フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



信頼

自分にでも、人にでも期待して、いいことは一つもありません。

昨日、なんとなく、期待と信頼について考えていました。

混同されがちで、実際、会話で相手への信頼を表現するのに「期待しているよ」と言ったりします。

でも本質は、全然違うと思います。

期待は、一種の妄想かもしれません。
自分勝手な期待を押し付けられるのは、本当にたまりません。

じゃあ、信頼は?


結果や成果は全く関係なくて、自分も人も、様々な条件付けの中で、自分なり/その人なりのベストを尽くしていることを信じることかもしれません。

たとえ表面的には、そうは見えなくても。。。

とすれば、信頼は、やっぱり愛ですね。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


一番大切なものは目に見えない…

肉体レベルの五感を超えた情報は受け取れない、と常識として信じ込んでいるだけで、実は受け取れるのが当たり前なのかもしれません。

封筒の中に入っていて、肉眼では見えないし、全く見当のつかない質問に対しての答えを、象徴やメッセージとして受け取ることができる。。。

今はまだ、へええええ!みたいな感覚で受け取られるでしょうけれど、これが常識になるのも、時間の問題かもしれません。

以前、チェンマイのエネルギー・ワークの学校で各種リーディングを学んでいた際、目の前に座っているその人ではなく、その人がよく知っている人を本人無しでリーディングするという実習がありました。

「んなことできるわけ!?」と思いましたが、できなきゃ、できないで、学校でやってるだけなんだから、構わないわよ…と素直にチャレンジしました。

それがまあ!

衝撃的だったのが、目の前にいる女性が、誰かのことを思い出してイメージしているだけなのに、その誰かがあたかも目の前に座っているようで、普通のエネルギー・リーディングと全く変わりありませんでした。

私たちは、この重くて、時にひどく不自由な肉体の中に閉じ込められているように感じることがあっても、それは事実ではなくて、本質的には自由なエネルギーだということを、こういう経験をするたびに実感するようです。

肉体と霊と…
この双方の調和も、愛なのかもしれません。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


AWA DANCEでええじゃないか

先日、リマーナすずさんにお誘いいただき、小山永珠さんの星と水晶の会に参加させていただきました。水晶を使ったリーディングです。

突然でしたが、これは絶対ガイドの息もかかっていると思い、何もわからないまま喜んでお邪魔したところが…。

何も予備知識が無く、他の方たちは皆さん水晶から象徴をたくさん取られたのに、私だけ、ガイドのメッセージを自動書記する羽目に…(^^;)

それでもメッセージのプレッシャーがえらく強かったので、途中で止めないほうがよいと思い、そのまま書き取りました。

すごく面白かったのが、質問を書いて封筒に入れ、それを見ないで全員で答えを読むのですが、それが、ちゃんと答になっているという…エネルギーリーディングでは普通にあることですが、まあ、日常レベルではあり得ないことかもしれませんね(^^)

講師の小山さんの質問:それぞれの参加者のネイタルチャートの太陽の意味(サビアン、アスペクトなどなど)について、その質問を見ないまま、水晶とつながって封筒の質問に集中した途端、パワフルなエネルギーに押しまくられるように書き取ったのが以下のメッセージです。

虹の色 虹の色 虹の色 
虹の色のすべてを自分のものにしなければならぬ
扉が開くのはそれからで
それまでは扉の下を掘ったり
水のなかでジタバタしたり
物にやつあたりしたり
それでよい
すべては皆おこるべくしておこっていれば
それに抵抗せずば
嵐は過ぎる
その後の虹を渡れ
虹を渡れば雲は無く
全てが光となろう
その時
虹の彼方に残してきたものの価値が初めてわかるのだ
愛しかないことに気づくまで
愛でないもののなかで転げ回るがよし
それを選んできたことを知りつつ
わかっている必要もなし
全てはよし 全てはよし
龍神

この扉が開くって…あっちに帰れる日ってこと?

太陽のサビアンが「聖職の浄化」ですから、きついことがうんとこさあるのはもう必然で、勿論それだけじゃないけれど、全ての光線を体験できるほど豊かな経験をたっぷりと計画して来ていて、それを全部クリアするまで帰れないってか…

そんなめでたい日を待ってたらもたないので、AWA DANCEでも踊ってええじゃないかしましょうかね…そしたら、お札ならぬ神の祝福が降るかも。。。

あ、最後はちょっと説明しないとわかりにくいかもしれません。

「愛でないもの」は、愛には見えないものという意味で、本質的には愛だということ、また「知りつつ、わかる必要はない」というのは、頭でわかっている表面的な理解で充分で、本当にわかるまでは理解できないので、そのままでよい、ということです。

パケットみたいにどかんと降りた情報を言語として展開する作業が大変だったのと、言語自体の限界があって、うまい説明になっていませんが、理解としては来ていた、ということで。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


赤い怒り

明日のリーディング・クラスではオーラを読みますので、オーラに関してもう一つだけ、とても印象的だった事について書きたいと思います。

もう十年以上前に、セッション中、クライアントさんのオーラに鮮やかな赤が見えたので、チェックして見ると、絶好調な肉体とかの情報ではなくて、怒りでした。

でも、全然色としては問題なさげな明るい赤だったので、「今日、何かすごく怒っちゃったことってありました?」と聞いたところが、「今朝、主人と喧嘩しました…」(^o^)

怒りって、抑圧して時間を経たりすると毒を持ちますが、純粋な怒り自体は、実は健康的であることが、オーラを見ればわかります。

濁ったりしていない、まともな赤です。

あ、「真っ赤な嘘」という表現がありますが、嘘は、私の経験内では嫌な黄色に見えます。赤じゃなくて…。

そのセッションのまだずっと前、エネルギ・ワークを本格的に学ぶ前でしたが、肉眼でもはっきりと黄色が見えたので、「なんだこりゃ?」と思いましたし、違和感もあって、もっと慎重になるべきだったのですが、何しろ知識も経験も浅すぎて、しっかり騙されました(^^;)

いよいよ明日になりました。
朝9時からとちょっと早いですが、午前中いっぱい、エネルギー調整や、ベーシックな瞑想、誘導瞑想なども含め、充実したリーディング・クラスにしたいと思います。

今日(23日)いっぱいは、メールにてお申し込みを受け付けております。

リーディング・クラスの詳細につきましては、カテゴリー内のリーディング・クラスをクリックしていただくか、こちらからどうぞ。

明日、ご参集いただきます皆様、お目にかかるのを楽しみにしております。
よろしくお願い致しますm(__)m


  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


垂直に生きる

昨日は宇宙タイミングで白井剛史(プリミ恥部)さんのライブに行ってきました。
色々面白いシンクロや出会いもあり、楽しめました。

プリミさん、そして初対面なのに、すご〜く楽しく一緒に盛り上がってくださった方達、有り難うございました☆

波動がずり落ちそうになると、彼の動画を見たりしているうちに、あのサイケなパジャマを着たくなり、もしかして売っているかと思ったんですが、無かったですね(^^;)

その代わり、在庫無しでアマゾンなどでは買えない彼のCD(コピーのようですが)はちゃんとあって、今聴いています。ライブや動画とは違った良さがあります。ゲットできてよかったあ…。

彼は『愛を味方にする生き方』(青林堂刊)で、20歳頃にイマージネーションじゃなくて、インスピレーションで生きることに決めたと書いていますが、これは「いまここに生きる」というのと本質的には同じだと思います。

私には「垂直に生きる」という言葉がぴったりするんですが、普通に世界の中で、水平というか横に意識が広がっていると、社会の中での条件付けや、自分の今までの人生で作りたくなくても作ってしまった誰それ、というパーソナリティやバックグラウンドにがんじがらめになるような気がします。

垂直になってしまえば、天地とつながっているだけで、そうした本質的でない一時的なものは全て脱落します。私も誰でもなくなる。。。この私というのは、一種の重荷に違いないです。時系列とも無縁だから「その時」があるだけで、そういう瞬間に、その私は存在できないようです。

本質=愛とシンクロして、形骸的な自分が無いか薄まっている時、全てと共振するか、ゆるく心地よくつながっていて、何もストレスがありません。

ひどく苦しんでいる時に、「過去の痛みからくる幻想なんかでいっぱいになっている、その頭から出ろってばっ!!」って、怒鳴ってるのも、当の気の毒なマインドだったりして、マインドがマインドから出たいなんて、堂々巡りの悲劇…だな…。

でも、正気というか、調和から見ると、この悲劇は喜劇であり、良い経験だとしか思えない…。

どっちがクレイジーだか…

あのサイケなパジャマと、周囲の目を峙てないための好きでもない無難な格好と…

多分、どっちもクレイジーで、クレイジーじゃない。
あはははは(^^)

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

7月度
22日(土) お休み

8月度
26日(土) 13時〜16時

9月度
23日(祝・土)13時〜16時

10月度
28日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -