フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



チームMirus

私も昔は神道ベースだったのに、ちこさんの著書から、ブレイクスルー並みなヒントを頂戴しても、何か決定的な違和感があって、どうしてもぴったりこないのが不思議でした。

「何かな〜」と思って、ふと気づきました。

神と人の分離感です。

神が尊くて、人はそうじゃない。たとえ神を宿しているのが人だとしても、尊いのは神の部分で、人、あるいは獣的な部分はそうじゃない。。。

そんな風に思ってきたので、「随神(かんながら)」などの言葉に分離感を感じてしまいますが、最初から神と人の分離を感じない人にとっては、何も問題は無いでしょう。

この散々だった(…って、終わったのかな…)煉獄期間中、何度も壁に頭をぶつけるように苦しみ続けたその根っこが、この分離の幻想でした。

神道的な概念への違和感に?と思うまで、気がつかなかったけれど、もしかして、かなり癒えてる。。。?

ガイドに「地上要員だけにやらせるな〜!」とぶち切れていたり、その逆に泣きついたりと、烈しい煉獄期間でしたが、その過程で、地上要員としての人間が一番の功労者かもしれないと思うようになりました。

天使たちがものすごく人間を尊敬しているというような事は読んでいて、それまでは全くピンと来ませんでしたが、そりゃあ、そうだ!と思うように…。

ガイドのレベルならまだしも、それ以上に波動が高くなると、地上的な苦しみは波動的にシンクロしない=感じられない筈です。

苦しみなどのとてつもなく重い波動を通してしか得られないものがあって、その貴重さは推して知るべし。。。あるいは、苦しみ自体が、波動の高い世界には存在しない貴重品で、それを体験したいってね、酔狂な、というか脳天気過ぎるアイデアを抱いた記憶もなきにしもあらず。。。

いつだったか、ふと大天使のような高次の存在が、地上の豊かで深い経験を求めて次元下降することを、考えるともなく考えていました。

肉体レベルにシンクロできるように、自分自身を小さく分割して波動を落として重くします。

波動を落とせば、意識も鈍くなり、どんどんクリアーさが失われ、視野も極端に限定されます。

遂には肉体の感覚にフォーカスが合うようになっても、霊的には目隠しをしているような閉塞状況になり、そうして洗濯機がごおんごおん回っているような地上の混乱状態の中で、どうしたら良いのかもわからなくなり、頭を抱える…って、

あたしたちじゃん…。

これね、妄想かもしれませんが、感覚的に、なんかすご〜くぴったり来るんですよ。

こうして、チームMirusという発想が定着しました。

誰かが尊いわけでもなく、尊くないわけでもなく、ただ、それぞれが部署について、それぞれの役目を果たしているだけです。勿論、ビジネスライクなつながりじゃなくて、無条件の愛だけでなく、深い愛情で結びついたチームです。

今生、みんなで計画した通りに、時にとんでもない目に遭いながら、望み通りの達成を手にして、それを最愛のマトリックスなる魂にお持ち帰りできるとしたら、それは誰のおかげでもなく、誰かの単独勝利でもなくて、チームMirusの達成です。

どん底状態でキッサコの夢のように美しい「般若心経」を見つけた時、まだそこに現れる観音との距離があったかもしれません。でも、今、何度聞いても、その微笑というにはあまりにも淡い、静かで優美な安らかさを唇に浮かべた観音は、他の存在だとは思えなくて、自分だと感じます。

夢の中で、自分のことを見ている…誰か他の人のはずなのに、それが自分だと感じられる、そんな感覚。。。

でもねえ、これも、体調よくなったからそういう波動にシンクロしてるだけで、また転がり落ちたりしてねえ〜(^^;)

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


作って(^^)食べて(^^)幸せ・・・(^^)

先日、また本を買わされました。。。
時々あるんです。

帰宅途中、電車の中ですごく集中して本を読んでいたのに、次は多摩センターに停車するというアナウンスが妙にクリアーに聞こえました。

さすがに慣れているので、あ、お呼び出しね…と気づき、何の御用ですかね〜と思いながら、迷わず電車を降りました。以前ルノルマンの解説書を丸善で見ていて、やっぱりあれ欲しいな、と思っていたので、まずは丸善へ。

幸い、お目当の本は棚に残っていました。。。が、その側にあった本が妙に気になる。。。

開運料理人ちこ『運気を上げるごはんのひみつ』(PHP刊)

以前も同じ著者の類似本を手にとったことがありますが、お買い上げには至らず…。でも、これよね…今日のお呼び出しの理由って…そんな感じがすごくして、しかも誰か棚の向こうにいる人の携帯がりんりん鳴り出した…(正解♪正解♪せいか〜いだってばああああ♪)あ、間違いないみたい。。。

はい、間違いありませんでした♪

”ひかりのごはん”を食べて奇跡のような人生の好転を経験した著者が、”ひかりのごはん”を作るベースについて、具体的なノウハウも含めて書いています。あ、レシピは載ってませんので、一応お知らせしておきます。

カバー写真の、光がキラキラしているような彼女の笑顔を見ると、こういう人が作るご飯はさぞ美味しくてエネルギーが高いだろうと思います。

勿論、食事や食材を扱う人のエネルギーがダイレクトに影響することくらい知っていて、一応気をつけてはいましたが、今回ひどい不調の直後だったせいか、ストーンと気持ちよく肚に落ちました。

しかも、具合悪すぎて、というか薬のきつい副作用(げろげろ…失礼 ^^)で食欲ゼロだった期間なんて、それでも何とか栄養入れとかなきゃって、冷奴にヨーグルトなんてひどいメニューの日もあったな…でも、全く問題ありませんでした。味覚とかいう話はどうでもよくなってたので(^^;)健康なあたしには、耐え難い拷問のようなご飯ですが。。。

そこへこのひかりの料理人の光が差して、ああ、世界が変わりました。。。

いえ、全然オーバーじゃないんです。

あ、ま、じゃ、やってみます?みたいな軽いノリで、意識を変えて、日々のご飯を作り始めました。

彼女の作法は私には煩雑なので、テキトーにはしょり(というか、殆どはしょり)、できる限り余分なことを考えず、ただひかりとそのひかりを食物として美味しく料理する事にゆったりと気持ちよく集中して…一種の瞑想、じゃなくて、立派な瞑想ですね、これ。

レシピや調理方法とかはそのままで、具体的に変えたのは、本当に瑣末なことですが、食事を載せる塗りのお盆をすご〜くきちんと毎回拭くとか、折角なので盛りつけもできるだけ素敵にして、塗りの良いお箸を毎回使うようにして…みたいな事だけ。

でも!
意識が違うと、こんなに違う〜〜〜!?

美味しさも増したような気がしますが、ものすごく変化したのは、自分自身のエネルギー。。。

安らぎや穏やかさ、浄福が長時間キープできるので驚愕(@@;)

まあ、準備にも時間がかかり、せっかく丁寧に作りましたから、丁寧に嬉しく味わって、ゆったり丁寧に後片付けもして…ですから、かなりな時間です。しかも作業が楽になり、食べれば美味しかったりもして、集中するのがえらく容易い。。。

でも、それだけじゃないですね。光を意識して作ったものを、エネルギーの高さと滋養を意識しながらゆったりと食べて、それが心身に影響しないわけがありません。

盛り付けを綺麗にするために、洗いものが増えるのに、わざわざ別容器で和えてみたいなことをしているのに、ちっとも余分な作業をしている気がしません。

心底ゆったりした気分でいるせいか、順々に片付けながらゆっくり一つづつ調理をして、なんてやっていると、ご飯が出来上がった時には流しにもほとんど汚れ物が残っていないような状態ですから、これなら後片付けも簡単…と嬉しくなり、一層ゆったりとした気分で食事を楽しめます。

食い意地が張っているので、以前から食事は楽しみでしたが、今は食事時間が待ち遠しいくらいです。

それにしても、精神世界か料理コーナーにあるべき本が、何で占いコーナーにありましたかね…? 誰か、私が占いコーナーを目指すことを知っていたとしか思えないです(^o^)

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


26日(土)エネルギー・リーディング・クラスです☆

26日(土)午後1時より、エネルギー・リーディング・クラス再開第二回を開催致します。

今回のテーマは、初回でできなかったオーラ・リーディングになります。

詳しくは、
エネルギー・リーディング・クラスのご案内
http://mirusclub.blog.fc2.com/blog-category-16.html
をご覧ください。

ご参加に際しましては、前日25日(金)までに
mirusclub@gmail.com
までお申し込みくださいませ。

高齢の病親を二人も抱えており、突然の変更が無いとも限りません。前回は、早速母の緊急入院でキャンセルに…(;;)お差し支えなければ、連絡のつきやすい携帯などの情報もお願い致します。

ご無理でしたら、当日お出かけになる前に、このブログをご確認ください。緊急事態などで中止しなければならない場合は、ブログにその旨アップ致します。

以前Mirus Clubにご参加なさり、連絡先をいただいている場合、お電話番号に変更が無ければ、連絡先を改めていただく必要はございません。ご参加のお知らせのみ、お願い致します。

素晴らしかった再開第一回から二月も空いてしまいました。とても楽しみです。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。
どうぞよろしくお願い致します☆

  1. お知らせ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


寝る子は育つ、寝る大人は…

今回の絶不調では、色々と自分の体について学びました。

健康を維持するためにいくつかの「マスト」を発見しましたが、その一つが十分な睡眠です。

もう結構なお歳で、そんなに長時間寝なくてもくらいに思っていたのですが、間違いでした。

子供の頃からの不眠症で、寝付くのに尋常でなく苦労するものの、一旦寝ると、今度は長時間寝ないと起きられないような人でした。

うつ病時代は勿論、散々眠剤のお世話になってなんとか寝ていましたが、瞑想やエネルギーワークをするようになって、いつの間にか寝付けないということも無くなり、ちゃんと寝て気持ちよく起きられるのが普通になっていました(めでたい〜〜☆)

以前は、機内で眠剤無しで寝るなんて絶対無理でしたが、今は深夜便、得意です(^^)

うつ病時代と違い、「目が覚めなければいいのに」みたいな生活でもありませんから、ひどく疲れていてもちゃんと起きられるし、一旦起きてしまえばあれこれやることがあり、あ、もう深夜…なんて…多分皆さんおんなじでしょう?

でも!やっぱりちゃんと寝なきゃダメ、ということがよくわかりました。

個人差はあると思いますが、ストレスが色々あるのが普通の世界で、おまけにエネルギー酔いなんかまでしてる敏感組は、生きてるだけで相当疲れるはずです。

かなり前から澱のように溜まった疲労が抜けず、もう人生に疲れましたかね…?みたいに思うことすらありましたが、睡眠が全然足りてませんでしたね、きっと。。。

私の場合、昼寝も含めて、多分トータル8時間近くが必要です(@@;)
自分でもすごく驚いて、Mへのメールで書いたところが、即座に返信が…しかも、もっと驚いた。。。

あたしなんて69歳だけど、やっぱり8時間は寝なきゃもたないし、アレンなんか、あたしが起こさなきゃ9時間でも寝てるわ!

ちなみに、アレンというのは今年70歳になった彼女のパートナーです(@@;)

おまけに自分で試行錯誤していて気づいたのは、夕方になってからのお昼寝ならぬお夕寝でも、しないよりもfar better。昼寝をするなら夜の就寝に影響が出ない午後2時までにみたいなことを読んでましたが、夕方5時を過ぎて30分気持ちよく寝ても、全く問題なく夜も眠れます(^^;)

夕方疲れているのを無理をしてトロトロ何かしているよりも、お昼寝をしてリフレッシュした後、気持ちよくサクサク仕事も捗ると、きっと寝るために必要なくらいはちゃんと疲れるのでしょう。

肉体はもう育たない歳だって、このご時世、遺伝子レベルでえらい事が起きている可能性もありますから、やっぱり睡眠は必要みたい。。。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


(@@;)@海外

いえ、もう、海外に行くと、それはそれはとんでもない体験ができます。

そのおかげで、多少は頭が柔らかくなっているかもしれません。

お隣さんと腹を抱えて笑ったというか、呆れた話を少しばかりシェア致しましょう。

だいたい空港というところは、係官は無表情だったり硬い表情で、事務的なことが圧倒的に多いと思います。

でもね、たまにとてつもない衝撃的な例外に接することが…

彼女が以前フィリピンに滞在して帰国する際、セキュリティチェックの係員が並んで、「日本人サイコー、また来てね〜♪」と手を振ったとか …(@@;)

そう言えば、昔バリで、出国審査のおっさんがポンと出国スタンプを押したと思ったら、にかあ〜と笑って「楽〜しかったあ〜?」と言ったので、ひきつりながら「あ、その、とっても楽しかったです…」とか答えてパスポートを受け取りました。

バンコクでは空港でのチェックイン時に、どこの飛行機会社だったかな…タイじゃなくて、キャセイかシンガポールエアだったと思いますが、化粧品の情報交換で盛り上がったことが…

もっとすごかったのが、チェンマイの銀行で両替をして、そこのカウンター業務の女性が日本旅行をするというので、松本からデズニーランドへの行き方などを細かく指南したこともあったな…弱小銀行なんかじゃなくて、日本で言えばJAみたいな規模の銀行です。誰も他にお客がいなかったせいもありますが、30分くらい旅行案内してました(^o^;)とても楽しかったです。

まだまだありますよ〜。。。

タイでは、レストランが日本では考えられないほど柔軟です。辛くなければトムヤンクンじゃない筈なのに、外国人観光客がチリなしでなどとオーダーすると、一流ホテルの一流ダイニングが嫌な顔一つせずに、とても美味しい全く辛くないトムヤンクンを作ってくれます。

持ち込みにもえらく寛容な所が多くて、タイ人のご家族とお昼をご一緒したら、お嬢さんが誕生日だとかでバースデーケーキを持ち込み、ロウソクまで立ててましたが、店員さんもそこらのお客も全く反応が無く、当たり前のことのようでした。

これはバンコクのレストランでのことですが、プーケットでは、友人が、スーパーで買って来たナームキンブアローイという胡麻団子をジンジャーシロップに浮かべたお菓子の冷凍パックを出して、「これ作ってちょうだい」と言いました(@@;)

お店の人も、いつものことらしく、はいはい…みたいな感じで、作って出してくれました(@@;)

日本でね、レストランでお昼を食べて、これ温めてもらえます?と言って冷凍のパンケーキとかバッグから出したら、どんなことになるでしょうねえ?

日本は狭い、世界は広い…

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

8月度
26日(土) 13時〜16時

9月度
23日(祝・土)13時〜16時

10月度
28日(土) 13時〜16時

11月度
18日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -