当たり前”となってしまいます。そして病気やストレスといった抵抗波動の物質化を体験しても、それでも貴方は外側に助けを求めてきました。
 
しかし意識が高まる現在において、この事によって沢山の人達が内観を始めるきっかけを得ています。抵抗波動”を見つけては手放し、フォーカスするベクトル方向をポジティブ側に持って、自分の気持ちに”初めて”重きを置けるようになっています。また時として、表面化された抵抗波動の存在にびっくりする事があるでしょうと、バシャールは話しています。こんな”ナンセンス”な波動をずっと持ち続けてきていたのかと思うと、何とも不思議だ、と思うかも知れません。
 
覚醒の道は、貴方独特の道です。他の誰かが行く道を辿ってゆく事はできません。ですから貴方の心が示す”道”が、貴方の地図というわけなのです。そしてその地図は貴方にしか見えない、貴方にしか触れない、貴方にしか真実として受け止める事ができないのです。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


一番恐い方へ行くんだよ by マイケル・ローズ

マイケルの新刊『魂の旅のはじまり』(大亀安美訳 知玄舎刊)を読んでいます。マイケル自身の人生について書かれていて、既刊の著書に重なる部分もありますが、新しい加筆もたくさんあるので、楽しんでいます。

その中で、「うっ…」とつんのめっちゃうような一節に出会いました。

たぶん、ほんとにその通り…

しかも、直前に感じていたことともシンクロしていて、サインでしょうかね。。。

幸い?慎重さも持ち合わせていますが、蛮勇も無いこともないので、敢えて一番恐い方へって、できなくもないです。

というか、人生やガイドの促しに沿おうと思って生きていて、その一番恐い方へ背中を押されることも、たまにはあります。勿論恐怖がベースなのでひどい目には遭うものの、莫大な恩恵も受けましたので、マイケルの言うことはよくわかるんですが…。

pp20-21
あなたが人生の岐路に立ったとき、一番恐いと感じるほうへ向かうことをお勧めします……ほぼ確実にその道は、あなたの意識を成長させる最大の可能性を秘めています。意識の成長こそがこの美しい惑星にいる私たちの目的です。

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


成功/ 失敗 by マイケル・ローズ

「今日のマイケルのメッセージ」は、今朝の瞑想中のガイドとシンクロです。

こちら側の世間一般で信じられているような成功・失敗を、あちら側では全くカウントしていない、という話です。

失敗すれば、その失敗でしか得られない経験や智慧が得られるから…。ひどい失敗体験を通して得る霊的な進化を計画していたりだって、たくさんあるでしょう。

勿論、成功を夢見てチャレンジするのは間違っていなくて、そこに失敗するかもしれないという恐怖で重石をつけてしまい、達成の遅れや結果的な失敗など、本来の可能性を狭めてしまうような体験を、わざわざ私たちはしがちであるとも指摘されました。

努力のし過ぎで辛くなったりして、一層重しをつけてしまったり…それとは別の、もっとリラックスして努力したり、軽やかに楽しむ選択肢もあるから、と。

その時点でのありったけの智慧やら経験やらを投入して、スリリングにゲームしてるというのが本質だそうで。。。

ええ、やっぱりゲーム。。。

さらに、充分な智慧があり、高次の導きと恊働の状態では、逆に失敗する方が本当は難しい、とも言われました。

というわけでマイケルのメッセージです。
マイケルローズJAPANより転載です。

日々、私たちは、成功や失敗といった言葉を使います。
本当のあなたである不滅の存在にとって、成功も失敗もありません。
   
いわゆる失敗の瞬間が、長い間苦しんできた課題を学び終えた瞬間であるかもしれません。
それぞれの生まれ変わりには、魂の意図、目的があります。
     
多くの人は、生まれた時から両親や社会によって、安心、安全な人生へと導かれます。
いくつもの人生をこのように生きてきました。
   
この確立されたパターンがあるため、魂のレベルで、このパターンを壊すことが必要となります。
  
危険を冒す必要があるのです。 安心や安全なしで生きる必要があります。
     
あなたが魂の促しに従い、そのため富も安定もないなら、社会はあなたに失敗者としてのレッテルを貼るかもしれません。
       
私たちは、ゲームをしています・・・
無知とともに生きています・・・私たちは幻想を信じています。
     
あるがままのあなたでいるのです。あなたのハートに従いましょう。 誰か他の人の夢ではなく、あなた自身の夢を生きるのです。
    
あなたはユニークな大いなる存在です。そのユニークさを生きて表現しましょう。
  
あなたは素晴らしい愛と光の存在であり、永遠です。あなたは人生の創造主です。
    
あなたが意識して愛を選ぶなら、あなたの真実を生きる強さを得ることになり、あなたへの愛と信頼を深めるでしょう。
    
愛の選択を!
Choose Love!
日本語訳 大亀安美

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


罪悪感 by マイケル・ローズ

罪悪感を持たないこと、それは自分自身を無条件に受け入れる愛ですね。。。

「今日のマイケルのメッセージ」(3月25日付け マイケルローズJAPAN)より転載します。

どうして罪悪感を持つのでしょう。
 
正直、私に罪悪感はありません。だから、誰にでももともとあるものではありません。
   
罪悪感は、潜在意識にプログラムされたものです。
たくさんの生まれ変わりの人生を想像してみてください。
    
すべての人生で、自分は十分ではない、間違っている、悪い、などなど・・数えきれないほどの生まれ変わりで、です・・・ほとんどの人は、自分を責めるプログラムを持ち続けています。
    
罪悪感は、人を死に追いやることもできます。
それは、癌や心臓病、そのほかの病気、身体の不調和となってです。
      
精神的な不調和をかかえると、それは感情的な不調和となります。人生を形作るのは感情です。罪悪感は、やがて病気として肉体に現れます。
   
罪悪感を持たないことです。
すると感情的な反応は起きません。
 
あなたの「べきである」、「べきでない」を手放しましょう。
それは古い時代遅れの信念です。
     
私の生き方はシンプルです。べきも、べきでないもなく、心配したり不安になったりすることは何もありません。あるがままです。
    
いまでは心配も不安も経験しません。そこにあるのは、理解をこえた平安です。
 
私に心配や不安を感じる機会がないのではなく、ただ、そういった否定的な選択をしないからです。
 
いつも意識して愛の選択を!
Choose Love!
日本語訳 大亀安美
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


高次の存在による24時間の加護 by バシャール

以前個人セッションをしていた頃、クライアントさんと向いあって、最初になんとなく話し出したことが、その方にとって、その日一番大事な情報だったりする事がよくありました。

最初は驚いたりしていましたが、しばらく経験を重ねるうちに、寧ろそれが自然な事だと思うようになりました。

こちらがクリアーな素の状態でいればいるほど、双方のハイヤーセルフに使ってもらいやすい状態になります。また、チャネリングをしない時でも、自分がセッションの主体だとは考えていなくて、高次のガイドにお任せする気持ちがいつもベースにありました。

Mirus Clubの主任教授はハイヤーセルフで、リーディング担当のユニコーンが准教授、私はヒラの講師…というのは冗談…でもなくて…、実際そんな感じでセッションをしていました(^^)

私がセッションに、また高次のガイドに自分を開いた時に、この通路を通って必要な情報が提供されたのでしょう。

高次のガイドにそうした御用に使っていただけるのは、いつだってとっても嬉しい事ですが、知らず知らずのうちに、私たち全員がそんな風に情報のチャネルになっている可能性はあります。

the PLANET from NEBULAより、転載します。

ダイレクトに

テレパシーとは、心の中を読む能力と言われていますが、実際は同じ想いを”同時”に想うさまを表しています。つまり、同じ波動域同士が引き合う磁石となって、思考を”共有”します。これがダリルとバシャールのチャネリングのカタチです。ちなみに、テレパシーを心の中を読む能力という説明は、とても古い発想なので、そろそろ手放してしまいましょうとバシャールは話しています。
 
バシャールイベントで質問者がバシャールに質問を投げ終える前に、バシャールが”答え”を言ってしまうことがありますが、心を読んでいないのであれば、一体どうやって答えが質問の前にやってくる事ができるのでしょうか。バシャールは次のように答えています。
 
バシャールは、貴方のハイヤーマインドを”通して”メッセージを伝達しています。ですから、ハイヤーマインドの指示に従って必要な”答え”のみを提示してくれているというわけなのです。貴方の前進の妨げにならないよう、貴方が学び取る情報を先に渡してしまわないよう、貴方のハイヤーマインドは丁寧に指示を出してくれています。ですから時に、”これを先に伝えてください”という指示がハイヤーマインドからあれば、そのメッセージが先に伝達されてゆくというわけなのです。そして多くの場合、そのメッセージに”答え”が含まれているというわけなのです。
 
貴方のハイヤーマインドは、貴方の心の声も物質的な声も、心の中身もずっと24時間休まず聞いています。貴方が泣いている時も、笑っている時も、怒っていたり眠っている時でも何時でも何処でも”貴方”と一緒に存在しているのです。何故ならば、ハイヤーマインドは貴方そのものだから、切っても切れない存在だからです。ですから、亡くなった非物質界の存在と会話するのも、ハイヤーマインドを通してコミュニケーションが成立しています。バシャールもしかり、貴方のガイドもハイヤーマインドを通して貴方にアクセスしています。だからこそ、物質界にフォーカスする”今ここ”の貴方が、ハイヤーマインドの視点であればあるほど、ダイレクトにメッセージを受け取れるようになるとうわけなのです。

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -